無利息期間って何!?

しかし、現在は法律により、利用者からは保証料を徴収できなくなっています。

さて、無利息期間とは何かというと、一定期間の金利が0円になることです。

期間は業者により変わります。
業者が定めた期間中に完済すれば、金利は一切発生しません

通常であれば、利息と元本の合計額が返済金額です。
返済金額から利息を差し引いた額が元本として控除される仕組みになります。

しかし、無利息期間中は利息が発生しないため、全額が元本から控除されます。

一例として、無利息期間30日が適用されるA社から10万円を借り入れたとします。

無利息期間中にどのような形でも10万円を返済すれば、利息は発生しないのです。

無利息期間キャンペーンは、一部の消費者金融や銀行が実施しています。

言うまでもないことですが、無利息期間を設けるのは業者にとって利益を吐き出す行為。
利用者側に断然有利な制度です。

それでも、無利息期間を設けるのですから、そこには理由があります。

多くの人は、カードローンと聞くと「多重債務」などの言葉を連想するかもしれません。
このように、なんとなく敷居の高いものと感じてしまっているもの。

無利息期間を設けている業者は、まず心理的なハードルを下げることを考えています。

実際、「無利息期間があるなら使ってもいいか」と思う人は多いでしょう。

まずは、使ってもらうことで使い勝手や便利さを感じてもらうこと。
そこから、2回目以降の利用につなげていこうという考えがあるのです。

その中からリピーターになってくれる人が出た場合、2回目以降の利用で利益が出る仕組みとなっています。

カードローンの無利息期間において重要なこと

新規で適用されるカードローンの無利息期間は、大きく分けて2つ。

・新規契約時・初回に限定されたもの
・何度でも利用できるもの

ここで注意しなければならないのは2点。

  • 初回「契約日」から?「借入日」から?
  • 約定返済日はどうなるの?

