歯科矯正治療を受けるためにデンタルローンをご検討中ですか?

審美歯科や矯正歯科などの治療は、原則として保険が適用されず「自費治療」

となります。

 

だからといって、治療費の高さだけで歯科医院を選ぶのも不安ですよね。

自費治療だからこそ、自分が満足できる施術を受けたいと考えると思います。

 

でも自分が希望する治療にかかるお金が貯まるまで待っていたら、数年以上先になってしまう。

 

自分の希望プランだと軽く予算オーバー…なんてことも珍しくありません。

お金がすぐに用意できないからと綺麗な歯を諦めたくはないですよね

 

そんな人に活用してほしいのが、歯科専用の「デンタルローン」です。

 

デンタルローンなら予算を超えた治療費であっても、自分に合わせた返済額でローンを組むことができます。

妥協して安いプランを選ぶ必要はないのです。

 

この記事では歯科専用のデンタルローンに関する概要から、金利や審査・活用方法まで詳しく解説します。

 

■デンタルローンとは?

デンタルローンは文字通り「歯科(デンタル)」関連の用途に特化したローン制度です。

 

虫歯などの治療であれば保険が適用されるので、患者側は3割の負担で治療を受けることができます。

 

しかし、審美歯科や歯科矯正など、施術を受けなくても生活に支障がない歯科治療は原則として「全額自己負担」です。

 

例えば一般的な歯科治療費が1回につき1万円だとします。

この1万円には健康保険が適用されるので、患者が病院に支払うのは3割の3000円のみになるのです。

 

全額負担の場合、1万円すべてを患者が直接支払わなければなりません。

審美歯科や歯科矯正は治療が長期化することもあり、最終的には数十万円の費用が発生します。

 

これだけの治療費「一括では払えない…」という人も少なくないでしょう。

 

それでも「どうにかして歯科矯正治療を受けたい」と思う人たちのために考案されたのが、歯科専用に特化した「デンタルローン」です。

 

デンタルローンを利用すれば、クリニックや病院と提携している信販会社が患者の治療費を先払いで立て替えてくれます。

これにより患者側は予算以上の費用が発生する歯科治療でも、金額に妥協することなく受診できるのです。

 

患者側は治療を受けたあとで、金利を上乗せした金額を信販会社に返済していきます。

 

月々の返済額や金利の利率は、デンタルローンを利用する信販会社や借入金額によってさまざまです。

◆デンタルローンの特徴

基本となる仕組みは他のローンと変わりません。

一般的なローンと違うのは、借入金額に対して発生する金利が低いという点です。

 

そもそもローンには大きく分けると2つの種類があります。

 

多目的ローン

申し込み時点では用途を明確にする必要性がなく、借りたお金の使い道は原則自由。目的型ローンと比べて金利は高くなるケースが多い。

 

また審査の判断基準が信用情報のみとなるため、新規の申し込みでは目的型と比べて金利が高く、借りられる限度額も低くなりやすい。

目的型ローン

申し込み時点で利用目的を明確にし、それを裏付ける見積書や注文書などの書類が必要になる。

 

利用目的が明確なため初回でも高額融資を受けやすく、低金利になりやすい。

ただし、提出した目的以外での利用はできない。

 

自動車ローンや住宅ローンなど、借りたお金の利用目的が明確になっているローンを「目的型ローン」と言います。

 

デンタルローンも分類すると「目的型ローン」です。

カードローンや多目的ローンと比べると、低金利で高額融資を受けやすくなっています。

 

また返済回数は6回~84回前後と幅広く設けられており、各自の収入やプランに合わせた返済計画が可能です。

◆審美歯科・矯正歯科・インプラントにかかる目安料金

はじめて歯科矯正やインプラントを検討すると、完了するまでにどれくらいのお金がかかるのが気になりますよね。

 

受ける施術によって歯科治療の費用は大きく異なってきます。

あくまで目安ですが、それぞれの治療に対してかかる金額相場は下記の通りです。

 

・ホワイトニング

5000円~3万円(施術方式や部位にもよる)

・歯科矯正

100万~200万円(通院費含む)

・インプラント

50万~70万円

 

矯正歯科や審美歯科に対する具体的な相場は意味がないとも言われており、治療費を知りたい場合は実際に歯医者で受診してもらったほうが早いです。

 

ただ、自費による歯科治療は上記程度の料金は最低限必要だと考えておくといいでしょう。

また歯科治療は施術後もメンテナンスなどで定期的に通院することになるので、その都度3000円~5000円ほどの支払いが発生します。

 

長期的に支払うのは厳しい!と感じる方も多いかもしれませんが、美しい歯が手に入ることに加えて歯周病予防にもつながると考えれば、損ばかりでもないと思いませんか?

