カードローンを家族やパートナーに秘密で利用している人は少なくありません。

しかし、思わぬところでカードローンの存在が家族にバレてしまった!というケースも多いのです。

カードローンの利用が家族にバレた人たちは、どのような状況下でバレてしまったのでしょう。

この記事ではカードローンの利用が家族にバレる要因と、バレたあとの対処方法についてご紹介します。

今後家族に内緒でカードローンを契約しようと考えている人や、バレてしまいそうで慌てている方は、ぜひ参考にしてみてください。

家族にバレることなくカードローンを利用できる?

イザという時に持っておくと便利なのがカードローン。
カードローンを、家族やパートナーにナイショで利用している人も少なくないでしょう。

しかし、思わぬところでバレてしまうというケースがあります。

できれば、利用しているのがバレない方がいいに決まっていますよね。

さて、バレないままカードローンを利用し続けることは可能なのでしょうか?

結論から申し上げると、しっかりと注意すれば可能です。

ここでは、カードローンの利用がバレる理由と、その対処法についてまとめていきたいと思います。

カードローンの利用がバレる理由は郵送物から

カードローンを利用していることがバレやすい理由でもっとも多いのは、送られてきた郵送物を見られることでしょう。

申込者本人が自宅にいる時間帯であれば、何も問題はありません。

しかし、留守の時間帯に配達された場合、同居している嫁さんや家族が開封してしまう可能性があります。

留守の場合は止めようがないので、できるだけ郵送物を少なくするしか方法がないのが実際のところです。

郵送物の種類とそれらを止める方法はあるの?

カードローン利用時に郵送される書類は、下記があります。

  • ローンカード(申込完了後)
  • 契約書類(申込完了後)
  • 利用明細書(カードローン利用中)
  • 増額のお知らせ(カードローン利用中)
  • 通告書・催告書(カードローン滞納時)

このうち、ローンカードについては簡単に郵送を止めることが可能です。

1.最近のカードローンは「WEB完結」が多いので、WEBから申し込む。
2.審査結果が出た後、カードを無人契約機で受け取る。

たったこれだけです。

ただし、カードに関しては多くの金融機関で郵送受け取りとなっているのが実情です。
「無人契約機」で受け取れる業者は、一部の金融機関のみになります。

参考記事
テレビ窓口とは?窓口のあるカードローン会社をランキング!

下記の書類については、多くの業者でWEB明細が選択可能です。

  • 契約書類
  • 利用明細書
  • 増額のお知らせ

これらの書類については、申し込み時に「WEB明細」を選択しておきましょう。
そうすれば、郵送される心配はありません。

参考記事
カードローンの明細書&契約書を自宅に郵送されない方法と会社一覧!

なお、一番下の通告書・催告書は、支払い滞納時の督促状です。
これを止めることはできません。

といっても、数日程度の遅延であれば、連絡されることはありません。

数ヶ月間連絡・相談がないまま滞納をしていると、最初に電話がかかってきます。
督促の電話を無視し続けると、通告書が送られてくるのです。

送られてきたハガキ(封書)を見られたとしたら、自業自得と諦めましょう。

防ぐ方法としては、下記の2つしかありません。

  • 必ず遅延せずに返済を行うこと
  • 万が一返済が厳しくなった場合は、早めに連絡・相談を行うこと

消費者金融業者・銀行とも、大半の金融機関で最低返済金額を定めています。

これを期日内に支払っている限り、延滞していることにはなりません。
少なくとも、この最低返済額だけでも支払う意思を見せておくことが大切です。

また、返済がどうしても難しい時は、早めに連絡・相談を行ってください。

どれだけ待ってもらえるかは相手の判断にもよります。

ただ、1つだけ言えることがあります。
それは、最低返済額だけでも真面目に返済していれば、いきなり一括返済を求められることはないということです。

それでも、支払いが難しくなってしまったら、家族(特に嫁)にバレてしまってもやむを得ません。
思い切って、カードローンを利用していることを話してしまうのも1つの方法です。

郵送物を少なくできるカードローンがある!その条件は?

