基本的に、年収の1/3以上は借り入れできないワケ

消費者金融や銀行カードローンでは、基本的に年収の1/3が借入限度額です。
これは、平成22年の貸金業法改正で総量規制という項目が追加されたことにあります。

新しい取り決めでは、消費者金融業者の借り入れは年収の1/3を上限とするとされています。

アコム、プロミス、アイフル、SMBCモビット、ノーローンなどの消費者金融は、この規制に従っています。
上記の会社は正規の消費者金融業者なので、法律に従う必要があるためです。

もちろん、お金を借りるのはこういった正規の貸金業者でなければなりません。

カードローン業者には、おおまかにわけて消費者金融系カードローンと、銀行系カードローンがあります。
それらは、規制をかけている法律が異なります
消費者金融は貸金業法で、銀行カードローンは銀行法です。

消費者金融業者と銀行では、規制される法律が異なります。
最初に書いたように、総量規制は貸金業法で適用される規制のため、消費者金融業者のみ適用されます。

総量規制について、こちらでも詳しく解説しています。
カードローン、お金借りる時に総量規制の対象&対象外をチェック

年収の1/3の借金をすでに抱えてしまった人はどうすればよい?

先に解説したとおり、消費者金融業者での借り入れは、年収の1/3が上限となります。

たとえば、年収300万円の人の場合は、100万円が借り入れの上限です。
基本的には、消費者金融業者ではこれ以上借りることはできません。

借入枠を増額する方法

副業が認められている会社であれば、副業などで年収をアップさせて確定申告を行う方法があります。
収入証明書として確定申告書を提出することで、借入枠を増額してもらえるかもしれません。

しかし、借入枠増加の申請を行うと、審査があります。
ここで、収入増加が一時的なものとみなされると、増枠が却下される可能性もあります。

このように必ずしもうまくいくとは限らないので、安易に増枠に頼るのはリスクがあります。

それでは、どうすればいいのでしょうか。

銀行のカードローンで借りる

もう1つの手段として考えられるのが、銀行カードローンです。
銀行カードローンは、銀行法による規制がかかります。

銀行法には、貸金業法のような年収による限度額規制はありません
そのため、理論上は年収の1/3以上借りること、もしくは年収以上借りることも可能です。

しかし、銀行は消費者金融と比べると、審査はやや厳しめです。
そのため、規制がないからといって多額のお金を借りられるわけではありません。

銀行の場合、みずほ銀行などのように最高1,000万円と謳っているところもあります。
ただ、最高額を借りられる人は公務員などのような高年収で、カードローンの利用実績が高い人などに限られるのが現実です。

また、他社での借り入れ(消費者金融を含む)が複数件ある場合、あまり歓迎されません。

このようにあまり歓迎されない、普通の人が年収の1/3以上を借りるためには、どうすればいいのでしょうか。

おまとめローンに対する対策は、こちらでも詳しく紹介されています。
おまとめローンで希望額を借り入れできなかったときの対処法

すでに1/3以上借りている人が、新たにカードローンで借りるコツ

総量規制(年収の1/3)以上の金額を借りるためには、総量規制の対象外になる項目を知っておく必要があります。
そのためには、総量規制について知ることが大切です。

そもそも、総量規制は何のために設けられたのでしょうか。

総量規制導入前は、自己破産者や多重債務者が多く出てしまっていました。
このように、少しでも国民が破産状態に陥ることを防ぐために作られたのが総量規制です。

総量規制には「できるだけ利用者に有利な借り入れを行う」という目的があります。
制定目的から、利用者にとって有利な借り入れができるものは、規制対象外となることが分かります。

 

一例をあげると、おまとめローンがその代表格です。

おまとめローンとは、複数業者から借り入れたものを一社に統合するローンのことを指します。
返済日が一本化されることで、その後の返済もスムーズに運ぶことがメリットにあげられます。
その他にも、多くの場合で金利が下がるため、金利面でも利用者にとってのメリットになるでしょう。

