カードローンがワカルサイトとは?

ワカル編集部ワカル編集部

当サイトはカードローンがワカルをテーマに初心者の方や少し経験がある方でも得する情報や審査のやり方、金利についてしっかりとした解説を目指したサイトです。
カードローンの選び方や情報の質にこだわっており、変更される情報はなるべく迅速に修正してしっかりとしたカードローン情報を提供できるサイトを目指しています。

 

カードローンナビ

即日融資がワカル WEB完結がワカル
無利息・金利がワカル 審査の基準がワカル
総量規制対象外がワカル
おまとめローンがワカル レディースローンがワカル

 

 

l_e_point_150オリックス銀行カードローン

top-orix-img

金利 3.0~17.8%
最高限度額 800万円
所得証明書 300万円以下不要
審査 最短即日可能
おまとめ・借換え OK

オリックス銀行カードローンのおすすめポイント

  • 保証会社が2社なので、1度の申し込みで2社の審査を受けることが可能!
  • 高限度額・低金利!!
  • おまとめローンに強い!!


banner追加

l_e_point_150楽天銀行カードローン


top-rakuten-img

楽天銀行カードローンのおすすめポイント
img_033

①保証会社が2社なので、1度の申し込みで2社の審査を受けることが可能!

②高限度額・低金利!!

③おまとめローンに強い!!

 


banner追加

 

l_e_point_150プロミス カードローン

top-promis-img

プロミスのおすすめポイント
img_033

①保証会社が2社なので、1度の申し込みで2社の審査を受けることが可能!

②高限度額・低金利!!

③おまとめローンに強い!!

 


banner追加

 

l_e_point_150モビット カードローン

top-mobit-img

モビットのおすすめポイント
img_033

①保証会社が2社なので、1度の申し込みで2社の審査を受けることが可能!

②高限度額・低金利!!

③おまとめに強い!!

 

banner追加

 

l_e_point_150アコム カードローン


top-acomu-img

アコムのおすすめポイント
img_033

①最短30分で審査回答してくれる!

②初めての方は30日間金利無料!

③ネットやATMで24時間対応!

 

banner追加

 

【目的別でワカル】

ワカル

最近ではレディースローンやWEB完結型、事業者ローンなど自分にあったカードローン選びが重要です。おまとめローンで一本化や無利息で借りたい方も多いと思います。状況にあった選び方をしっかりとサポートしていきます。

【審査のポイントがワカル】

ワカル

審査には押さえておきたいポイントがいくつかあります。実際に審査に必要な書類や証明書などをしっかり解説します。

 

Q&Aでワカル

ワカル

カードローンで良くある質問や当サイトに寄せられた質問などを読みやすくコンテンツにして解説します。Q&Aでワカル事は多いと思います。下記載のような簡単な質問でもなるべく迅速な対応を心掛けてユーザーにとって有益な情報を提供します。

疑問

本当にどんな事でも質問して良いのでしょうか?匿名での質問は可能でしょうか?

ワカル

匿名での質問は、もちろん可能ですししっかりと解説したページにご案内します。またコチラの調査不足の場合折り返しご連絡致します。

 

カードローンとは

icon08・個人向けの無担保ローン
・利用目的は自由
・金利は目的ローンなどよりも高め

カードローンとは、カードを利用してATMなどで借入・返済ができる個人向けの無担保ローンで、消費者金融や銀行などの金融機関が扱っています。

カードローンは住宅ローンや車ローンなどの目的ローンと異なり利用目的が自由で、無担保に加え無保証人が借りられるローンが多い点も大きな特徴です。

また、利用限度額の範囲なら借入・返済が自由にできるうえ、ATMを利用すればコンビニなどでいつでも利用できます。

審査は目的ローンと比べ比較的緩く借りやすい融資商品といえるでしょう。さらに審査から融資までの時間が短いのも特徴で、ローン会社によっては申し込んだ当日に借入できるローンも少なくありません。返済は毎月の分割払いが可能でそれも最低額以上の返済額でよいケースも多いので、毎月の返済負担を加減できるでしょう。

一方、カードローンの金利は目的ローンなどよりも高めの設定になっているので、まとまったお金を長期にわたって返済すると利息の負担が大きくなることもあるので注意が必要です。そのため借り過ぎないようにして計画的に返済することが欠かせません。

