正社員以外の非正規雇用者の場合、返済能力などの問題でカードローンの審査に通りにくいというような話を聞くこともあります。

しかし、現在では多くの会社でフリーターやパート・アルバイトの人であっても、審査に通過できるようシステムが作られています。

信用情報に基づく審査次第ではありますが、ある程度の安定した収入と勤続年数があれば、アルバイトやパート・アルバイトの人でもカードローンを利用可能であることがお分かりいただけるでしょう。

実は学生や主婦でもカードローンを利用できます!

icon08

近年では、信用情報などの条件次第で、専業主婦や無職、学生の人であっても申し込み対象に含んでいるカードローンが増えてきています。

もちろん一般のフリーターやパート・アルバイトの場合も、信用情報に基づく審査次第とはなってしまうものの、カードローンを利用することが可能です。

ただし、いくつか注意点もあります。

フリーターやパート・アルバイトが申し込む際の注意点

ここまでで、フリーターやパート・アルバイトの人でもカードローンを利用することができることをお分かりいただけたことでしょう。

ここで、フリーターやパート・アルバイトの人が申し込む際の注意点を簡単に書いておきます。

  • 正社員と比べると、借入上限額が低くなる可能性がある。
  • 会社によっては、対象外となっている場合も。
  • 銀行は少しハードルが高い。

正社員と比べると、借入上限額が低くなる可能性がある。

消費者金融やクレジットカードのキャッシングは、貸金業法で総量規制の対象となります。
総量規制上の借入上限額は、年収の3分の1です。

そのため、自分の上限額を把握しておく必要があります。

会社によっては、対象外となっている場合も。

また、会社によっては専業主婦や学生、無職の人だけでなく、フリーターやパート・アルバイトの人を申し込みの対象外としている場合もあります。

こうした業者で申し込んだ場合、申し込み後即審査落ちとなってしまいます。

銀行は少しハードルが高い。

収入のない専業主婦や学生、無職の人は総量規制の対象となるため、消費者金融に申し込むことができません。

フリーターやパート・アルバイトであれば、対象外となっていない限り、消費者金融・銀行ともに申し込み可能です。

しかし、銀行の場合はどうしても審査が厳しめとなる傾向があります。

審査基準が銀行と消費者金融ではやや異なるためですが、全体的に見ても銀行より消費者金融の方が通りやすいといえるでしょう。

フリーター、パート・アルバイトの場合、こうした点に注意して申し込み先を選ぶようにして下さい。

※審査基準や総量規制については、後ほど詳しく説明します。

フリーターやパート・アルバイトが借入できるおすすめカードローン3選

※カードローンを申し込む時は上限金利を確認してください。
はじめて申し込まれる人が下限金利を適用されることはありません。

順位 サービス サービス名 無利息期間 審査時間 即日融資 借入限度額 実質年率 月々の返済 保証人の有無 在籍確認 公式HP
1位 プロミス横 プロミス
(公式ページへ⇒)
はじめての人は30日間※P1 最短30分 可能 1万円~500万円 年17.8% 借入金額の1.99~3.61%以上 不要 電話 ⇒プロミス公式HPへ
2位 アコム横 アコム
(公式ページへ⇒)
はじめての人は30日間 最短1時間 可能 1万円~800万円 年18.0% 借入金額の1.5%~4.2%以上 不要 電話 ⇒アコム公式HPへ
3位 モビット横ランキング SMBCモビット
(公式ページへ⇒)
最短30分 ※M1 可能 1万円~800万円 年18.0% 4000円~ 不要 電話 ⇒SMBCモビット公式HPへ

※P1:(30日間無利息)※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※M1:(曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱なる場合あり)

フリーターやパート・アルバイトの場合、どうしても属性的には低くなってしまうもの。

ここでは、フリーターやパート・アルバイトの人であっても借入できるおすすめのカードローン会社、および審査を通過するために意識しておかなければならないことについて具体的に紹介していきます。