前述したように、カードローン利用のバレる理由で多いのが、送られてきた郵送物を家族(嫁)に見られることです。

契約後に郵送される書類は、契約書類や利用明細書、増額のお知らせ、ローン専用カードがあります。

このうち契約書類などについては、申し込み時にWEB明細を選択しておいてください。
そうすることで、書類が郵送されることがなくなるため、バレるリスクは低くなります。

ローンカードの場合は、下記に書いた2つの方法があります。

  • カードレスなど郵送物がないカードローンを選択する
  • 各業者が設置している自動契約機でカードを受け取る

この条件を満たすカードローンを選択すると、郵送物の問題はほぼクリアできます。

上記条件を満たさない業者でも郵送物なしにすることは可能です。
ただし、その場合は業者側との事前相談が必要となります。

ここからは、郵送物なしの条件を満たしている銀行・消費者金融のカードローンを紹介します。

◆アコム

金利 限度額 審査時間 収入証明書
3.0~18.0% 800万円 最短30分 50万円まで不要
保証人 パート・アルバイト 融資スピード 来店の必要
不要 審査対象 審査後即時 なし・WEB完結

◆プロミス

金利 限度額 審査時間 収入証明書
4.5~17.8% 500万円 最短30分 限度額50万円まで不要
保証人 パート・アルバイト 融資スピード 来店の必要
不要 審査対象 審査後即時 なし・WEB完結※1

※1:対象金融機関は200行以上あります。

◆SMBCモビット

金利 限度額 審査時間 収入証明書
3.0~18.0% 800万円 10秒簡易審査 必要な場合アリ
保証人 パート・アルバイト※1 融資スピード 来店の必要
不要 審査対象 審査後即時 なし・WEB完結

※1:安定した収入がある方のみ対象

◆アイフル

金利 限度額 審査時間 収入証明書
4.5~18.0% 500万円 最短30分 50万円まで不要
保証人 パート・アルバイト 融資スピード 来店の必要
不要 審査対象 審査後即時 なし・WEB完結

アイフルの場合、申し込みの際に注意事項が1つあります。

インターネットや電話で申し込みをしてしまうと、カードが郵送されてしまう点です。
そのため、初回の申込手続きをインターネットや電話で行っても、そのまま申込手続きを進めることができません。

これは、アイフル側で決められていることなので、やむを得ません。

近くに自動契約機がある場合はインターネットで申し込みを済ませてから来店すると、手間も省くことができて便利です。

電話で申し込む場合も、カード受け取りは来店(自動契約機)を希望する旨を伝えてください。

近くに自動契約機がない場合は、カードの郵送を選択するしかありません。

ただし、アイフルの場合は配達時間帯指定サービスが利用できます。
その場合は、必ず本人が在宅している日時を指定するようにしましょう。

本人限定受取なので、他の家族が受け取るリスクはありません。
しかし、万が一不在の時間帯に来られたら、家族(嫁)にばれる可能性があるためです。

◆バンクイック

金利 限度額 審査時間 収入証明書
1.8~14.6% 500万円 最短即日 限度額200万円まで不要
保証人 パート・派遣・アルバイト 融資スピード 来店の必要
不要 審査対象 審査後即時 なし・WEB完結※1

おすすめの業者はどこになるの?

郵送物なしの条件を満たす業者を5社紹介しました。
いかがでしょうか?