即日融資とは

icon04

・契約を申し込んだ日に借入できること
・店頭、契約機、WEB経由などで申込み可
・申込み時間によっては翌日以降になる

即日融資とは消費者がキャッシングローンに契約を申し込んだ当日に借入ができることを言います。

即日融資のローンでは、店頭、電話、契約機やWEB経由などで申込が短時間でできます。
審査時間も短く、最短30分で完了できるローンもあるのです。契約機を利用できるローンではその場でカードが発行され近くのATMで即日キャッシングができます。また、銀行口座に振り込んでもらう振込キャッシングが可能なローンも少なくありません。

ただし、申込時間が遅いと審査が翌営業日になったり審査結果が翌営業日になったりすることもあります。
また、当日中に審査結果がでても時間によっては契約や振込に間にあわないこともあるので注意しましょう。

bn02-1

WEB完結とは

icon03

・申込から借入までWEBで可能
・必要書類は写真で送る
・手続時間が短い

WEB完結とは申込から融資までの手続をWEB上ですべて行えるキャッシングローンの申込方法です。

PCなどからローン会社のサイトにアクセスして手続を行えば審査結果はメールやサイト内などで知らされます。必要書類などはその画像をメールなどで送信するので郵送の手間もかかりません。

契約もWEB上で締結され、その後銀行口座へ振り込んでもらえるのでカードを受け取りATMでお金を引き出す必要もないのです。
WEB完結は店舗へ行かなくてよいので、忙しい方、お店で他者に会いたくない方、自宅で申し込みたくない方などに最適でしょう。
また、WEB完結は手続時間も短いため即日融資の可能性も高く借入を急ぐ方にもおすすめです。

bn02-1

無利息、金利とは

icon01

・借入金額×年利÷365日×借りた日数
・消費者金融より銀行の法が金利は低め
・消費者金融には無利息サービスもあり

金利とはお金を貸し借りした際の使用料に該当し、率で表現すれば年利や利率、額で表現すれば利息や利子として使われます。
キャッシングローンで借りたお金の金利計算は日割りで行われ、計算式は「借入金額×年利÷365日×借りた日数」です。

各ローンの金利は利用限度額の大きさなどよって異なりますが、銀行と消費者金融を比較すると銀行のほうが金利は低めといえるでしょう。

しかし、消費者金融では無利息サービスを提供しているローンもあります。無利息サービスは一定期間を対象に利息を0円にするサービスのことです。初回利用者限定や30日間限定といった条件があるものの、ただでお金が借りられるのでお得なサービスといえるでしょう。

bn02-1

審査の基準とは

icon05

・各社異なる
・信用力 ⇒ 過去に滞納や債務整理はがないか
・返済能力 ⇒ 年収、勤続年数や借入額など

キャッシングローンの審査基準とは融資を判断するための尺度で、一般的に申込者の信用力と返済能力に対して評価基準が設定されています。

信用力は申込者の信頼度を測る尺度です。
信用力の審査基準は、申込者の過去の信用取引における滞納や債務整理などの発生状況が評価されることが多く、発生が少ないほど評価は高くなります。

返済能力は申込者が毎月どの程度の金額まで返済できるかを測る尺度です。返済能力の審査基準は、年収、勤務先、勤続年数や借入額などが評価されることが多く、これらの要素は採点され点数が高いほど評価も高くなります。

なお、審査基準の内容は各ローン会社によって異なり評価の難易度も異なると考えてよいでしょう。

bn02-1

総量規制対象外とは

icon07

・銀行や信用金庫などの金融機関が該当
・消費者金融は総量規制の対象
・クレジットカードのキャッシング枠も対象

総量規制対象外とは貸金業法の総量規制が適用されない貸付を意味し、対象外となる事業者は銀行や信用金庫などの金融機関になります。一方、消費者金融などは貸金業法の貸金業者に該当するため総量規制の対象になります。

総量規制とは、利用者の借り過ぎや事業者の貸し過ぎを防止するための利用者の収入に基づく融資制限といえるでしょう。その内容は利用者の借入残高が年収の3分の1を超える融資を貸金業者は行ってはならないとするものです。

