acom_001

\ はじめての人は最大30日間金利が0円 /

アコム記事
三菱UFJフィナンシャル・グループ アコムのオススメポイント

  • 初めての方限定!最大30日間金利0円!
  • 3項目入力するだけで借入可能か診断してくれる「3秒診断」あり
  • 審査結果は最短30分&申し込み~融資実行まで最短1時間とスピーディー
  • 実質年率3.0%~18.0%と下限金利は消費者金融の中でも低めの設定
  • 最高融資額800万円とハイスペック!
  • おまとめローン&借り換えローンにも使える
  • 平日14:30までにオンライン契約完了で即日振込可能
  • 条件が合えば365日いつでも即日振込可能&24時間最短1分振込!
  • 全国各地にある自動契約機(むじんくん)の営業時間が22時まで延長!ますます便利に
  • インターネットバンキング&提携ATMを利用すれば24時間365日いつでも入出金可能
  • 返済日をメールで知らせてくれるeメールサービスなど会員向けサービスが充実している

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコムの詳細と特徴【メリット】

orix_002
2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり、母体の資金力、経営状態が良好なことから信頼性が高く初めての方でも安心して利用できると評判のアコムですが、アコム自体1978年から営業している消費者金融の老舗で、消費者金融貸付残高№1!ともともと実績の高い消費者金融です。

実は、今では、特に珍しくもなくなってしまった感もある自動契約機ですが自動契約機の先駆けはアコムの「自動契約機(むじんくん)」です。また、大手消費者金融の即日融資も今は当たり前の時代に突入していますが、アコムは早くからスピード審査&融資のシステムを導入し即日融資を実現してきた消費者金融です。現在も、業界をリードするかのように顧客目線にたったさまざまな新サービスを展開中です。

即日融資

昨今、インターネットから申し込みを行い、金融機関窓口営業時間内に契約・振込み手続きを完了することで即日振り込みによる融資を行う消費者金融も増えてきており、特に珍しくもなくなりましたが、アコムはちょっと違います。

アコムは、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行を振込先口座として指定した場合は平日18:30まで、楽天銀行を指定するのであれば土日祝日関係なく21:00までに手続きを完了すれば即日振込みしてくれます。

銀行口座指定という条件はありますが、新規申し込みで金融機関窓口営業時間外に振り込みに対応してくれる、まして土日祝日も対応している消費者金融は非常に少ないのでこういったサービスは有り難いですね。

審査

それから、キャッシングサービスを受けるためには必須であり最大の壁ともいえる審査!
金利や返済方法などいろいろと気になることもあるけれどそれ以前にまずは審査が通るかが心配という方も多いと思いますが、アコムにはわずか3項目入力するだけで借入可能か診断してくれる「3秒診断」があります。

すぐに結果を受取れる、というのも時間のない方にとってはポイントのひとつといえますが、無記名で行えるというのもポイントのひとつ。急いでいるからといって複数社に立て続けに申し込みを行うとそれだけで個人情報機関に登録されてしまい、審査において不利に働くこともありますが、アコムの3秒診断なら、無記名で行えるのでそういった心配がありません。

ネット完結

acom_004

システム的なことでいうと申し込みから契約締結まで全てネットで完結できるのもアコムの特徴のひとつ。もちろん、他の消費者金融でもネットで完結できると謳っているところもありますが、なかには身分証明書などの確認書類についてはFAXで送らなければならなかったり、郵送してください!というところもあります。

アコムには複数の提出方法が用意されていてアプロードで提出、カメラアプリで送信(スマートフォン、携帯電話)もOKなのでネット上で全てを完結することができます。

その他にも、自動契約機(むじんくん)の営業時間を8:00~22:00(従来は9:00~21:00)までに延長し、年中無休(年末年始は除く)など、多彩な申し込み方法や返済方法、スピード審査&融資だけでなくさまざまな魅力的なサービスを展開しています。

アコムを利用するメリット!こんな点に人気が集まっている

acom_005

数ある消費者金融の中でアコムが選ばれ続けているのは、知名度、信頼性、安心感、さらにサービス面においてもトップクラス!ということもありますが、実はそれだけではないようです。
実際にアコムを利用されている方(いた方)のクチコミやレビューを見てみると「融資額」が魅力=アコムを利用する上でのメリットと考えている方が多いようです。

いきなり「融資額」といってもピンと来ないかもしれませんが、融資額は審査により決定するので、当然ですが申し込みをしたからといって必ずしも希望通りの金額を融資してもらえる訳ではありません。また、利用枠は実績をつけることで上がっていくことはありますが、一般的には新規申込者の場合どこの消費者金融でも高額な利用枠を設定されることはまずありません。

