img_220

数多いビジネスローンの中で、オススメの銀行や公的機関をお探しですか?

ビジネスローンの概要は知っているけど、どこで利用すればよりお得になるのか気になりますよね。
金利や返済期間・上限金額・融資条件・審査内容などは、銀行や金融機関によってもさまざまです。

ここでは、法人や事業者の資金調達を目的としたビジネスローンの中で、とくにオススメの金融機関を比較、紹介します。

なお、ビジネスローンには下記のような呼び方もありますが、基本的に同一の意味です。

  • 事業者ローン
  • 商工ローン
  • ビジネスカードローン

自身の環境にピッタリのビジネスローンを見つけてくださいね。

事業者・法人向けビジネスローンの詳しい概要については“事業者向けローン、ビジネスローンの金利、即日融資、総量規制の疑問”を参考にしてみてください。

オススメのビジネスローン徹底比較(中小規模)

実質年率 借入限度額 審査時間 即日融資 月々の返済 保証人の有無 在籍確認
1位 ビジネクスト(公式ページへ⇒) 年8.0%〜年15.0% 1万円〜1000万円 最短30分 最短1時間 不要 あり
2位 ビジネスパートナー(公式ページへ⇒) 年9.98%〜年18.0%(最大45日間無利息) 1万円〜500万円 最短即日 翌日融資 原則不要 不明

ビジネスローンを選ぶ際に注意するべきなのは、金利・最大限度額・返済期間・その他サポートの4項目になります。

この4項目を銀行や金融機関別に比較した中で、中小規模のビジネスローンとして特にオススメなのはビジネクストとエスワイシービジネスローンです。

ビジネクストがオススメな理由

img_216

ビジネクストは限度額が1000万円と高く、最長返済期間は5年あります。
また返済方法も「元金一括返済」と「元利均等返済」を選択できるので、状況に応じた使い分けも可能。

img_217

その他のビジネスローンと比べて下限金利8.0%は若干割高ですが、全体的に見るとビジネクストはバランスのいいビジネスローンです。

エスワイシービジネスローンがオススメな理由

img_218

エスワイシービジネスローンをオススメする理由は、最大限度額の高さです。

年商5000万円以上の法人のみが対象で、個人事業主及び5000万円以下の企業は利用できない分、最大1億円の限度額を誇っています。
一般的にビジネスローンの審査が通りにくくなる要因として「税金や社会保険料の滞納」や「前年の業績が赤字決済」などが挙げられますが、エスワイシービジネスローンではこれらの条件の人でも借りられる可能性があるのです。

もちろん、企業の状況によっては審査に落ちる場合もありますが、他社では前提条件として審査落ちしてしまう状況でも、今後の可能性やこれまでの実績を元に融資を検討してもらえます。

中小規模の事業者・法人向けビジネスローンの限度上限が300万~1000万円であることを考えると、エスワイシーの無担保で1億円は破格の金額と言えるでしょう。
※不動産活用系などの大規模対象のビジネスローンであれば、個人事業主・法人問わず限度額10億円などもあります。

下記の比較表では、各金融機関の金利及び限度額などの数値を記載していますので、参考にしてみてください。

びじ

なお、個人事業主への融資を行っている業者の中には一般個人でも申込みできるところがあるので、これから起業しようと考えている人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

億単位の不動産担保ビジネスローン徹底比較

img_219

原則不動産を担保にする必要がある大規模なビジネスローンは、無担保のビジネスローンと比べると数が少ないです。
その中で信用性・融資条件・金利などさまざまな条件から、オススメするのはアサックス。

何故なら最大10億円以上の融資であることに加えて、最短3日以内の融資と状況に応じて訪問までしてもらえるサポートの厚さがあるからです。

2016年現在は関東エリアを中心に店舗を展開していますので、同じ地域でも店舗まで行く暇がなかったり、少し距離があって店頭までいけないときは訪問してもらうと良いでしょう。