上記5社は、いずれかの条件を満たしています。

・スマホアプリなどを使ったカードレスキャッシングが可能
・自動契約機を使ってカードを受け取ることができる

この中では、アコム・プロミス・SMBCモビット・アイフルの順番におすすめします。

理由は3つ。

1つ目は、即日審査・融資が可能である点です。

消費者金融であれば、どの業者も最短30分審査。
融資実行まで入れても最短1時間のスピード融資です。

初めて利用する場合は、上限金利が適用されてしまいます。
しかし、最初から高額な利用限度額が設定されないと考えると、あまり大きな差はありません。

2つ目は、30日間無利息キャンペーンがある点です。

モビット以外の3社については、初回に限り30日間無利息キャンペーンが適用されます。
30日以内に返済できる金額であれば、利息なしで借り入れることも可能です。

万が一返済しきれなかった場合でも、利息は残った元本に対して発生します。
そのため、利息の負担も少なくて済みます。

3つ目は、郵送物を少なくする工夫がされている点です。

アコムやプロミスは、契約書類・利用明細はWEB明細で参照することが可能です。

また、無人契約機の台数も消費者金融業者の中では多く設置されており、カードの受け取りもスムーズに行えます。

アイフルやモビットについても、契約書類などはWEB明細で参照可能です。
しかし、自動契約機の設置台数は、アコム・プロミスと比べると少なくなります。

ただし、モビットの場合は、スマホアプリを使うとセブン銀行から借入・返済を行うことができます。

アプリを活用することによって、カードレスキャッシングが可能になる点で人気です。

アイフルは専用カードがないと利用できませんが、配達日時指定が可能なので、その分バレるリスクは抑えられます。

上記の点を考慮して、申し込むカードローンを選択してみてください。

カードローンの利用がバレる原因とその理由

これまでは、郵送物に絞ってカードローンの利用がバレる理由について書いてきました。

バレてしまう理由は、郵送物・電話だけとは限りません。
郵送物以外にも、普段の行動などからバレてしまう可能性があるのです。

当然、人によってバレるケースは異なります。
ただ、その中でも普段の行動、もしくは言動からバレてしまうことが多いようです。

ここでは、バレてしまう理由を4つに分けて紹介。
その理由と対処方法について書いていきたいと思います。

財布やバッグの中身を見られてしまう

契約やカード受け取りまで、家族や嫁さんにバレずに済んだとしても、安心していてはいけません。

実は、財布やバッグの中に入れていたローンカードを家族や嫁さんに見られたことで、カードローンを利用していたことがバレてしまうというケースが少なくないのです。

家族やパートナーは生活を共にしています。
そのため、いつ「財布やバッグの中身を見せて」と言われるか分かりません。

もしかしたら、あなたがお風呂やトイレに入っている間に抜き打ちチェックしている可能性だってあるのです。

重要なカードについては、別のカードケースやバッグなどに入れて持ち運ぶようにするなど工夫しておきましょう。

そうしておけば、いつ財布やバッグを見られても安心です。
また、万が一紛失したとしても、見つかった後に連絡が来てもバレる心配はなくなります。

パソコンやスマホで開いていた会員ページを見られてしまった

郵送を選択した場合、利用明細や借入額などは郵送物として届きます。

しかし、WEB完結型で申し込んだ場合、もしくはWEB明細を選択した場合は、利用明細や借入額などについて、ほぼ全てWEB上で確認することになります。

これらを自宅で確認する時は、パソコンやスマホを使うでしょう。

それらを開いたまま席を離れた時、その会員画面を見られることで発覚するのです。

皆さんも、席を離れる時ついうっかりそのままにしてしまっている人も多いでしょう。

パソコンやスマホで会員ページをチェックしている時にできることは、2つしかありません。

  • 席を離れる前にブラウザを閉じ、キャッシュをクリアする
  • パスワードでロックして、中身を見られないようにしておく

これをしておくだけで、バレるリスクをある程度抑えることが可能です。

といっても、家族がいる以上こういった状況は比較的起こりやすいもの。
家族が周囲にいる時は、あまり会員ページやアプリを開かないようにするなどの注意が必要です。

ATMで引き出しているところを見られた

最近は、自社ATM以外でも、近所のコンビニや銀行などの提携ATMで引き出すことが可能です。

それらを家族や同僚などに見られてしまうことで、発覚するというケースも意外と多くあります。

生活地域・行動範囲が同じであれば、どうしても鉢合わせしてしまう可能性が高くなってしまうもの。

この場合、できる対策としては2つあります。

  • 隣町など生活範囲外のATMを利用して、できるだけ鉢合わせする可能性を低くする
  • 口座振込によるキャッシングも併用する

これらを実行してみるだけで、バレるリスクはかなり軽減できるでしょう。

ただし、あまり生活範囲外に行き過ぎているとかえって怪しまれてしまう可能性があります。

また、口座振込の場合は銀行の利用明細からバレてしまうリスクもあります。
その点は注意することが大切です。

普段の会話で出てしまった

普段の会話の中で、うっかり口を滑らせてしまう人も多くいらっしゃいます。

隠し通すつもりであれば、会話の中でカードローンのことを出さない方が無難でしょう。

しかし、普段の会話というのは話せる機会と捉えることもできます。

普段はきちんと返済していて、理解も得られそうなど問題がなければ、カードローンを作っていることを話してもいいのではないでしょうか。

債務整理を行う過程でバレる

できるだけ避けたいところですが、債務整理でバレてしまうケースもあります。
ちなみに債務整理には3種類あります。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

