「お金がない。なんとかして調達しなければ」
「お金を誰かに、どこかに借りたいのだけれど」

そう思っていませんか。いま、お金がなくて困っているのではないでしょうか。
お金がないなら、まずは働くしかありません。いまはパソコンを使って稼ぐことができます。在宅でできるアフィリエイトや、クラウドソーシングなどのこまごまとした作業で、お金を作ることができます。

在宅ワーク、意外と大変

しかし、パソコンなどの在宅ワークは、パソコンのスキルがそこそこ必要ですし、時間もけっこうかかります。とくにアフィリエイトなどは、得られる報酬が月額100万円を超えている人もインターネット上にはたくさんおり、豊かな生活が垣間見えます。しかし、そこまで行くのに、無報酬の時期を乗り越えなくてはならないので大変です。

また、クラウドソーシングなどで在宅ワークをしようと思っても、単価があまり高くなく、最初のうちは1000文字のテキストを打って300円など、あまりお金になりません。必要なのは、もっとまとまったお金!と思うのであれば、やはりどこかから調達してくるしかないのではないでしょうか。

もう万策尽きた、他人様からお金を借りなければ、自分の家計がまわらない、というときに、お金を調達する方法をお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてください。

女性オペ

銀行カードローンや消費者金融は、基本的に最後の手段です。

なんでもかんでも、サラ金で借りればよいという問題ではありません。その以前に、やれることをやりましょう。
では、お金を調達する方法を見ていきましょう。

スキルを売って、小銭をつくる

まずは、ココナラなどでスキルを販売しましょう。自分が得意な、似顔絵や占い、プロフィール作成などでも良いでしょう。愚痴聞き相談など、自分が得意なことがあるはずです。ここで重要なことは、楽しんでできることをすることです。

得意で、苦もなくできることがきっとあるはずです。それがイラスト描き、バナー制作などでも構わないのです。500円~3,000円程度で、販売していくことができます。

ただし、ココナラは、5日払い及び20日払いなので、支払いサイクルが少々長いのです。それに注意しなくてはならないのですが、少なくともサービスを提供して1ヶ月以内にはお金が振り込まれます。

できないことをすると時間が取られるので、得意なことを販売しましょう。

クラウドソーシングでスキルを売る

クラウドソーシングは単価が安いと冒頭で説明しましたが、お金に困っている人のために念のため説明します。ランサーズ、クラウドワークス、シュフティ、WowMe!など、さまざまなサービスがあります。

このうち、クラウドワークスは手数料がかかるものの売上をすぐ出金できるサービスがありますので、お金に困っているとき、すぐに仕事してお金を作ることができます。

おすすめなのは、バナー制作やテキスト納品などの、パソコンとスキルだけでできるものです。バナー制作などは、Macbookを持っていれば、自分の感性だけで仕事が取れます。

テキスト作成は、何か自分の得意なジャンルがあれば、高単価の案件を受注することができるでしょう。たとえば、車が好きなのであれば車のメディアに応募してみるとか、子育てで得た知見を子育てメディアで書いてみるとか、そういった流れながら、専門性が発揮できて高単価の案件を得ることができます。

クラウドソーシングも、基本は15日および月末の支払いです。売上を上げても、なかなか入金日までは時間がかかりますので注意しましょう。

親・親戚から借りる

自分で「稼ぐ」ということに物理的、気力的、時間的限界が来たら、最初に考えられるのは、親や親戚からお金を借りることです。
親や親戚からお金を借りるのにあたって、いちばん大切なことはなんでしょうか。

それは、「お金が必要な理由を正直に話す」ということです。
やはり、家族間とはいえ信頼関係が何より大切です。自分がなぜ、お金が必要なのか、お金を借りて何に使うのか、どのように返済していくつもりなのか、などをしっかり話し合いましょう。