もちろん審査次第&ケースバイケースですが30万円程度なら審査がスムーズに行われる事が多いようです。

しかし、アコムは高額融資も夢ではない!といわれています。
もちろん、アコムでも審査は行われていますし、審査次第ではありますが、複数社に申し込みを行った経験のある方などのクチコミをみると、「他の金融機関より高額な利用枠をもらえた」「はじめての申し込みで、こんなに借りられるなんて正直驚きました」といった声が多く寄せられています。

総量規制の対象外の貸金業法に基づく借換え専用ローン

それから、アコムの最高融資額は消費者金融としてはトップクラスの800万円となっています。しかし、アコムの融資は総量規制の対象であり、800万円借りられるのは年収2,400万円以上ある方、ということになります。

そのため、消費者金融選びの際に、最高融資額なんてどうせ借りられるとは思っていないから、あまり気にしていない、という方もいるようですが、実は、アコムは総量規制の例外貸付けを利用したおまとめローンや借り換えローンにも対応しているので最高融資額も重要なポイントとして見ている方もいるのです。

ちなみに、アコムには総量規制の対象にならない「貸金業法に基づく借換え専用ローン」もあります。

  • 最高融資額 ⇒ 300万円
  • 金利 ⇒ 7.7%~18.0%

カードローンの金利3.0%~18.0%と比べると「貸金業法に基づく借換え専用ローン」の下限金利の方が高いです。

ローンの性質上クレジットのショッピング残債などにあてることができないことなどから、「貸金業法に基づく借換え専用ローン」ではなく、最高融資額が高く、下限金利が低いカードローンをおまとめローンや借り換えローンに選ばれている方もいるようです。

acom_015

もちろん、「貸金業法に基づく借換え専用ローン」にも最長返済回数が長いなどの魅力はありますが、借入額が高額になればなるほど下限金利が低いローンの方が魅力的。

また、他の消費者金融よりも総量規制の例外貸付けを使ってのおまとめローンや借り換えローンの審査がスムーズという点が大きな魅力であり、アコムを利用するメリットと考えている方が多いようです。

アコムへの申込み~借入の流れ

acom_006

アコムには、4つの申し込み方法があります。

  • インターネット(パソコン・ケータイ・スマートフォン)
  • 電話
  • 窓口、自動契約機(むじんくん)
  • 郵送

申し込み方法別に申し込み~融資実行までの流れを見ていきましょう。

インターネット(パソコン・ケータイ・スマートフォン)からの申込み

インターネットからの申し込みは24時間受け付けていますが、審査可能時間は9:00~21:00です。

申し込みを行うとアコムで内容を確認後(審査可能時間内に)メールおよび電話で連絡が入ります。この時、本人確認書類などの提出を求められます。アップロード、専用アプリ、FAX、郵送と4つの提出方法から都合の良い方法で提出してください。

アコムに書類が届いたら審査が開始され、審査が完了すると「契約手続きのお願いメール」もしくは否決の連絡が届きます。

契約手続きお願いメールがきたら、利用枠や利率などを確認し同意すると契約完了となります。振込みを希望する場合は、インターネットもしくは電話による申し込みが必要です。

acom_007

平日14:30までに契約&振込み依頼をすませると即日振り込んでもらうことができるのですが、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行の口座を開設済みでこれらの口座を振込先口座に指定する場合は、18:30までに契約&振込み依頼をすませると即日振り込んでもらうことができます。

ただし、アコムに確認したところ、振込み依頼先であるフリーダイヤルの対応が平日18時までとなっているため、できれば18:00までに手続き&振込み依頼を完了させられるよう早めに手続きを行って欲しい、とのことでした。

ですが、契約の段階で「当日中に振り込んで欲しい」旨を伝えておくと振込み依頼専用のフリーダイヤルとは別の番号を教えてくれるので18:30までに契約を完了&振込み依頼をすれば即日振込みしてくれるそうです。

それから、楽天銀行の口座を振り込み指定口座にすると土日祝日関係なく21:00までに契約&振り込み手続きを完了させると即日振込みしてくれます。


ちなみに、インターネット(パソコン・ケータイ・スマートフォン)から申し込みを行った場合、手続きは店頭窓口、自動契約機(むじんくん))でも行うことができます。申し込み方法については「窓口、自動契約機(むじんくん)での申込み」を参照してください。

電話での申込み

acom_008

申し込み専用のフリーダイヤルに電話をして申し込むとその場で審査を受け(簡易審査)審査を通過すれば本審査へと進むのですが、契約手続きに関しては、3つの方法があります。