銀行などは総量規制の対象外となるため、銀行カードローンでは利用者の借入残高が年収の3分の1を超える融資も法的には可能ですが、実際にいくらまで融資するかはその金融機関の判断によります。

bn02-1

おまとめローンとは

icon02

・複数の借入を1つにまとめるローン
・総量規制の例外貸付もあり
・返済専用のローンで金利が低い

おまとめローンとは、複数のローン事業者からお金を借りている場合にその借金を1つのローンに集約するためのローンです。
おまとめローンの中には貸金業法に基づくローンがあり、その場合総量規制の例外貸付が適用されます。つまり、利用者は例外的に年収制限を受けずに金利の低い有利なローンから融資が受けられるので、毎月の返済が楽になりやすいでしょう。

ただし、貸金業法によるおまとめローンでは計画的な返済と債務の段階的減少が要求され、新たな借入ができない返済専用のローンになります。
なお、総量規制の対象外である銀行カードローンは金利が低く利用限度額が大きいので、おまとめローンとしても利用できるでしょう。

bn02-1

専業主婦の借入とは

icon06

・基本的に消費者金融では借入できない
・配偶者貸付であれば可
・総量規制対象外の銀行は可

キャッシングローンの利用条件は継続的な安定した収入があることなので、無職で無収入の専業主婦の借入は簡単とは言えません。
また、総量規制により消費者金融などは収入がない専業主婦に融資することが原則的にできません。もちろん例外の配偶者貸付を行っている貸金業者なら専業主婦に融資できますが、配偶者の同意書などが必要となるのでローンからお金を借りることを専業主婦は配偶者に知らせる必要があります。
なお、総量規制の対象外である銀行などの金融機関は専業主婦に融資しても法的な問題はありません。その利用条件も配偶者に安定した収入があればよく、配偶者の承諾を得る必要もないので専業主婦でも気軽に利用できるでしょう。

bn02-1

レディースローンとは

icon06

・女性を対象とした融資
・スタッフも女性
・審査・条件は一般のものとほぼ同じ

レディースローンとは女性を対象として融資を行うキャッシングローンで、申込・契約の手続や相談などを行うスタッフが女性であるのが特徴です。

融資に関する審査や条件は一般のキャッシングローンとほとんど同じですが、スタッフが女性なので女性の利用者にとっては相談や申し込みがしやすいといえるでしょう。

大手消費者金融や銀行などでは一般のキャッシングローンの類似のローン商品としてラインナップしていますが、中小消費者金融の中にはレディースローンのみを運営しているケースもあります。銀行や中小消費者金融のレディースローンの中には専業主婦が利用可能なローンもありますが、大手消費者金融では利用できないケースが多いです。

bn02-1

カードローンの審査

カードローンとは、個人の信用を使って借り入れる、無担保の融資で、借り入れたお金は、旅行や生活費、運転免許の費用、レジャー代など、何に使ってもよいのですが、事業資金はNGとなります。事業資金はまた別に事業融資がありますので、そちらを使うことになります。

このような便利なカードローンですが、借り入れには審査があります。
たいてい、どのような人でも借り入れが可能な自動車ローンとは違って、カードローンの審査は厳密に行われます。

0_069

そこでキーとなってくるのが、信用情報と呼ばれる借り入れの記録です。
信用情報には、これまで借り入れした金融機関との取引履歴が記載されています。

もちろん、はじめてのカードローン利用であれば、信用情報は綺麗ですので問題はありません。
ですが、過去に一度でもカードローンを利用していれば、信用情報に記録されます。

日本には、CIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターの3つの信用情報機関があり、カードローン会社はそのどれかに加盟しています。
たとえば、アイフルやアコムはCICとJICCに、三菱東京UFJ銀行はCICと全国銀行個人信用情報センターに加盟しているなど、カードローンの会社によって扱っている信用情報が異なります。

この信用情報を使って、金融機関は借り入れに申し込んできた人を審査したり、今現在契約している人との今後の取引を決定したりします。

この信用情報は、申し込み時、契約時、使用時、延滞時などに記録が更新されますので、随時蓄積されていく情報だと思っていいでしょう。
注意しなければならないのは、申し込み時にも記録されるということです。つまり、カードローンを申し込んだら、それだけで信用情報に記録されてしまうのです。

もちろん、カードローンで審査が否認になった場合も記載されます。次回からはその情報が申し込み時に参照されますので、カードローンは一度落ちてしまうと、次の審査に通るのがより難しくなるというデメリットがあります。これをクリアするには、一度目の審査でじっくりと準備して、適切な書類と受け答えを行って、最初の審査でカードローンを契約にこぎつけることが重要となります。