女性オペ

親や親戚からだからといって、返さないのはよくありません。
家族だからこそ、しっかり返していくのが大切なのです。
念のため、借用書なども準備して、しっかりと借りた履歴を残しましょう。

役所から借りるのは実質的に難しい

親と親戚から借りるのがだめだったら、次は役所から借りましょう。
役所には、「社会福祉協議会」という組織があります。正確には役所が貸してくれるわけではなく、社会福祉法人という独立した団体なのですが、市役所・区役所に付随した組織です。

社会福祉協議会は、民主党政権の頃は、積極的な福祉政策で、お金をバンバン貸してくれていたのですが、3万円だけ借りてあとは音信不通になるなどした人が続出したため、いまは借り入れが非常に困難となっています。

具体的には、働いている人、確実に収入のあてがある人しか、お金を貸してもらえません。
たとえば、いついつまでに給料が入る、保険金が入るなどの先の予定があって、なおかつ文書でそのことが証明できなくてはなりません。

仮に、いま会社を休職していて、期間満了で会社を辞める、そして失業保険をもらう予定、だと説明しても、社会福祉協議会は失業したことが確定していないと、融資をしてくれません。

しかし、事業資金などにも使えるので、ビジネスを興したいと考えている人にもおすすめなのですが、借り入れのハードルがあまりに高すぎて、何のために存在している組織なのかわからないぐらいです。それでも、政権の動きによっては、またこの組織の借り入れハードルが下がる可能性がありますので、お金を借りたいと思ったら、定期的に質問しにいくのも良いかもしれません。

役所の家賃補助を受ける

いま家賃の支払いに困窮していませんか?もしも仮に、雇い止めや失業、解雇で自宅を失いそうになっている場合、役所の家賃補助があります。失業してから2年以内で、貯金が単身50万円以下、2人以上世帯で100万円以下、そして1ヶ月8万4,000円以下の収入、2人以上の世帯で17万2,000円以下の収入の場合、家賃補助が役所から受けられます。

支給額は、東京都内で単身5万3,700円、複数世帯ならば6万9,800円まで出ます。もちろんそれ以上の家賃であっても構いません。

持ち家の場合は難しいのですが、賃貸に住んでいる方、会社の寮に住んでいてでていかなければならない方などには、この家賃補助がありますので、役所に相談してみてください。

何か持病でお金に困っているのであれば、障害年金なども有効

もしもお金を借りたい理由が、生活の困窮なのであれば、借りるよりもまずは福祉を検討してみてください。

たとえば、あなたや家族が、持病を持っていて生活が苦しい場合。その場合は、医師に相談して障害年金なども支給してもらえる可能性があります。
障害年金は、その持病で最初に病院にかかった日の年金加入状況によって、支給額が異なってきます。会社に勤めているときにメンタル不調でクリニックに通い、「うつ」などの診断を受けたら厚生年金なので10万近く出ますし、会社を辞めて国民年金に加入した状態で初診日があれば、国民年金で5万5,000円程度です。

しかし、年金未加入の状態で病院にかかっていれば、残念ながら不支給です。不公平に感じますが、仕方ありません。

障害年金なら、生活保護と違い、資産があっても受けられますし、持ち家等の制限もありません。世間的に見ても、生活保護よりもまだなんとなく世間体が悪くないのではないでしょうか。

もうどうしようもなくなったら、最終手段として生活保護を

福祉の最終手段として、生活保護もあります。
生活保護は国民の権利ですので、どうしても困ったら利用して良いのです。また、短期間だけ利用して、あとは社会復帰していく人たちもいます。

医療費も無料になりますので、何か大きな病気をしてお金に困っている人も、救済してもらえます。世の中には、普通に生活しているだけでは想像がつかない難病などがありますので、そうした困難な病気で働けなくなり、お金が尽きてしまった人でも大丈夫なのです。

基本的に、家賃が低い賃貸の人が生活保護を受けるイメージですが、実は持ち家があっても、売却したときの価値が低ければ、生活保護を受けることができます。

あまりイメージが良くない上に、支給額もそれほど多くなく、世間体も悪いかもしれませんが、どうしてもお金がない場合に、検討してみましょう。これまで税金を払ってきたのですから、恥ずかしがる必要は本来ないのです。

銀行で借りるのが王道!?

