カードローン借入中に病気や事故などで返済できない時の対処法

top
カードローン保有者に「カードローン作ったきっかけ」を聞いた某調査結果によると、「万が一に備えて」という方も少数派ながらいるものの
「急にお金が必要になったときに作った」
「予定が狂い現金を用立てる必要に迫られたため」
などピンチを迎えたときに急いで作った!という方が圧倒的に多いです。

この記事でワカル

  • カードローンの返済ができない場合の事業者の対応
  • 返済ができなかった場合の利用者のデメリット
  • 返済できない場合の利用者の対応方法

 

また、
「急場をしのぐために作り、利用したカードローンの返済(一括払い、分割払いは別として)を済ませた後も解約せずに持ち続け再利用した」
という方や、
「初めは急場を凌ぐため!一回だけ助けてもらうつもりで作ったけれど便利なので少し返済してはまた借りるを繰り返してしまっている!」
という方が実に多いようです。

確かに、限度額内で借り入れ&返済を繰り返すことができるカードローンは非常に便利ですし、一度作ってしまうと便利さゆえに第二のお財布として活用される方も多いようです。

ですが・・・「急きょお金が必要になったから!」など予想外の出来事によりマネープランが崩れたためにカードローン作った方が多いように、返済途中(利用中)にもなにがあるかは誰にもわかりません。

カードローンを作る時、また追加融資を受ける際などに返済シミュレーションシステムを利用するなどしてしっかり返済計画を立てたうえで借り入れを行い、コンスタントに返済を続けていたとしても、カードローン借入中に病気や事故により返済できない事態を迎えないとも限りません。

名称未設定-1_02

そんな時、どうしたら良いのでしょう?

「治療期間も2~3ヶ月って言われているし、1ヶ月や2ヶ月ならなんとか返済を続けることが出来るはず」という状況であればもちろん問題ないのですが、
「いつまで入院しなければならないのか?」
「いつ職場復帰することが出来るのか?」
の目処が全くつかないようであれば、日々の生活費に加えて入院代などの治療費も考えなければなりませんので、多少手元に使えるお金があったとしても、それを返済に充てるのは厳しいかもしれませんね。

ですが、返済日は必ずやってきます。
そして、連絡もせずに延滞してしまうと、そのうち催促の連絡がはいるでしょう。
また、催促の連絡が入ったにも関わらず「連絡しづらい」「返済に回せるお金がない」からといって無視し続けていると延滞損害金がかさむだけでなく、新たな借り入れが出来なくなったり、最悪の場合契約解除されてしまう場合もあります。

金融機関により、段階的に行われる催促の方法や回収手段は、多少異なるようですが、いつまでも返済しない&連絡しないでいると内容証明郵便で残債の一括返済を求められたりします。
にも拘らず、それでも返済どころか連絡も入れないでいると今度は債権回収業者に回されたり、裁判を起こされることもあるなど状況は益々悪化の一途をたどることになります。

そんな事態に陥らないためには、まず
「事故にあってしまい働けない状態である」
「病気になってしまい入院することになり、退院の目処もたっていない」
「〇ヶ月後には職場に復帰できそうなのでそれまで支払いを待って欲しい」
など支払いが現状困難であること借入先金融機関に伝え、相談しましょう。
そうすることで、金融機関によって、また貴方の状況(職場復帰の見込みやお金を工面できるあてなど)によっては

返済期日を延ばしてくれる
・当面利息だけの支払いにしてくれる
利息を減免してくれる
一時猶予の処置をとってくれる
一部減額してくれる
・月々の返済額の見直し(最低返済額を抑える)

など、対応してくれる金融機関もあるようです。

といっても、相談したからと言って、必ずしも「返済を待ってもらえる」訳ではありませんし、「支払いが免除される」訳でももちろんありません。
何故なら、どんな事情があったとしても利用者には返済義務があるからです。