<初回「契約日」から?「借入日」から?>

一例として、無利息期間が30日間の場合で考えてみましょう。

無利息期間の計算方法は、業者ごとに異なります。

・契約日の翌日から
・初回借入日から

このうち契約日の翌日からの場合は、注意が必要です。

契約した日に借り入れをした場合は、無利息期間は30日間になります。

しかし、近くに無人契約機がないなど、カードをすぐに受け取れない場合があります。
その場合は郵送となるため、カードを受け取るまでにタイムラグができます。

例えば、契約日から3日後にカードを受け取り、翌日借り入れた場合、無利息期間は27日となります(契約日の翌日から無利息期間が始まる場合)。

<約定返済日はどうなるの?>

無利息期間中にも約定返済日は来ます。

一例として、9月15日に契約・借入、約定返済日は毎月末日。
無利息期間の算定は、契約日の翌日からとします。

この場合、契約の翌日から無利息期間が始まるので、無利息期間は9月16日~10月15日まで。
その間、9月30日が初回約定返済日です。。

この期間であれば、返済した金額は全額元本に充当されます。

ただし、初回約定返済日にも設定した金額の返済日がやってきます。

口座引き落としにしている場合は、この日に引き落とされるようにしておいて下さい。
また、ATMで返済する場合は、約定返済日に忘れずに返すようにして下さい。

もし、約定返済日に返済がない場合、無利息期間が終了してしまうので注意が必要です。

無利息期間の設定と金利について

先述したように、無利息期間キャンペーンは一部の消費者金融と銀行で実施されています。
キャンペーンの実施方法は、大きく分けると次の3つです。

  • 初回限定で無利息期間が適用されるカードローン
  • 初回限定で、借入金額により無利息期間が選べる
  • 条件を満たせば、何度でも一定期間無利息

ここで紹介したのは、新規契約時に適用されるキャンペーンです。
その他、会員限定で無利息キャンペーンをやっている場合もあります。

ここで、金利について説明します。

基本事項として、金利は借りた額に比例します。
また同時に、借りた期間にも比例することを覚えておいて下さい。

カードローンで一度に借りた額が多い。
または借りた期間が長いほど、金利は高くなります。

金利の計算式は、下記のとおりです。

金利 = 借りた額○円 × 金利 △% ÷ 365日 × 借りた日数□日

○円と□日の数字が大きくなればなるほど、金利は高くなるのです。

そのため、最低返済額しか返済していない場合、完済時には元本の半分以上金利を支払っている状態になってしまいます。

初回限定で無利息期間が適用されるカードローン

先述したように、無利息期間の適用範囲は業者により様々。

その中で最も多いのが、初回限定で適用されるケースです。
初回限定で適用される会社は、以下の5つ。

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • ジャパンネット銀行
  • 愛媛銀行

カードローンといえば、気になるのは金利。
金利は金額と日数に比例します。

30日間の無利息を考えてみましょう。

無利息期間中は、30日以内に返済すれば金利は0円です。
当然ながら、借りれば借りるだけお得になります。

一例として、30万円を金利18%で30日借りたとしましょう。
その場合の金利は、4,438円です。

計算式 30万円×18%÷365日×30日

無利息期間中は、30日間であれば金利は0円です。

一部残った場合、その部分については利息が発生します。
しかし、利息の負担はその分小さくなります。

ここで気をつけなければならない点があります。

それは、無利息期間の計算方法です。

先述のとおり、計算方法は契約日の翌日からか、初回借入日からの2通り。

しかし、カードローン業者の場合、契約日の翌日からの計算になっている場合が多いのです。

契約と同時に借りた場合は、最大30日無利息となります。
しかし、契約日翌日から2日後に借りれば、無利息期間は28日間です。

この例外は、プロミスとジャパンネット銀行。
この2社は、初回の借入日から30日間が無利息となります。

では、おすすめ順に見ていきましょう。

30日間無利息のカードローン、プロミス

プロミス最初に融資を受けた日から30日間無利息になります。
その点で、非常におすすめのカードローンです。

つまり、最初に契約だけ済ませておいて、はじめて借り入れを行った段階で無利息期間がカウントされます。
この契約は、消費者金融ではプロミスだけなので注意しましょう。

また、ポイントを貯めることで無利息期間を再びつけることもできるなど、サービスも万全です。

ポイントを貯めるのは結構大変かもしれません。
しかし、コツコツと使っていれば、再び無利息期間が来ます。

そういった点でも、プロミスは契約しておいて損のないカードローンといえます。

金利面で見ると、プロミスは金利4.5%~17.8%と比較的低い部類に入ります。
また、最大限度額も500万円と高いので、長く使うのにも向いています。

審査時間は最短30分で契約可能なので、カードを受け取ったらすぐにその場でキャッシングできます。

近くに自動契約機がない場合でも、借入日から30日間なので、カード到着によるタイムラグは発生しません。

プロミス

30日間無利息のカードローン、アコム

カードローンの中で、知名度No1なのがアコムです。

このアコムにも、無利息期間は付帯しています。
ただし、利息無料期間は契約日の翌日が起点となります。

カードを郵送してもらう場合、アコムに利用を申し込み契約をかわし、カードが送られてくるまでに若干のタイムラグがあります。
その期間も無利息期間にカウントされるので、注意が必要です。

アコムの場合、近くに自動契約機の「むじんくん」があれば、そこでカードを受け取ることができます。
カードを受け取ったら、その場でのキャッシングが可能です。
できるだけ無利息期間を長く使うには、むじんくんで受け取ると良いでしょう。

アコムは、金利3.0%~18.0%。
上限金利は、消費者金融業者としては標準的です。
しかし、最大限度額は800万円と非常に高く、期待が持てるので長く使えるカードローンといえます。

審査は最短即日、30分審査が可能です。
審査が終了すれば、ただちにキャッシングが可能です。

30日間無利息のカードローン、アイフル

アイフルもおすすめのカードローンです。
CMなどを展開してますが、意外と30日間無利息のことは知られていません。

こちらも、契約日翌日からの30日間無利息カウントとなります。

ただ、1つだけ問題があります。

アイフルの自動契約機は、プロミスやアコムと比べると数が少ない点。
店舗検索で見ると、大都市圏や大きな駅には店舗があるようです。
しかし、それ以外はそれほど多くないのが現状。

そのため、どうしてもカードの受け取りは郵送になりがちです。
郵送には到着時間を選ぶことができるなど配慮がなされているのですが、急いでいる人には大変です。

大きな駅まで行ってカードを受け取るか、郵送を待って下さい。
カードの郵送を待つ場合は、かかった日数分だけ無利息期間が減ってしまいます。

なお、振込にも対応しているので、急いでいる方は振込を使ってもいいでしょう。

金利は4.5%~18.0%と平均的です。

最大限度額は500万円まで。
ただし、下は1,000円から借り入れできるので、細かい金額を借りたい方はいいでしょう。

審査は最短30分で可能で、スピーディーに結果がわかります。

30日間無利息のカードローン、ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行が取り扱っているカードローンが、ネットキャッシング。
銀行系では、数少ない30日無利息期間を設けているカードローンです。