このように、おまとめローンでは年収の1/3以上であっても借り入れできる確率が高くなります。

消費者金融のおまとめローンがおすすめできない理由

これは消費者金融でも同様ですが、あまり消費者金融のおまとめローンはオススメできません
理由としては、2点あります。

  • 金利が高いため、金利面のメリットが感じられない場合が多い
  • 決められた金額以上の借り入れができない

 
消費者金融は通常の借り入れでもやや金利が高めですが、おまとめローンでも高めに設定されています。
そのため、おまとめローンで借りたとしても、元の借り入れ金利とほとんど変わらないか、それ以上の金利になることが多いのです。

そのため、おまとめ前とほとんど支払総額が変わらないというデメリットが出てきます。
もう1つのデメリットとして、追加の借り入れができない点があります。

例えば200万円が限度額で設定された場合、200万円以上の借り入れができません。
一度決められた金額以上は借り入れられないため、返済専用ローンの色が強くなりがちです。

このように、自由に使えるお金を手にできない可能性があります。

貸金業法については、こちらで詳しく解説しています。
貸金業法ってどんな法律?お金を借りる人に関係してくるポイントは?

おまとめローンの追加枠に申し込む

オリックス・クレジットのVIPフリーローンや、バンクイック(三菱UFJ銀行)などのように、おまとめローンに似たものが用意されているところもあります。
しかし、これらのローンはおまとめ専用のローンではなく、自由に借り入れができるローンとなっています。

VIPフリーローンは800万円、バンクイックは500万円が借入限度額の上限です。

これらのローンでは、限度額を上限として何度も借り入れができます。
こういったローンであれば、現在の借り入れをおまとめローンにして、さらに自由に使えるお金も担保することが可能です。

申し込みについてもインターネットからでき、便利に使うことができます。

おまとめローンについて、こちらでも詳しく紹介しています。
おまとめローンって何?カードローンの借り換えの審査、金利を解説

消費者金融で申し込むコツ

では、消費者金融でうまく借りるにはどうしたらいいのでしょうか。
以下の方法を実行してみてください。

それは、他社借り入れ件数のところに、以下のローンについて記入しないことです。

  • 自動車ローン
  • 住宅ローン
  • クレジットカードのショッピング枠
  • 銀行カードローンからの借り入れ

この4つについては、総量規制の対象外となります。

これらの借り入れで、年収300万円の方が100万円の借金がある場合であっても、書かなくとも審査してくれます。

消費者金融は、銀行と比べて、比較的審査が甘めです。
そのため、属性がある程度良くて過去に延滞等がないことを信用情報で確認できれば、審査を通過できます

審査に通過できれば、別途最大で年収の1/3までは貸してくれるようになります。

他のローンを検討して、可処分所得アップをめざす

借り入れが年収の1/3を超えてしまうと、それ以上消費者金融では借り入れができなくなります。
そのような場合に、できることとして何があるのでしょうか。

例えば、生活費を見直してみるのはどうでしょう。

自動車関連の支払い、教育費、住宅ローンの支払いが大変で、フリーローンに手を出している人も多いかもしれません。
こうした場合、各種ローンの利用を検討、もしくは見直してみることで可処分所得(手元に残るお金)が増えることがあります。

自動車関連であれば、車を買い換えるタイミングで新たにローンを組む方法があるでしょう。

教育費が圧迫しているのであれば、奨学金や教育ローンを利用してもいいかもしれません。

奨学金は卒業後から返済が始まります。
また、教育ローンはクレジット会社でも比較的金利が安く抑えられています。
その他にも国の教育ローンなどもあります。

国の教育ローンであれば、低所得の方でも利用できるので、一度検討してみるといいでしょう。

住宅ローンも返済の延滞などがなければ、返済期間の延期などにも応じてもらえます。
圧迫されている場合、銀行に相談してみることをおすすめします。

将来のために見直しが必要

年収の1/3以上借り入れがある場合、将来的に家計が破綻する可能性もあります。

ここであげた自動車関連、教育費、住宅ローンのように大きな支出以外にも、家計を見直してみることが必要です。

例えば、食費がかかっていると思えば、食費を節約するという方法があります。
また、通信料金を切り詰めるためには、格安スマホを導入してみてもいいかもしれません。

こうしてあまった可処分所得を貯金しておきましょう。
ある程度貯まった段階で返済に充てると、家計に余裕ができます。

銀行は本当に年収の1/3以上でも貸してくれる?

