大切な結婚式は盛大に行いたいですよね。
しかし披露宴はもちろんウェディングドレスや結婚指輪など、こだわりぬいた結婚式を開くには多くのお金が必要になります。

お互いの貯蓄や両親からの出資で賄えればよいのですが、なかなか難しいでしょう。
突然の妊娠などで、予定よりも早く結婚することになった人も少なくありません。

そんなとき、心強い味方になってくれるのが「ブライダルローン」です。
ブライダルローンは多目的ローンの1種で、主に結婚式やそれに関する用途を目的に利用できます。
通常のフリーローンでも結婚式の費用に充てることはできますが、ブライダルローンならではの特徴もいくつかあるのです。

ここでは、身内や周囲にバレないように結婚費用が借りられる「ブライダルローン」を、各金融機関別に比較しながらランキングとしてご紹介します。

ブライダルローンとカードローンの違い

そもそもブライダルローンとカードローンは何が違うのでしょう。
結婚式費用のためにお金が借りられるという点においては、どちらも同じです。

違ってくるのは金利と初期限度額、また返済期間や借入・返済方法などになります。

ブライダルも使える!いざという時のカードローン

基本的にカードローンは比較的少額をスピーディに借りられて、いつでも返済できる非常用口座のようなサービスです。
利用用途も事業性を伴わなければ、原則なんでもOK。

カードでいつでも入出金が行えるので、急遽の飲み会や旅行などの突発的な出費対策に適しています。
しかし、金利設定の幅が広く、信用が薄い契約初期の段階では、上限金利でなおかつ10~50万円未満の限度額に設定されるケースが多いです。

低金利でブライダルでの利用も急増中の人気カードローン

※カードローンを申し込む時は上限金利を確認してください。
はじめて申し込まれる人が下限金利を適用されることはありません。

※カードローンを申し込む時は上限金利を確認してください。
はじめて申し込まれる人が下限金利を適用されることはありません。

順位 サービス サービス名 無利息期間 審査時間 即日融資 借入限度額 実質年率 月々の返済 保証人の有無 在籍確認 公式HP
1位 プロミス横 プロミス
(公式ページへ⇒)
はじめての人は30日間※P1 最短30分 可能 1万円~500万円 年17.8% 借入金額の1.99~3.61%以上 不要 電話 ⇒プロミス公式HPへ
2位 アコム横 アコム
(公式ページへ⇒)
はじめての人は30日間 最短1時間 可能 1万円~800万円 年18.0% 借入金額の1.5%~4.2%以上 不要 電話 ⇒アコム公式HPへ
3位 モビット横ランキング SMBCモビット
(公式ページへ⇒)
最短30分 ※M1 可能 1万円~800万円 年18.0% 4000円~ 不要 電話 ⇒SMBCモビット公式HPへ
アイフル
(公式ページへ⇒)
はじめての人は最大30日間 最短30分 ※I1 可能 1万円~800万円 年3.0%~18.0% 4000円~ 不要 電話 ⇒アイフル公式HPへ

※P1:(30日間無利息)※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※M1:(曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱なる場合あり)

使いみちは限定されるが金利が低いブライダルローン

その点、ブライダルローンは使用目的が限定される代わりに、目的に応じた高額融資(100~500万円など)が契約初期でも受けられます。
また金融業者の多くは結婚資金向けのローンを「ブライダルローン」か「多目的ローン」のどちらかで金融商品を提供していますが、どちらも同じです。

多目的ローンはブライダルローンよりやや利用用途が広く設定されています。
ブライダルローンを利用するには、結婚式場からの見積書など利用用途を保証する書類などが必要です。

そのため、カードローンが即日融資であるのに対して、ブライダルローンは申し込みから審査、融資まで1~2週間程度の時間がかかると考えておいた方が良いでしょう。

ブライダルローンの利用範囲とルール

ブライダルローンはその名の通り「ブライダル/結婚式」に特化した目的型ローンです。
そのため、目的とは関係のない部分で使うと規約違反となり、即時契約解除及び一括返済を求められる場合があります。