ちなみに、利用限度枠にまだ余裕がある場合、追加融資を受けて返済に充てる、また借りるを繰り返すことを考えるかもしれませんが、その期間が長くなればなるほど生活費なども足りなくなりカードローン返済のために借りるだけではなく生活費としてもあてにするようになり、借りては返し借りては返し・・・もそのうち続かなくなる可能性があります。
それに、カードローンを利用すれば当然利息もかかるので、負担はさらに大きくなってしまいます。

名称未設定-1_05

ですから、「借りられるだけ借りて凌げるところまで凌ごう!」などと考えたりせず、収入が一時的にでも途絶えてしまうような(仕事が出来なくなる)病気にかかったり、事故でケガを負ってしまい支払いが厳しくなった場合は、早めに金融機関に連絡することをおススメします。

カードローン借入中に病気や事故で返済できなくなり一括返済を求められたら?

名称未設定-2_01カードローン借入中に病気や事故で返済が難しくなり金融機関に相談したけれど、「延滞が続いた場合、一括で返済していただくことになります」などと言われてしまうと、本当に困ってしまいますよね。

「借りたものは返さなければならない、そんなこと改めて言われなくても分かってはいるけれど、どうしても今は支払うことが出来ない。」
「いつ職場復帰できるのか?いつになったら今までのように月々収入を得ることができるかわからない・・・」
「月々の返済も無理なのに一括返済なんて到底無理に決まっている!」
おそらくそんな風に考える方が多いのではないでしょうか?

確かに、月々入ってきていたものが入らなくなり、治療費などの支出が増えるのですからお財布事情は大変ですよね。

ですが、先に申し上げた通り如何なる理由があろうと「返済義務」はある訳で猶予してくれるなど対応してくれる金融機関が有り難いのであって、顧客の事情に応じて対応してくれるのが当たり前ではありません。
ここのところをしっかり認識したうえで、次の手を考えましょう。
金融機関から「最終的には一括返済してもらうことになります」などと言われてしまい、真っ暗闇という方は第三者機関に相談してみましょう。

【貸金業相談・紛争解決センター】

logo01

enlightenment01

貸金業相談・紛争解決センターは、日本貸金業協会が運営している第三者機関で、多重債務者救済のための貸付自粛制度の受付や貸金業者の業務に対する苦情や紛争を解決するための窓口でもありますが、貸金業務に関連する借入れや返済に関する相談にも乗ってくれます。
中立な立場でアドバイスをしてくれたり、解決策を教えてくれたりします。
また、相談内容によっては必要な情報を提供してくれることもあれば、他の相談窓口を紹介してくれたりもします。

【全国銀行協会相談室】

logo

header-1st

全国銀行協会相談室 は、銀行法および農林中央金庫法上の「指定紛争解決機関」として内閣総理大臣から指定を受けている全国銀行協会が運営している相談窓口です。
全国銀行協会相談室では、銀行に関するさまざまな相談、照会、苦情などを受け付けています。
相談員がカウンセリングをはじめ中立な立場で解決のための取り組みを行っており、経済的な事情によりカードローンの支払いが困難な状況の方の相談にも乗ってくれます。
第三者機関に相談し公正中立な意見、アドバイスを頂いても結局支払いをストップしてもらうことが出来ない・・・といった場合は、もう残された道は自己破産しかない、と思ってしまうかもしれませんが、債務整理はなにも自己破産だけではありません。

今後、職場復帰の見込みなど全くない、といった場合は最悪自己破産しか確かにないかもしれませんが、いずれ職場復帰できる&病気やケガが治れば働ける体に戻れるといった場合は、任意整理もしくは民事再生という手もあります。

債務整理の申し立ては自分で行うことも可能ではありますが、個人で行うとなると手続きも大変ですし、時間もかかってしまうため早期解決!というわけにはいきません。
それに、どういった解決策が適しているのか?などの判断も素人には難しいこともありますので、そういった相談も含め弁護士や司法書士に相談&依頼するのが得策かと思います。

