h04_text

icon08

カードローンを利用したことがある人も、これまで利用したことはないが検討しているという人でも、「ブラックリスト」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

この「ブラックリスト」というのは、一度登録されてしまうと、一定期間カードローンやクレジットカードの審査に通過できなくなります。

このブラックリストに登録されるかどうかについては、一定の基準があります。その基準に到達しなければ、ギリギリであれ登録されないというのも確かです。

しかし、一定期間が経過すると、信用情報上は抹消されるので、ブラックになった要因を解消した上で記録抹消までの時間経過を待つと、記録抹消後は審査に通過すればカードローンも利用することができます。

ただ、できればカードローンやクレジットなどの金融業界における、通称「ブラックリスト」に登録されないに越したことがないことも事実です。

そこで、リストに登録されてしまった場合の対処方法や行動について解説するとともに、登録されないための注意点についても言及。

最後までお読みいただくことで、カードローンなど金融業界の通称「ブラックリスト」の正体から、登録されないための方法、万が一登録されてしまった際の対処方法や行動について知ることができます。

いずれにしても正しい知識を身につけた上で、上手にカードローンを活用することが大切です。

そもそも「ブラックリスト」とは何?

8e26b7542c284553b7d8dceb55779c81_m

ブラックリストとは、信用情報機関で記録されている遅延などの金融事故履歴

最初に申し上げておくと、あくまでも「ブラックリスト」とは通称で、金融業界の用語として存在するものではありません。

一般的には、ショッピングクレジットやカードローンの長期延滞・滞納や自己破産や任意整理などの債務整理をした人が登録される社外秘のリスト(ファイル)と認識されているようですが、実際にはそういったリスト(ファイル)は存在しません。

信用情報の返済状況に「異動」と記載され、「異動発生日」が記載されることが「ブラックリスト入りした」という意味となります。

ここでは、ブラックリスト入りする要因の一部を書いていきましょう。

通称ブラックになる要因一覧(事故情報・事故記録という)

自己破産やその他債務整理

任意整理

・何かしらの借金や料金の長期遅延・延滞・滞納(平均3カ月以上)・踏み倒し

・多数のキャッシング会社に同時申し込みをする(申し込みブラック)

いわゆる「ブラック」状態とは、信用情報機関やキャッシング会社の登録情報などに、上記のような事故記録がある人のことをいいます。

ちなみに信用情報機関とは、個人の債務状況や返済状況等が登録されている機関のことです。

ブラックリストには種類がある

支払いの遅延や債務整理の事実が発生すると、「ブラックリスト(通称)」に入る可能性があります。

しかし、このブラックリストにはいくつか種類があることは、意外と知られていません。

ブラックリストは、大きく分けて3種類。

  • 返済の遅延、債務整理などの金融事故履歴
  • カードローンの申し込みに関する記録(申し込みブラック)
  • 社内で保存されているリスト

このうち、上の2つは信用情報機関に記録されます。

3つ目については、金融業者内で保存される記録です。

主な信用情報機関は?

先に説明した通り、金融事故履歴と申し込みに関する記録は、あくまでも信用情報機関に登録されるものです。

後ほど詳しく説明いたしますが、延滞などの事故状態が解消されていれば、基準となる日から一定期間が経過すると記録は消去されます。

国内にある信用情報機関は3社。

消費者金融や信販会社、銀行、クレジットカード会社は、上記3社のうち最低でも1つ、もしくはいずれか2社以上に加盟して、利用者の債務情報を常に共有しあっているのです。

また、加盟しているすべての金融会社は、各信用情報機関のデータベースにていつでもアクセスできます。

1

上の図を見れば分かる通り、A社で支払いの遅延・滞納・踏み倒しなどのトラブルが発生、もしくは申し込んで審査落ちしたりしたら、A社が加盟している信用情報機関に情報が登録されます。

その情報は、信用情報機関であるB社、C社、D社はいつでも閲覧可能なので、その事実を隠したり虚偽の情報を提出したりしても、信用情報を閲覧した段階でバレてしまいます。

よく「自己破産や長期延滞・滞納などの履歴がある場合、原則として審査を通過できない」と言われるのは、こういった理由からすべての債務状況・信用情報が筒抜けになっていることが理由にあるのです。

情報が残る期間は?

