・カードローン、件数が多いと次の借り入れが困難になります

カードローンで3社以上からキャッシングしている人は意外と多いものです。それが、年収600万円で3万円ずつ3社から借りているのであれば、合計9万円となって返済には困らないでしょうが、大抵の人は限界ギリギリまで借りてしまって、それ以上借りられないで困っていることが多いようです。

実は、新規でカードローンを借りようと思った場合、他社借り入れ件数というのは非常に厳しく見られます。信用情報という、カードや分割払いの過去の取引情報を登録しているデータベースがあって、そこに、他社からの借り入れ件数が掲載されています。そこで、3社、4社以上になると、もうほとんどアコム、プロミス、SMBCモビット、アイフル、レイクなどで借り入れできる可能性は少ないでしょう。大手の消費者金融は、他社借入件数が多い人を非常に敬遠します。そのため、ちょこちょこと他社から借りてしまって借り入れが膨らんでいる人は、それ以上借りることができないのです。これは非常に困った問題です。他社からの借り入れはもういっぱいになっていても、またお金が必要になるケースはあるからです。そんなときはどうしたらいいのでしょうか。

・まずは、借り入れ中の業者で枠を広げてもらおう!

まず、現在借りている業者で、カードローンの枠を広げてもらうことをおすすめします。いわゆる“増枠・増額”をこちらからお願いするのです。カードローン会社のフリーダイヤルに電話をかけて、自分が今、そちらで借りていることを伝え、カードローンの枠を広げて追加でキャッシングできないか尋ねるのです。多くのカードローン業者が、これに応じてくれます。ただし、返済がスムーズに行われていたら、の場合です。返済が滞っていたり、延滞がすでに発生していたりした場合は、増枠はできません。

そもそも、一度でも延滞を起こすと、他社でもそれ以上借り入れできないどころか、会社によっては一括返済を求められるリスクが高まりますので、延滞には気をつけましょう。3回以上延滞を起こすと、今度はブラックリスト行きです。何年も借り入れできませんので、注意してください。

そして、増枠できれば、足りない分のお金を問題なく借り入れできることだと思います。多くの業者が、こちらから提案した増枠の申し出にも応じてくれますので、ダメ元で一度、電話をかけてお願いしてみましょう。

・それでも借り入れできなかったら、中小の消費者金融へ!

カードローンには、総量規制というものがあります。貸金業法の法律で、年収の1/3までしか借り入れできないという法律です。なぜ年収の1/3までかというと、それぐらいの借り入れの人が、いちばん多重債務状態にならず、自己破産を避けて無事に完済できたという調査結果があったからです。そのため、国は規制に乗り出し、総量規制によって年収の1/3までの借り入れしかできないように貸金業者をしばっています。あなたの借り入れ件数がもし、3社以上で、借り入れ総額が年収の1/3を超えている場合、それ以上はもう借り入れできないのです。

アコム、プロミス、アイフル、そして銀行カードローンのレイクに聞いてみても、みんな断られます。申し込んでも断られて信用情報が汚れるだけなので、いっそのこともう申し込むのはやめましょう。審査に申込んだこと、そして落ちたことまでが記録に残って、他の審査でますます不利になるだけです。

そんなときは、中小の消費者金融がおすすめです。中小の消費者金融は、テレビCMを打てない分だけ知名度が低く、大手のカードローン会社とは別の戦略で生き残っていくしかありません。そこで、他社ではもう借り入れできないような人をターゲットにして、キャッシングを行ってくれます。そのため、他社借り入れが3社、4社あるような人でも、借り入れできる可能性が高く、とてもおすすめなのです。

・中小の消費者金融がおすすめの理由は?

中小の消費者金融がおすすめの理由、それはずばり、審査が甘いからです。大手のキャッシング会社とはまた違ったルールで運営されており、他社借り入れが多くあっても、他の条件さえ良ければお金を借りることができます。もちろん、中小だからと言って延滞してはいけません。延滞なく返済してくれる人だということが過去の履歴からわかれば、中小の消費者金融は高い確率でお金を貸してくれます。

ビジネスモデルとして、広告費をかけられない分、大手で借り入れができないような人を拾っていこうという考え方なのです。そのため、アコム、プロミス、SMBCモビット、アイフル、レイクなどで断られてしまった人でも、借りられる可能性があります。大手よりも審査が甘い可能性が非常に高く、おすすめです。大手と同一の審査基準にしていたら、ビジネスとして成立しないからです。おまとめローンも同様で、借りすぎてしまって大手のおまとめローンに通らない方でも、中小消費者金融のおまとめローンなら通る可能性があります。

・ずばり、中小の消費者金融、どこがおすすめ?

