カードローン返済に金利・ローン計算のアプリがおすすめ 使い方ガイド

0_070

オリックス・クレジットのアプリ

fullnote
カードローンを借りています。
返済に使う、金利やローン計算のアプリについて教えて下さい。
fullnote
ワカル編集部
わかりました。
カードローン会社はどこを使っていますか?
fullnote
取り敢えず、オリックス・クレジットです。
fullnote
ワカル編集部
わかりました。
あくまで一般論でお伝えします。
fullnote
よろしくお願いします。
fullnote
ワカル編集部
はい、カードローンの返済シミュレーションは、基本的にホームページでの返済シミュレーションと似ています。
金利を入力して、借りたい総額を入力して、月々の返済可能額を入力すると、何回のローンで完済できるかがわかります。
fullnote
なるほど。
詳しく教えて下さい。
fullnote
ワカル編集部
返済の総額や返済回数というものは、金利や借り入れ総額によって変動します。ですので、まずは自分がどの金利レートで、どのぐらいの枠を借りられているのか、それを確認する必要があるわけです。
そして、その金利と、ご自身の返済が無理なくできる額を設定すると、だいたいどれぐらいの金利で、完済までに何年かかるかがわかります。
fullnote
では、オリックス・クレジットのアプリでやってみます。
『ご返済シミュレータ』を使うわけですよね。
fullnote
ワカル編集部
はい、最初に、ご自身の契約コースを選んでください。
これは人に寄って異なりますので、契約してあるコースを選んでいただくことになります。
fullnote
契約コースというのは・・・?
fullnote
ワカル編集部
借り入れ限度額のことです。
100万円コースであっても、30万だけ借りるということができますし、100万限度額まで借り入れることもできます。100万円コースの場合、100万円までの範囲内で、自由にお選びいただけます。
金利は、限度額が高いほうが安区なりますので、それだけ信用があるということですね。
fullnote
はい、わかりました。
fullnote
ワカル編集部
それでは、借り入れ希望額を、3桁以内で入力してください。
fullnote
はい 30万円にしました。
fullnote
ワカル編集部
それでは、返済プランを選びます。
オリックス・クレジットの場合は、「新残高スライド返済」か「元利込定額返済」かを選びます。
fullnote
「新残高スライド返済」と「元利込定額返済」はどうちがうのですか?
リボ払いということでしょうか?
fullnote
ワカル編集部
はい、これはどちらもリボルビング払い、通称リボ払いのことです。
新残高リボルビング払いは、締め日以前の、もっとも新しい融資の直後の残高に応じて返済額が決まるものです。返済をしていくに従って、残高は減っていきますよね。
それが、利用額が増えたら、その分に従って、ご利用返済額が異なってくる仕組みです。
fullnote
返済額が自動で決まるのですか?
fullnote
ワカル編集部
はい、50万円までなら1万円ずつ、50万~150万円までなら2万円ずつ、150万円~200万円から23000円ずつなど、利用後の残高に応じて決まります。
利用後の残高に応じて決まるところが最大のポイントとなります。
fullnote
ボーナス払いはどうなりますか?
fullnote
ワカル編集部
それは自由に設定できます。
ボーナス払いなしも選択していただけますよ。
fullnote
では、「元利込定額返済」というのは?
fullnote
ワカル編集部
これも、正式名称は「元利込定額リボルビング返済」となっています。
これは、契約時に決めた返済額が、つねに最後まで一定の額で済ませられるというものです。

最初、50万コースなら15000円以上で自由に設定、100万コースなら25000円以上で自由に設定など、ある程度の金額以上ならば、毎月の返済額は絶対に変わらないので、返済のペースを守ってお借入していただけます。

fullnote
では、私はその、定額の支払いになるものがいいですね。
fullnote
ワカル編集部
「元利込定額返済」ですね。
これならば、いくら使っても毎月の返済額は一定です。
fullnote
基本的に固定給をもらっているので、毎月の返済が一定額だと助かります。
fullnote
ワカル編集部
それは自由なので、ぜひ元利込定額リボルビング払いをお使いください。
fullnote
ちなみに、他にはどんな返済方法があるのですか?
オリックス・クレジットではこの2種類しかないのでしょうか?
fullnote
ワカル編集部
オリックス・クレジットでは、この2種類の返済方法しかありません。
ですが、他社を見てみると、さまざまな返済方式があります。元利定額リボルビング払いは、定額方式で、毎月一定の額を支払うのですが、その中から利息を引いた分を、元本に充当するという返済方式になります。
つまり、最初は金利負担が大きいですので、なかなか元本が減りません。ですが、毎月の支払う額が一定のため、ひじょうに利便性が高い方式です。