最後まで読めば、カードローンの審査を通過する方法を身につけることができます。

是非、参考にしてみて下さい。

フリーターやパート・アルバイトが審査通過するために必要なこと

ここまでの内容で、フリーターやパート・アルバイトでもカードローンをご利用いただけることを解説してきました。

ただ、「誰でも、どのような状況でも借り入れできるわけではない」ということに注意が必要です。

せっかく申し込みを行っても、審査に通過することができなければカードローンをご利用いただけません。

パート・アルバイト・正社員などの雇用形態を問わず、借入限度額には上限があること、審査に通過するためのポイントがあることを理解しておくことが必要となります。

ここでは、審査に通過するために大切なポイントについて、解説していきます。

貸付上限額の計算方法

先にも書いたように、消費者金融系のカードローンは、貸金業法で定められた総量規制の対象です。

これによって、貸付上限金額が年収の3分の1以下と定められました。

まずは、貸付上限金額の計算方法・計算例を見ていきましょう。

貸付上限金額は、年収の3分の1までと制限されています。

これを計算式にすると、「年収÷3」です。

例として、毎月のアルバイト収入が8万円とします。

月収以外の収入がないとすると、年収は12ヶ月(1年)で96万円。

年収の3分の1なので、96万円÷3=32万円

貸付上限金額は32万円です。

条件面で気をつけないといけないこと

これは、パート・アルバイト・正社員などの雇用形態に関係なく言えることですが、最終的に貸付を行うかどうかは、カードローン会社の内部にいる審査担当者が決定します。

パート・アルバイトの場合、正社員と比べるとどうしても経済力の点で大きく劣ってしまうのは致し方ないでしょう。

その点についてはどうにもできないので、それ以外の部分(勤続年数など)でどれだけカードローン会社の印象を良くするか、審査を通過させやすくするかが大切なわけです。

例えば、年齢、申込金額、申込件数、勤続年数、申告年収があります。

ここについて、どのような点に気をつければ印象を良くしやすいのかについてまとめてみましょう。

年齢

カードローンの場合、消費者金融・銀行とも20歳が下限年齢となっています。

理由は、民法上の規定にあります。

カードローンは、民法上の法律行為にあたります。
未成年が行った契約は無条件で取り消しが可能です。

民法では、20歳以上を成年と定めています。

20歳未満の未成年と契約すると、カードローン会社は貸したお金が帰ってこないリスクを背負うこととなるのです。

そうしたリスクを回避するために、20歳未満は申込・契約ともできないようにしています。

申込金額

貸付限度額は、信用情報に基づいてカードローン会社が判断して設定します。

消費者金融には、貸金業法で定められた「総量規制」があります。
この規制によって、年収の3分の1以下の金額までしか貸付できないのです。

先の例にあげたように、月収8万円のアルバイトであれば、単純計算で年収96万円。
その3分の1となると、上限は32万円までとなります。

カードローンの貸付上限金額は、アコムでは800万円、プロミスでは500万円です。

アコムで上限いっぱい借りたいと思ったら2,400万円、プロミスでも1,500万円の年収が求められる計算になります。

パート・アルバイトの方は言うまでもなく、正社員で高収入の人でもいきなり100万円や500万円で申し込んだとしても、審査通過は難しいでしょう。

大切なことなので、もう1度書きます。

限度額は、カードローン会社からの信用度で決定します。
初めて申し込む時は、まだ信用もないので、必要最低限に設定しておきましょう。

目安としては、10万円~20万円に留めておいた方が無難です。

コツコツと期限を守って返済していると、カードローン会社から「限度額を増やしませんか?」という連絡がくることがあります。

もしくは、自ら増額申請を行うこともできます。

そういった機会に、収入や状況に合わせて増やしていった方が安全でしょう。

限度額に関するお話しについては、下記も参考にしてみて下さい。

消費者金融系カードローン、勧誘の電話に前向きに答えると、限度額が増額?

