カードローン、何を基準に選ぶ?

カードローンを選ぶとき、何で選びますか?審査?スピード?それとも金利でしょうか。
いろいろ人によって基準は異なると思うのですが、もしも仮に属性に自信があり、ある程度の期間を待てるのであれば、それならば金利で選ぼうと考えるのが普通ではないでしょうか。

金利で選ぶのは、とても良いことです。やはりカードローンには金利がつきもので、なおかつ、支払い方式がリボ払いですので、非常に支払期間が長くなります。金利がついてくるので、最低でも銀行カードローンでは15%前後、年間支払っていく必要があります。これは、100万円を1年間借りたとしたら、15万円もの利息になりますので、この利息の数字はできる限り小さいところを選びたいと考えるのが、自然な流れではないでしょうか。

金利キャッシュバックキャンペーンで選んでみる

銀行カードローンには、あまり知られてないキャンペーンなのですが、キャッシュバックキャンペーンがあります。数カ月分の金利をまとめて、のちのちキャッシュバックしてくれるものです。

これは、まるまる金利分が戻ってくるということですので、実質元本だけで借り入れできるということになります。たとえば、消費者金融などのカードローンでは、30日間無利息などのキャンペーンがあります。その銀行バージョンと考えると良いでしょう。

お金に困っていて、なおかつ時間的なゆとりがある場合には、金利キャッシュバックキャンペーンがある銀行で選びましょう!最近は銀行カードローンも、即日対応などをしてくれますので、急速な資金ニーズに対応してくれます。中にはスピーディな銀行もあるので、いろいろ比較してみましょう。ただし、基本的に、銀行ですので契約等には数日かかることを覚えておいてください。

消費者金融にはキャッシュバックはありません。でも。。。30日間無利息キャンペーンはあります。

銀行のようにキャッシュバックをしている消費者金融はありませんが、初めの30日間は無利息というキャンペーンをプロミス、アコムは行なっております。
キャッシュバックは期間限定でやっている事も多く、キャッシュバックが無い場合は消費者金融で無利息期間を使った方がお得に借りられる可能性もあります。

※カードローンを申し込む時は上限金利を確認してください。
はじめて申し込まれる人が下限金利を適用されることはありません。

順位 サービス サービス名 無利息期間 審査時間 即日融資 借入限度額 実質年率 月々の返済 保証人の有無 在籍確認 公式HP
1位 プロミス横 プロミス
(公式ページへ⇒)
はじめての人は30日間※P1 最短30分 可能 1万円~500万円 年17.8% 借入金額の1.99~3.61%以上 不要 電話 ⇒プロミス公式HPへ
2位 アコム横 アコム
(公式ページへ⇒)
はじめての人は30日間 最短1時間 可能 1万円~800万円 年18.0% 借入金額の1.5%~4.2%以上 不要 電話 ⇒アコム公式HPへ
3位 モビット横ランキング SMBCモビット
(公式ページへ⇒)
最短30分 ※M1 可能 1万円~800万円 年18.0% 4000円~ 不要 電話 ⇒SMBCモビット公式HPへ
アイフル
(公式ページへ⇒)
はじめての人は最大30日間 最短30分 ※I1 可能
1,000円

~800万円

年3.0%~18.0% 4000円~ 不要 電話 ⇒アイフル公式HPへ

※P1:(30日間無利息)※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※M1:(曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱なる場合あり)

キャッシュバックがある銀行カードローン

それでは、銀行カードローンで金利キャッシュバックキャンペーンがある銀行を、ランキング付けして見ていきましょう!

1位:住信SBIネット銀行なら、2ヶ月~最大6ヶ月キャッシュバックキャンペーン展開

少しカードローンについて調べている人ならわかると思いますが、住信SBIネット銀行は、非常に独特かつ良質なサービスを展開しています。

住信SBIネット銀行は、あまり知名度がない銀行です。特に、インターネットをしていない人には、ほとんど知られていないのではないでしょうか。インターネットをしていても、カードローンや証券などに関心がない限りは、あまり住信SBIネット銀行を知ることはありません。

それは、広告費をほとんど使っておらず、顧客サービスに還元しているからなのです。
顧客サービスとは、もちろんですが金利です。住信SBIネット銀行はもともと、カードローンの金利がかなり安いのです。