任意整理

任意整理とは、司法書士や弁護士が債権者と返済方法・返済額について交渉を行い、今よりも良い条件で返済できるよう交渉する手続きのことをいいます。

やっておかなければならないことが2つあります。

まず最初は、嫁さんが保証人になっている場合に解除しておくことです。

これをしておかないと、通知が嫁さんに行くことでバレてしまいます。

次に、事務所から通知を行う際の差出人を個人名にしてもらってください。

任意整理は、弁護士もしくは司法書士が行います。
慣れている人であれば、そういった配慮についても自ら提案を行います。

しかし、慣れていない人はそういう点の配慮が行き届かない可能性があります。

現在はインターネットで評判を調べることができるので、実績のある事務所に依頼することが大切です。

個人再生

個人再生とは、裁判所に再生計画を提出して債務を1/5程度に減額することで、その債務を3~5年かけて支払っていくことをいいます。

自己破産と違い、一定の条件を満たすことで自宅や車を手放さずに済みます。

ただ、裁判所に本人が出向く必要があります。

その他にも、裁判所から郵便物が届く、家族分の非課税証明書や家計簿など、必要な書類もそれなりに多いので、バレるリスクはかなり高いと思ってください。

これらは、郵送物を事務所宛にしてもらう、課税証明書などの書類を代理人に取得してもらうなどでバレない工夫はできます。

それでも、勘の良い人であれば気づかれる可能性もあります。

個人再生については、本人はローンを組めなくなります。
しかし、家族には影響ありません。

あらかじめ個人再生する旨を伝えておいた方がいいでしょう。

自己破産

自己破産とは、持っている資産を換金した範囲内で返済を行い、残りの負債に関しては返済免除してもらうことをいいます。

自己破産する場合は、個人再生と同じく裁判所に必要書類を提出した上で判断を仰ぐことが必要です。

所有している財産(預貯金など)が100万円を超えない、不動産や車を所有していないのであれな同時廃止ができるので、自己破産した事実がバレない可能性もあります。

しかし、100万円を超える財産があったり、不動産や車を所有していれば、すぐではないとしてもいずれ没収されてしまうのでバレてしまうでしょう。

また、同居する家族の収入を証明する書類や預貯金通帳のコピーが必要になるので、そういった面でも自己破産をしようとしている事実はバレてしまいます。

しかし、嫁さんや家族を保証人にしたりなったりしていない限り、迷惑がかかることはありません。

また、家族がローンを組む際に、自己破産が悪い影響をおよぼすこともないので、自己破産する時には少しずつでもその事実を伝えていくほうが賢明でしょう。

 

