カードローンが家族・周囲にバレるタイミング

「お金に困った、カードローンで調達するしかない。でも家族に知られたくない。」

そう考える人は少なくありません。
カードローンは、できれば周囲には内緒にしておきたいものです。もちろん、家族にオープンにして借りている人もいますが、できれば夫・妻には知られたくない、家族に内緒でカードローンを借りたいという思いがあるはずです。

カードローンの契約が家族にバレるタイミングはいくつかあります。
たとえば、契約時の郵便物。ですが、最近はインターネットでカードローンを申し込む人が増え、契約書のたぐいはインターネット上でかわせるようになりました。
利用明細なども、以前は随時送られてきていたのですが、オンラインで確認できるようになり、ペーパーレスが進むとともに、カードローンの利用者にとっては便利な時代になりました。

あとは、会社バレです。
カードローンを契約する際には、勤務先に本当に勤務しており、安定した返済を続けていけるかを確認するために、在籍確認と呼ばれる電話確認があります。これが非常にネックなのです。在籍確認は、通常、個人名で行われ、「○○(個人名)ともうしますが、△△さん(あなた)はいらっしゃいますか?」と担当者の名前で電話がかかってきます

そこで、「はい、おります」「ただいま席を外しております」「本日は外出しております」「□時にミーティングより戻ります」などの返答があれば、会社に少なくとも在籍していることがわかるので在籍確認は終了して、次の審査に取り掛かります。

ですが、会社の変にカンのいいおばちゃん社員などが電話を取ると、その後にその方から電話がかかってこないなどの理由で、「カードローンの借金の電話ではないか」とバレてしまうリスクがあります。

その場合は、事前に自分から「クレジットカードに申込んだので、在籍確認の電話がかかってくる」もしくは「親戚の賃貸マンションの保証人になったので、その確認の電話がかかってくるんですよ」などと言っておけば、それほど疑われません。特にクレジットカードは誰しもが作るものなので、職場に電話がかかってくるのはみなが経験していることなのです。

問題はカードの受け取り!どうする?!

さて、さまざまな困難をクリアして、審査に通ったとします。お金をキャッシングするまではあと少しです。まずは、お金を振込で入金してもらいましょう。
ですが、二度目以降のキャッシングには、ローンカードが必要です。そのローンカードをどのようにして受け取るかが問題です。

まず考えられる方法として、自動契約機で受け取ることができます。申込みをして審査が完了し、カードローンの融資が決定したら、ただちに自動契約機に向かい、アコムならむじんくんなどを操作して、カードローンのローンカードを受け取るのです。

自動契約機で受け取れば、それでその場でカードを使ってキャッシングができます。たいていの場合、近くにATMがありますので、そちらを利用すると良いでしょう。アコム、プロミス、アイフル、SMBCモビット、レイク、ノーローンなどの他に、三菱東京UFJバンクイックや三井住友銀行カードローンなどでも、ローン契約機があり、そちらで受け取ることができる場合があります。

その場合は特に問題がありませんよね。ただし、自動契約機のコーナーに入っていくところを人に見られてしまうと、キャッシングだと勘付かれてしまう場合があります。また、自動契約機は都会に多くありますが、地方に行くとあまり便利な場所にないなどの理由で、自動契約機が使えないという人も多いのではないかと思われます。

そんなときには、家族バレを防ぐために、郵便局の局留めを使ってローンカードを受け取りましょう。局留めなら、身分証明書を持って郵便局に行くだけで、カードを受け取ることができます。自宅に郵送物が届かないので、カードを見られて家族に、「なにこれは!!」と言われる心配はありません。

局留めにしてもらい際の注意点は?

カードを局留めで受け取りたいと思った場合、注意点としてかならずカードローン会社に、「局留めでも良いでしょうか?」という確認を取る必要があります。カードローン会社側としては、住所確認の意味も込めて、自宅に郵送物を送っていますので、基本的にあまり局留めにはしたがりません。

とくに、自営業者やフリーランスなどの事業主の場合は、在籍確認がないため、局留めで発送するとなると、いつなんどき、あなたが行方不明になってしまっても、探しようがなくなるのです。そうしたことを避けるために、事業主の場合は、局留めを断られるケースがあるのを覚えておきましょう。その場合は、多少遠くて不便でも、自動契約機を探して取りに行くしかありません。もしくは、アコムなどのように、受け取りの時間を指定できるカードローンを選んで申込み、できる限り自分が在宅している時間に受け取れるよう工夫する必要があります。

カード会社は基本的に局留めを嫌がりますが、中小消費者金融では、局留めをOKしてもらえる可能性は高まります。中小のカードローンは、なかには金利や法的にグレーのところもあって、あまり積極的に使いたいところではないのですが、大手のカードローンで局留めを断られた場合に、中央リテールやライフティ、セントラル、フクホーなどの中堅消費者金融に依頼をしてみてください。審査も比較的ハードルが低いので、借りやすいカードローンです。また、中には45日間無利息などのサービスがある業者もあります。