基本的には、利用して返済した時に、返済日、もともとの返済予定日、残高、完済日などが保存されます。
これは、カードローンを解約して最長で5年間、保存されます。

延滞時には、延滞した商品の内容、延滞の解消状況、延滞発生日、延滞解消日などが記載されます。いわゆるブラックリストになります。くれぐれも、延滞はしないようにしてください。
ただし、こちらも、延滞が解消されてから最長で5年間経つと、記録が消去されます。ですので、一度ブラックリストに載ったからといっても、完済して契約が解消になってから、5年経てば、また信用情報は綺麗になります。
これは、強制解約になった場合や任意整理、自己破産なども同様です。

ただし、30代や40代になってカードローンを申し込んだ際、信用情報が記録されておらず、綺麗なままですと、「過去にトラブルがあって5年経ったのでホワイトになっているのかな?」と疑われることも付け加えておきます。

カードローンを申し込む際、また利用する際は、この信用情報に特に気をつけなければなりません。すべての金融機関が信用情報を参照しますので、どこか一社でトラブルや延滞が起きたとしたら、すべての金融機関がその内容を参照できると思っていいでしょう。ですので、一箇所でも滞納したら、次の借り入れはできなくなると思ってください。信用情報は金融機関が非常に重視している情報なのです。

逆に、世の中には、街なかのポスターやインターネットなどでも、「ブラックリストでも借りれます!」という宣伝があります。あれは、信用情報を見ていない貸付のことですので、いわゆる闇金です。法律の範囲外での取引になりますので、絶対に借り入れしないようにしてください。

具体的にはどんな審査?

カードローンには、審査があります。具体的にどのようなことを審査しているのでしょうか。

実は、カードローン会社に審査があるといっても、カードローン会社そのものは審査を行いません。カードローン会社と提携している、保証会社が審査を行うのです。

保証会社は、利用者がもしも延滞した時などに、一括で代わりにカードローン会社に代弁返済してくれる会社です。ですので、その保証会社が、審査を担当しています。
カードローン会社では、審査の結果を保証会社から受け取るのみで、審査そのものには一切タッチしないのです。以下の審査のお話は、すべて保証会社での審査の内容となります。

0_071

カードローンの審査は、まずは名前と生年月日をキーにして、個人情報で信用情報をチェックします。ブラックでなければ、仮審査は完了です。借り入れの履歴、金額、返済日などがチェックされます。
ここで、他社からいくら借りているかということも見られます。
ですので、他社からの借り入れのところは、正確に書いてください。嘘を書くとここで発覚しますので、断られてしまいます。
カードローン会社の審査は、嘘を書くのは非常にリスキーです。他社からの借り入れも審査にひびきます。基本的に、3社が限度と考えておいたほうがいいでしょう。
他社からの借り入れが多くなっている人は、おまとめローンなどを使って1社にまとめておいて、そこから審査の申し込みをしたほうがいいかもしれません。
ですので、他社からの借り入れ項目は非常に重要な審査項目となります。その後、身分証明書などを提出してもらいます。
本人確認書類は、運転免許証、健康保険証、パスポートのうちのどれかを提出します。
ワカル編集部ワカル編集部

運転免許証は、最後の数字もよく見られると言われています。最後の数字は、再発行の回数で、これが多い人は、運転免許証という大切なモノを何度もなくすいい加減な人だということで、審査に振りになります。

男性 なるほど 青 左

そうなんですか!細かいところで、その人の性格がわかるのですね。

ワカル編集部ワカル編集部

そうなんです。さまざまな書類の細かい部分を見て、申込者の性格や貸したものをちゃんと返してくれるかどうかを確認しています。ですので、書類は丁寧に書かないといけませんし、嘘はいけません。

男性 なるほど 青 左

わかりました~!

ワカル編集部ワカル編集部

そこで、本格的な審査が始まるのです。
審査ではまず、収入が見られます。収入は当然ですが、多いほうが有利です。
返済能力に直結するからですね。
ですが収入に関して、最も重視されるのは、収入の安定性です。
60万と10万の月がある年収600万の人よりも、30万の収入がずっと続く年収400万円の人の方が、審査上は有利なのです。安定収入がポイントになります。

男性 疑問 青 左

安定収入とは、具体的にはどういうことですか?

ワカル編集部ワカル編集部

会社勤めをしていれば、問題ありません。いちばん安定しているのが公務員、次に安定しているのが大企業の正社員、中小の正社員、派遣・契約社員、パート、アルバイトになります。残念ながら、フリーランスや自営業は、審査としては通りにくいです。
スコアリングで点数がつけられます。

男性 疑問 青 左

スコアリングとはなんですか?