銀行は銀行法の規制を受けるため、総量規制の縛りを受けません。
理論上は年収以上の借り入れもできますが、本当に年収の1/3以上の借り入れが可能なのでしょうか?

これについては、銀行カードローンも公表はしていないものの、消費者金融の総量規制に似た自主規制を行っているケースがあります。
上限はまちまちですが、消費者金融と同じく年収の1/3や1/2が目安となっているようです。

あまり借りられすぎても、自己破産や多重債務状態、債務整理に陥る可能性が高くなります。
そうなると、銀行自身も損する可能性があるためです。

職種や条件によって借りられる

ただし、これにも例外があります。
大企業の正社員や公務員などのように、条件のいい人です。

例えば若手の公務員は年収が低いため、カードローンを利用することも多いかもしれません。
しかし、公務員は民間と違って倒産するリスクがありません。
また、退職金が大きく、給与の伸びしろも大きいため、返済率が高いと判断されるためです。

こうした大企業の社員や公務員は優良顧客とみなされ、年収をはるかに超えた金額を貸してくれるケースも

例えば高知銀行では、月収(手取り)15万円の若手公務員に対して、500万円近い融資を行っている例もあります。

カードローンの増額について、こちらでも詳しく紹介されています。
カードローンの増額についてのメリット&デメリット※電話や審査は?

申請するとき、金額を手取りではなく総額で書く

申し込みの際は、もう1つコツがあります。
それは、年収の書き方です。

申込用紙に年収を申告する際、手取り金額ではなく額面(総額)を書いて申告するのです。
額面金額は、所得税などの各種税金や社会保険料(各種健康保険等)が控除される前の金額です。

限度額の上限を決める際の計算は、年収が基準となるため、見かけ上とはいえ高いほうが有利です。
そのため、審査を受ける際も額面を書いた方が有利になります。

クレジットカードのキャッシング枠の扱いは?

カードローンを利用している人は、高い確率でクレジットカードを持っているでしょう。

実は、クレジットカードにもキャッシング枠がついています。
クレジットカードのキャッシング枠は、どのような扱いになるのでしょうか。

結論からいうと、クレジットカードのキャッシング枠も総量規制の制限に含まれます。
これは利用の有無に関係なく、総量規制に含まれます。

お金が足りなくて、すぐにほしいという人は、まずはクレジットカードのキャッシングを使うといいでしょう。

また、時間的に余裕があって、少しでも金利を下げたい場合は、クレジットカード会社に連絡してキャッシング枠を0にすることも可能です。
キャッシング枠を0にしてから、金利の安い銀行カードローンに申し込んでみましょう。

おすすめは、新生銀行カードローンレイク

おすすめは、新生銀行カードローン レイクです。
レイクは消費者金融だったのですが、新生銀行が買収して銀行カードローンに生まれ変わりました。

そのため、消費者金融の審査のゆるさはそのままに、銀行の限度額と信頼性を持ったカードローンとなっています。

キャッシングをしたいと思っても、年収の1/3の制限があるため、総量規制の制限で消費者金融ではそれ以上借りられないこともあるでしょう。
そのような場合は、新生銀行カードローンレイクでお願いしましょう。