上記で書いたように、支払いの遅延・延滞、債務整理などの金融事故発生時、1ヶ月に大量の申し込みをした場合は、いわゆる「ブラックリスト」に掲載されてしまいます。

これらの情報は「事故情報」と呼ばれ、これらの情報が信用情報機関に登録されている期間は、ほとんどのカードローン業者での審査には通過できないと考えた方がいいでしょう。

しかし、信用情報機関での情報の保存は永続的ではありません。

それぞれの情報に保存期間が定められており、一定期間を経過したらデータベースより経歴情報が抹消されます。

情報が抹消されると、審査結果次第でカードローンやクレジットカードなどの利用も可能になるのです。

CIC

延滞 延滞解消から5年間保存
自己破産・債務整理 決定から7年間保存
申し込みを行った事実 情報照会日から半年間保存

JICC

延滞 延滞解消から1年間保存
自己破産・債務整理 手続き完了から5年間保存
申し込みを行った事実 申込日から半年間保存

全国銀行個人情報センター

延滞・債務整理 契約が終了した時点から5年間保存
自己破産 自己破産の決定から10年間保存
申し込みを行った事実 情報照会日から半年間保存


事故情報が抹消されても、その時点の収入状況などの条件によっては審査に落ちる可能性も十分にあります。
「ブラックから解放された」=審査に絶対に通るというわけではないことに注意してください。

ブラックリストに載る・載らないの基準は?

ブラックリストに載る・載らないの基準は曖昧ですが、下記の通りとなっています。

ブラックリストに入る ブラックリストに入らない
カードローン返済の長期延滞(61日以上) 公共料金の支払い遅延(口座振替・コンビニ払い)
5年以内に債務整理などをした 過払い金返還請求を行った
10年以内に自己破産した 数日程度の延滞
5年以内にカードを強制解約された 税金や家賃の支払い延滞
保証会社が代位弁済を行った クレジットカードの年会費支払いの延滞
携帯電話本体の代金支払いの遅延
奨学金の返済遅延
クレジットカードにおける短期間の解約
短期間に多重申し込みを行った

一般的には、長期延滞や債務整理などを行った場合にブラックリスト入りするものと覚えておいてください。

表で紹介した中で特に注意が必要なのが、携帯電話本体の分割料金を含んだ電話料金の滞納でしょう。

「多少遅延しても大丈夫」と思っている人も多いかもしれませんが、スマホがこれだけ普及している現在、いつ督促が強化されてもおかしくありません。

その他、学生時代に奨学金を利用していた人であれば、奨学金の返済にも注意してください。

奨学金の返済が遅れて長期延滞になった場合は、全国銀行個人信用情報センター(KSC)に登録されます。

ブラックリストに入らないものとしては5つ紹介させていただきましたが、各項目についてもいくつか注意点があります。

税金のクレジットカード払いはないので、税金の滞納で信用情報に影響することはありませんが、公共料金や家賃をクレジットカード払いにしている人は要注意です。

公共料金や家賃の支払いが信用情報に影響しないのは、あくまでも口座振替(振込)や請求書によるコンビニ払いを行っている人に対してで、クレジットカード払いにしている人の場合は長期延滞をすればブラックリスト入りしてしまいます。

短期の延滞についても1回くらいであればまだ大丈夫ですが、年に3回以上繰り返してしまうと要注意と見なされる可能性があります。

次に過払い金返還請求を行った場合ですが、以前は「契約見直し」という情報が入っていましたが、現在は過払い金返還請求を行っただけではブラックリスト入りすることはありません。