申告年収

カードローンを申し込む際には、年収を書かなければなりません。

年収に限った話ではありませんが、申込書に記入する際に少しサバを読んで記入する人が見受けられます。

これは、絶対にバレるので辞めて下さい。

何度も書いているように、消費者金融・信販系カードローンは総量規制の対象です。

総量規制では、年収の3分の1を全体の貸付限度額の上限としていますが、この貸付限度額は年収を元に計算されます。

年収は必ず正直な年収を書くようにしましょう。

申込件数

申込件数も、審査の際には大切です。

カードローンの用語として、「申し込みブラック」という言葉があります。
正式な用語ではありませんが、複数業者に同時に申し込みを行い、審査の結果落とされた人のことです。

申し込みの事実については、信用情報機関に半年間残ってしまいます。
信用情報機関は3社ありますが、情報は共有されているので、どの会社にもそのことが分かってしまうと考えて下さい。

この申し込みブラックの基準となる申込件数は、業者によってもまちまちではありますが、1ヶ月以内に3社以上申し込んでしまうと、ブラック認定されてしまうことは確実です。

カードローンの審査に通過する確率を少しでも上げたいと思われる方は、くれぐれも同時申し込みはやめて下さい。

1度審査を受けて落ちてしまうと、最低半年程度は間を空けてからでないと印象が悪くなってしまいます。
下手に連続で複数社に申込むと「申込みブラック」として登録されてしまう恐れがあるため、一発で審査に通過できるよう可能な限り条件をよくしてから申込むのが、もっとも安全な方法です。

勤続年数

勤続年数は、カードローン会社の審査で重要視される項目の1つです。
これは、雇用形態(正社員・パート・アルバイトなど)を問わず影響する要素といえます。

収入額(給料)の多い少ないも大切ですが、それよりも勤続年数なのです。

半年よりも1年、1年よりも2年、2年よりも3年、3年よりも4年というように継続的に働いていれば、収入の多少に関係なくある程度「安定継続収入」を得ているという証拠になりえます。

どうして勤続年数が重要なのかというと、カードローン会社は、お金を貸し付けた後に収入が途絶えることで、そのまま貸し倒れ(返済不可能な状態)になってしまわないかを気にしているためです。

すなわち、勤続年数が長ければ貸し倒れになるリスクが少ないと判断されます。

このように、勤続年数は雇用形態に関係なく、審査時には重要な項目です。

どの業者も審査基準を公表していませんが、最低でも半年、できれば1年以上勤務していないと、正社員といえども審査を通過する確率は低下してしまうでしょう。

もし、転職したばかりなどの理由で勤続年数に不安がある人がいて、時間を置く余裕があるのであれば、雇用形態に関係なくある程度の勤続年数が経過するまで見送るのも1つの手段だと思います。