ひとつめは、FAXでの送信です。
無事審査を通過し、利用枠や利率などを確認して同意した場合、契約手続きに進むのですが、契約書類は、パソコンでダウンロードしたものを印刷したものを使用することになります。契約書類一式と本人確認書類がアコムに届き確認されると契約完了となります。当日振込みを希望する場合は、平日14:00までに書類を送りアコムに確認してもらう必要がありますので、時間に余裕をもって手続きを進めることをおススメします。

ふたつめは、店舗、自動契約機(むじんくん)での手続きです。
申し込み方法については「窓口、自動契約機(むじんくん)での申込み」を参照していただきたいのですが、電話で確認したところ、窓口による手続きは22:00まで行っているそうですが、窓口での手続きの場合、窓口へ行ってから本審査が始まるので当日中にカードを受取るためには、21:30頃までには来店して欲しいとのことです。

みっつめは、郵送による手続きになります。
申し込み書類が自宅に送られてくるので必要事項を記入の上で本人確認書と一緒に返送します。アコムで書類確認後、問題なければカードが送られてきます。

窓口、自動契約機(むじんくん)での申込み

本人確認書を持参のうえ店頭窓口もしくは自動契約機(むじんくん)へいきます。
ちなみに、現在借り入れがある場合、他社借り入れ分を含め借り入れ総額が100万円を超える場合、もしくはアコムで50万円以上の借り入れを行いたい場合は、収入証明書も必要になりますので、忘れずに持参しましょう。

acom_009

店頭窓口での申込みの場合、担当者にいろいろと相談しながら手続きを進めていくことができます。
窓口での受付は平日9:30~18:00(一部19:00までの店舗窓口もあります)です。

審査に通り契約手続きが完了すると、その場でカードを受取ることができます。カードを受け取った時点で既に融資可能な状態になっているので併設するアコムATMもしくは提携ATMですぐに利用することができます。

自動契約機(むじんくん)で申込む場合はガイダンスに従い、タッチパネルを操作し入力していきます。疑問点や不明点、また操作に関する困りごとなどはオペレーターが対応してくれますので安心です。

無事契約締結することができれば、その場でカードが発行されますので、併設するアコムATMもしくは提携ATMですぐに利用することができます。

郵送での申込み

郵送で申し込む場合は、電話でアコムに連絡をいれ書類を送ってもらい、送られてきた申し込み書類に記入し必要書類とともに返送。アコムに届き内容確認後に審査が行われます。

審査結果については、電話で連絡がきます。審査を通過し契約手続きをすませると契約書類と共にカードが送られてきます。カードを受取ったらすぐに利用することができます。

acom_010

郵送以外の方法で、審査可能時間内に申し込み~契約など各種手続きを完了させることで当日中に融資を受けることが可能です。申し込み方法や借り入れ方法、また混雑状況などにより所要時間は多少違ってきますが、店頭窓口もしくは自動契約機(むじんくん)でなら30~40分ほどといわれています。また、どの方法&借り方でもスムーズに行けば1時間ほどで融資を受けることができます。

ちなみに、最短でカードを受取りたい、という方はインターネット(パソコン・ケータイ・スマートフォン)から申し込み、店頭窓口もしくは自動契約機(むじんくん)で手続きを進めるのがいいと思います。


インターネット(パソコン・ケータイ・スマートフォン)、電話による申し込みなら誰にも会わずに自宅にいながら手続きを完結することができますし、窓口、自動契約機(むじんくん)での申し込みならいろいろ相談しながら進めていくことができます。また、郵送による申込みの場合、日数がかかってしまうため即日融資というわけにはいきませんがじっくり検討して申込むことができます。ニーズ・ライフスタイルに合わせてご自身にあった方法で申し込みを行いましょう。

アコムの審査について

アコムのホームページに「3秒診断」があるので、まず融資の可能性があるかどうか診断してもらいましょう。

入力項目

  • 年齢
  • 年収(総支給額)
  • カードローン他社お借入状況

この3つだけで結果もわずか3秒で受取ることができます。

簡易審査であり本審査の結果と必ずしも同じとは言えませんが、口コミなどを見ると性能が良く本審査の結果とほぼ同じ結果が出るようですので「融資可能と思われます」と表示されたら自信をもって申し込みを行うといいでしょう。

審査内容については、他の金融機関同様アコムも公表してないので詳細についてはわかりませんが、アコム独自の審査基準により審査が行われます。アコムは年収の高さよりも安定収入&返済能力に重きを置いて審査してくれる消費者金融!そんな声も多く寄せられています。

アコムの強みのひとつがスピード審査ですが、在籍確認が取れない場合は結果を受取るまでに時間がかかってしまいますので、本審査に申し込んだら在籍確認をとってもらえる体制を整えておくことをおススメいたします。

アコムは本当に即日融資可能か?