ワカル編集部ワカル編集部

スコアリングとは、申し込んでくれた人の属性に対して、点数をつけるものです。勤務先が公務員だと●点、勤続年数が5年だと●点、年収400万だと●点、既婚者だと●点、持ち家だと●点という風に、スコア化しているのです。その合計点数を元に、審査の可否や貸付の限度額を計算します。

男性 疑問 青 左

既婚者かどうかや、持ち家かどうかも関係あるのですか?

ワカル編集部ワカル編集部

はい、そうなんです。既婚者かどうかや持ち家かどうかがなぜ関係あるかといいますと、そのほうが、音信不通になりにくいからなのですね。既婚者で子供がいたりすると、簡単に引っ越したりはできませんよね?なので、カードローン会社からすると安心なお客さんなのです。
また、持ち家の人も、勝手に転居して行方不明になる可能性が少ないですので、歓迎されます。

男性 疑問 青 左

でも、可処分所得としては、賃貸暮らしの独身者の方が使えるお金は多いですよね?


ワカル編集部ワカル編集部


そうですね。ですが、必ずしも使えるお金が多い人が歓迎されるわけではないのです。
スコアリングシステムでは、安定収入や音信不通になりにくい人が優先してポイントがつけられます。

男性 なるほど 青 左

そういうものなのですか。

ワカル編集部ワカル編集部

はい、ですので、既婚者かどうかや、持ち家かどうかも非常に重要です。

最後は、在籍確認です。仕事をしていない人が借りられるケースはまれですので、勤務先に、その人が本当に在籍しているのかということを電話で確認します。
ただし、会社名は名乗ってはいけないというルールがありますので、必ず担当者の個人名で電話がかかってきます。
個人の名前で電話をかけて「○○さんは、いらっしゃいますか?」という電話がかかってきます。そこで「○○は、今、席を外しています」などの回答があれば、その人はその会社に在籍しているため、在籍確認が取れます。反対に、「○○という人間は当社には在籍していません」とか「○○は退職しました」という回答があれば、在籍確認が取れなかったことになります。在籍確認が取れない場合は、審査は否認になります。

また、最後に、人物面のチェックがあります。
カードローンの審査は、今はWEB完結も増えてきて、カードローン会社にいかなくとも借り入れが可能です。ですが、カードの受け取りなどで店舗に行くことが多く、その場合にもカードローン会社は、利用者の挙動をチェックしています。
いろいろな側面から人物を判断し、限度額を上げたり、下げたりすることがあります。当然ですが、みなりがきちんとしている人には限度額をあげたり、反対にだらしなさそうな人が来店したら、いくらスコアリングで高い点数がでていても、限度額を下げることがあります。

男性 疑問 青 左

身なりをチェックされるのですか?

ワカル編集部ワカル編集部

人物像全体をチェックしています。身なりもそうですし、挙動不審だと審査には不利になります。ソワソワしていたり、入り口をウロウロしていたりなどの挙動不審の場合は、何か後ろめたいことがあったり、虚偽の身分証明書を使うなど、何らかのトラブルに会うケースがありますので、全体的に見て信用ならない人物の場合は、借り入れそのものが断られるケースもあります。

男性 疑問 青 左

普通にしているだけじゃダメなのですか?

ワカル編集部ワカル編集部

普通にしているだけでじゅうぶんですよ。
きちんとした服装で、派手すぎず、店舗側からの質問にハキハキと応えて、「この人にならお金を貸してもきっちり返済してくれる人だ」と思ってもらえるような印象を与えましょう。ですので、心配事などはあらかじめ解決しておいて、カードローン会社に行く当日は、気もそぞろにならないようにしてください。

男性 なるほど 青 左

緊張してきました。

ワカル編集部ワカル編集部

あと、ウソを付くのも厳禁です。嘘をつくと、話のつじつまが合わなくなったり、目を合わせなかったり、虚偽の書類を出したりするのも厳禁です。スコアリングの他に、過去の返済データも使っていますので、この職業の人はこれぐらいの年収、というのがわかってしまいます。

男性 疑問 青 左

そんなことまでわかるのですか?