その住信SBIネット銀行が、キャッシュバックキャンペーンを行っています。
期間は、2017年の12月31日までが対象となっています。

カードローンを借りていただいて、その分と、翌月のカードローンの金利がそのままキャッシュバックされます。

住信SBIネット銀行のカードローンは、金利の激安なプレミアムコースと、標準的なスタンダードコースがあるのですが、どちらもキャッシュバックキャンペーンの対象です。
2017年9月末の時点で、代表口座が住信SBIネット銀行にあることが条件です。さらにはカードローン口座を保有しておらず、はじめての取引の方が対象となります。

さらには、住宅ローンを申し込んだ場合、こちらも金利が非常にオトクなのですが、2ヶ月に追加して4ヶ月、キャッシュバックを無料で行ってもらえます。非常にラッキーですので、この機会にぜひ住宅ローンを検討してみてください。もしも家を買うタイミングで、何らかの形でカードローンも必要、ということがあれば、こちらのキャッシュバックキャンペーンは最大半年分の金利がバックされますので、とても有利となります。

家を買うのは大きな買い物です。諸経費も多数かかります。しかし、住信SBIネット銀行のカードローンがあれば、諸経費などの支払いにも使えますし、なんなら新しい家の家具や家電を買うのにも使えますし、車を新調するのにも使えるでしょう。

住宅ローンだけでなく、単純にカードローンの利用でも、2ヶ月のキャッシュバックですので、とても有利となります。2ヶ月というと約60日です。消費者金融のカードローンが30日無利息なので、それよりもはるかに有利になります。

女性オペ

正確には、消費者金融の無利息キャンペーンと、住信SBIネット銀行のキャッシュバックキャンペーンは、異なるものです。

無利息期間は、返済しても利息がかからないので元本を返すだけで良いのですが、住信SBIネット銀行のキャッシュバックはあとからお金が返ってくるだけで、返済は一度しなければなりません。その返済の際には、金利もかかります。払った分が、翌々月末に返ってくる、という流れです。

住信SBIネット銀行は非常におすすめの銀行です。

 

2位:静岡銀行セレカのカードローンも最大45日キャッシュバック

住信SBIネット銀行は60日無利息だったのですが、静岡銀行セレカは、45日無利息です。こちらも、先ほどと同じで一度は金利を込にした元本を支払っていかなければなりませんが、あとからキャッシュバックで45日分金利が戻ってきます。

最大45日なので、返済から返済の間が、合計で45日あかなければ良いのです。たとえば、契約日が7/26で返済日が8/9だとします。その期間は15日ありますので、こちらはキャッシュバックの対象となります。しかし、次の9/9の返済までは31日ありますので、合計46日になってしまい、期間がオーバーします。それはNGです。

ただし、次の9/9からの15日間は、キャッシュバックの対象となる仕組みです。これが仮に、7/27からの借り入れで、8/9日に14日間、次の9/9に31日間で合計45日の場合は、45日間におさまっていますので、どちらの期間も満額キャッシュバックの対象となります。「最長45日」というのはそのことです。

借り入れ対象額は10万円~500万円と用途が広いですし、使いみちも自由です。そして金利は4.0%~14.5%となっていますが、これはキャッシュバックでどのみち戻ってくるお金ですので、それほど気にする必要はありません。

45日以内に完済すれば、それはもう、最初から無利息で借りられたのと同じなので、非常にラッキーですよね。ただし、50万円を超える借り入れは、免許証の他に収入証明などの書類が必要です。これは、必須となります。また、全国の方が静岡銀行からインターネットで借り入れができるのですが、運転免許証を持っている人に限られ、免許を持っていない人は、書面でのやり取りになります。それでも全国に選択肢が開かれていますので、ぜひしずぎんをご利用ください。

ちなみに、いつが契約完了日となるかというと、契約手続き完了のメールがしずぎん側から送られてきますので、そちらを送信された日が、45日キャッシュバックの基準日となります。

返済期間の翌月、その月の約定日、つまりしずぎんの場合は10日前後に、キャッシュバックが振り込まれますので、計画的に使いましょう。

 

3位:青森銀行カードローンなら、毎年9月が狙い目かも!?

