アコム・プロミス徹底比較※金利・最高限度額・審査などどっちがお得?

三菱UFJフィナンシャル・グループの「アコム」と、SMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)。
どちらも実績・知名度・信頼性が高く初めての人でも安心して利用できる銀行系消費者金融として大変人気があります。

消費者金融人気ランキングやおススメの消費者金融サイトでも常にトップに君臨しているアコムとプロミスですから、いざという時には利用したいと思っている。また、万が一に備えてカードを作っておこうと考えていらっしゃる方も多いと思います。

ですが、実際作るとなると、金利が低いのはどっち?審査が通りやすいのは?即日融資を受けるならどちらがいいの?借入&返済しやすいのはどっち?などいろいろ気になってしまう!より自分にあった方を利用したい!そう考える方もいるのではないでしょうか?

そんな方のために、このサイトではアコムとプロミスが提供するサービスについて様々な角度から比較し、ご紹介していきたいと思います。
アコムを利用するか?プロミスを利用するか?迷っている方は、参考にしてみてくださいね。

(⇒プロミスの公式サイトはこちら
(⇒アコムの公式サイトはこちら

アコムとプロミスを金利面で比較

プロミス

  • アコムの金利は実質年率3.0%~18.0%
  • プロミスは実質年率4.5%~17.8%

上限金利はプロミスの方が0.2%低いです。

反対に下限金利はアコムの方が1.5%も低いです。

ですが、他の消費者金融と比べてもアコムの金利設定は特別高いか?といえばそうではなく、大手消費者金融の上限金利は現在のところ軒並み18.0%!唯一プロミスだけが17.8%です。

下限金利については3%台という大手消費者金融もありますが、4.5%前後のところが多くプロミスもやや平均的設定となっています。
アコムは下限金利が3%と低く設定されました。
ちなみに、アコムは最高限度額は800万円でプロミスは500万円です。

金利は審査により決まりますが、最高融資額もしくは最高融資額に近い限度額が設定された場合にしか下限金利が設定されることは難しいといわれています。また、消費者金融からの借入は総量規制の対象になるので500万円借りることが出来る方は年収1,500万円以上ある方、ということになるため下限金利はあまり気にしなくてもいいかもしれません。

 

では、上限金利はどうかというこちらは、やはりチェックしておくべきだと思います。
なぜなら、初回はある程度年収の高い方でも実績がないため30~50万円程度の限度額が設けられることが多いため上限金利もしくは上限金利に近い金利が設定されるのが一般的だから。と、いっても、借入金額が数十万円であれば0.2%の金利差なんてたいしたことないのでは?と思われる方もいるかもしれませんね。

 

確かに0.2%の差であれば年単位で考えても利息総額が何万円と変わってくるわけではありません。ですが、最低返済額だけ払い続けていくような返済スタイルだとどうしても返済期間が長くなってしまいますし、利用限度額内で借入&返済を繰り返す場合も完済までに時間がかかることになりますので長期的にみると0.2%の差も結構な金額になるかもしれません。
さらにいうと金利が低ければアコムとプロミスの差はなんと1.5%もあります。ここまでくれば微差、許容範囲とは言えません。

アコムとプロミスの無利息期間で比較

プロミス

消費者金融選びの際に、利息の次に無利息期間があるかどうかを気にされる方も多いと思いますが、アコムもプロミスも初回利用者特典として30日間金利が無利息になるサービスを実施しています。

なら、無利息期間に関しては同じなのね!無利息期間に関しては比較する必要はないのね!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。確かに、無利息期間はどちらも30日間です。ですが、対象となる期間が少し異なっているので注意が必要になります。

アコムの「30日間金利0円サービス」は契約日の翌日から30日間金利が0円ですが、プロミスの「30日間無利息サービス」は、初回出金日の翌日から30日間無利息になります。また、初回利用日翌日から30日間以内の追加利用分や完済後の利用分についても対象になります。

 

プロミスの30日間無利息サービスは条件あり!