ワカル編集部ワカル編集部

はい、金融機関は、これまでたくさんの人にお金を貸していますので、膨大な貸付データがあります。そこから、この職業の人は返済率がこのぐらい、この属性の人は貸付けしても返済が返ってこないという可能性がわかるのです。その過去データも審査には使用しています。

男性 疑問 青 左

でもそれは、申し込んだ私の情報とは違いますよね。

ワカル編集部ワカル編集部

はい、違います。ですが、統計データなのです。過去の莫大なデータの中から、この属性の人の返済率はこのぐらいで、この属性の人は過去にトラブル・遅延が多かったので貸付をやめておこうなどの統計の結果が出ます。

男性 疑問 青 左

では、本人に問題がなくとも、過去の他人のデータで落ちることもあると?

ワカル編集部ワカル編集部

そうです。ご本人の属性に問題がなく、優れたスコアリングであっても、統計上、この人の属性には延滞率が高いなどのデータがあれば、ご本人の属性に関係なく、落ちるケースもあります。本人が属性に何の瑕疵もないのに審査を否認されてしまった場合は、この統計データが関係している場合があります。

男性 疑問 青 左

うーん、それはなんだか、納得が行かないような・・・。

ワカル編集部ワカル編集部

ですが、データは嘘をつきませんので、カードローン会社に取ってみると、合理的な断る理由になるのですよ。

男性 なるほど 青 左

わかりました。収入が多くても、条件がいいと自分では思っていても、落ちる可能性があるということですね。

ワカル編集部ワカル編集部

はい、そうです。

最後は人物面で審査を決定します。
当然ですが、いくら公務員や大企業の正社員でも、人物的に信用に足らない、明らかにだらしなさそうな人は、融資を断られる場合もありますし、限度額が少なめになることもあります。また、聞いてもいないことをペラペラと喋る人も警戒されます。そういう人は嘘を付いているパターンが多いからです。

しっかりと書類を作りこんで完璧な嘘をついても、面談といいいますか監視カメラで見た場合に、明らかに人物面がだらしなさそうな人は融資を断られるケースがあります。ですので、カードローン会社に行くときは、心配事などをすべてクリアして、フラットな心でいどみましょう。無理をして信用されようと考えて背伸びする必要はなく、ありのままの自然な姿で、聞かれたことに答えるのが大切です。また、日頃からお金にルーズな人は、書類や態度で何らかのシグナルを発生していることが多いですので、気をつけましょう。

審査のスピードですが、一般的に見て、消費者金融のほうが銀行よりも早いです。銀行が数日かかるのに比べて、消費者金融では即日どころか1時間で貸してくれることもあります。
ただし、月末になると申し込みが増えるため、審査に時間がかかるケースもあります。
通常、連休前などは、お金を借りたいという人が増えるため、審査に人が殺到して時間がかかるケースがあります。また、カードローン会社の内部事情になりますが、毎月の貸付額にノルマがあり、連休が多い月などはノルマを達成できているため、審査はそれ以上受け付けなくても良いので審査が厳しくなりがちです。ですが、逆に連休がない月などは売上を立てるために、いつもよりも審査がやさしくなるという傾向も見て取れます。大型連休などの場合は、借り入れを希望する人が増えるため、審査のラインが厳しくキープされているのです。また、週末なども同様で、借り入れしたいと思う人が増えるため、審査が厳しくなりがちです。ですが、月末の平日などは、カードローン会社にとっても締め日のため、審査が甘くなりがちです。同じ条件で同じ属性であっても、申し込むタイミングによって審査の可否が変わってくることを注意しましょう。

カードローンの金利

0_072

さて、審査に通る前に、カードローンを選ぶ必要があります。

カードローン会社には、銀行系、信販系、消費者金融系があります。
多く選ばれているのが、銀行カードローンと、消費者金融です。

一般的に、銀行カードローンは金利が安く、審査が厳し目です。
消費者金融は、審査が銀行に比べると優し目ですが、その分金利が高いという面があります。

一長一短ですので、自分がどのような借り入れを行いたいかによって、カードローン会社を決めましょう。

また、返済は、元本+金利を返さなくてはなりません。ですので、元本は仕方ないとしても、金利はできるだけ安く抑えたいですよね。
そうすると、まずは銀行での借り入れを考えたほうがいいでしょう。

銀行でも、特に住信SBIネット銀行は実質年利が1.89%~7.99%となります。
非常に安い金利で借り入れできますので、おすすめです。

男性 疑問 青 左

なぜ、金利の高いところと安いところがあるのですか?