中小の消費者金融は、いろいろあるのですが、知名度が低いため、どこがいい会社なのかわからないことだと思います。また、ヤミ金に引っかかってしまっては大変です。ヤミ金は大手の銀行などの子会社のような名前を名乗っているケースもあり、悪質です。そのような違法な業者に引っかからないためには、正規の登録業者を選ぶ必要があります。

では、ずばりおすすめの中小消費者金融はどこか、見ていきましょう。

中央リテール:

中小の中でも比較的有名で、全国対応してくれます。他社で断られた人でも借り入れできる可能性は十分にあり、おまとめローンなどで借り入れを一本化するのにもおすすめです。最大融資額は500万円と高く、金利は10.95%~13%と、かなりの低金利でおすすめです。

 

ダイレクトワン:

過払い請求をしてそれ以上借り入れできなくなってしまった人でも、審査に通る可能性があります。パートやアルバイトでも審査に通る可能性があり、おすすめです。最大融資額は300万円、金利は4.9%~20.0%です。

 

セントラル:

40年以上運営している老舗の中小消費者金融です。即日融資が可能な上、女性専用のローンもあります。30日間無利息のサービスも行っており、大手と変わらないサービスを受けることができます。最大融資額は100万円で、金利は4.8%~18.0%です。老舗のため安定感があります。

 

スカイオフィス:

柔軟な審査を行ってくれて、他社で断られてしまった人でも、審査に通る可能性があります。最大融資額50万円、金利15%~20%と条件はあまり良くないのですが、審査通過率が高く、おすすめです。即日融資も可能です。

 

ライフティ:

なんと最大500万円まで借り入れできる中小の消費者金融です。8.0%~20.0%までの金利で、審査基準が独自の基準をもうけているため、柔軟に対応が可能です。また、業務の営業歴が短いため、審査通過率を高めて対応しており、おすすめです。

 

フクホー:

フクホーは、創業45年を経過しており、老舗なので安定性があります。利息だけ返済することが可能で、困ったときには相談してみると良いでしょう。最大融資額は200万円で、金利は7.30%~18.0%となっています。

いかがでしょうか?中央リテールはまだ多少の知名度はあるかもしれませんが、他はまったく聞いたことがないと思います。ですが、ヤミ金とは違って正規の登録業者なので、法律にしたがって運営されていますので、違法な取り立てなどはありません。

・確認の電話がかかってくる可能性があります

これらの中小の消費者金融に申し込むと、確認の電話がかかってくるケースがあります。その電話には必ず出るようにしてください。電話連絡がつかない人には、貸してもらえないケースが多いからです。中小の消費者金融に申し込んでからしばらくの間は、知らない番号や非通知などの電話にも出るようにしましょう。

・面談がある可能性もあります

中小の消費者金融の特徴は、実際に業者に出向いて面談がある可能性があるということです。大手のアコム、プロミス、SMBCモビット、アイフル、そして新生銀行レイクなどは、誰にも合わずに融資を受けることが可能です。ですが、中小の消費者金融は、実際に店舗に出向いて、面談を受ける必要がある可能性があります。やはり3社、4社以上の借り入れとなると、業者も慎重にならざるを得ません。どんな人物か見極めて、ちゃんと返済してくれそうな人か確認する必要があるのです。

面談の前には、必ず心配事などは解決して、クリアな状態で臨みましょう。そわそわしているなどすると、信用に足らない人物として、審査に落とされてしまう可能性があります。かならず、人間性をアピールして、ちゃんと返済する約束を守る人物だという人間面の良好さを印象づけるようにしましょう。

面談は必ずあるわけではないのですが、一部の中小消費者金融では、面談がある場合がありますので、心しておいてください。それが嫌なのであれば、もう諦めるしかありません。別に事務所に連れて行かれて、怖い人に囲まれて・・・というようなことはありませんので、安心して事務所に行くと良いでしょう。

・中小の消費者金融は金利が20%?

中小の消費者金融で、金利が18.0%のところが一部あります。アコムやプロミス、SMBCモビット、アイフル、そして新生銀行レイクなどの場合は、高くても18.0%で、上限の金利が18.0%だと思っていた方も多いかもしれません。実は、この金利は利息上限法で定められており、金利の最大金利は20%なのです。

よって、違法な金利を取っているわけではありません。ただ、利息制限法の上限金利を設定しているだけなのです。とくに法律に反しているわけではありませんので、安心してください。どうしても20%の金利に違和感があるという方は、中小の消費者金融で金利の安い業者もありますので、そちらを選ぶようにしてください。中小の消費者金融といっても、いろいろな業者がありますので、いろいろ比較してみると良いでしょう。

・3社4社借り入れしていて、どうしても欲しいものがある場合、ショッピングローンも

3社4社借り入れしてると、もう総量規制に引っかかってそれ以上借り入れができなくなります。そのため、どうしても欲しいもの・必要なものがあっても、お金を調達できないというケースがあります。その場合は、ショッピングローンを使いましょう。たとえば、クレジットカードの分割払いでもいいのです。クレジットカードの分割払いや、割賦販売などは、貸金業法とは異なりますので、年収の1/3以上の借り入れがあっても、使うことができます。

現金を調達しなくとも、分割払いは可能ですので、そちらを使いましょう。ただし、クレジットカードのショッピング枠を現金化することは規約違反ですのでやめましょう。おすすめのクレジットカードとしては、大手消費者金融のアコムが出している、アコムACマスターカードがおすすめです。マスターカードブランドで、即日発行してくれるのでおすすめとなります。エンボス加工はありませんが、その場で発行してくれるので、すぐに買い物に行くことが可能です。即日発行可能な、アコムACマスターカードを作ってみましょう。