ただ、過払い金返還請求を行った相手の社内ではそのことを問題視されます。

つまり、該当する会社ではクレジットカード、もしくはカードローンを作れなくなってしまうので、これについては覚悟が必要です。

また、利息制限法による引き直しを行っても債務が残ってしまう場合、もしくは過払い金返還請求が完了するまでは、一時的に債務整理が記録されるということもあるようです。

心配な場合は、事前に弁護士事務所や司法書士事務所に問い合わせをされてみることをオススメします。

最後に年会費の支払い忘れですが、それだけをもってブラックリスト入りすることはありません。

ただし、強制解約された場合は、結局ブラックリストに載ってしまうので注意が必要です。

延滞を起こした会社には、事故情報が半永久的に残る

クレジットカード会社やカードローン会社のデータベースには、「社内ブラックリスト」と呼ばれるものがあります。

これは、過去に金融事故を起こした人の情報が残されているもので、例えばクレジットカードやカードローンの延滞を起こした場合は延滞記録が永遠に残ってしまいます。

その他、債務整理や免責決定(自己破産が確定)した時点で登録されるようです。

また、中には政府が発行する「官報」に記載されている自己破産情報を収集して、社内ブラックリストに登録している業者もあります。

こういったデータベースは、社内・グループ内で共有される可能性も。

すなわち、ジャックスカードやアコムで長期延滞記録が残っている場合は、「バンクイック」での審査に通過できない可能性が出てくるということです。

その他、三井住友カードやプロミス(SMBCコンシューマー・ファイナンス)で長期延滞した履歴がある場合は、同社で保証しているカードローンに通過できない可能性が出てきます。

こういったデータベースは、グループ内で共有されている可能性があるので、過去に延滞したことがある業者が保証業務を行っているカードローンは避けた方が無難といえるでしょう。

ブラックリストに載っている可能性が高い。どうすればいい?

ブラックリストに載っているかどうかは、自分で調べるしかない

ここまで読んできて、「もしかしたら、私もブラックリスト入りしているかも」と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、こういった事故情報が登録されている(もしくはいた)人の中には、過去の債務状況や自己破産・債務整理してからの経過年数などをよく覚えていないという人もいるでしょう。

当たり前の話ですが、「登録情報が抹消されているかも」と思っていても、情報が登録されたままであれば審査に通過することはできません。

自身の信用情報については、各信用情報機関に問い合わせると、開示してもらうことができます。

具体的な方法については後述いたしますが、重要機密なので厳重な本人確認・手続きが必要です。確認が必要であれば、できるだけ早めに問い合わせることをオススメします。

現時点でブラックだと、借りられるカードローンはない?

e72001241f07a3b9254583c491b3004d_s

当サイトをご覧いただいている人の中でも、「ブラックでも借りられるカードローン」を探している人も少なくないでしょう。

たとえブラックといっても、お金が必要となるときはあります。

ネットの情報を見ると、「〇〇では、ブラックでも借りることができた!」と謳っているサイトがあることは確かですが、その真実については分からないのが実情です。

ちなみに法律上では、「信用情報機関に事故情報が登録されている」という理由で、お金を貸してはいけないと規定されているわけではありません。

なので、申し込みを受けた業者が「返済能力がある」と判断したら貸付を行うことができるのですが、信用情報機関の事故情報が多くの金融会社の中での絶対的な評価基準となっているため、「ブラックとされる情報がある=貸し付けNG」となっているのです。

そういった観点から見ても、貸金業法を遵守して営業している消費者金融会社が、信用状態の悪い人を審査に通過させることはないと考えるのが自然でしょう。

過去のブラック履歴を重要視しない会社もある

ただし、極めて少数であること、イレギュラーであることは確かですが、「信用情報機関の情報だけでなく、現状の安定性や返済能力を重視して審査を行っています」という金融会社がある可能性もあります。

その他、個人的に縁がある金融会社であれば、多少は融通がきくかもしれません。

これらは、主に中小規模の消費者金融に見られる傾向ですが、こういった金融会社でも、現状でブラックリスト入りしているのであれば、まず新規借入はできないと考えた方がいいでしょう。

あくまでも、「過去にブラック状態だったとしても、現在はそれらの状態が解消されていて、記録年数が経過して抹消されている」という前提で、「現状の安定性や返済能力を重視して審査している」ということを頭に入れておいてください。