家族にバレてしまった時の対処方法

カードローンを利用している事実は、ひょんなことからバレてしまう可能性の高いことがお分かりいただけたことと思います。

近年では、カードローンの認知度は上がってきており、利用者も増えているのは確かです。

しかし、やはり内緒で利用してきたとなると、家族間・パートナー間の関係にも影響を及ぼす要因になりえます。

そのため、バレてしまった後は慎重に行動しなければなりません。

バレる状況は千差万別。
やはり、しっかりと誠意を見せることが大切です。

そこで、取ることのできる手段をいくつか紹介したいと思います。

素直に謝る

中には、カードローンを利用していたことを責める人もいるかもしれません。
責められた際は、素直に謝罪することが大切です。

もし、隠していた理由があるのであれば、その理由を正直に説明する。
単に言いにくかったのであれば、そのことを伝えるのもいいでしょう。

ここでは、利用していた事実を正直に謝罪、理由を正直に説明してください。

注意しなければならないのは、変に言い訳を重ねないこと。

言い訳を重ねてしまうと、相手から信用されなくなってしまいます。

「潔さも大切」と割り切りましょう。

非常用だと説明する

バレた時に借り入れをしていない場合、家族やパートナーに負担を与えることはありません。

当初契約した理由はともかく、将来の非常用として契約したという旨を答えても問題はないでしょう

ただ、カードローンを内緒で契約していたことは、決して快く思われません。

いくら負担を与えることはないとはいえ、内緒で契約していたことについては、素直に謝罪しておくことが大切です。

自分の所持金からのみ返済することを約束する

バレた時点で借り入れがある場合、返済は自分の所持金から行うことを約束してください。

カードローンを利用して、借り入れがあることが分かった時、最初に不安に思うのが、「私のお金にまで手をつけられないか」という点です。

前に書いたように、バレてしまった瞬間は、疑いの目を向けられています。

必ず自分の所持金から返済することを約束しておきましょう。

全ての借入状況を公開して、その後どうするか話し合う

カードローンを利用している(いた)ことがバレると、いくら家族・パートナーといえど、疑いの目を向けてしまうでしょう。

なので、他に借り入れがあってもなくても、これだけ利用(契約)しているということを素直に認めましょう。

謝罪した後で、他の借り入れや契約があることが知られてしまうと、それこそ信頼関係にヒビが入り、離婚・別居などということにつながりかねません。

実際、返済はこれからの生活などにも影響するもの。

今後どうしていくつもりなのかについて、しっかりと話し合うことが大切です。

どうして内緒にしていたことがバレると咎められるのか?

カードローンを内緒で契約していたことがバレて、咎められる理由は主に2つあります。

  • 家族やパートナーに相談せず、内緒で契約していたから
  • 無断で借り入れすることで、生活費に影響があると認識されているため

そのことを念頭に置いて、対処方法を考えてみてください。

そうすることで、咎められるレベルを最小限に抑えることも可能です。

バレてしまった時にしてはいけない行動

カードローンを利用していることがバレないに越したことはないですよね。

しかし、ここでも書いているように、郵送物や普段の行動で感づかれてしまう場合もないとは言い切れません。

感づかれてしまったら、素直に認めた方が傷口も浅くて済むでしょう。

しかし、いつまでも認めないと本当に取り返しのつかないことになりかねません。

そこで、バレてしまった時にしてはいけない行動について書いていきます。

早口になる、大きな声を出す

嘘をつこうとする時には、不自然な話し方になってしまうもの。

例えば、急に早口になったり、不自然に大きな声を出すなどの動作がそれに該当します。

やはり、責められると思ったら「何とかしてごまかしたい」という心理が働くのでしょう。

やましいことがなくても、ついそういう行動を取ってしまいがちです。

こういう行動をとってしまうと、ますます怪しまれるので注意してください。

正面を向いて話さない

嘘をつこうとする時には、普段は相手の目を見て話す人も、視線を外して話すようになります。

これは、「早くその場から逃げ出したい」という心理によるもの。

「責められたくない」という心理が働いているわけです。

なんとかごまかして、すぐにその場から逃げ出そうという思いがあります。

きちんと理由があるのであれば、そのことをはっきりと伝えるようにしましょう。

その時は咎められるかもしれませんが、素直に認めた方が楽なはずです。

ムダな質問をしない

嘘をつこうとする時、明らかに聞こえているのに質問で返す人がいます。

これは明らかに逆効果です。

相手には、「やましいところがあって、それを隠すために時間稼ぎをしている」と思われてしまいます。

これは、聞き返す必要がないのに聞き返すのも同様です。

やましいところがないのであれば、自分がやったこと(真実)を話せばいいだけ。

正直に自分の思いや考えを伝えましょう。

最初から家族に明かしておくのも1つ

ここまでは、家族やパートナーにバレない方法について解説してきました。
しかし、できることなら了承を得た上で利用できれば、それが一番ですよね。

可能であれば、事前に家族やパートナーに相談しておくことをおすすめします。

なぜならば、お金を借りるということは便利な行為である反面、関係を壊すことにもつながる行為だからです。

万が一、お金の返済に困った時、内緒にしていたら家族やパートナーにも相談しにくくなります。

いざという時に助けになるのは、家族でありパートナーなのです。

また、事前に了承を得ておくことで、郵送物のないカードローンという制限が外れます。
郵送物などを気にする必要がなくなることで、選択肢も大きく広がります。

まとめ 郵送物だけでなく、利用時にも注意しましょう

カードローンを利用していることがバレる理由として多いのは、郵送物を見られてしまった時です。

しかし、利用している時にバレる可能性もあります。

特に内緒で利用している時は、郵送物や利用時の行動にも気をつけることが大切。

利用していることがバレたら、これまでの関係が壊れてしまう可能性もあります。

責任をもって、最後まで計画的に返済を行うことが大切です。