あおぎんこと青森銀行カードローンは、毎年9月ごろにキャッシュバックキャンペーンを展開しています。キャンペーン期間は、9月スタートの年末ごろまで行われるケースが多く、あおぎんのカードローンつまりキャッシングが対象となります。

なんと最大1,000万円までキャッシングできて、金利は2.4%~と激安です。そして月々の返済は2,000円程度からで良いのです。

これが、無利息になりますので、しかも、9月の初旬から年末の12月初旬頃までキャンペーンを展開してますので、なんと3ヶ月規模のキャッシュバックキャンペーンとなります。
これだけ大規模なキャッシュバックキャンペーンは、他に見かけることがありません。

たとえば、金利14.5%で50万円の限度額を持ち、30万円借りた場合を考えてみましょう。
9月10日のキャンペーンスタートから、12月7日の約定返済日まで、無利息となりますので、なんと10,228円ものお金がキャッシュバックされて返ってくるのです。

これはあまり知られていませんが、非常にラッキーなキャンペーンだと思いませんか。たいてい、9月頃から年末にかけて実施されていますので、詳しくは青森銀行に申し込んでみてください。これだけの額が返ってくるキャンペーンはめったにありません。

 

4位:徳島銀行カードローンも、2ヶ月無利息などが行われることがある

こちらも地方銀行で、なおかつ必ずキャッシュバックされるとは限らないと言いますか、キャンペーンそのものが2017年の2月28日で終わっているのですが、過去にキャッシュバックキャンペーンがあったものとしてご紹介させていただきます。

徳島銀行は、借り入れ利率11.5%と非常に低いのが特徴です。地方銀行のカードローンなのですが、全国対応していて、インターネットにも力を入れているので、各地の方がお使いになれます。従来は、こうした地方銀行のカードローンにおけるサービスを利用するのは、物理的にも、距離的にも不可能だったのですが、インターネットが発達したことによって、全国にサービスが広がりました。それに応じて、日本中から地方銀行が集客できるようになったのですが、反対に、地元ローカルのお客様が、各地方銀行に取られるという事態も発生し、危機感を抱いた各地方銀行は、サービスを向上して、集客をはかっています。

この徳島銀行カードローンの60日キャッシュバックも、その一環です。たとえば、金利はもともと11.5%と非常に安いのですが、30万円利用すると、5,671円のキャッシュバックとなります。

あまり大金ではありませんが、利息が免除になると考えると、これは非常に大きなことです。なにせ、実質無利息でお金が借りられるのですから、使わない手はありません。

まとめ:キャッシュバックキャンペーンなら、実質的に無利息!

カードローンを利用するとき、なんといっても金利が気になります。たとえば、はじめての利用なら、すぐにカードローンを借りたいということに頭がいってしまって、あまり金利などは気にしないかもしれません。しかし、カードローンに少し詳しくなってみると、この無利息キャッシュバックが非常にありがたいのです。

キャンペーンは、集客のために行われます。どこで借りても銀行の場合、大したサービス差はありませんので、それなれば、キャッシュバックキャンペーンのある銀行で借りてみるのはいかがでしょうか。

銀行でカードローンを借りる際には、やはり冷静になってみると、金利が気にかかるところだと思います。金利は、銀行にとって収益源です。そのため、それをキャッシュバックするということは、明確に集客が目的です。次からもその銀行で借りて、次は利息をつけて返済してもらえれば、それで良いのです。

また、次は他のキャッシュバックがある銀行で借りても構いません。ぜひフリーライドして、お得にキャッシュバックキャンペーンを使いこなしましょう。

女性オペ

期間限定のサービスです。急いで申し込みましょう。

期間の定めがなく、最初の30日を無利息で借りるなら消費者金融カードローン

※カードローンを申し込む時は上限金利を確認してください。
はじめて申し込まれる人が下限金利を適用されることはありません。

1位プロミス
プロミス縦

無利息期間 はじめての人は30日間無利息※P1
実質年率 17.8%
限度額 500万円

低金利&即日融資も可能
返済額を少しでも減らしたい人におすすめ。
審査時間は最短30分&最短1時間で即日融資も可能。

プロミス縦ランキング

2位アコム
アコム縦

無利息期間 はじめての人は30日間
実質年率 18.0%
限度額 800万円

はじめての方は最大30日間も金利が0円となります。ネットで契約まで可能なのでわざわざ店舗に行く必要はありません。
アコム縦ランキング 即日

3位SMBCモビット

無利息期間
実質年率 18.0%
限度額 800万円

全てWEBで完結するモビット。
10秒簡易審査ができる人気のカードローン
モビット縦ランキング

アイフル

無利息期間 はじめての人は最大30日間
実質年率 3.0%~18.0%
限度額
1,000円~800万円まで

最短30分で審査が完了し、即日融資も可能なアイフル。※I1
モビット縦ランキング

※P1:※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※I1:お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。ご連絡いただいた時間帯によっては、お急ぎのご融資のご希望にそえない可能性がございます。