「お金がない。なんとかして調達しなければ」
「お金を誰かに、どこかで借りたいのだけれど」

このページをご覧の方は、今まさにそう思っていませんか。

もしかしたら、今お金がなくて困っているのではないでしょうか。

ここでは、お金がなくて困っている人ができる行動について、あらゆる角度からまとめていきます。

お金を作る方法には何がある?

お金を作る方法は、借りるだけだと思っていませんか?
当サイトでは、カードローンを紹介しているので、そう思われるのも当然でしょう。

しかし、お金を作る方法は意外とたくさんあるもの。

まずは、お金を作る方法を書いていきましょう。

  • ダブルワークをする
  • 役所に申請する
  • 親などに借りる
  • カードローンなどを利用する

実際にはもっとたくさんの方法がありますが、簡単にできるものを選んでみました。

優先順位としては、書いた順番通りです。

ここからは、各方法について下記の視点からまとめていきます。

  • 簡単にできるかどうか
  • 実践するにあたっての注意点
女性オペ

銀行カードローンや消費者金融は、基本的に最後の手段です。

なんでもかんでも、サラ金で借りればよいという問題ではありません。
借りることを考える前に、やれることをやりましょう。

では、お金を調達する方法を見ていきましょう。

ダブルワークをする

お金がない時、まずは働くことが基本。

もっとも手っ取り早い方法としては、ダブルワーク(掛け持ち)があります。

つまり、「本業以外に別の稼ぎ口を持とう」という考え方ですね。

ダブルワークといえば、本業とは別の会社などでアルバイトをするのが普通でした。

以前は「肉体疲労が残る」などの理由で、敬遠する人もたくさんいました。

しかし、今はパソコンがあれば誰でもダブルワークができる時代です。

実際、今年に入って厚生労働省も「兼業・副業を推進する」と発表しました。

すぐに副業の全面解禁というのは難しいかもしれませんが、徐々に副業禁止規定を廃止する企業も増えていくのではないかと予測されます。

法律で副業禁止となっている公務員以外は、副業しやすくなる時代になったといえるでしょう。

ここでは在宅ワークができるサイトなどを紹介していきます。

一緒にダブルワーカーへの道を歩みましょう。

実践するにあたっての注意点

在宅ワークをはじめるにあたって、いくつか注意点があります。

  • しばらくは低報酬の時期が続きやすい
  • 専門にできる分野を見つけることが大切

ここで紹介するサイトやサービスなどについては、誰でも一度は名前を聞いたことがあるものばかりでしょう。

実際、在宅ワークでかなりの額を稼いでいる人が多いのも確かです。

ただ、最初は無報酬から低報酬の時期が続きやすいという特徴があります。

例えば、アフィリエイトは月の報酬が100万円以上という人もたくさんいるので、憧れる人も多いと思います。

参入障壁も低いので、参入しようとする人が多い分野のひとつです。

しかし、実際は開始後数ヶ月間無報酬というのがほとんど。

あるデータでは、アフィリエイターの約半数は月収5,000円未満、5,000円未満のうち約半分が無収入とも言われています。

クラウドソーシングなどで在宅ワークをするとしても、単価はあまり高くありません。

最初のうちは、500文字のテキストを書いて100円、1,000文字のテキストを書いて300円というように、1文字あたり0.2円~0.3円とあまりお金にはならないのが現状です。