弁護士との委託契約締結後は、金融機関から直接債務者に連絡が来ることもなくなりますので、精神的負担は軽減できると思います。
それに、弁護士に依頼したからといって必ずしも債務整理を行うわけではなく、状況によって、また依頼内容によっては金利をストップしたうえで支払いまで〇ヶ月待ってもらう、といった話にまとまることもありますので、第三者機関に相談しても道が開けなかった場合は、弁護士に相談すると良いでしょう。

ただし、弁護士に依頼するとなると当然ですが料金が発生します。
お金がない時に着手金なんて払えない…という方もいるかもしれませんが、法テラス(日本司法支援センター)では経済的な理由で法的トラブルを解決したいけれど弁護士費用や司法書士費用を用立てることが出来ない方のために費用の立替えを行っていますので、相談してみると良いでしょう。


ちなみに、カードローン借入中に病気や事故で返済が難しくなった!といっても、それ以前はきちんと返済を続けていた。何度か延滞したことがある。滞納中だった・・・などさまざまなケースがあるため一括りにすることが出来ないので、ここまで、最悪の事態を想定して対応策を記載しましたが、絶対してはいけないことは返済できないからと言って事実から逃げないこと。
連絡も入れず返済しないで放置していたからと言って借金が減る訳でもチャラになる訳でもありません。

名称未設定-1_07

返済義務から逃れることはできないのですから、まずは借り入れ先金融機関に相談し、それでもだめなら第三者機関に相談しましょう。
そうすることで、過去に長期延滞や滞納がなかった場合、なんらかの道が開けてくことと思いますよ。

病気になったときにカードローンで借入できる?
新たにカードローンを作ることはできるの?

名称未設定-2_06病気になり、入院費や手術費用などの治療費が必要となった場合でも 既にカードローンを持っていて、利用限度枠に余裕がある場合は、そのカードを利用して借り入れすることはできますが、治療費や生活費の補てんにと病気になったときに新たにカードローンを作れるか?といえば、そう簡単ではないかもしれません。

もちろんカードローンは、目的自由のフリーローンの一種ですから、事業資金以外であればなにに使っても良いのですが、銀行であれ消費者金融であれカードローンを提供している金融機関の申し込み条件の中には「安定した収入があること」がありますよね?
それに、一部金融機関を除き、審査の一環として電話による在籍確認が行わているので、多くの場合カードローンを申し込んだら職場に電話がかかってきます。
その際、「入院中で〇ヶ月お休みしています。出社予定はまだたっていません」なんて電話に出た方が答えてしまったら、まず審査は通らないのではないでしょうか?

ですが、総量規制の例外貸付けのひとつに「緊急の医療費の貸付」があるくらいですから、「病気になり治療費を払えない状態なので!」など事情を正直に申告すれば、消費者金融ならカードローンを作れる可能性もあるかもしれません。

しかし・・・「数日、または数週間程度の入院で会社から今までと変わらずお給料がでる」とか「基本給の2/3は頂ける」とかなら話は別ですが、「病気で働けない期間が長期化する可能性があり、収入が長きに渡って途絶えてしまうという」場合は、もし借りられたとしても今度は返済に追われことになってしまいます。

本当に一時的な借り入れで、返済のあてがあるなら(退職金が入る、親が援助を申し出てくれているなど)カードローンを選択肢の一つに入れるのも悪くはないかもしれませんが、そうでない場合は手を出さない方が良い。と筆者は考えます。

名称未設定-2_04

日本には、傷病手当金制度、高額療養費制度、高額療養費貸付制度など医療費負担を軽減したり一時的にお金を貸してくれる公的制度があります。

それから仕事中や通勤中に負傷したり、疾病にかかったのであれば労災保険を使うこともできます。
ですから、病気になりお金に困ったからといって、すぐにカードローンを作り借り入れすることを考えるのではなく、こういった公的制度を利用することをおススメいたします。

