ネット銀行ARUHIの住宅ローンがおすすめです

 

自分の家を建てたい、不動産を買いたい、そのようなときには、銀行で住宅ローンを組むことだろうと思います。そして、よく使われているのがフラット35です。フラット35は、35年ローンの不動産ローンです。

 

フラット35は、少し変わっていて、団体信用生命保険が必須ではないのです。保険料の負担が高ければ、団体信用生命保険に加入しなくとも、フラット35を組むことができます。ただし、団体信用生命保険は、中途加入ができませんので、最初に団体信用生命保険を加入しておくかどうか決める必要があります。

 

そうした特徴はあるのですが、多くの人が、住宅を購入する際に、フラット35を組むことだろうと思います。フラット35は、銀行と住宅金融支援機構が提携しているローンです。固定金利のローンで、借入時に返済までの計画がすべて立つのが特徴です。非常に利用者が多く、さまざまな金融機関によって提供されています。ネット銀行ARUHIでも、フラット35を取り扱っています。

 

ネット銀行ARUHIでは、フラット35を契約した方に対して、つなぎ融資を実行しています。つなぎ融資とは、注文住宅を建てる際に、必要となる資金を貸してくれるものです。住宅ローンは、フラット35にせよ、その他の商品にせよ、不動産を担保にして借り入れするものです。

 

そのため、まだ住宅が建っていない注文住宅の場合は、住宅ローンを組むことができないのです。ですが、土地を購入する費用や、建築のための費用が必要です。ここに大きな資金が必要となるので、その際に借りるのが、つなぎ融資です。

 

つなぎ融資は、何回かに分けて支払う必要があります。着工金や中間金など、数千万円のお金を、3回か4回に分けて、支払っていきます。そのため、毎回数百万円のお金が必要となるのですが、建物はまだ建築されていないのです。工務店側も、ある程度の着工金や中間金をもらわないと、建築をスタートすることができません。

 

そのため、つなぎ融資が必要になるのです。そして、つなぎ融資を支払いにあてて、建物が完成してから、出来上がった建物を担保にして、あらためて住宅ローンを低金利で借りることになります。住宅に入居して、住宅ローンを返済スタートすることになります。

 

つなぎ融資は、注文住宅を建てる際には欠かせないものです。ですが、担保も保証人もつけないローンになるため、金利は高めです。つなぎ融資の審査は、基本的に住宅ローンの審査と並行して行うことができ、スピーディにつないでいくことができます。

 

ネット銀行ARUHIなら、50年ローンなどのサービスも

 

ネット銀行ARUHIなら、50年ローンを組むことができます。フラット50です。50年ものローンなんてとても返済しきれないと思いますか? 実は、住宅ローンは、空前の低金利です。銀行などが非常に金利を低く貸し出しを行っていますので、今は手元の現金を住宅ローンに繰り上げ返済するよりは、そのまま借りていた方がお得なのです。

 

繰り上げ返済を行わずに、同じ住宅ローンを支払うなら、長い年数のほうが金利面からもお得です。先程の団体信用生命保険なども、かけている方が有利です。家の所有者に万が一のことがあったとき、そのまま残っている住宅ローンの残債が免除になります。そのため、団体信用生命保険は、適用されると住宅ローンの残債と同額の生命保険をかけているのと同様になるのです。

 

万が一のことがあったとき、そのままの住宅ローン残債がゼロになりますので、繰り上げ返済をしなかった分だけ、手元にお金も残ることになります。そのため、長い期間の住宅ローンが組めるネット銀行ARUHIは非常におすすめとなります。金利がかかるので返済総額は多額になりますが、それでも保険を支払っていたと考えれば、長期のローンは非常におすすめです。

 

こうした「長期のローンを繰り上げ返済しない」というのも、金融リテラシーの一環となります。住宅ローンを借りるということは、他人のお金で自分の資産を形成していくということでもあるのです。資産形成のためにも、住宅ローンを長期で組めるネット銀行ARUHIは非常におすすめです。

 

自己資金20%で1%の金利割引

 

前述したとおり、住宅ローンを組むのであれば、できるだけ借入額の割合を大きくし、自己資金は万が一のときのためにとっておくのをおすすめします。ですが、ARUHIでは、住宅ローンの残債に対して、20%の自己資金を入れると、金利を1%割り引いてくれるというサービスがあります。

 

自己資金は、できれば手元に置いておいたほうがいいのですが、金融機関の側から見てみると、自己資金を多く貯めている人の方が安心して貸し出すことができます。自己資金がどの程度あるのかは、銀行側からは見えませんので、できるだけ入金してもらった方が、安心ということでしょう。金利が下がることは非常にラッキーですので、自己資金を入れて金利を下げたいと思う人は、こちらのサービスを使われると良いでしょう。

 

金融機関の側としても、できるだけ安全にお金を貸したいと思っています。まず、自己資金を貯められない人は、それだけで住宅ローンの返済には疑問符がつきます。住宅ローンを30年以上に渡って返済していくには、金銭の管理能力が欠かせないからです。自己資金を貯められないのであれば、カードローンなどで諸経費をまかなう方法もありますが、カードローンは金利も高いため、住宅ローンに使うにはおすすめできません。

 