留め置きという手もある

郵便局の局留めは、通常、差出人側からの申請でしかできません。受け取り側であるあなたの方から申し出ることはできません。つまり、カードローン会社が、局留めに対して「良いですよ」と言わなければ、局留めにはしてもらえないのです。

その場合は、自分からできる方法として、「留め置き」という方法があります。不在票が入りますが、差出人はまったく無関係のカードローンとはわからない表記になっているので大丈夫です。ただし、不在期間があり、その間に局員が荷物であるローンカードを持ってあなたの自宅に配達に訪れた場合は、受け取りになってしまいます。

ですが、どうしても銀行カードローンなどを使いたいと考えていて、家族に知られたくないという場合は、留め置きという手がありますので覚えておくと良いでしょう。

職場に送ってもらうという手も使える

カードローンによっては、職場に送付してもらうということもできます。在籍確認が強化されますので、カードローン会社側も、配慮してくれる可能性が強まります。書留で届きますので、本人以外に見られることもありません。会社の人には、「通販で買い物したが、仕事が忙しく、自宅で受け取ることができないため、会社に送ってもらった」「クレジットカードの送付先を会社にしてもらった」などと説明すれば、それほど不審がられることはないと思われます。

たとえば、SMBCモビットのWEB完結なら郵送物なし

万全を期していても、選んだカードローンによっては、強制的に自宅へ郵送物が届く場合があります。よって、事前に確認しなければなりません。
最初から、郵送物が送られてこないと明記している業者もあります。それが、SMBCモビットの「WEB完結」です。契約時、契約更新時、借り入れ時、返済時、過去の利用履歴のチェックまで、すべてオンラインで完結し、一切郵送物が送られてこず、インターネットで完結します。こうした業者を選んでみるのも良いでしょう。

SMBCモビットの「WEB完結」は、自宅へのカード送付がないばかりか、カードそのものの発行がありません。カードの存在からキャッシングが家族に知られることを警戒したプランとなります。借り入れはあなたが持っている銀行口座への振り込みで行われます。

また、返済時も、自動引き落としもしくは振り込みを行うことになりますので、必要なのは銀行口座だけとなります。カードレスでキャッシングできますし、他の郵送物も一切送られてきませんので、最大限警戒するなら、SMBCモビットで借りると家族バレ、会社バレが防げます。

契約書類はすべてオンラインで完結しますし、カードも不要です。2017年6月現在、SMBCモビットはアプリで借り入れできるスマートフォンアプリの開発も進んでおり、将来的に全面カードレスになる可能性があります。そうなれば、手元のスマホだけで借り入れができますので、家族や職場の人を含め、周囲にキャッシングの利用がバレることは一切ないため、期待ができます。

静岡銀行カードローン セレカなら、局留めが使える

消費者金融では局留めが使えますが、銀行はあまり局留めには積極的ではありません。ですが、そんな中、静岡銀行のカードローン「セレカ」なら、局留めが利用できると明記されています。非常に貴重な銀行系カードローンですので、静岡の周辺に住んでいる人を中心にぜひおすすめしたいところです。

運転免許証があればインターネット申込みも可能で、口座開設をしなくてはならない昔からある地方銀行ですが、局留めが使えるのが大きなメリットです。年金利用者も使えますし、専業主婦でも借り入れが可能です。全国からの借り入れを受け付けています。最大45日分のキャッシュバックと、サービスに遜色はありません。

審査も早く、最短で即日にてカードローンが使えます。返済にATMが使えないので、静岡銀行の口座に資金を移動して、そこから返済しなくてはならないなどの多少の不便はありますが、家族バレを警戒している人にはおすすめです。

局留めが使える全国の人が対象の、静岡銀行カードローン「セレカ」を選択肢に入れてみて下さい。

まとめ:審査の後は局留めを依頼してみよう

家族にどうしても借り入れを気づかれたくない場合、細心の注意を払う必要があります。契約はオンラインでできますし、借り入れ履歴・明細なども、事前に申し込むことによってオンラインで見ることができ、紙の明細は自宅にこなくなります。

以前は、法律で借り入れしたらその都度明細を送ることが義務付けられていたのですが、時代が進むにつれてオンラインでもOKになってきたのです。

ですが、問題はカードの受け取りです。自動契約機などで受け取ることができればベストですが、なかなかそうはいきません。自動契約機がひとめにつきやすい場所にあるケースもありますし、そもそも自動契約機そのものがない場合もあります。

そんなときは、局留めを依頼しましょう。カードローンを申し込む際に、フリーダイヤルに電話をかけて、「局留めをお願いしたいのですが、できそうでしょうか?どうしても家族にバレたくないのです」といえば、カードローン会社側も事情を理解してくれます。

局留めができれば、あとは最寄りの郵便局に身分証明書を持ってでかけるだけです。カードさえ受け取れば、あとはATMを使って自由に借り入れ・返済ができるようになります。カードローンの借り入れを自宅で家族にバレたくないという方は、ぜひ局留めを相談してみて下さい。