レイクは、初回限定の無利息サービスもあります。
また、審査の最短時間は最短40分と消費者金融並みのスピードで審査してくれます。

利用条件は、下記の2点です。

  • 契約時の年齢が、満20歳以上70歳未満
  • 安定した収入があること

この条件であれば、満たしている方は多いと思われます。

銀行カードローンでは、下記属性の方は利用しにくいと言われています。

  • パート・アルバイト
  • 自営業・フリーランス
  • 学生・専業主婦
  • 年金生活の高齢者・障害者
  • 永住権を持つ外国人

安定した収入があればこれらの属性の人でも、レイクを利用することができ、いろいろな人に門戸が開かれています。

レイクなら、30日間無利息180日間5万円無利息のどちらかのサービスを選ぶことができます。

返済シミュレーションなどがホームページで利用可能なので、自分が借りたい金額がどちらのほうが有利か確認してみると良いでしょう。
年収の1/3以上の借り入れをしたいと思っている人には、30日間無利息のほうが、結果として得する可能性が高いです。

レイクは、自動契約機を設置しています。
家の近所に自動契約機があるのであれば、そこから申し込みと契約ができます。
そのため、自動契約機でレイクのカードを受け取ることができます。

審査のスピードも早く、カードを発行するまで最短40分程度で完了します。
インターネットで先に申し込んでから自動契約機にカードを受取にいくと、さらに時間が短縮されます。

もしも自動契約機にいくのが嫌なのであれば、インターネット完結した申し込みも可能です。
その場合は振込融資になってしまうため、うまくタイミングが合わないと翌日の振込になってしまうので注意が必要です。

女性専用のレディースレイク

女性には、女性専用のレディースレイクもあります。

専用のフリーダイヤルに電話すると、女性のオペレーターが対応してくれます。
男性だといいにくいことでも、安心してお金の相談をすることが可能です。

しかし、女性だからといって、金利が安いとか上限が高いとかの優遇はありません
あくまで、女性スタッフが対応してくれるということです。

また、レイクの嬉しいところは、提携ATMの手数料が無料なところです。
セブン銀行、ローソンATM、E-netなど、さまざまなコンビニATMと提携していて、無料で使うことができます。

銀行カードローンも消費者金融も、手数料をいちいち取るところが多いので、レイクのこのサービスはとてもうれしいところです。

三菱UFJ銀行バンクイックも、積極的な貸し出し

レイクの他には三菱UFJ銀行バンクイックも、積極的に貸し出しています。

バンクイックは、金利が低いのが特徴です。
レイクは金利が18.0%前後ありましたが、バンクイックは14.6%の金利です。

利用条件は下記の2つ。

  • 契約時の年齢が、満20歳以上65歳未満
  • 安定した収入があること

正社員でなくとも、パート、アルバイトの方でも安定収入があれば借り入れできるため、門戸の広いカードローンといえます。

このような点から、特に収入の1/3以上の借り入れをしたいときにおすすめです。

バンクイックは最短即日融資と、銀行にしては珍しい対応をしてくれます。
そのため、消費者金融と銀行カードローンのいいところを併せ持ったようなカードローンといえます。

他のメガバンクでもカードローンが用意されていますが、その中でも群を抜いて借りやすいのが特徴です。

また、レイクは収入のない専業主婦は借り入れできません。
しかし、三菱UFJ銀行バンクイックは、収入のない専業主婦や学生でも借り入れが可能です。
その他、年金のみで暮らしている年金生活者でも借り入れることができます。

ただし、テレビ窓口に行くことができなければ、即日融資は難しくなります。
即日融資を希望する場合は、営業時間中に窓口に行く必要がありますので、注意が必要です。

ですが、それさえクリアすれば、即日でお金を貸してもらえるので、非常におすすめです。

バンクイックも、レイク同様銀行カードローンの中では、審査も比較的甘めです。
レイクは消費者金融っぽさが残っていて嫌だという方や高い金利で借りたくないという方は、三菱UFJ銀行バンクイックがおすすめです。