ちなみに、アコムの「30日間金利0円サービス」は初回契約者なら誰でも受けられるサービスですが、プロミスの「30日間無利息サービス」対象者は、プロミスを初めて利用する方のうち「Eメールアドレスを登録し、WEB明細を利用する方」と少しだけ条件があります。

ですが、手続き自体は特に面倒なものではないですし、毎月明細書を送られてくると家族に利用していることがバレてしまう可能性があるのでWEB明細の方がありがたい、と言う方やいつでも明細を確認できるWEB明細の方がいいので一石二鳥!との声が多いようです。

 

上記のように同じ30日間の無利息期間を設けているアコムとプロミスですが、対象となる期間も対象になるための条件にも違いがあります。契約終了後、即日融資を受けたい、という方であればどちらを利用しても同じですが、今すぐ利用したい訳ではないけれどいざという時に慌てないためにあらかじめいつでも使えるように備えておきたい、という方の場合は初回出金日の翌日から30日間無利息になるプロミスの方がいいでしょう。

ポイントサービス
余談ですがプロミスには、プロミスインターネット会員サービスの利用に応じてポイントが貯められる「ポイントサービス」があり貯まったポイントは「無利息サービス」や「提携ATM手数料無料サービス」に利用することが出来ます。プロミスポイントサービスに申込むと100ポイント、プロミスインターネット会員サービスログイン(毎月初回ログイン時のみ)で10ポイント、プロミスインターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」を確認すると5~20ポイント獲得できるなど特に意識しなくても取引を続けていく中で(会員サービスを利用)自然とポイントが貯まっていきます。例えば250ポイントで7日間、400ポイントで15日間の無利息サービスを受けることが出来ます。

 

以上のことから、短期間の利用であればアコムもプロミスも金利の差をさほど気にする必要はないと思います。ですが、最小返済額のみ支払っていく予定など利用期間が長引く可能性がある方や借入&返済を繰り返す可能性が高い方は、実質年率自体がアコムよりも低く、またポイントサービスを利用して「無利息サービス」を受けることで初回利用時に限らず無利息で利用できる期間を作ることができるプロミスの方が総利息を抑えることができるので「金利面」にスポットをあて比較した場合、プロミスに軍配が上がります。

ここまでを一覧表にまとめました。

アコム プロミス
上限金利 18.00% 17.80%
下限金 3.0% 4.50%
最高限度額 800万円 500万円
無利息期間 契約日の翌日から30日 初回出金日の翌日から30日

アコムとプロミスを審査面で比較


アコム2

どの金融機関も審査基準を公表していませんので、明確な基準はわかりませんし、アコムとプロミスではどちらが審査に通過しやすいか?口コミを覗いてみても「アコムとプロミスに同じ金額で申し込んだ結果アコムは可決、プロミスは否決された」という方もいれば、その逆の方もいます。

ですから、どちらの審査が緩やかとか厳しいとか一概に言うことは出来ないと思いますし、同じ人が両社に申し込んでもケースバイケースでそれこそ審査を受けてみなければわかりませんが、審査通過率を見ればある程度の目安になるのではないか?と思いアコムとプロミスの審査通過率を調べてみました。

ちなみに、審査通過率は公式サイトのIR情報、月次データなどで公開されているほか「月刊消費者信用」などにも載っていますので誰でも確認することができます。単月もしくは単年度の数値だけを見ても全体像が掴めないので過去5年分の審査通過率・成約率を確認したところアコムは48%前後、プロミスは40%前後でした。

 

アコムの審査通過率・成約率は消費者金融の中でも高いほうです。プロミスは平均的ですが、アコムと比較すると8%程度低いです。つまり、アコムの方が審査に通りやすい、ということになりますが、両社とも大手消費者金融ですし、先述のように両社に申し込んでいる方も多いはず。

と、いうことは申込み者の属性にも大差がないのでは?と思うのですが、では何故8%も通過率が違うのか?

img_017
単純にアコムの審査基準が緩やか?甘い!ということではないような・・・そこで、少し調べてみたらアコムは希望限度額では審査通過が難しい場合、○○万円までならご融資可能ですが・・・と打診するなど限度額を下げて対応することもあるそうです。

もちろん、あくまで限度額を下げて融資を行うケースもある、ということであって8%の差イコールではないでしょうが、企業努力といいましょうか?顧客思いの対応というのでしょうか?「限度額を下げて対応することもある」ことが少なからず通過率を高めているのではないか?と思われます。