いっぽうの、元金定額リボルビング方式は、あらかじめ指定した一定額に加えて、利息を追加して払う方式です。この場合は、元本は指定した額に応じて減っていきますので、金利も下がっていきます。また、元本はどんどん減っていきますので、利息も減っていきます。
つまり毎月支払う額が一定ではなく、だんだんと返済額が下がっていくのが魅力です。これは返済が減っていくことを実感できますので、こちらもおすすめの返済方式となります。

fullnote
あとは毎月の返済額ですか?
fullnote
ワカル編集部
そうです。これは、無理のない金額を入力してください。
毎月自分が返済にどれぐらい回すことができるのか、ゆとりある生活や、他社からの借り入れ状況などに応じて、こちらは変わってくると思います。特に注意してほしいところです。いったん返済がスタートすると、なかなか返済額を変えることは難しいのです。なるべくゆとりを持って、返済に回せる額を設定してください。
ただし、あまりに少額の場合は。受け付けてもらえません。だいたい、100万円コースの場合は25000円以上など、最低の返済額が決まっています。
fullnote
じゃあ、3万円かな。
毎月給料から5万円あまるのですが、他社でも借りるかもしれないということを考えて、3万円にします。
fullnote
ワカル編集部
では、3万円と入力してください。
これで終了です。
fullnote
わかりました。
入力が完了しました。
fullnote
ワカル編集部
では、やってみましょう!
100万円14.8%金利コースで、借入希望額は30万円。
元利込定額リボルビング払い、返済額3万円で、シミュレーションした結果です。

  • 返済回数:11回
    お支払い利息額22,178円

これがシミュレーションの結果です。
どうですか?金利14.8%で30万円借りると、月3万ずつ返済していくと1年もかからずに完済が可能です。

fullnote
ほんとだ。これは便利ですね!
リボ払いって、自分がどれだけ支払うことになるのか、見えてこないのがとても困っていたのです。
fullnote
ワカル編集部
そうですね。リボ払いは、一般的に金額が固定で、そのなかで元本と利息をやりくりしますので、返済の全貌がなかなか見えません。ですが、こうしてシミュレートしてみると、どれぐらいの返済期間になるのか、利息はどれぐらい支払うのかなどの全貌が見えてくるので、とてもいいですね。
30万に対して、2万2千円の利息は、どう思いましたか?
fullnote
私は、リボ払いというものが難しく、よくわかっていませんでした。なんとなく、延々と支払いが続くのかなというイメージがありました。でもきっちり11回で、利息22178円だと教えてもらえたので、それならば納得です。借り入れ30万に対して利息2万2千円というのも、妥当だと私の中では思っています。
fullnote
ワカル編集部
それなら、よかったです。
fullnote
ちょっと待ってください。
30万円を14.8%だったら、利息は一日あたり121円ですよね。11ヶ月で支払っても39930円になるんじゃないんですか?
fullnote
ワカル編集部
それはですね、利息というものは、その時の元本に対して毎日変動しているものなのですよ。ですので、毎月お支払いの度ごとに、元本は減っていきます。ですので、毎月、決まった額が利息になっているわけではなく、減った元本に対して利息がかかりますので、30万円を単純に14.8%かけただけとは数字が異なります。
シミュレーションの方が金利が安いのですが、それが正解です。
fullnote
なるほど、わかりました!
では、これが仮に、「新残高スライド方式」だったらどうなりますか?
fullnote
ワカル編集部
試しにシミュレーションしてみましょう。

返済回数:38回
お支払い利息額:76,921円

fullnote
ずいぶん違いますね。
fullnote
ワカル編集部
はい、新残高スライド方式の場合は、返済額が少ないのです。50万円未満の場合ですと、月に1万円の返済となります。
そのため、返済期間が伸びるのです。それによって返済結果も異なってきます。
fullnote
あ、なるほど。
毎月の返済額が私は3万で設定していたので、1万だと返済期間が伸びるわけですね。
fullnote
ワカル編集部
はい、その通りです。
返済期間が伸びるに従って、支払利息の総額はどうしても大きくなります。
ですが、毎月の返済が1万円でいいというのは、ひじょうに魅力的ですね。
fullnote
たしかに。
では、毎月の返済額が最低でいい場合は、新残高リボルビング方式、それ以上のゆとりを持った返済ができる場合は、ハイペースの元利込定額リボルビング方式というのはどうでしょうか?
fullnote
ワカル編集部
素晴らしいですね。
最低額以上の返済が可能な場合は、元利込定額リボルビング方式を使ってみてください。
fullnote
はい、わかりました!
他の金融機関のアプリも似たようなものでしょうか?
fullnote
ワカル編集部
では、ためしにアイフルのアプリも見てみましょう。
fullnote
はい!

