ブラックリストになってしまわないように・・・

延滞を繰り返してブラックリストになってしまった!もう二度と借りることができない・・・そんな風に思っていませんか。

たしかに、ブラックリストは、債務整理を行うと掲載されてしまいます。また、債務整理をしていなくとも、借り入れを3回以上延滞すると、自動で信用情報の異動情報に掲載されてしまい、それがブラックリストとして使われてしまいます。信用情報機関は、すべての金融機関から参照されるカードローンや割賦販売の信用情報を登録してある機関ですので、一度ブラックリストになってしまうと、クレジットカード、カードローン、キャッシング、携帯電話の割賦販売などを受けることができません。カードローンをはじめとする各種ローンは、担保も保証人も不要なため、個人の信用だけでお金を貸してくれるものです。その信用が毀損されたのですから、次からは借りることができなくなるのです。

最近では、学生時代に安易な気持ちで延滞した携帯電話の割賦販売を、利用料金を滞納することでブラックリストに載ってしまう若い人も増えています。

ブラックリストには、本当に気をつけなくてはなりません。返済が厳しくなれば、おまとめローンなどで借金をひとつにまとめる方法もありますし、早めに対処を行えば、返せなくなったとしても打つ手はあります。どうしても破産しかない・・・!という状況になる前に、おまとめローンなどで手を打ちましょう。

ブラックリストになると、クレジットカード、カードローン、キャッシング、携帯電話の割賦販売などが使えなくなります。住宅ローンも組めなくなるので、結婚しても家を買うことができません。人生に大きな支障をきたしますので、安易な延滞などには気をつけましょう。

・ブラックリストは解ける!5年から10年の辛抱

実は、ブラックリストは一旦なってしまったとしても解除されるのです。延滞が解消されてから、5年から10年が経過する必要があります。信用情報機関に登録されたブラックリスト、異動情報は、その時間が経過すると、消去されます。そのため、またお金が借りられるようになるのです。ですが、5年から10年とは、曖昧な期間です。実際に延滞が解消してから、5年から10年ですので、それまでの間はクレジットなどが使えず、現金払いで何事も済ませる必要があります。ですが、5年から10年が経過すると、再び借り入れできるようになります。再び借り入れできるようになる期間は、CIC・全銀協の延滞情報は、5年間です。延滞を解消してから5年ですので、延滞を解消せずにいつまでも放置していたら、いつまでたってもブラックリストは解除されませんので注意が必要です。

債務整理に関しては、延滞と同じく5年間ですが、全銀協だけは、自己破産と個人再生において10年間の期間をとっています。結構長い間我慢しなくてはならないので、できれば債務整理は避けたほうがいいでしょう。ですが、時間さえ経過すれば、また再び借り入れできるようになるのです。

ここで注意が必要です。いちど債務整理や延滞をしてしまったカードローン、消費者金融、クレジットカード会社では、二度とカードを作ることができません。社内ブラックになってしまうので、信用情報ブラックが解けたとしても、一度延滞してしまったカードローン会社からは二度と借り入れできませんので注意が必要です。
ですが、クレジットカードのステータスが高いアメリカンエクスプレスカード、通称アメックスカードだけは、過去に延滞を起こしてブラックになってしまったとしても、またブラックリストが解けさえすれば、アメックスカードを作ることができます。アメックスカードの場合は、過去の信用情報よりも現在のステータスを重視しますので、過去にアメックスカードでショッピングやキャッシングを行い、自己破産をしてしまったとしても、現在の勤務先条件や収入、その他の属性が良好で、ブラックリストが解けていれば、またアメックスカードを作ることができます。ですが、これはクレジットカードやカードローンを見渡しても特殊な例です。

通常は、一度延滞を越した会社では二度と借り入れすることはできません。違う会社なら大丈夫ですので、他のカードローン会社を選びましょう。

・ブラック喪明けは警戒される

ブラックリストが解除されて、最初にカードが作れるようになることを、ブラック喪明けと呼びます。ブラックリスト期間を喪中ととらえたカードローン系の造語です。ブラックリストが解けると、信用情報は綺麗になくなります。一度もカードローン等を借りたことがない状態と同じになります。これをスーパーホワイトといいます。ブラックリストの反対ですね。スーパーホワイトの状態になると、過去にカードローンを借りたことがない状態になるため、一見すると審査に有利に見えるかもしれません。

ですが、カードローン会社やクレジットカード会社側から見てみると、スーパーホワイト状態の人は、過去に債務整理をしたことがある可能性があるため、とても警戒されます。過去に自社で金融事故を起こしていてブラックになった人ならデータが残っているのでわかりますが、過去に他社で金融事故を起こしてブラックとなり、喪明けになった人の情報は、新しいカードローン会社で把握しようがないのです。

これまでずっと現金主義で一度もカードを使ったことがない人と、過去に債務整理を行ってブラックリストになり、5年から10年が経過した場合の区別がつかないのです。そのため、カードローン会社は、スーパーホワイト状態の人を警戒します。過去に債務整理を行っている可能性が一部でもあるので、危険な利用者(希望者)だとみなされてしまうのです。

そのため、一部でもいいので信用情報をつくることからスタートすると良いでしょう。まずは携帯電話やスマートフォンを割賦販売などで購入し、クレジットカードヒストリー通称クレヒスを作っていくことから始めると良いでしょう。

ですが、ブラック喪明けの一枚はとても警戒され、また、利用するあなたの側も、久しぶりのカードローンになるため、どこのカードローン会社を選んだら良いのか、悩むことでしょう。

・ブラック喪明けにはアコムが最適

前置きが長くなりましたが、ブラックの喪明けには、アコムが最適です。アコムは審査の際に、ほぼ信用情報のみで審査を行ってくれます。そのため、信用情報に延滞の履歴等がなければ、カードを発行してくれる可能性が高いのです。アコムはブラック喪明けの一枚にとても向いています。