 

ですが、ここでひとつ誤解のないように申し添えておきたいことがあります。確かに私が調べたところ、限度額を下げて対応することもあるのは事実ですが、アコムは消費者金融の中では珍しく高額な利用額を設定してくれる可能性のある消費者金融、としても有名です。新規申込者の場合、一般的に30万円程度の利用限度額が設定されることが多いですが、アコムは希望額が50万円以上でも審査が通りやすく(もちろん審査次第ではありますが)、高額融資も夢ではない消費者金融とも言われています。ですから、単に審査通過率を高めるためだけに限度額を下げた対応をしているわけではなく、個々の信用情報に基づき貸し倒れがないであろうと思われる範囲、顧客にとって返済が大きな負担にならない範囲で返済能力に応じ融資を行っているのだと思います。

 

審査通過率を基にアコムとプロミスを比較した結果、アコムの方が通過しやすい、ということになりましたが、自分の場合はどうなのか?審査通過の可能性があるのかを知りたい、という方は、お借入診断を受けてみてはいかがでしょう?

アコムにもプロミスにも無記名で行える「3秒診断」があります。必ずしも本審査と同じ結果になるとは言えませんが、どちらも性能が良く本審査とほぼ同じ結果が表示されるそうですよ。

アコムとプロミスを即日融資の方法で比較

どっちも
アコムとプロミス!どちらも即日融資が可能となっていますが、申し込み方法や融資の受け方、また新規申込者と利用中の方とでは即日融資可能な条件が異なります。
今回は、新規申込者の方むけに、新規申し込み時に即日融資を受けるための方法や条件を説明していきたいと思います。

アコムを初めて利用する方が即日融資を受けるためには
  • インターネットから申込みを行い平日の14:30までに契約&振込み依頼を完了させる
  • 電話で申し込み平日の14:00までに契約&振込み依頼を完了させる
  • 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先指定口座とし平日18:30時までに契約&振込み依頼を完了させる
  • 楽天銀行を振込先口座に指定し21:00までに(土日祝日関係なく)契約&振込み依頼を完了させる
  • 店頭窓口、むじんくん(自動契約機)で申し込み~契約まで完結させカードを受取る、もしくはインターネットから申込みを行い、店頭窓口、むじんくん(自動契約機)で契約手続きを行いカードを受け取る
プロミスを初めて利用する方が即日融資を受けるためには
  • WEBから申し込みを行い、契約を平日の14時までに完了させる
  • 自動契約機、三井住友銀行ローン契約機、お客様サービスプラザで申し込み~契約まで完結させカードを受取る、もしくは、WEBから申し込みカードを自動契約機、三井住友銀行ローン契約機、お客様サービスプラザに受け取りに行く
  • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を振込先として登録し、22:00時まで(土日祝日も関係なく)に契約&振込み依頼を済ませる

 

アコム、プロミス共に即日融資可能な方法を複数用意しています。
手続き完了までの時間制限や振込先預金口座などの違いはありますが、条件を比較してみるとほとんど変わりはありません。

アコムとプロミスを申し込み方法で比較

プロミス

アコムの申込み方法
  • インターネット(パソコン・ケータイ・スマートフォン)
  • 電話
  • 店頭窓口
  • むじんくん(自動契約機)
  • 郵送
プロミスの申込み方法
  • インターネット(パソコン・ケータイ・スマートフォン)
  • プロミスコール(電話)
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口)
  • 自動契約機
  • 三井住友銀行ローン契約機
  • 郵送

上記のようにアコムとプロミスの申込み方法、どこで申し込み出来るか?を比較するとほぼ同じですが、プロミスは自動契約機に加え「三井住友銀行ローン契約機」も利用できます。この点は、自動契約機への出入りを人に見られたくない、という方にとってはプラスポイントといえます。

それから、どちらもインターネットから申し込むことが出来ますが、プロミスは2015年11月9日から郵送物なし、カードなしで取引できる「web完結」(web完結型新規契約サービスを導入)サービスを提供するようになりました。「web完結」をスタートさせたことで、申込みに関してはアコムよりさらに一歩リードした感があります。※対象金融機関は200行以上あります。