現時点でブラック入りしていたら、解消まで待った方がいい

ブラックリストとは、支払い遅延や債務整理などといった金融事故履歴に関する信用情報機関の記録です。

この他、カードローン会社やクレジットカード会社が社内で残しているデータベースもあります。

もし、支払い遅延を起こしているのであれば、まずはその状態を解消することを考えましょう。

支払い遅延によって、事故情報が記載されたのであれば、その状態を解消しない限り永遠にその記録は信用情報に記載されたまま。

つまり、一生カードローンやクレジットカードの審査に通過できないことになるのです。

また、先にも書いたように、数日程度の延滞であれば事故情報には載らないものの、何度も繰り返していると事故情報に載ってしまう可能性があります。

このようなうっかりを防ぎたいと思ったら、収支の管理をしっかりと行うしかありません。

「日頃からできていれば苦労はない」と言われそうですが、現状ではこれしかないでしょう。

申し込みブラックについては、1ヶ月で3社以上に同時申し込みをしないように注意すれば問題ありません。

カードローン会社やクレジットカード会社が残しているデータベースについては、防ぐ手立てはありません。

一度、ショッピングローンやカードローンなどで支払い遅延などの事故を起こしてしまうと、その記録は一生社内データベースに残ります。

これについては、会社が倒産でもしない限りは残り続けます。現在は大手信販会社、消費者金融会社はどこかのフィナンシャルグループに属しており、そのグループ内で情報が共有されている可能性も考えなければなりません。

もし、どこかの会社で延滞などの事故を起こした経験がおありであれば、グループ会社のカードローン以外に切り替えるしか方法はないでしょう。

過去に債務整理や延滞した履歴があったとしても、申し込んだ会社でそのような履歴がなければ、審査に通過できる可能性があります。

事故情報を確認するための方法

「年数が経過しているはずだから大丈夫だろう」と思って審査を申請しても、まだ経過しておらず抹消されていなければ、当然ながら審査に通過することはできないでしょう。

そうやって闇雲に申し込んでしまうことで、いわゆる多重申し込みによる「申し込みブラック」の原因となるので、絶対にそういった行為はやめましょう。

それでは、こういった事故情報は、どのようにして確認すればいいのでしょうか?

これについては、各信用情報機関に問い合わせると確認してもらえます。

信用情報の開示は重要機密情報のため、本人確認はかなり厳重なので、確認する際は早めに行ってください。

問い合わせに際しての注意事項

先ほども書いたように、信用情報の状況を知るためには、各信用情報機関に開示申請を行って、開示してもらうしか方法はありません。

これも、当サイトで何度か書いていますが、3つの信用情報機関のデータベースは共有されているので、1つの信用情報機関に登録していれば、どの信用情報機関に登録された情報であっても参照することが可能です。

しかし、情報開示申請については、加盟している信用情報機関でなければ開示することができません。

例えば、携帯電話の本体代金と銀行(消費者金融)で支払いを遅延した可能性がある場合であれば、携帯電話会社および銀行(消費者金融)が加盟している信用情報機関に開示申請を行う必要があります。

加盟している信用情報機関の調べ方

信用情報機関の調べ方は、2通りあります。

  • 各信用情報機関のホームページで調べる
  • 各社で公表している「個人情報の取り扱いについて」から調べる

どちらも多少手間はかかるものの、後者の方が比較的簡単に調べられるでしょう。

ここでは『「個人情報の取り扱いについて」から調べる』について解説していきます。

画像は、住信SBIネット銀行の申込画面です。

住信SBIネット銀行ホームページの申し込みボタンをクリックすると、カードローンについてという項目にいくつかリンクが並んでいるので、その中から「個人情報の取扱いに関する同意書(住信SBIネット銀行 株式会社)」をクリックしてください。

クリックするとPDFファイルが表示されるので、「F3」キーを押したら出てくる検索窓に「加盟」と入力して見ていくと、「銀行が加盟する個人信用情報機関」と書かれた箇所が出てくるので、そこを見るとその企業が加盟している信用情報機関がわかります。