ここまで、いろいろな方法でお金を借りる手段を見てきましたが、やはり王道としては銀行で借りるのが一般的でしょう。

ここで注意点があります。法人ではなく個人としてお金を銀行から借りる場合、目的をはっきりさせる必要があります。住宅ローンとして借りる、車のローンとして借りる、教育ローンとして借りるなどです。

目的があれば、専用のローンが準備されていますので、そちらを利用することができます。
金利もかなり安いですし、お得なので借りたい目的があればぜひご利用ください。

銀行にはカードローンという手もある

銀行には、目的を問わないカードローンというものもあります。いわゆる「キャッシング」です。金利は15%前後と高めですが、それでも何に使ってもかまわないので、生活費、遊興費、交際費、なんでも構わないのです。

ただし、信用情報というクレジットスコアが利用されますので、ブラックの人は使えないですし、一度でも返済が遅れると信用に響きます。

カードローンで借りるなら、使いすぎないようにしましょう。

銀行は金利が高くて返済額が気になる!ならば消費者金融


銀行で借りるのは手堅い方法ですが、何分、金利が高めという傾向があります。
銀行なので仕方ありません。もっとお得に、出来る限り返済の負担を少なめに借りたいと思ったら、消費者金融です。

消費者金融には、アコムやプロミスなどがあります。消費者金融なら30日間無利息期間が設けられているなど、短期間のキャッシングであれば確実にお得になります。

ただし、上限金利は18%前後とそこそこ高いため、長期にわたる返済は返していくのが大変になりますが、審査や融資までのスピードについても銀行よりかなり早いので、ピンチを切り抜けるのに消費者金融は役立ってくれます。

人気の消費者金融カードローン

※カードローンを申し込む時は上限金利を確認してください。
はじめて申し込まれる人が下限金利を適用されることはありません。

1位プロミス
プロミス縦

無利息期間 はじめての人は30日間無利息※P1
実質年率 17.8%
限度額 500万円

低金利&即日融資も可能
返済額を少しでも減らしたい人におすすめ。
審査時間は最短30分&最短1時間で即日融資も可能。

プロミス縦ランキング

2位アコム
アコム縦

無利息期間 はじめての人は30日間
実質年率 18.0%
限度額 800万円

はじめての方は最大30日間も金利が0円となります。ネットで契約まで可能なのでわざわざ店舗に行く必要はありません。
アコム縦ランキング 即日

3位SMBCモビット

無利息期間
実質年率 18.0%
限度額 800万円

全てWEBで完結するモビット。
10秒簡易審査ができる人気のカードローン
モビット縦ランキング

※P1:※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

お金を借りる方法はいろいろある!最後まで諦めない

お金に困った場合に使える方法を、簡単な順番に見てきました。お金がないとき、頼りになるのはまず家族、そして役所、銀行、消費者金融の順です。

巷には、「カードローンを借りよう」と宣伝するサイトが数多くありますが、生活に困ったら、まずはカードローンの前に頼るべきところがたくさんあります。

女性オペ

とくに、役所は冷たいようで頼りになりますので、本当に困窮したら頼ってみましょう。

日本の役所は申請主義なので、自分から頼ってくる人を積極的に保護する傾向があります。

また、自分のビジネスなどでお金を借りたい場合は、銀行などに頼ると良いでしょう。
ちゃんと返す気があるのであれば、お金を借りることはそれほど悪いことではありません。
むしろ、資金を調達して、事業をスケールアップさせることができます。

お金を借りる方法はいろいろありますので、困っても諦めないでください。