スマートフォンの分割払いで延滞を起こしてしまい、3ヶ月以上が経過して、スマートフォンを強制解約になったとします。その後、お金を支払って、延滞を解消し、その後は他の携帯電話を使いながら、5年経過するのを待ちます。その後は、カードローンを作ることができますので、アコムに向かうと良いでしょう。

アコムでは新規の借り入れの際に厳密な審査がありますが、収入が少なくとも、カードローン利用がはじめての方にはカードローンを発行してくれます。

・ただし、最初は金額が少ない

アコムでカードローンを作った場合、スーパーホワイトの状態からでも作ることができるので、喪明けの一枚に最適です。次は延滞しないように気をつければいいだけの話です。

ですが、最初はアコムに対して信用がありませんので、限度額は少なくなります。最初は15万円などの少額の金額が設定されますが、使っているうちにどんどん限度額は上がってきます。また、「使いませんか?」という電話も積極的にかかってきますので、ぜひアコムのキャッシングカードを使ってみましょう。

スーパーホワイトの場合は、アコム側も警戒して15万円程度の限度額しか組ませてくれませんが、使っているうちに自動的にカードローンの上限は上がっていきます。また、「使いませんか?」という電話がかかってきたときに、「上限が少ないから使えない」と答えると、それだけで使わなくとも上限を上げてくれるということがあるようです。

・ブラック喪明けの場合、審査時間に注意

アコムには、30分審査というお急ぎのお客様向けのスピード審査があります。アコムは当日審査がウリで、急いでいる人の場合、むじんくんに駆け込めば、最短30分でカードローンの契約が可能となるものです。

ホームページでも、「お急ぎのお客様」ということで、急いでいる人には30分審査を約束しているのですが、これはブラックリストが解除されたばかりの人の場合は注意が必要です。信用情報に何も情報が登録されていないため、アコム側で審査が比較的しっかりと行われます。そのため、むじんくんに入って申込みを行ったとしても、審査時間は1時間以上かかることもあります。急いで駆け込んでも1時間以上待たされることがありますので、むじんくんでの審査にも注意が必要です。ゆとりを持ってキャッシングの申込みをしましょう。

・アコムマスターカードも審査に受かりやすい

ブラック喪明け状態ということは、クレジットカードは1枚も持っていませんよね?そんな方には、アコムマスターカードもおすすめです。アコムマスターカードは、リボ払いのクレジットカードです。アコムマスターカードなら、年会費も無料でお使いいただけます。アコムがマスターカードブランドと提携して発行しているクレジットカードで、とても簡単に手に入れることができます。

申込方法はとても簡単で、インターネットでまずは申し込んで、あとは仮審査を受けるだけです。その後は、身分証明書を持ってむじんくんにでかけ、むじんくんでATMの指示通りにボタンを押していきます。こちらも、30分から40分程度かかりますが、その場でカードを発行してもらうことができます。

ただし、通常のクレジットカードとは違って、凹凸のあるエンボス加工はなされていませんので、ちょっとクレジットカードらしくないカードですが、アコムマスターカードを手に入れることができます。エンボス加工がなされていないということは、インプリンターによる決済ができませんので、南アジアやアフリカといった、通信インフラの整っていない地域では、使いにくいカードとなってしまいます。アコムマスターカードは、マスターカードブランドなので世界中で使えますが、番号部分の凹凸がないため、古いタイプの通信をしない決済機械での決済には使えません。海外に行かない方、アコムマスターカードを国内限定で使う方や、海外に行くとしても先進国だけ、という方はいいのですが、観光地以外に行く方、それから新興国にも行く方は、場合によってはエンボスレスカードのアコムマスターカードはとても使いにくいカードになってしまいます。海外の観光地以外、新興国に行く方は注意が必要となります。

・アコムなら、初回限定で30日間利息無料

アコムなら、初回限定で30日間金利が無利息となります。

ただし、これは契約日からなので、契約してから10日後に契約すると、金利が無利息になるのは残りの20日間程度だけとなります。

・まとめ:アコムの審査スピードは本当に早いか?

先程も言いましたとおり、ブラック喪明け、スーパーホワイト状態の方の審査は、結構、審査に時間がかかります。

アコムは30分審査をうたっていますが、そこまでスピーディに審査はしてもらえないことがあるので注意が必要です。また、週末などの混み合う時期も、スピーディな審査をしてもらえないことがあります。ですが、1時間半もあれば、審査は完了しますので、むじんくんならばその日のうちにカードを手に入れてキャッシングをスタートできるのは事実です。
インターネットや電話での申込みの場合は、振込が反映されるのに時間がかかりますので、当日に振り込んでもらうためには、最低でも14時までに審査を完了しなくてはなりません。ですが、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行なら、当日の18時までに申込みを完了すれば、当日中に振込の反映がされますので、当日中にキャッシングのお金を受け取ることができます。また、楽天銀行を使えば、24時間体制でお金を振り込んでもらうことができます。

アコムは、当日にお金を受け取るなら、引き出し銀行に工夫がいるなどちょっとしたコツが必要です。ですが、むじんくんに駆け込めば、なんとかなるケースがほとんどですので、あらかじめご自身の自宅側近くのむじんくんをチェックしておきましょう。

ブラックの喪明けにもアコムはぴったりです。ブラックリストが解消されるのには長い時間が必要ですが、5年から10年経てば、また再びお金を借りることができるようになります。その際は、審査が不安だと思いますので、ぜひアコムを使ってみてください。審査が比較的簡単に行われるので、アコムはブラック喪明けに最適の一枚となります。