アイフルのアプリ

fullnote
ワカル編集部
アイフルでは、返済シミュレーションが可能です。
アイフルの場合は、借入後残高スライド元利定額リボルビングか、元金定率リボルビングかどちらかのようです。
fullnote
これはどうちがうのですか?
fullnote
ワカル編集部
残高スライド元利定額リボルビング方式は、借り入れ残高に応じて、返済の額を変える方式です。それに加えて、定額のお支払い額から、利息を引いた分を元本に充当します。

元金定率リボルビング払いは、毎月決まった額を定率で返済するのに加えて、そこに利息を加えて返済する方式です。

fullnote
うーん、いろいろあるのですね。
混乱してきました。
fullnote
ワカル編集部
シミュレーションでは、どちらも選べますので、支払いの負担が少ない方を選ぶといいですよ。
では試しにやってみましょう。

借り入れ総額30万円、金利14%で見てみましょう。

【残高スライド元利定額リボルビング】
支払い期間:2年9ヶ月
支払総額:361446円

【元利定率リボルビング】
支払い期間:2年10ヶ月
支払総額:359551円

fullnote
あれ、期間が長いほうが、支払総額は安くでましたね。
fullnote
ワカル編集部
金利は、先程も申し上げましたように、元本に対してかかるものです。
ですので、元本の減るスピードが早くなれば、金利は減ります。
そのため、支払期間が長くなっても、支払総額が少ないということはありえます。
fullnote
これは、便利ですね。
支払総額がわかるので、いろいろ比べてみると便利そうです。
fullnote
ワカル編集部
はい、その通りです。いろいろ使い比べてみてください。

おすすめアプリを紹介

application

fullnote
では、おすすめアプリを教えて下さい!
fullnote
ワカル編集部
おすすめは、先程もありましたとおり、オリックス・クレジットのアプリがオススメです。
支払いが短いケースと、支払いが長いケースの両方がチェックできるため、ひじょうにオススメです。
ちなみに、新生銀行レイクのアプリは、2016年6月時点では、バグっているようですので注意が必要です。
fullnote
金融会社以外の人がリリースしているアプリでおすすめはありますか?
fullnote
ワカル編集部
『キャッシング 初心者ガイド』というアプリがオススメです。
元利定額リボルビング方式で返済した場合の、おおまかな返済額がわかります。

例えば先程の条件、30万円を14.8%で月3万円ずつ返して行く場合の大まかな計算とその内訳がわかります。
回数:11回
支払い金利:21,853円

こうして、ざっくりとですが、終了までの期間と、支払総額がでます。
これは、元利定額リボルビング方式といって、定額の支払いのまま最後まで続きます。そのなかで、金融会社側で利息を計算して、支払った額から利息を引いた分を元本に充当してくれる形です。それで計算すると、だいたい11回になるというわけです。

fullnote
これはひじょうに便利ですね!
fullnote
ワカル編集部
はい。だいたいの借り入れの期間や支払総額がわかりますので、たいへん便利です。
ぜひ一度使ってみてください。
fullnote
他にもありませんか?
支払い期間から計算できるものなど・・・
fullnote
ワカル編集部
はい『Loan Calc』というアプリであれば、期間から検索できます。

ためしに、30万円を14.8%で借りて、11回払で返すとどうなるか計算すると、
月:29,332円
総利息:22,652円
総返済額:32,652円

という風になります。だいたい30万円ですのでこれで合っていますね。

fullnote
こちらはどういう計算方法なのでしょうか?
fullnote
ワカル編集部
こちらは、11回に均等にわけて分割した方法になります。リボはリボなのですが、最後まで同じ金額を払っていくように計算したものです。ですので、3万円よりすこし少ないというわけです。

『キャッシング 初心者ガイド』アプリの方なら、最後の一回の払いがすくないので、だいたい同じような計算方法になります。

fullnote
これも金額の違いは元本の減り方の違いですか?
fullnote
ワカル編集部
はい、そうです。よくわかりましたね。
fullnote
アプリはたくさんありそうですが、住宅ローンのアプリなどもありますか?
fullnote
ワカル編集部
はい、ありますよ。『住宅ローン計算シミュレーター ローンメモ』などが好評です。
ローンのパターンを5パターンぐらい保存できますので、金利や返済の年数ごとに、パターンを保存して分析することができます。
fullnote
他にはどんなローンのアプリがありますか?
fullnote
ワカル編集部
自動車ローンを計算する『ローン&リース マイカーローン CFTools』というアプリもあります。自動車の価格、金利、支払い期間、最初の支払い、頭金、下取り、下取り後の残高などを入れていくと。元本、利息、完済日などが出てくるアプリです。
fullnote
わかりました。いろいろ検索して、使ってみます。
fullnote
ワカル編集部
ぜひそうしてください。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
即日融資カードローン
最短1時間で融資
追従スマホ1005