住信SBIネット銀行の場合であれば、下記の2つ。

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)

もし、住信SBIネット銀行で過去に延滞した記憶がある場合、KSCかJICCのいずれかに情報開示を申請するといいということになります。

他の消費者金融や信販会社、携帯電話キャリアなどでも、同様の方法で加盟している信用情報機関を検索することができるので、ぜひお試しください。

問い合わせ方法

問い合わせ方法については、信用情報機関によって異なります。

  • JICC・CIC…WEB・郵送・窓口
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)…書類の郵送

CICについては、PCやスマホから申請・報告書のダウンロードが可能なので、あまり時間をかけることなく取得ができそうですね。

JICCについては、申請はスマホからできるものの、報告書は郵送となります。

KSCの場合は郵送しか手段がないので、少々時間がかかってしまうかもしれません。

ここからは、信用情報機関ごとに本人が申請する場合の情報開示請求の方法について書いていきます。

当サイトでは、本人が申請する場合で最短で入手可能な方法について書いています。

事情により、代理人の方にお願いせざるを得ない場合につきましては、誠にお手数ですが、各信用情報機関のサイトをご参照ください。

・JICC

・CIC

・全国銀行個人信用情報センター

JICC

必要となるものは、下記のとおりです。

  • スマホ(アプリダウンロードに必要)
  • 本人確認書類(運転免許証、個人番号カード等)
  • クレジットカード(開示手数料をカード払いにする場合)
  • 現金(1,000円)※コンビニ・ペイジー、定額小為替で支払う場合
  • 現金(500円)※窓口で支払う場合

申し込み手順は、下記の通りとなります。

  • 専用アプリのダウンロード
  • パスワードの発行・入力
  • 個人情報の入力
  • 本人確認書類の撮影・送信
  • 手数料の支払方法を選択
  • 申込内容の確認・開示書の郵送
専用アプリのダウンロード

まずは、専用アプリをダウンロードしてください。
iPhoneとAndroid用のアプリがあります。

iPhoneの場合は「App Store」より、Androidの場合は「Google Play」より「スマートフォン開示受付サービス」で検索してみてください。

ダウンロードが終わったらアプリを起動して、「利用規約」を確認しましょう。

パスワードの発行・入力

メールアドレス入力画面が出てくるので、入力して送信してください。
送信後しばらくすると、JICCよりパスワードがメールで送られてきます。

受信後1時間以内に、パスワードを入力するとログイン完了です。

個人情報の入力

情報入力画面が出てきたら、氏名・生年月日などの情報を入力してください。

本人確認書類の撮影・送信

情報入力が完了したら、カメラが起動します。
案内に従って本人確認書類を撮影して、画像を送信しましょう。

手数料の支払方法を選択

開示手数料の支払い方法を選択してください。
支払い方法は、全部で4種類。

  • クレジットカード(1回払い)
  • コンビニエンスストア払い
  • 金融機関ATM払い(ペイジー)
  • オンラインバンキング払い(ペイジー)

※手数料は1,000円です。

※窓口で申請した場合は、500円になります。

申込内容の確認・開示書の郵送

支払いの確認が取れたら、申込内容の確認を行います。
不備がなければ手続きを行い、開示書が郵送されます。

お手元に届くまでは、約1週間~10日ほどかかります。

※内容に不備があった場合は、メールもしくは電話で連絡が入ります。
※開示結果は申込時に記入した現住所へ、簡易書留(親展)、転送不要での発送です。

CIC

開示報告書の取得方法について、PCから申請した場合の方法を書いていきます。

必要となるものは、下記のとおりです。

  • 電話(クレジット契約で使用したもの)※受付番号取得に必要
  • クレジットカード(パソコン・スマホで開示する場合)
  • 本人確認書類(運転免許証、個人番号カード等)※郵送・窓口申請の場合
  • 現金(1,000円)※定額小為替で支払う場合
  • 現金(500円)※窓口で支払う場合