クレジットカードの活用も考えよう

ある程度まとまったお金が必要な時、何もカードローンだけが有効な方法ではありません。

その他にも、クレジットカード(キャッシング)の分割払いを利用するという方法もあります。

あまりにも金額が大きすぎる場合は、クレジットカードで対応するのは難しくなりますが、20万円~30万円であればクレジットカードの分割払いも活用できるでしょう。

ただし、金利や手数料などの利率においては、目的によってメリット・デメリットが違ってきます。

そのため、どちらが良いかについては一概には言えません。

それでも、クレジットカードを持っていれば、状況に応じてクレジットカードとカードローンを使い分けることが可能です。

それだけでも、審査通過だけに振り回されずに済みます。

何より、クレジットカードはカードローンよりも審査通過が容易な傾向にあるので、作れる時に作っておくようにして下さい。

作っておくことで、いざという時の選択肢が増えるというメリットがあります。

ワカル編集部ワカル編集部

フリーターやアルバイトでもカードローンは問題なく利用できます。

収入額の問題から、正社員と比べて上限額が低くなってしまうのは確かです。

それでも、絶対に審査に通らないということはありません。

お金を用意しなければならない時にできること状況別まとめ

どんな人でも、急に出費しなければならなくなることはあるかもしれません。

特に、パート・アルバイトであれば、「収入がそう多いわけでもないのに…」と思うこともあるでしょう。

そんな人のために、本当に急いでいる時にできることをまとめてみました。

すぐにでもお金が必要な場合~午前中の場合

午前中であれば、カードローンに申し込んでも融資を受けられます。
特に消費者金融であれば、最短30分~1時間審査です。

早ければ、午後には振込もしくはATMから融資が受けられるでしょう。

この場合は、WEB(PC・スマホ)から申し込んでもいいですし、自動契約機に行っても契約できます。

すぐにでもお金が必要な場合~午後の場合

午後でも早い時間帯であれば、カードローンに申し込むことで融資が受けられます。
やはり消費者金融の方が審査が早いので、消費者金融がいいでしょう。

ただし、振込融資を希望するとなると原則午後2時までに契約が完了していなければなりません(各業者で指定されている銀行を除く)。

WEB(PC・スマホ)から申し込んだ場合は、自動契約機でカードを受け取る手間があります。

一方、遅い時間帯であれば、WEBで申し込むより自動契約機で直接申込んだほうが早くなります。

いずれにしても、自動契約機でカードを受け取る手間がかかるためです。

ただし自動契約機の稼働時間は、21時~22時までというところがほとんどなので注意しましょう。

間に合いそうにもない場合は、クレジットカードのキャッシングを使うといいでしょう

すぐにでもお金が必要な場合~深夜の場合

深夜の場合も、カードローンに申し込むことは可能です。
WEB(PC・スマホ)から申し込む形になります。

ただし、審査については翌朝以降順番に行われます。

すぐにお金を用意したいのであれば、クレジットカードによるキャッシングを利用するしか方法はありません。

フリーターやパート・アルバイトでも利用できるカードローン5つを詳しく紹介

フリーターやパート・アルバイトは、収入面でどうしても不利になりやすい立場にあることは確かです。

しかし、多くのカードローン会社では、フリーターやパート・アルバイトであっても審査の申し込み対象となっています。

そういった点では、あまり神経質になる必要はないでしょう。

申し込み先としては、基本的に大手消費者金融会社か銀行カードローンとなります。

どちらが良いかについては個人の状況によって異なりますが、一般的には銀行カードローンよりも、大手消費者金融会社の方が無利息期間があったり、即日融資に対応していたりと、サービス内容では充実しているようです。

そういった傾向を踏まえて、アルバイトやフリーターにオススメのカードローン会社をまとめてみました。

プロミス

はじめてなら30日間無利息

プロミスの金利設定は、大手消費者金融の中でも低金利の「17.8%」という低金利に設定されており、その点で人気を集めています。

また、公式サイトには3項目の入力だけでお借入診断ができる「3秒診断」が設置されており、事前に借入条件を満たしているかの確認も可能です。

  • 実質年率4.5%~17.8%
  • 本審査にかかる時間は最短30分
  • 融資までは最短1時間
  • アルバイト・パートでも借入が可能

さらに、プロミスははじめての利用であれば、初回借入日の翌日から30日間無利息サービスを展開しているので、1カ月以内に返済すれば金利も発生しません。

今月だけどうしてもお金が必要!という状況に役立つカードローンです。

\ おすすめはプロミス /

プロミスアルバイト

SMBCモビット

来店不要でWEB完結できるSMBCモビット

アルバイト・パートの人も利用可能なカードローンです。
10秒簡易審査で審査結果がわかるので、最初に登録しておきたいカードローンの一つ。

借り入れも1,000円から利用できるので、友達との飲み代やママ友との急なランチ会などにも使うことができます。

  • 実質年率3.0%~18.0%
  • 審査は10秒簡易審査ですぐ結果がわかる
  • 融資までは最短即日※1
  • アルバイト・パートでも借入が可能

※1:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

\ SMBCモビットは10秒簡易審査 /

SMBCモビットアルバイト

アコム

はじめての利用は30日間金利0円

アコムも、初めての人には人気の高いカードローンです。

はじめての利用であれば「30日間金利0円」のキャッチコピーと、借入上限額が800万円と高額なことが人気の理由。

365日24時間、いつでもネットで審査や申込みができる利便性も大きなメリットの1つです。

もちろん、アルバイトやフリーターでも融資してくれます。

  • 実質年率3.0%~18.0%
  • 本審査にかかる時間は最短30分
  • 融資までは最短1時間
  • アルバイト・パートでも借入が可能
  • 融資上限額は800万円