ワカル編集部ワカル編集部

それは銀行の方が審査を厳しくして、消費者金融はサービスに力を入れているためです。
また、一般的に、店舗を持たないネット専業銀行は、金利が安くなる傾向があります。

男性 疑問 青 左

それはなぜですか?

ワカル編集部ワカル編集部

店舗を持たないということは、それだけ経費がかからないので、金利を安くしたり、利息を上げたりすることができるのです。
また、店舗を持たないネット専業銀行は、通帳も発行しませんので、その分経費がかからず、金利を引き下げてくれる傾向があります。

男性 なるほど 青 左

なるほど。

ワカル編集部ワカル編集部

ですので、まずは、ネット専業銀行の銀行カードローンを検討してみることをおすすめします。
また、銀行カードローンは、総量規制の対象外です。

男性 疑問 青 左

総量規制とは?

ワカル編集部ワカル編集部

総量規制とは、平成22年に施行された、借り入れに関する法律です。
総量規制によって、借り入れは、年収の1/3までしか借り入れができなくなりました。

男性 疑問 青 左

なんですって。じゃあ、年収の1/3までしか借り入れできないのですか?

ワカル編集部ワカル編集部

はい、そうです。

男性 疑問 青 左

収入がない人は?

ワカル編集部ワカル編集部

収入がない人は、収入ゼロに1/3をかけてもゼロになるだけなので、借り入れができません。

男性 なるほど 青 左

あらら。。。

ワカル編集部ワカル編集部

ですが、この総量規制は、消費者金融を規定する貸金業法の法律なのです。
銀行は銀行法ですので、また法律が違います。

男性 疑問 青 左

ということは・・・?

ワカル編集部ワカル編集部

銀行では総量規制はありません。
ですので、銀行カードローンでは、収入のない人、収入の少な人でも、収入の1/3以上の借り入れができるようになります。

男性 なるほど 青 左

では、消費者金融では収入の1/3以上の借り入れができなくなるのですね。

ワカル編集部ワカル編集部

はい、その通りです。

男性 疑問 青 左

でも、そうなると、消費者金融側は困りませんか?お客さんが減ってしまいますよね?

ワカル編集部ワカル編集部

そうなんです。ですので、総量規制の導入以降、消費者金融は顧客を増やすためにさまざまなサービスを展開しています。たとえば、初回限定で30日間は利息を免除してくれるなど、さまざまな顧客獲得サービスを展開しています。

男性 疑問 青 左

わかりました。他に銀行カードローンと消費者金融の違いはありますか?

ワカル編集部ワカル編集部

やはり、銀行はスピードが遅いです。消費者金融では、審査も即日、最短で1時間キャッシングなどのスピード感あふれる融資が可能になるケースが多いのですが、銀行カードローンの場合は、ていねいに審査しているため、また銀行の処理が遅いため、数日かかるケースがほとんどです。

男性 なるほど 青 左

急いでいるときは、消費者金融がいいのですね。

ワカル編集部ワカル編集部

はい、そうなります。

消費者金融と銀行カードローンの違いは、総量規制や、審査から融資のスピード、借り入れに対するサービスなどが異なります。また金利も違い、銀行カードローンの方が低金利です。

たとえば、100万円を銀行カードローンで7%で借り入れるのと、消費者金融で18%で借り入れるのでは、100万×7%÷年間365日×30日で5753円、100万×18%÷年間365日×30日で14795円と、金利が一ヶ月あたり9042円も異なります。
やはり、支払総額を考えると、銀行カードローンの方が圧倒的にお得です。

ただし、銀行カードローンは属性のいい人にしか貸してもらえませんので、非正規などの場合は注意が必要です。特に、先ほど金利が安くておすすめだとお話した住信SBIネット銀行カードローンなどは、審査が非常に厳しく、良いところにお勤めで信用情報も綺麗な人でないと貸してもらえません。

銀行でも消費者金融でも、パート、アルバイトなどの非正規社員でも、貸してくれるケースは多々ありますので、規約をよく読んでみてください。パート、アルバイトでも借り入れできる場合は、そのようにホームページに記載されています。その場合は、安心して借りるといいでしょう。