正確には、クレジットカードでのキャッシングは貸金業者の貸金業法にもとづいており、キャッシング取引には貸金業法が適用され、クレジットカードで商品を分割払いで購入する際には、割賦販売法が適用されます。これは、リボ払い、分割払い、ボーナス払いのいずれにおいても同様です。総量規制でキャッシングの枠がいっぱいになってしまっても、まだクレジットカードの枠が残っていますので、諦める必要はありません。アコムACマスターカードにチャレンジしてみましょう。

・保証人がいてもダメ?新規の借り入れ

総量規制は、保証人や担保があってもダメなのでしょうか。実は総量規制は、保証人がいても年収の1/3以上の借り入れはできないのです。それ以上貸し付けていることが発覚すると、業者は行政処分の対象となってしまいます。もちろん、借りている側が行政処分を受けるとか、何か法律に抵触して刑罰を課されることはありませんので、仮にいま、年収の1/3以上を貸金業者から借りていたとしても、通常通り、返済を続けていけば良いでしょう。

やはり、保証人がいても通常のやり方では大手の消費者金融から借りることはできませんので、中小の消費者金融にまずは頼っていただくことが最善だといえるでしょう。

・年収に、パチンコや競馬の収入を含めてはダメ?

総量規制が、年収の1/3までしか借り入れできないのであれば、借り入れの金額を増やすためには年収を増やせば良いわけです。そこで、パチンコや競馬などの収入を申告して、年収とみなしてもらうわけにはいかないのでしょうか?実は、パチンコや競馬の収入は、収入とはみなされません。法令に定められている、給与、年金、恩給、不動産の賃料収入、年間の事業所得以外は、たとえ宝くじであっても、競馬であっても、一時的な収入とみなされ、貸金業法上の年収とはみなされませんので、注意が必要です。年金受給者は、借り入れの対象になります。

また、余計なお世話かもしれませんが、キャッシングしたお金を競馬などのギャンブルに使うのは、返済不能になるリスクと借り入れが膨らむリスクが高まりますので避けたほうが無難でしょう。借り入れの理由にギャンブルを挙げた場合、審査に落ちる可能性があります。

・それでも返済に困ったら

3社、4社の借り入れになると、だいぶ返済もきつくなっていることだと思われます。その場合、どうしても返済ができないのであれば、債務整理なども検討しましょう。専門家に相談して、借金を元本だけに圧縮してもらえるよう交渉するなどしてもらうといいでしょう。専門家にお金を払う必要がありますが、それらはクレジットとは関係なしに分割払いが使えます。

もう返済できない、これ以上はもう借りるところもない、お金に困っている、そんな究極のピンチになってしまった場合は、弁護士や司法書士のところに相談に行きましょう。初回の相談を無料で行ってくれるところを選んで、自分の借金についての相談をしてみるといいでしょう。いまテレビなどで頻繁にCMを流している、過払い金請求なども相談してみると、借金の精算ができる可能性があります。

いずれにせよ、困りに困ってヤミ金に手を出すぐらいなのであれば、債務整理が可能です。その後の生活が成り立たないのであれば、生活保護なども検討してみると良いでしょう。公的な機関に頼ることは、最終手段ですが、いまの世の中決してやり直しのチャンスがないわけではありません。それらはむしろ、やり直すためのチャンスなのです。借金に困り果てたら、弁護士や司法書士のところに出向きましょう。

・まとめ:困ったら、中小の消費者金融へ!

カードローンのキャッシング借り入れが3社、4社に膨らんでしまい、これ以上借り入れができなくなってしまった、そんなときは、中小の消費者金融を頼ってみましょう。中央リテールやダイレクトワンなど、好条件で貸してくれるところが数多くあります。中には、30日間無利息などを行っているケースもあり、大手顔負けのサービスを行ってくれます。

まずは、現在借りている3社、4社のカードローンに、増枠のお願い電話をしてみましょう。うまくいけば、それで足りないお金を調達できる可能性があります。それでもダメならば、今度は中小の消費者金融に申し込んでみましょう。また大手とは違った審査基準で、申し込みの審査を判断してくれますので、思わぬ高額を貸してくれる可能性があります。ここに掲載した中小の消費者金融であれば、貸金業として登録している業者なので安全です。

困っても決してヤミ金の誘いには応じないようにしましょう。ヤミ金は最初お金を借りるときは優しいのですが、いざ返済が滞ると、一気に悪質化して生活が脅かされてしまいます。中小の消費者金融とヤミ金の見分けをしっかりとつけて、正規の登録業者を選んでください。3社以上の借り入れがあると、新規の借り入れは困難になるケースが多いです。これ以上借り入れできないと思ったら、大手は諦めて、中小の消費者金融を頼るようにしてください。金利も比較的安いところもあり、通常のキャッシングと同じようにお金を借りることができますので、いざというときの強い味方になってくれます。