アルバイトやフリーターの場合、総量規制の関係で上限の800万円を借りることはほぼ不可能です。
しかし、将来的に借りる必要性が出てきたときに覚えておくとよいでしょう。

年収が低いうちは、無理にギリギリまで借りずにおきましょう。
ある程度余裕を持って返済できる金額にとどめておくのが基本です。

\ はじめてならアコム /

アコム縦ランキング 即日

楽天スーパーカードローン

楽天のカードローンサービス

楽天スーパーカードローンは、楽天スーパーポイントを貯めることができます。
登録の際に1000ポイントもらえる(※)ので、作るだけでも非常にお得です。

※返済口座に楽天銀行を指定した場合のみ。

おまとめローンとしても使うことができますし、コンビニのATMでも引き出せます。

  • 実質年率1.9%~14.5%
  • 本審査にかかる時間は最短当日
  • 融資までは最短即日
  • アルバイト・パートでも借入が可能
  • 楽天口座をもっていなくてもOK

楽天銀行はネット専業銀行なので、お申込みもスマホアプリから簡単に行なえます。

また、パート・アルバイト(学生も可能)だけでなく、専業主婦の方でもお申し込みいただけます(※)。

専業主婦の方の場合、限度額は50万円が上限となります。

レイク

30日間・180日間無利息!

レイクは、初回限定の無利息期間を選ぶことができます!

  • 契約額が1~200万円で、借入額のうち5万円まで180日間
  • お借入額全額30日間

ただし5万円まで180日間無利息と、全額30日間無利息のサービスは併用できないので注意しましょう。

5万円までであれば180日間無利息サービスを行っているので、5万円~10万円など少額だけ借りたい人にとってオススメできるカードローンです。

もちろん、アルバイトやパート・フリーターにも融資を行っています。

  • 実質年率4.5%~18.0%
  • 本審査にかかる時間は金額や状況によって変動
  • 融資までは最短即日対応
  • アルバイト・パートでも借入が可能
  • 専業主婦でもOK!

大手消費者金融は、総量規制の関係で専業主婦の借入はできません。
また、銀行カードローンの中でも、専業主婦はNGとしている会社もあります。

しかし、レイクでは専業主婦への融資も行っています。

基本的に、生活費のやりくりのためにカードローンを組み込むのは避けるべきです。

ただ、いざというときのためにカードローンという手段があることを知っておくと良いでしょう。

まとめ~上限額は低くなるものの審査に通過する可能性はある!いざという時の選択肢を増やそう!

本稿で書いた通り、フリーターやパート・アルバイトとして働いていれば、審査に通過する可能性はあります。

ただし、経済力という点では正社員と比べて低くなってしまうのは確かです。

総量規制上の貸付限度額(年収の3分の1)で見ると、かなり低くなってしまうでしょう。

金利面の点でカードローンが有利なのは言うまでもありませんが、クレジットカードを持っておくと使い分けができます。

また、急ぎの時に使うことができるので、選択肢が増えるという点でもメリットです。

いざという時に、審査通過に振り回されないようにしましょう。

おすすめカードローン

※カードローンを申し込む時は上限金利を確認してください。
はじめて申し込まれる人が下限金利を適用されることはありません。

1位プロミス
プロミス縦

無利息期間 はじめての人は30日間無利息※P1
実質年率 17.8%
限度額 500万円

低金利&即日融資も可能
返済額を少しでも減らしたい人におすすめ。
審査時間は最短30分&最短1時間で即日融資も可能。

プロミス縦ランキング

2位アコム
アコム縦

無利息期間 はじめての人は30日間
実質年率 18.0%
限度額 800万円

はじめての方は最大30日間も金利が0円となります。ネットで契約まで可能なのでわざわざ店舗に行く必要はありません。
アコム縦ランキング 即日

3位SMBCモビット

無利息期間
実質年率 18.0%
限度額 800万円

全てWEBで完結するモビット。
10秒簡易審査ができる人気のカードローン
モビット縦ランキング

※P1:※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。