どうしても年収の1/3以上の借り入れができなくなったら

銀行カードローンを申し込んで断られ、おまとめローンも借りられなくなった場合は、クレジットカードのキャッシングしか手段がありません。
その場合、金利は18.0%前後となる場合が多いので、金利負担の多さは覚悟して下さい。

それでも、ヤミ金で借りるよりははるかにマシです。
ヤミ金で借りると、法外な利子を請求されるので、絶対に使わないようにしましょう。
その他にも、返済期間が短い、取り立てが容赦ないなどのデメリットもあります。

現在では、漫画やドラマで見られるような強引な取り立ては減っています。
それでも、嫌がらせをされたり、恫喝の電話がかかってきたりする可能性はあります。
そうなると、日常生活がおびやかされることにさえなりかねません。

借り入れができないにもかかわらず、それ以上の借り入れが必要な場合、最終手段として債務整理や自己破産があります。

債務整理や自己破産をしてしまうと、周囲やカードローン会社に大きな迷惑がかかります。
その上、その後の借り入れができなくなります。
しかし、現金生活となることで、その後の家計は一気に健全化されます。

5年から10年経てばクレジットカードも契約できるようになります。
その間に現金生活で金銭感覚を整えていけばいいのです。

債務整理や自己破産をするハメになったからといって、絶望することはありません。

確定申告して所得を水増しすることは、グレーです

消費者金融の場合、年収の1/3までという総量規制の壁があります。
しかし、収入がアップすればその分大きめの借入枠が得られる可能性も。

例えば、副業でライターをすることで副収入を得て、それらを確定申告すればどうでしょうか。
きちんと確定申告して税金を納めているのであれば、確定申告書でアップした証拠とすることができます。

例えば副業収入が20万円であれば、年額で240万円です。
本業の年収が300万円であれば、副業分も合計すれば540万円になります。

あくまで計算上ですが、本業だけの収入であれば100万円のところ、180万円まで枠が増える計算になります。

 

ただ、これは非常にグレーな方法です。
きちんと税金を納めていればいいのですが、そうでない場合は増額できない場合も。
また、仮に契約できたとしても返済が苦しくなることも考えられます。

これらの方法は、よく住宅ローンを申し込む時に不動産屋が収入を多く見せかけるために使われます。
このような見せかけの方法を使うよりは、副業の収入も合わせてその範囲内でやりくりする術を考えたほうがいいでしょう。

まとめ:年収の1/3の借り入れをしてしまっても、それ以上借りれる方法はある!

消費者金融では、総量規制の縛りにより年収の1/3が借り入れの上限となります。
貸金業法で定められたルールなので、これを変えることはできません

銀行カードローンであれば、年収以上の借り入れも可能なので、年収以上の借り入れを希望される場合はおすすめです。
特に、新生銀行カードローンレイクと三菱UFJ銀行バンクイックは、借りやすくおすすめできます。

ここでは、収入の1/3以上借り入れをしたい人に対するテクニックについて書いてきました。
しかし、安易に借り入れに頼ることは、自己破産や債務整理のリスクもありおすすめしません。

その前に、なぜ借り入れが年収の1/3になってしまったのか、それ以上借りる必要があるのかを見つめ直してみましょう。
同時に、家計についても見直してみて、今支払っているものを整理することも必要です。

例えば、自動車ローンや住宅ローンを使うと、専門ローンだけあって金利も低く、支払いも抑えられます。
審査は厳しいですが、検討してみるのはいかがでしょうか。

その他、どうしても出費癖が治らないのであれば、カードを解約するのもいいかもしれません。
一度現金生活に戻って、金銭感覚を整えてからカードローンを使うといいでしょう。

 

カードのローンの利用は計画的に、利用するなら完済するという強い意思を持って契約しましょう。
計画的に利用さえできれば、ピンチのときの強い味方になってくれるはずです。

 

カードローン借り換えの注意点については、こちらで詳しく解説しています。
カードローンの借り換えガイド※損、失敗しない為に知っておくメリット・デメリット