手順は全部で6ステップ。

  • 利用規約、注意事項を読む
  • 受付番号の取得
  • 最終確認を行い、利用の承諾を行う
  • 個人情報の入力
  • 入力内容の確認
  • 開示報告書のダウンロード
利用規約、注意事項を読む

利用前に、利用規約と注意事項をご確認ください。

受付番号の取得

クレジットカード会社等に届けていて、CICに登録されている電話番号から指定の番号に電話をかけて、受付番号を取得してください(携帯電話も可能)。

利用手数料はクレジットカード会社から請求されます。
有効期限が必要になるので、カードを用意しておいてください。

受付番号は後ほど必要となるので、必ずメモを取っておきましょう(有効期限:1時間)。

最終確認を行い、利用の承諾を行う

当ページの下部にある、「ご利用前の最終確認」をクリックしてください。

すべての項目にチェックを入れて、「インターネット開示を行う」ボタンをクリックすると、情報入力画面に進みます。

個人情報の入力

住所・氏名などの個人情報を入力して、「次へ」ボタンをクリックしてください。

※「クレジットカード番号」欄には、受付番号取得時に使用したものと同一のカード番号の入力が必要です。

入力内容の確認

内容を確認して「確定」ボタンをクリックしてください。
なお、パスワードが出てくるので、パスワードは必ずメモしておきましょう。

※この時点で、利用手数料(1,000円)が発生します。

※「確定」ボタンを押すと、パスワードの入力方法が出てくるので、確認しておいてください。

※窓口で申請した場合は、500円になります。

開示報告書のダウンロード

PDFで表示されるので、保存してください。

※ファイルを開く際に、パスワードが必要です。
※96時間以内の再ダウンロードは無料。

CICの場合は、最短30分程度で開示できます。

KSC(全国銀行個人信用情報センター)

必要となるものは、下記のとおりです。

  • 本人確認書類(運転免許証、個人番号カード等)※2点必要
  • 現金(1,000円)※定額小為替で郵送
  • プリンタ(登録情報開示申込書印刷に必要)

開示までの手順は、下記のとおりです。

  • 登録情報開示申込書への記入
  • 手数料(1,000円)分の定額小為替購入
  • 申込書等を指定の住所へ郵送
  • 申込書記載の現住所へ郵送
登録情報開示申込書への記入

直接入力用と手書き用の2種類があります。

どちらでも使いやすい方で大丈夫ですが、入力に慣れている方であれば、直接入力を行って印刷した方が早いでしょう。

手数料(1,000円)分の定額小為替購入

手数料は、送料込みで1,000円になります。

定額小為替を郵送するので、郵便局で購入しておいてください。

発行については数分程度で完了です。

ただし、別に手数料がかかるので注意してください。

申込書等を指定の住所へ郵送

下記書類を指定の住所へ郵送してください。

  • 登録情報開示申込書
  • 手数料(1,000円)分の定額小為替
  • 本人確認書類(指定のものから2種類)

送付先は、下記住所となります。

〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-5-1
一般社団法人全国銀行協会 全国銀行個人信用情報センター宛

※発送方法は、「簡易書留」もしくは「本人限定受取郵便」のいずれかです。

※速達をご希望の場合は、280円分の切手を同封して、申込書の欄外に「速達希望」と記載しておいてください。

申込書記載の現住所へ郵送

センターへ到着後、約1週間~10日程度で、申込書記載の現住所まで郵送されます。

まとめ~原則としては登録抹消を待つこと。まだなっていないのであれば、ブラックにならないための対策を打とう!

結論から申し上げますと、ブラックでも借りられるカードローンは実在しません。

そのため、一度ブラックリスト入りしてしまったら、登録抹消まで待つのがもっとも無難な対処方法といえます。

まだブラックになっていないのであれば、ブラックにならずに済む方法を考えた方がいいでしょう。

何度も繰り返しますが、ブラックになっている状態であれば「登録抹消まで待つ」しか方法はありません。

とはいっても、ブラックリストに入っている時にお金が必要になることもあるでしょう。

その時は、個人的な人間関係に頼るしかありません。

間違っても、ヤミ金などの違法業者から借りないようにしましょう。