金利の計算方法ですが、金利は毎月異なります。
支払いを続けるに従って、元本が減っていきますので、その減った元本に対して金利がかけられます。
たとえば、10万円を金利15%で借りて、毎月1万円ずつ返済していく場合、
一ヶ月目は、10万円×15%÷365×30日で1233円になります。
従って、1万円+1233円で11233円の返済になります。二ヶ月目は、元本が1万円減っていますので、
(10万円-1万円)×15%÷365×30日で1110円になります。
1万円+1110円で11110円の返済になります。三ヶ月目は、元本がさらに1万円減っていますので、
(10万円-1万円-1万円)×15%÷365×30日で986円になります。
1万円+986円で10986円の返済になります。これを繰り返していくと、10ヶ月で合計6780円の利息を払って、返済総額は106780円で完済になります。金利は、元本+金利で計算されます。金利には単利と複利がありますが、カードローンの場合は金利が単利ですので、元本は一定で、元本+金利での支払いになります。

カードローンは、たくさんありすぎてどこを選んだらいいかわからない、そんな時には、まずは自分のメインバンクで取り扱っているカードローンをおすすめします。

たとえばみずほ銀行などでは、みずほ銀行の住宅ローンを借りている場合は、金利が0.5%安くなるなどのサービスを行っています。また、携帯電話との連携も魅力です。auユーザーなら、KDDIが運営しているじぶん銀行のカードローンで最大0.5%の割引になります。0.5%というとわずかなような気がしますが、100万円借りると5000円ですので、大きな違いです。
そこがダメだった場合は、他社の金利の安い銀行を選んでみるといいでしょう。

住信SBIネット銀行などは金利が最も安くてオススメです。ですが、審査が厳しいため、非正規従業員などの場合は、他社の銀行を利用しましょう。新生銀行カードローン・レイクは、パートやアルバイトでも借り入れが可能です。

金利の計算方法ですが、%で表示されています。
たとえば100万円を金利18%で1年間借りた場合、100万円×18%で18万円が利息になります。
これは年利ですので、月割にするともう少し金利は減ります。

男性 なるほど 青 左

金利は、学んでみると簡単ですね。

ワカル編集部ワカル編集部

注意しなくてはならないのが、上限金利です。4%~17%と書いている場合、たいていの場合、上限の17%が適用されることがほとんどです。ですので、上限金利が適用されると思っておいた方がいいでしょう。

男性 疑問 青 左

最低金利が適用されるかも?と前向きに考えていました…


ワカル編集部ワカル編集部


それはあくまで、最大の融資枠を受けた場合です。金利のパーセンテージは、基本的に融資の枠と比例します。

男性 疑問 青 左

そうなのですか?

ワカル編集部ワカル編集部

はい、金利は、借り入れることができる最大の融資枠に比例します。たとえば100万円で15%、300万円で8%、1000万円で4%など、最大枠に比例して金利が下がっていきます。もちろん、借り入れる額は自由ですので、枠が1000万円で4%の場合で、10万円だけ借りるのも大丈夫です。その場合は、4%の金利が適用されます。

男性 疑問 青 左

なるほど。最大枠はどうやって決まりますか?

ワカル編集部ワカル編集部

審査の項目でもお伝えしましたが、まず、最初はあまり貸してくれません。10万円とか、よくて30万円などの枠になります。
初回の取引は、カードローン会社も相手がどのような人かわからないため、限度額はどうしても少なめになります。


男性 疑問 青 左


そうですか・・・
一生10万しか借り入れできないのですか?最大300万円などの表示は何なのでしょうか?

ワカル編集部ワカル編集部

借り入れの限度額は、借り入れを行ってコツコツ返していくことで、向こうから勝手に増枠の申し入れがやってきます。最初は10万しか借り入れできなかったとしても、借りれは返すということをしているうちに、増枠されて、融資限度額が増えていきます。
それに比例して金利も下がっていきます。

男性 なるほど 青 左

なるほど。
では10万のカードローンを3社持つよりも、30万のカードローンを1社持つほうがよいということですね?

ワカル編集部ワカル編集部

はい、その通りです。
基本的に、カードローンは複数社借り入れるよりも、1社でまとめて借りておいたほうが、金利の面からも審査の面からも有利です。

カードローンの金利は、固定金利です。ですので完済に至るまで、当初の契約した通りの金利が続きます。
住宅ローンや自動車ローンと違って、変動することはありませんので安心して借入できます。

【結論】

  • カードローン審査は厳密に行っている!
  • カードローン審査にはスコアリングがある
  • カードローン金利は元本とプラスして返そう
  • まずはカードローンはメインバンクで。急ぎなら消費者金融で!