一般的にブライダルローンの利用範囲は以下の通りです。

  • 結婚式や披露宴にかかる費用
  • 結婚指輪や婚約指輪にかかる費用
  • 新婚旅行に行くための費用

また金融業者によっては新婚旅行単体の場合、ブライダルローンではなくトラベルローンが適用されることもあります。

おすすめの低金利ブライダルローンランキング

ブライダルローンを身内にバレず、なおかつ低金利で利用できる金融業者は数多くあります。
その中でもワカルがオススメしたいブライダルローンをランキング形式でご紹介していきましょう。

各ブライダルローンの順位付けについて、理由も合わせて解説いたしますが、状況によっては最適なブライダルローンは異なってきます。
ここで解説する理由と、ご自身の事情に合わせてもっとも適していると感じるところを選んでくださいね。

  1. 住信SBIネット銀行 Mr.多目的ローン(ブライダルローン)

  • 金利:2.975%~4.975%
  • 最大限度額:1000万円

住信SBIネット銀行の「Mr.多目的ローン」は、ブライダルにも利用できるローンです。
利用用途の根拠となる見積書さえ提出できれば、ブライダル・引越し・旅行・家具家電の買い換えなど、さまざまな用途に利用できます。
ただし、事業性資金としては利用できないので注意しましょう。

住信SBIネット銀行Mr多目的ローンをオススメする理由は、まず金利の安さです。
Mr.多目的ローンの公式金利は2.975%~4.975%となっており、所定の条件を満たして金利の割引を受ければ、最低2.975%で設定できます。
所定の条件とは、住信SBIネット銀行の住宅ローンやカードローンを利用することです。

◆所定条件詳細

  • 仮審査申し込み前日の時点で、住宅ローン残高があれば基準金利から1%引き。
  • 仮審査申し込み前日時点で、SBIネット銀行のカードローン契約済みであれば金利0.5%引
  • 仮審査申し込み時点でSBI証券口座を開設済みなら金利0.5%引き

上記全ての条件を満たすことで、最大基準金利から-2%の設定でブライダルローンを利用できます。

またSBIネット銀行の多目的ローンでは、最大限度額1000万円と高めに設定されているので、結婚式から新婚旅行までの費用をまるごと借りても問題ありません。

SBIネット銀行はミスターカードローンというフリーローンも展開しています。

⇒SBIネット銀行の多目的ローンはこちら

  1. ちばぎんブライダルローン

  • 金利5%~5.20%
  • 最大限度額:500万円

千葉銀行が提供しているブライダルローンで、最短2週間で借り入れることができます。
使用用途は結婚式や披露宴、新婚旅行にドレス、その他アイテムにかかる費用です。
利用できる地域は千葉・東京・埼玉・茨城全域及び神奈川県に住んでいる人になります。

カードローンと比べて金利が初期から5%~5.2%と安く、土日祝日でも申し込みできるのがちばぎんの魅力です。

  1. あるしんブライダルハッピーローン

アルプス中央信用金庫が提供している「あるしんブライダルハッピーローン」
利用用途として「結婚費用」と「結婚関連費用」の2つに分かれています。

結婚費用

結婚式に直接関係する部分の費用
結婚式披露宴・ドレス衣装代・引き出物・新婚旅行費用など。
結婚費用の限度額は500万円となります。

結婚関連費用

主に結婚式が終わったあとに発生する費用
新婚旅行に持っていくお金、新居にかかる敷金礼金など
結婚関連費用」限度額は50万円までです。。

あるしんブライダルハッピーローンは金利が5.05%固定で、借りる金額や借りた後に変動することがありません。

  1. プレシャンテブライダルローン

  • 金利:6.50%
  • 最大限度額:500万円

ジャックスのブライダルローン「プレシャンテ」
ブライダルローンとしては有名で、知っている方も多いと思います。

実質年率6.50%固定で、最大限度額は500万円。
最長84回までの返済期間が設定されているので、結婚後も余裕を持って返済していくことができます。

またプレシャンテは全国400カ所の結婚式場と提携を結んでおり、幅広い会場から希望通りのところを探せるのも大きな特徴です。

  1. 楽天銀行ブライダルローン

  • 金利:7%
  • 最大限度額:300万円

楽天銀行の目的型ローンブライダル。
金利は7%とこれまでの他社に比べるとやや高めですが、ブレがなく固定金利となります。

また上限金額は300万円と結婚式と披露宴だけなら十分な金額ですが、新婚旅行も含めると少し不安ですよね。
その点において、楽天銀行では新婚旅行単体での申込みが可能で、その場合「目的型ローントラベル」が利用できます。