■デンタルローンの利用範囲

歯科治療に関することであれば大体の治療に適用することができます。

 

・歯科矯正

・審美矯正

・インプラント

・ホワイトニング

・その他歯科治療

 

デンタルローンは歯科クリニックの受付などで申し込むのが基本なので、カードローンなどのように他の用途に使うことはまずありません。

 

受付の場でデンタルローンを申し込み、可決なら治療料金は信販会社がそのまま立て替えてくれます。

利用者は翌月以降、返済日に分割分の料金を信販会社に支払うのが基本形式です。

■デンタルローンの審査・金利

デンタルローンの概要は分かったけど、審査が厳しいんじゃないかと疑問に感じますよね。安心してください。

 

過去に返済遅延や延滞などを起こして、ブラックリストに掲載されていない限りは、高確率で審査に通過できるでしょう。

また歯科クリニックが提携している信販会社を通すのが原則ですが、どこの信販会社と提携しているかは医院によって異なります。

 

代表的な信販会社は以下のような企業です。

 

・オリコ

・オリックス銀行株式会社

・アプラス

・セディナ

・ニコス

 

どこの信販会社と提携しているかについては、来院時か事前に電話などで確認しておきましょう。

 

もし医院で用意されているデンタルローン以外を利用したい場合は、スルガ銀行の「デンタルローン」を検討してみてください。

◆金利

ほとんどの場合はスルガ銀行よりも、クリニックで提携している信販会社のデンタルローンのほうが低金利です。

 

★スルガ銀行「デンタルローン」

金利7.0~11%

★提携信販会社のデンタルローン(一例)

金利 5.9%

 

特別こだわりがないのであれば、提携信販会社のデンタルローンをオススメします。

◆限度額

デンタルローンの明確な限度額は公開されていません。

※スルガ銀行のデンタルローンは800万円

 

しかし、歯科矯正やインプラントにかかる料金を全額ローンにすることもできるので、あまり気にする必要はないです。

 

月々の返済回数は返済額に応じて相談できるので、事前の見積もり時点で計画的に返済プランを立てておきましょう。

■デンタルローンの申し込み方法

デンタルローンを取り扱っている歯科医院やクリニックで施術が確定したときに、支払い方法としてデンタルローンを希望するだけでOKです。

 

申し込んだあとは信販会社の審査を受け、可決であればデンタルローンの契約が成立します。

 

否決の場合はクレジットカードなどで支払うか、現金一括払いです。

よほどのことがない限りは可決できるはずなので、あまり神経質にならないでくださいね。

■デンタルローンと医療ローンの違い

デンタルローンと医療ローンは似通ったサービスですが、厳密には違います。

 

医療ローン(メディカルローン)は、医療に関すること全般に利用できるローンです。

デンタルローンよりも幅広い人をターゲットにしていると言っていいでしょう。

 

医療ローンについては下記の記事で詳しく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

◆カードローンも活用できる

デンタルローンを申し込むであれば必要ありませんが、もし歯科関係以外にもコストがかかりそうなら、カードローンを契約しておいたほうがいいかもしれません。

 

金利は10%~15%前後と比較的高くなりますが、利便性においては目的型ローンよりも優れています。

 

デンタルローンやメディカルローンは、医療関係や歯科治療関係でしか借りられませんが、カードローンなら使い道は原則自由です。

 

1度契約しておけばカードでいつでも入出金できるので、何かと臨時の出費が発生しそうな人は検討してみるといいでしょう。

 

低金利で高額融資のカードローンについては以下の記事を参考にしてみてください。

 

 

どちらも一長一短の特徴を持っているので、状況に応じて使い分けると非常に便利です。

デンタルローン・医療ローン・カードローン、それぞれどのような人に向いているかも合わせてご紹介しておきます。

■こんな人はデンタルローン

・歯科矯正や審美歯科・インプラントのみにローンを使いたい

・歯科治療以外でお金を借りるつもりがない

・低金利で歯科矯正料金の全額を借りたい

 

■こんな人は医療ローン

・歯科に限らず、医療費全体の補てんとしてローンを使いたい

・手術などで医療費が高額になりそうな状況である

・家族の介護施設入居費などでお金が必要

・その他不妊治療や美容整形など高額料金がかかる治療を控えている

 

■こんな人はカードローン

・医療関係以外でも借入をしたい

・医療費含む突然の出費で苦しむことが多い

・必要なときに現金を自由に入出金したい

 

同じ医療向けのローンでも、目的によって金利・限度額などは大きく異なってきます。

また重点をおくポイントによっても選ぶべきローンは変わってくるので、自分に合ったローンを吟味するようにしましょう。

■まとめ

デンタルローンは歯科矯正だけを目的にしている人には、低金利でかつ高額融資も受けられる優良なローンサービスです。

 

自分が理想とする歯を手に入れるためにも、目先の治療費についてはデンタルローンや医療ローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

お金は後からでも取り戻せますが、時間を取り戻すことはできません。

 

ご自身が最良だと思う方法で、理想の歯を手に入れてくださいね。