 

05_カードローンの返済ができない!お金が払えなくなったらどうなる?_01

カードローンを利用する前に借入金の返済ができなくなったらどうなるのだろう?と考えたことはないでしょうか。

また、厳しい取り立てにあってひどい目にあうのではと心
配している方もいるかもしれません。

ここではそんな不安を抱いている方のために、

カードローンの返済ができない場合の事業者の対応

カードローンの利用者がその借入金の返済をしなかった場合、カードローン事業者は

「返済遅延の確認及び督促」

「書面による請求」

「法的手段による解決」

「裁判所の強制執行による回収」

などの債権回収に向けた行動にでます。

1 返済遅延の確認及び督促

名称未設定-1_11返済日に支払いがなかった場合、債権管理を厳格に行っている事業者ならその翌日に利用者へ確認の電話やメールを入れるでしょう。
少し緩めに債権管理をしている事業でも返済日から3日以内には電話確認するはずです。

その電話では遅延の事実の確認と、遅れている場合は返済の督促が行われます。

その際の事業者の電話対応は各事業者によって異なり、金融機関と消費者金融の事業者とでは電話の仕方や言葉遣いなどに違いがあるとみられているのです。
特に中小の消費者金融の場合では厳しい口調の確認や督促があるかもしれません。

ただし、脅し・脅迫などの類の乱暴な対応は法律で禁止されているので、法律を遵守している正規の貸金事業者ならひどい目にあうことはないでしょう。

2 書面による請求

名称未設定-1_02返済遅延が発生すると、事業者は電話での確認や督促とともにその利用者へ「督促書」を送付します。
この行為は返済されていない事実を債務者にあらためて示し、書面で督促の証拠を残すという意味も含まれているのです。

督促書には、

「○○日現在ご返済されておりません。早急にご連絡いただくかご返済いただけますようお願いいたします。」

などの内容になっています。

そして、督促書の送付後に返済や連絡がない場合、事業者は債務者に「催告書」を送付するのです。

催告書も内容的には督促書と大きく異なるものではないですが、返済がない場合には法的手続に入る旨の内容が記されることもあります。

催告書の送付は複数回行われることが多いようですが、それでも返済がない場合事業者は裁判所を通じた債権回収手続に入るのです。

なお、カードローン事業者がその債権の保証契約を履行すると、当該債権は保証会社に移行し、利用者はその後の返済を保証会社へ行うことになります。
その結果、返済の督促等も保証会社から行われることになるでしょう。

3 法的手段による解決へ

再三にわたる督促の結果、利用者に返済の意志がないと判断した場合、カードローン事業者または保証会社は法的手段による債権回収へと動きます。

具体的には裁判所を通じて借入金の返済を督促してもらい、返済されない場合には強制執行で資産を差し押さえてもらうという方法をとるのです。

債務者が裁判所からの督促内容に意義がある場合は訴訟を起こして、その内容について裁判で決着を図れます。
しかし、その督促に異議を申し立てず放置していると裁判所は強制執行の手続に入っていくのです。

4 裁判所の強制執行による回収

裁判所からの督促に応じない場合や回答しない場合に裁判所は強制執行の手続に入ります。
まず、裁判所は債務者に対して「仮執行宣言付支払督促」を発行します。

これは、「返済しないと強制執行で資産を押さえますよ」という内容のもので、この督促でも返済されない場合裁判所は事業者の申請により強制執行を実行するのです。

具体的には、裁判所は債務者とその勤務先・貯金等のある銀行などに差押命令を発行して、債務者の給料や貯金などを押さえます。
そして、その勤務先や銀行などはその命令を受けて、その資産を債権者へ提供するのです。

ただし、強制執行では債務者が生活や勤務を維持できるだけの配慮があり、日常生活に不可欠な資産は除外されます。
また、給料の差押については税金や社会保険料を控除した4分の1が対象であり、給料全額が返済に充てられるようなことはありません。