不動産の担保が必要にはなりますが、アサックスから融資されたお金の使途は基本自由なので、事業資金・納税資金や借り換えなどさまざま用途に利用できます。

びじ2

ビジネスローン利用時のよくある不安

いざビジネスローンを利用しようと思ったとき、多くの人が「自分の業績や状況で本当に融資を受けられるのだろうか」と不安に感じると思います。
とくに前年度やさらにその前の年度で連続赤字決済だった場合などは、新規の借入は難しいだろうと考えるでしょう。

その点において、ビジネクストやアサックスは、過去の業績より将来的な返済能力や見通し、返済計画プランを重視するため、これまで赤字だった企業でも融資をしたという実績を示しています。

融資を受けられる金額については、各個人・企業によって異なるため一概には断言できません。しかし、今後業績を上げられる計画があるのであれば、返済能力ありとして希望額を融資してもらえる可能性があります。

ビジネスローンの基本的な申込み手順

ビジネスローンの申し込み方法は、基本的にどの金融機関も大差ありません。
担保の有無によって多少違ってきますが、ほとんどは以下の通りです。

担保ありの場合

ネットまたは店頭での申込・相談

業者によりけりですが、相談時に自宅まで訪問してくれるところもあります。
img_215

与信調査および担保不動産の確認

img_215

審査および条件提示

担保・本人審査の結果として融資できる条件(金利や上限額・返済期間など)を提示されます。
審査落ちの場合はこの時点で終了です。
img_215

契約書発行

上記の条件で問題なく了承すれば、その内容を元に金融機関が正式な契約書を作成・発行します。
img_215

融資の実行

実際に融資の手続きが実行されます。
実際に口座へと振り込まれるまでの期間は、平均3日~1週間程度です。

担保なしの場合

担保なしのビジネスローンでは不動産担保の確認などもないため、WEB上で完結することも可能です。

WEBまたは店頭で申込・相談

各社の公式サイトから必要項目を入力
img_215

仮審査

申込み内容を元に仮審査が行われます
img_215

必要書類の提出

金融機関ごとに定められた書類をメール(画像)かFAX、あるいは郵送で提出。
img_215

本審査の結果通達

仮審査と提出書類を元に本審査が行われ、その結果が通達されます。
連絡方法は基本的には電話であることが多いようです。
img_215

成約および融資開始

本審査に通過し、契約内容を承認すれば契約成立です。
実際に融資を受けられるまでの期間は最短即日から3日程度が目安になります。

その他ビジネスローンの基本的な概要に関しては“事業者向けローン、ビジネスローンの金利、即日融資、総量規制の疑問”を参考にしてみてください。

まとめ

ビジネスローン(事業者・法人向け)ローンは、契約や手続きが難しそうなイメージがありますが、事業損益・収入を証明する以外には個人向けのローンと大きな違いはありません。
ビジネス向けということもあり個人向けよりも金額が大きくなるので、より綿密な返済計画・資金運用計画を立てて利用するようにしましょう。

オススメのビジネスローン

rank3 ビジネクスト
ビジネクスト

実質年率 8.0~15.0%
限度額 1000万円

オンラインで借りられるビジネスローン。無担保、無保証で借りられる安心のローン。
ビジネクスト縦ランキング

rank3 ビジネスパートナー
200_200

実質年率 9.98~18.0%
限度額 500万円

最大45日間も無利息で借りられるビジネスローン。審査も即日&翌日融資のスピード対応可能
ビジネスパートナ縦ランキング

当サイトのおすすめカードローンTOP4

1位 プロミス個別記事下バナー
2位 アコム個別記事下バナー
3位 モビット個別記事下バナー
アイフル記事下

カードローンの選び方ナビ

借り方の条件で選ぶ
即日融資個別記事下バナー WEB完結個別記事下バナー
一ヶ月無利息個別記事下バナー 総量規制対象外個別記事下バナー
ローコスト個別記事下バナー パート・アルバイト個別記事下バナー
電話連絡なし個別記事下バナー 電話金額別カードローン個別記事下バナー
様々なカードローン
レディースローン個別記事下バナー ビジネスローン個別記事下バナー おまとめローン個別記事下バナー