  1. ゼクシィスルガ銀行ローン

  • 金利:8.8%~12.8%
  • 最大限度額:800万円

こちらはスルガ銀行リクルート支店専用の結婚式費用立替えプランとなっています。
金利がやや高めに感じられますが、最大3ヶ月間無利息・無返済なところが最大の特徴であり、結婚式で得たご祝儀で返済が可能です。
結婚式費用をこのプランで立替えることによって、貯めていた結婚資金はその他の必要資金(新婚旅行や新生活準備)に充てることが出来るので助かりますね。

また、繰り上げ返済を手数料無料で受け付けてくれるので、無理のない程度に自分のペースで返済していくことができます。返済は近くのコンビニATMやゆうちょ銀行からできるから手間もいりません。

ブライダルローンはカードローンより安い?

ブライダルローンの利用を考える人の多くは結婚式費用をカバーするために、お金を借りようと考えているでしょう。
だから限度額が高いところを選んだ方が良いと思うかもしれません。

しかし、銀行以外のブライダルローンは総量規制の対象となります。
総量規制とは貸金業法の1つで、年収の3分の1以上のお金を貸してはいけないと法律で定められているのです。
そのため、年収が600万円の人だと最高でも200万円までしか借りられません。

これを回避するには、銀行のブライダルローンを利用しましょう。
銀行の場合、貸金業法ではなく銀行法が適用されるので年収に関係なくお金を借りることができます。
もちろん、本人の経済状況や家族構成などの信用情報を元に審査をされるので、その結果次第ではありますが、法律で限度額が制限されることはありません。

また返済期間を気にしないのであれば、銀行系カードローンの利用も1つの手です。
ブライダルローンの返済期間は7~10年と定められていますが、カードローンは原則ありません。

その分金利は多くかかってきますが、借りる金額によっては銀行カードローンなら2~3%で800万~1000万円まで融資を受けられます。
状況次第で、カードローンの方が金利も安く済みそうであれば、結婚式費用だからと言ってブライダルローンにこだわる必要はありません。

まとめ

ブライダルローンは目的型ローンの1つですが、人によっては通常のカードローンの方がお得に利用できるときもあります。
ブライダルでカードローンを利用するのであれば審査がスムーズに行える消費者金融系の方がおすすめです。
ただし、銀行は低金利なので後々の返済を考えるとやはり住信SBIネット銀行のような金利が低い銀行を選ぶほうが後々楽になるでしょう。

おすすめは住信SBI銀行。ただしスムーズに審査を通したいなら消費者金融もおすすめ

※カードローンを申し込む時は上限金利を確認してください。
はじめて申し込まれる人が下限金利を適用されることはありません。

1位

プロミス

無利息期間 はじめての人は30日間無利息
実質年率 4.5~17.8%
限度額 500万円

低金利&即日融資も可能
返済額を少しでも減らしたい人におすすめ。
審査時間30分&最短1時間で即日融資も可能。
プロミス縦ランキング

2位

オリックス銀行
オリックス銀行

実質年率 1.7%~17.8%
限度額 最高800万円

申し込み~借り入れ、返済まですべてWEB完結!月々の返済額も業界最低水準です。
オリックス銀行縦ランキング

3位

SMBCモビット

無利息期間
実質年率 3.0~18.0%
限度額 800万円

全てWEBで完結するモビット。
10秒簡易審査ができる人気のカードローン
モビット縦ランキング

せっかくまとまったお金を用意するために申し込むのに、20~50万円の限度額設定では本末転倒です。
多目的ローンやブライダルローンを大いに活用して、素敵な結婚式を開いてくださいね。