アコムとプロミスを返済方法で比較

アコムの返済方法・返済場所
  • 店頭窓口
  • アコムATM
  • インターネット(パソコン・ケータイ・スマートフォン)
  • 銀行振込
  • 口座振替
  • 提携ATM(三菱UFJ銀行、三井住友銀行、セブン銀行、ローソン、イオン銀行、クレディセゾンなど)
プロミスの返済方法・返済場所
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口)
  • プロミスATM、「プロミス」のステッカーのあるATM
  • インターネット返済(パソコン・ケータイ・スマートフォン)
  • 銀行振込
  • 口フリ(口座振替)
  • 提携ATM(三井住友銀行ATM、イーネット、ローソン、セブン銀行)
  • コンビニに設置されているメディア端末(Loppi、MINISTOP Loppi、Famiポート)

上記のようにアコムとプロミスの返済方法・返済できる場所を比べるとほとんど違いはありません。
ですが、返済時にかかる手数料に関しては、返済方法により異なりますのでコチラも比較していきたいと思います。

アコムの場合、銀行振込、提携ATMによる返済は手数料がかかってしまいますが、アコムのインターネット返済が可能な金融機関でインターネットバンキングの契約がお済みの場合は振込み手数料無料で利用することが出来ます。プロミスは、三井住友銀行ATM以外の提携ATMを利用して返済する場合と銀行振込で返済する場合、手数料がかかりますが、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行のインターネットバンキング(インターネット返済)を利用しての返済なら手数料無料です。

時間を気にすることなく、24時間いつでも利用できるコンビニATM(提携ATM)は便利ですが、返済のたびに手数料がかかるのは「イタイ」という方もいると思います。そんな方の中には、プロミスの返済方法のひとつ「コンビニに設置されているメディア端末を使っての返済(手数料無料)」がおススメです。

プロミス

アコムにもプロミスにも窓口や口座振替など手数料無料の返済方法が複数用意されているので、手数料がかからない方法で返済する、という方にとっては、どちらも大差ないと言えるでしょう。ですが、手数料のことも気になるけれど利便性を優先して返済方法を決めたい、という方にとってはプロミスの方が、選択肢も多く利用しやすいと思います。

【まとめ】アコムとプロミス結局どっちがいいの?

金利面、審査面、即日融資の方法、申込み方法、返済方法と様々な角度からアコムとプロミスを比較してきましたが、結局どっちがいいのか?

結論から言うと、審査面と即日融資の方法以外は、プロミスの方がお得&便利です。
ですが、正直全ての面においてどんぐりの背比べ状態だと管理人は思います。

アコム プロミス
金利
無利息期間
審査通過率
即日融資
申し込み方法
返済方法

審査面(審査の通りやすさ)は、審査通過率・成約率だけでいうと、アコムですが、融資希望額や総量規制の問題なども含めて考えると、実際大差はないように思われます。

また、即日融資の方法に関してはほぼ同じですし、金利面、申込み方法、返済方法に関しても現時点(2016年1月)においてプロミスがほんの少しだけリードしている、というだけのことだと思います。promisbanere1003

ちなみに、現時点、というのはプロミスが2015年11月9日から「web完結」をスタートさせたことで申込み方法においてプラスの評価がついたように、アコムもいつプロミスを超える新サービスをスタートさせるかわからないからです。※対象金融機関は200行以上あります。

アコムもプロミスも言うまでもなく日本を代表する大手消費者金融であり、業界を牽引しているといっても過言ではない存在ですから、どちらを選んでも間違いはないと思います。

ですが、無利息期間のカウントの仕方の違いでも説明したとおり、利用始期日によっては選ぶべきカードローンが違ってくる場合もあるように、利用の仕方、返済の仕方、さらにライフスタイルによっても個々にとってベストなカードローンは違ってきます。ですから、「○○日間無利息!」「△△から返済可能!」といったところだけを見て決めるのではなく、詳細を確認しよく理解したうえでニーズに合ったカードローンを選んでいただきたいと思います。

60DAmx7Tp4jwTJo1460101406_1460101510