返済できなかった場合のデメリット

05_カードローンの返済ができない!お金が払えなくなったらどうなる?_03
カードローンの利用者が借入金の返済ができなかった場合、最終的に強制執行による資産の差し押さえを受けることになりますが、財産以外の面でもさまざま不利益を被る可能性も出てきます。

1  カードローンの利用の停止

借入金の返済が遅れると、まず新規の借入ができなくなってしまいます。

直ぐに返済するとカードローンの利用が再開されるケースも見られますが、一定期間以上返済が遅れるとカードローン契約は解除されその事業者からの借入はできなくなってしまうのです。

2  信用情報機関での事故情報の記録

カードローン事業者は利用者からの返済がなかった場合、その事実を加盟している信用情報機関間へ報告します。
そして、3カ月以上の返済遅延、保証契約の履行、債務整理の実施、などの信用事故情報は5年間というような長期に渡って信用情報機関に記録されることになるです。

こうした情報が信用情報機関に記録されていると、カードローンやクレジットカードなどの事業者は契約してくれないようになり、信用取引することが困難になってしまいます。

月賦などで商品を購入することも難しくなり、常に現金を持ち歩いて商品を買わなくてはならないという不自由が生じるでしょう。

3 遅延損害金の発生

借入金の返済が遅れれば遅れた日数には遅延損害金(遅延利息)が発生します。
その利率は通常の借入利率と異なり高めの設定になっているので注意が必要です。

例えば、通常の借入利率が15.0%であっても、遅延利息が18.0%というような高めになっていて、この遅延損害金と通常の返済分の支払いが必要になります。

つまり、返済が遅れるほど高い利率により全体の返済金額が膨らみより支払いが困難になっていくわけです。

返済できない場合の対応方法

05_カードローンの返済ができない!お金が払えなくなったらどうなる?_02
返済できない状態を放置していると、カードローンの利用停止、遅延損害金の支払いなどの状況に追い込まれていきますが、それを回避する方法や軽減する方法があるのです。

1 返済できないことを事業者に連絡する

返済できないので督促があるまで事業者へ連絡しないと悪い印象が持たれてしまいます。
つまり、返済する意志の低い人と認識され、その後の対応次第では直ぐに保証契約が履行されたり、法的手続に入られたりする可能性が高まります。

返済できなくても早めに事業者へ連絡すれば、いつなら返済できる、どのような方法な返済できる、などの方法について相談に応じてくれることもあるのです。

自分一人で苦しみ悩まず、まずは事業者へ連絡しましょう。

2 借り換えやおまとめローンを検討する

借入金利の高い複数の事業者から多額の借入をしていると利息の負担は大きく、返済が困難になっていくこともあります。
そのような場合、金利の低いローンへの借り換えやおまとめが有効です。

特に借入金利の低い銀行カードローンへ借り換え・おまとめができれば、毎月の利息の負担を大きく削減できるかもしれません。

 

カードローン借り換えの注意点については、こちらで詳しく解説しています。
カードローンの借り換えガイド※損、失敗しない為に知っておくメリット・デメリット

 

3 債務整理も検討する

カードローン事業者に相談しても返済の目途が立たないような状況なら早めに債務整理を検討したほうがよいでしょう。

債務整理を行うことで、返済の負担が大幅に軽減され、返済に苦しむことから早く解放されるというメリットも得られます。

債務整理は一定の手続方法に従い債務を解消できるようにするための手段で、任意整理と法的整理(特定調停、民事再生、自己破産)に分かれます。

債務整理を行うには法律の知識も必要になってくるので、一般的には法律の専門家に相談・依頼して解決を図るケースが多いです。
そのため債務問題の話し合いが一気に進み債務者にとって納得できる結果を得られる可能性が高まるのです。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
即日融資カードローン
最短1時間で融資
追従スマホ1005