acom_011

アコムには多彩な申し込み方法が用意されていますが、郵送以外の申し込み方法で、審査可能時間内に申し込み・諸手続きを完了させることができれば即日融資可能です。

  • 電話での申込みの場合は平日の14:00、インターネットからの申込みの場合は平日の14:30までに契約&振込み依頼を完了させると即日振込みよる融資可能
  • 三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行を振込先指定口座にする場合は平日18:30時までに契約&振込み依頼を完了させると当日中に振込みよる融資可能
  • 楽天銀行を振込先口座にする場合は、土日祝日関係なく21:00までに契約&振込み依頼を完了させると当日中に振込みよる融資可能
  • 窓口、自動契約機(むじんくん)で契約締結させるとその場でカードが発行されるのですぐにカードを使って融資を受けることができます

もちろん、初回借入れ時だけでなく追加融資についてもインターネットもしくは電話で申し込むことで振込みによる借入れは可能です。

例えば、インターネットから銀行・信用金庫に振り込んでもらうよう平日9:00~14:30の間に申し込めば受け付け完了から最短1分程度で振り込んでもらうことができます。また、指定口座がゆうちょ銀行の場合は、平日9:00~14:00に申し込むと当日17:00までに振り込んでもらうことができます。それ以外の時間帯に申し込んだ場合は翌営業日の振込みとなってしまいます。

ただし、楽天銀行を指定した場合は、土日祝日も関係なく0:10~23:50までの間に申し込むことで受付完了から1分程度で振り込んでもらうことができます。

このように、アコムは即日融資に対応しておりますが、混み具合などにより手続き完了までに時間がかかってしまうことも考えられますので、振込み受付完了時間ギリギリに申し込むのではなく、できるだけ余裕を持って申し込みを行うようにすることをおススメいたします。

アコムの返済方法について

acom_012

アコムには、店頭窓口、アコムATM、提携ATM(三菱UFJ銀行、セブン銀行、ローソン、イオン銀行、クレディセゾンなど)、インターネット、銀行振込、口座振替などさまざまな返済方法・返済場所が用意されているのでライフスタイルに合わせて返済方法を選ぶことができます。

提携ATM、インターネット、銀行振込による返済には手数料が発生しますが、利用している金融機関のインターネットバンキングの登録がある場合は振込み手数料無料です。

アコムの返済期日

acom_013

口座振替による返済の場合の返済期日は「毎月6日」となっています。

それ以外の返済方法はこの2つ

  • 35日ごと
  • 毎月指定期日

いずれかを選べるようになっています。
毎月指定期日の場合は、利用者が給料日後、月末など返済日を自由に決めることができます。

ちなみに、アコムには「うっかり」防止のために返済期日の3日前と返済期日当日にメールで返済日を知らせてくれる「eメールサービス」があります。eメールサービスを利用するためには登録が必要ですが登録といっても会員メニューからeメールアドレスを登録するだけですので簡単です。

ちなみに、お知らせメールが届いても忙しさのあまり、入金できずに返済期日が過ぎてしまった、という時にも「ご返済期日経過後の連絡」が届きます。また、eメールサービスに登録するとカード更新日の案内やキャンペーン情報も受取ることができます。

アコムの返済金額について

acom_014

アコムの返済金額は借入額(残高)に応じて一定の割合をかけた金額になりますが、千円未満がある場合は切り上げとなり千円単位で返済することになります。ですが、最小返済額以上の返済も可能となっていますので余裕のある時には多めに返済するといいでしょう。

ちなみに、アコムATMもコンビニATMも紙幣のみしか入金することができません。
そこで、最終支払(一括返済を含む)で千円未満の端数が出た場合はATM以外の方法で返済しなければならないのか?アコムに確認をとったところ「1,000円未満については無利息残高となり一応残高にはなりますが残高は0円という扱いになります。具体的にいうと、最終残高が12,500円だった場合、アコムATMをはじめ千円単位での入金しかできないATMしか用意できていないアコムの責任で500円を支払うことができないのですから残高ではありますが残高0円になります。ただし、その後、新たな借入れを行い、返済された時には、残っていた500円のほうに先に充当されます。」とおっしゃっていました。そこで、「では、もうカードは使わないから解約する、ということになった場合はどうなるのですか?」と聞いてみると「解約される場合は『解約処理500円』として当社のほうで処理しますのでお客様に返済を求めることはありません」とのことでした。

アコムは、こういった疑問にも丁寧に回答してくださるので、申し込み前に不明点、疑問点があった場合はもちろんのこと利用開始後も何かあったら電話して聞いてみると一人で悩まずにすみますよ。

\ はじめての人は最大30日間金利が0円 /

アコム記事