プロミスと同じく、最初に融資を受けた日から30日間無利息になります。

ジャパンネット銀行は、日本で初めて誕生したインターネット専業の銀行です。

そのため、申し込みについてもパソコンやスマホからネット完結できます。

ネットキャッシングには、普通預金口座を持っていれば簡単に申し込みが可能です。
また、口座を持っていなくても同時申し込みが可能となっています。

ネット専業銀行らしく、借り入れの手続きはWebから行います。
手続き終了後は普通預金口座に入金されるので、すぐに利用可能です。

金利面で見ると、2.5%~18.0%。
初回の取引では、多くの枠が与えられることは少なく、ほぼ上限金利が適用されます。
上限金利は18.0%なので、消費者金融と同水準です。

しかし、限度額は最高1,000万円なので、長く使うには向いているローンといえます。

30日間無利息のカードローン、愛媛銀行

愛媛銀行jのひめぎんクイックカードローンは、地方銀行でありながら全国対応のカードローンです。

その理由は、利用条件にあります。

1点目は、愛媛銀行の口座が不要である点。

通常、銀行口座を持っている、もしくは同時に口座を開設することが条件となっているケースがほとんどです。
しかし、ひめぎんクイックカードローンでは、この条件がありません。

契約後の振込時にも、愛媛銀行以外でも対応可能です。
ただし、振込上限額は300万円までとなります。

2点目は、来店の必要がない点。

Web契約の場合、申し込みから契約までネットで完結します。

Web以外でも、電話、FAX、郵便で申し込んだ場合でも、郵送契約にすれば来店の必要がありません。

3点目は、無利息期間が付与されている点。

Web契約で契約すれば、初回に限り契約日から30日間無利息が付与されます。
該当する場合は、Web(スマホ)から契約したほうがお得です。

借入利率は、4.4%~14.6%。
銀行カードローンの中では、標準的です。

限度額も最高800万円なので、選択肢に加えてもいいカードローンといえます。

初回限定で、借入金額により無利息期間が選べる

カードローンの中には、金額によって無利息期間を分けている場合があります。
新生銀行カードローンレイクが、これに該当します。

ここからは、レイクについて解説していきます。

2つの無利息ローンが選べるカードローン、レイク

レイクには、2つの無利息ローンがあります。

  • 初回限定で、借入額のうち5万円まで180日間無利息
  • 初回限定で、借入額全額30日間無利息

いずれの場合も、初回契約日翌日から開始となります。

ただし、5万円まで180日無利息が適用されるのは、極度額が1万円~200万円の場合に限られます。
極度額が200万円以上の場合は、30日間無利息のみです。

どちらの無利息期間がお得かについては、公式サイトに比較表があります。
参考にしてみて下さい。

レイクは、金利が4.5%~18.0%と平均的です。
限度額は500万円までです。
ネット上のみで借り入れが完了し、申込み完了画面に、審査の時間が表示されますが、大抵の場合、1日で審査が完了します。

ちなみに、レイクはもともと消費者金融でしたが、現在は銀行カードローンです。
新生銀行が提供しています。

しかし、借り入れることができる限度額や、リボ払い、収入証明書の提出など、とくに変わりはありません。
審査に関しても、もともと消費者金融だったので、それほど厳しくはありません。

条件を満たせば、何度でも一定期間無利息

期間は短くなりますが、一定の条件を満たせば何度でも無利息になるローンもあります。
それが、ノーローンです。

ここからは、ノーローンについて解説していきます。

何度でも一定期間無利息のカードローン、ノーローン

ノーローンは、無利息期間があるカードローンの中で、唯一何度でも無利息期間があります。

  • 初回借入から最初の1週間無利息
  • 完済後、翌月以降に再度利用した際も1週間無利息

給料日まであと少しなど、1週間以内で返済の目処が立つ場合。
もしくは、少額のお金を借りる場合に最適なローンといえます。

振込もしくはATMでの借り入れが可能です。
なお、契約については同じ新生銀行グループのレイクATMで行うことになります。

利息は、4.9%~18.0%で標準的な利率です。
限度額は最高300万円なので、中型のカードローンといえます。

利息無料期間に関する疑問

利息無料期間を取り入れているカードローンを紹介してきました。

例えば、このような疑問を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

・無利息期間を連続させると、無料期間を伸ばせる?
・無利息期間にも、返済は発生する?

ここでは、この2つの疑問に答えていきたいと思います。

無利息期間を連続して3社つなげると、最大90日無利息になる!?

この無利息期間を伸ばす方法はないのでしょうか。

例えば、30万円借りることができたとしましょう。
30日後に2社目を契約して、そのお金で1社目を返済します。

その返済日に、また次のカードローンで借りて無利息期間を得ます。
さらに30日後にまた借りて、次のカードローンを即日キャッシングで借ります。
そして完済。

さらに30日後にまた30万円返せば、最大で90日が無利息となります。

そんなことは本当に可能なのでしょうか?
何らかの規約に違反しないのでしょうか?