また、つなぎ融資も、登記費用や金利など、いくらかの諸経費がかかります。特につなぎ融資の場合は、手数料や金利などを差し引いた額が振り込まれる形式ですので、足りない分は自己資金でまかなう必要があります。どうしても足りない分はカードローンで補填することになりますが、カードローンはリボ払いで返済も長期に渡るため、住宅ローンと併用して使うのはあまりのぞましくないでしょう。

 

つなぎ融資を使っての注文住宅建築は、さまざまなお金がかかります。どこまで自己資金でまかなって、どこまでローンを借りるかは難しいところですが、カードローンは住宅ローンに比べて高金利だということを忘れないようにしましょう。

 

つなぎ融資利用の際には、まとまったお金が必要となります。金利、登記費用、手数料など、いろいろなお金がかかります。その融資も、ARUHIで借りることができます。

 

ARUHIのつなぎ融資、ARUHIフラットつなぎ

 

ARUHIのつなぎ融資は、「ARUHIフラットつなぎ」という名称です。申し込みは、申込書と現場写真で審査を申し込むことができます。つなぎ融資は、中古住宅のリフォームローンとしても使えるのですが、その場合は、申し込みに現場写真は必要ありません。申込書は、インターネットのARUHIのページからダウンロードできます。

 

資金は最大4回まで融資が可能で、土地購入の資金、着工金、上棟金、竣工金と4回の振込が可能です。審査はたいてい5営業日ほどで実現可能で、振込まで最短5日営業日で実行できます。

 

ARUHIのフラットつなぎは、たとえば住宅を建設するのに、4回の資金が必要で、まとまったお金を用意しなくてはならない場合や、自己資金が少ない場合、他にも土地の決済をするのに急遽お金が必要となった場合などに、スピーディに資金を準備できます。

 

ARUHIフラットつなぎは、事務手数料が10万円+税、収入印紙、つなぎ融資の利息がかかります。たとえば、800万円を借りて、融資期間は73日間の場合、支払利息は55,600円です。事務手数料等と合わせて、他に10万円+税の支払いが発生します。

 

ARUHIフラットつなぎは、インターネットで申し込むこともできますし、お近くの店舗での申し込みも可能です。ビデオチャット相談も受け付けているので、何から始めればいいのかわからない方でも、安心して相談に乗ってもらうことができます。

 

ARUHIならフラット35も優遇

 

当然ですが、ARUHIのフラットつなぎは、ARUHIでフラット35の融資を受けていただくためのローンです。住宅ローンを受けることを前提として、さまざまな優遇があります。ARUHIのフラット35は、最長35年間のローンで、その期間が固定金利のローンとなります。

 

あらかじめ、支払総額と毎月の支払い額がわかっているため、資金計画が立てやすく、長期の生活設計を立てやすくなっています。今後金利が上昇しても、固定金利なので返済額の総額は変わりません。

 

担保は完成した住宅となります。保証人は不要です。そして、保証料も必要ありません。そして、早期に完済したいと考えるのであれば、繰り上げ返済も繰り上げ返済手数料なしで実行できます。諸費用がないので、気軽に繰り上げ返済し、負担も少なく利用できます。住宅ローンは金融機関によって、繰り上げ返済の事務手数料がかかるケースがあります。

 

ARUHIのフラット35なら、セカンドハウスや親族のための住居でもローンが組めます。そして、病歴などがあり、団体信用生命保険に加入できない人でも、フラット35に申し込むことができます。そして、勤務形態や勤続年数などがあまり関係ないため、契約社員や派遣社員、パートなどの勤務形態の方でもお申込みいただけます。転職直後、就職直後、起業後など、まだ時間が立っておらず安定した収入が約束できない人でも、申し込みは可能です。

 

安定した収入であるとARUHI側が判断すれば、審査に通って融資が実行されます。もちろん、審査の結果落ちることもありえるのですが、ネット銀行や金融機関の中では、比較的審査が甘めで、とても安くフラット35やつなぎ融資を受けることができます。

 

ARUHIフラット35は、住宅金融支援機構と提携した結果、販売されている全期間が固定金利の住宅ローンとなります。フラット35は、ARUHIから債権を買い取り、担保とした債券を発行し、長いスパンの資金調達が可能となるものです。

 

まとめ:ARUHIはフラット35もフラットつなぎもおすすめ

 

ネット専門銀行のARUHIのフラット35とフラットつなぎは非常におすすめです。つなぎ融資を実行してもらう際に、必要なすべての仕組みが揃っています。金利も安く、なおかつ審査も甘めです。

 

フラット35を借りる場合は、できるだけ長期で返済し、ライフプランを組んでいく方式と、たくさん自己資金を入れて、早期にどんどん繰り上げ返済していって、負債額そのものを減らしていく方式があります。どちらを選ぶかは、あなたの人生設計とお金に対する考え方次第です。

 

前者の方には、50年ローンなどもおすすめですし、後者の方には、頭金を20%入れることで金利が1%下がるARUHIの住宅ローンもおすすめです。どちらの考え方の人にも対応しているのがARUHIの特徴です。

 

注文住宅を建てるには、つなぎ融資は欠かせません。どうせ借りるのであれば、ARUHIでお得に借りましょう。