実は、こうしたことは、「回転」という隠語で呼ばれています。
一部のカードローン利用者の間では語り継がれている方法です。

一見すると得ばかりする良いシステムな気がしますが、実際に得しかないシステムです。
ただし、一度しか使えないのがネックです。

5万円以下であれば、レイクを組み合わせることで180日以上の無利息期間を得ることもできますので、非常にお得だといえます。

30万円借りるのを5社続ければ、150日間無利息になります。

最大で、ほぼ5ヶ月分無利息になる計算です。
しかも、こうした行為を止める法的な規制は何もありません。

自分自身の信用情報がキレイな状態で、カードローンを契約することさえできれば、このようなことも可能なのです。

ただし、何社も借りるのはリスクもあります。

  • 申込みブラックになる可能性がある
  • 管理が非常に面倒

上記のことを考えると、3社程度でおさめておくのが良いでしょう。

また、カードローンは、ある程度長期間利用することを念頭に置いたサービスです。
そのため、短期間の完済は信用情報としてあまり良いものとは評価されません。

それに、3社程度で無利息借り入れをストップしておかないと、それ以降に借りたくなったときに、無利息期間が使えなくなってしまいます。
いざというときのために、無利息期間は残しておきたいもの。
あまりに使いすぎるのはやめましょう。

どうやって返す!?カードローン

30万円が限度額として承認されて借りたとして、その30万円を期日までに返さなくてはなりません。
そのため、使いすぎないようにすることが大切です。
あくまで、無利息になるのは一社あたり30日間だけです。

30日後には全額完済をしなければ、利息が発生してしまいます。

また、これは重要な注意点ですが、返済日が30日後になるわけではありません。
その30日の間に約定返済日が来た場合、約定返済額を返済することが必要です

ここで約定返済日に遅れてしまうと、その時点で無利息期間が終わってしまいます。

返済日はカードローンによって異なります。

たとえばアコムの場合は、返済日を1日~月末まで好きな日に指定することができます。

しかしプロミスの場合は、毎月5日、15日、25日、末日の中から選ぶことになります。
そのため、1日に借りて5日の返済を選んでしまうと、5日に約定返済をしなくてはなりません。

慌てないためにも、借りたカードローンの返済日を確認して、契約がどのようになっているかをチェックして下さい。

給料を充当するなど、返済方法はさまざまです。
一円も利息を払いたくない!というのであれば、30日間の間に全額完済する必要があります。

返済日や返済方法には、十分に注意して下さい。

まとめ:30日間無利息は積極的に使いたい

先述したように、30日間無利息はカードローン会社が利益を吐き出すものです。
そのため、利用者の利益になります。

30日間無利息でもっともおすすめはプロミスとアコムです。

プロミスの場合、契約日ではなく初回の利用日からの30日間無利息なので、ゆとりをもった利用が可能です。
アコムの場合は、契約日の翌日からの適用になりますが、振込を利用すればタイムラグを気にすることなく利用できます。

また、両社ともWEBからの申し込みが可能なので、身内に借り入れがばれることもありません。
アコムの場合は、自動契約機が近くにあれば取りに行くことも可能なので、そういった点でもタイムラグが起きにくい点が強みです。

30日間無利息を5社組み合わせれば、150日無利息も不可能ではありません。
ですが、申し込みブラックになるリスクがある上、管理も大変になる可能性も。
できれば3社程度におさめておいた方が良いでしょう。

また、同時に次の機会にカードローンを借りたくなっても、いざという時に30日無利息を残しておくことがおすすめです。

無利息期間は初回限定がほとんどなので、あまり短期で返すのならもったいないといえます。
カードローン会社には利益が出ませんが、2回目以降の利用で利益がでるようになっています。
遠慮なくどんどん使ってしまうと非常に便利なサービスとなっています。

30日間の無利息サービスがあるおすすめカードローンはこちら

※カードローンを申し込む時は上限金利を確認してください。
はじめて申し込まれる人が下限金利を適用されることはありません。

1位

プロミス

無利息期間 はじめての人は30日間無利息
実質年率 4.5~17.8%
限度額 500万円

低金利&即日融資も可能
返済額を少しでも減らしたい人におすすめ。
審査時間30分&最短1時間で即日融資も可能。
プロミス縦ランキング

2位

アコム

アコム縦

無利息期間 はじめての人は30日間
実質年率 18.0%
限度額 800万円

はじめての方は最大30日間も金利が0円となります。ネットで契約まで可能なのでわざわざ店舗に行く必要はありません。
アコム縦ランキング 即日