では、少しでも報酬を上げるためには何が大切なのかというと、次の2つでしょう。

  • 絶対に挫折しない
  • 専門にできる分野を見つける

当たり前のことですが、いつまでも稼げないのは挫折するから。
つまり、稼げるようになる前にやめているからですね。

アフィリエイトでは、月に100万円以上稼ぐ人がいると書きましたが、月に5,000円未満しか稼げない人の方が圧倒的に多くいます。

普通は、中間層(数万円~数十万円程度稼ぐ人)がある程度いるものですが、それも全体の1割~2割程度です。

つまり、大きく稼げるかあまり稼げないか、その両極端に多く集中しているわけです。

クラウドソーシングなどでも同じことですが、最初は低報酬でも経験を積んで信用が得られてくると、少しずつ単価が上がってきます。

地味にコツコツと、積み上げていくことが大切な世界です。

そのために必要なのが、できるだけ専門にできる分野を見つけること。

専門性が発揮できる分野であれば、高単価の案件を得ることも可能になります。

クラウドソーシングで稼ぐ

クラウドソーシングも、先に書いたように単価としては決して高いとはいえません。

ただ、お金に困っている人であれば、飛びつきたいと思う人もいるので、念のために説明します。

代表的なサービスとしては、下記の4社です。

この中でも、クラウドワークスは手数料こそかかりますが、売り上げをすぐに出金できるサービスがあります。

そのため、お金に困っている時はすぐに仕事をしてお金を作ることが可能なのです。

こういったクラウドソーシングでおすすめなのは、バナー制作やテキスト納品などのように、パソコンと自身のスキルだけでできる仕事です。

特にバナー制作については、MacbookなどのノートPCとPhotoshopなどの画像処理ソフトがあれば、自分の感性だけで仕事を取ることができます。

テキスト制作は、先にも書いたように単価としてはやや低めな傾向にあります。

しかし、何か得意なジャンルがあれば、高単価の案件を受注することも可能です。

例えば、車が好きな人であれば車のメディアに応募してみる、子育ての経験がある人であれば、そこで得た知見を子育てメディアに書いてみるという方法があります。

そこで専門性が評価されれば、高単価の案件を得ることができます。

基本的な支払いサイクルは、15日および月末払いです。
売上が上がっていても、入金日までは時間もかかるので注意して下さい。

スキル販売サイトを活用して稼ぐ

「私には得意なことなんて…」と尻込みしてしまいがちですが、誰しも得意なことを持っていると思います。

そういった特技を、スキル販売サイトで販売するのも一つの方法です。

代表的なサイトとしては、下記の5つあります。

この中では、ココナラ、TimeTicket、ANYTIMESの3つは総合的なスキル販売サイトです。

似顔絵作成や占い、プロフィール作成、その他イラスト、バナー制作など様々なスキルが販売されています。

価格は様々で、だいたい500円~3,000円程度で販売している人が多いようです。

minneはハンドメイド作品を販売できるサイトで、SKIMAは個人間でデザインやイラストを依頼することができるサイトとなっています。

ハンドメイド作家の方やイラスト作成を行っている方は、こういった専門サイトを使ってみるのもいいでしょう。

報酬の振込タイミングは、申請日翌日の14時まで、毎月5日および20日払いなど様々ですが、少なくともサービス提供から1ヶ月以内には振り込まれます。

ここで大切なのは、自分が得意なこと、楽しんでできることを販売することです。

その他、お金を作る方法については、こちらの記事もご参照下さい。
今日中に【お金】現金が必要なときはこれ!今すぐお金を用意する20の方法

親や公的施設から借りる

先にも書いたように、お金を借りる前に稼ぐための仕組みづくりを行うことが大切です。

しかし、その途中でどうしてもお金が足りなくなってしまうこともあるかもしれません。
そんな時は、カードローン以外からお金を借りる方法があります。

具体的に書くと、次の2つです。

  • 親・親戚から借りる
  • 公的施設(社会福祉協議会)から借りる

それでは、上記2つについて順番に見ていきましょう。

親・親戚から借りる

何度も書いているように、できる限り自分で稼ぐことが一番なのは言うまでもありません。

ただ、生活するためにはある程度のお金が必要です。

結果として、物理的・時間的にどうしてもお金が用意できない時があるでしょう。
もしくは、気力的に限界が来てしまうことも。

その時に、「借りる」という選択肢が出てきます。

「できれば頼りたくない」と考える人もいるかもしれません。
それでも、一番お願いしやすいのは親や親戚です。

では、お金を借りる際にもっとも大切なことは何でしょうか。
それは、「お金がどうして必要なのかを正直に話す」ことです。

家族間であれば、いろいろなことが曖昧になってしまいがち。
しかし、家族間だからこそ信頼関係が何より大切なのです。

  • なぜお金が必要なのか
  • 借りたお金をどのように使うのか
  • どうやって返していくのか

こういったことをしっかりと話し合った上で借りるようにしましょう。

女性オペ

親子・親戚間では、何かと曖昧になってしまうことがあります。
しかし、親や親戚から借りたからといって、返さないのはよくありません。
家族だからこそ、きちんと返していくのが大切なのです。
念のために借用書などを作り、借りた履歴を残しておきましょう。

公的施設(社会福祉協議会)から借りる

親や親戚から借りられなかった場合は、役所などの公的施設に頼りましょう。

例えば、各都道府県に「社会福祉協議会」という組織があります。
この社会福祉協議会は、正しくは社会福祉法人という独立した団体です。

「市区町村役場などと連携している」というイメージで考えると分かりやすいでしょう。

この社会福祉協議会が行っているのが、生活福祉資金貸付制度。

対象範囲は幅広く、福祉機器の購入や商売の経費から、教育支援、生計費まで利用できます。

事業資金などにも使えるので、ビジネスを興したい人であれば、利用したいと思う人も多いかもしれませんね。

ただし、申し込むためには、下記のうちいずれかを満たすことが必要です。

  • 低所得者
  • 高齢者
  • 身体障害者

・収入が少なく、金融機関等から借り入れができない人・家庭
・65歳以上で療養や介護が必要な人
・身体障害者手帳などを持っている人で、働くことができない人

というように、条件が限定されています。

当サイトを見られている人であれば、「低所得者」が当てはまると思います。
ただ、この基準は管轄する社会福祉協議会で違いがあるようです。

一例をあげると、

・生活保護を受ける基準の2倍以下の収入であること
・住民税が課税されない地域に居住していること
・家族構成が3人であれば、世帯年収が480万円以下であること

というように、都道府県ごとに違います。

この条件については、最寄りの社会福祉協議会に問い合わせてみて下さい。

社会福祉協議会が行う、生活福祉資金貸付制度がどうして人気なのか。
その理由は、低金利なことにあります。

利率は、年利1.5%~3.0%。

利息が低いと言われる銀行カードローンの上限金利でも、ここまで低利なところはあまりありません。

そういうところから見ても、この年利がいかに低いかということが分かるでしょう。

連帯保証人をつけることができれば、「無利息」での融資も可能です。

ただ、これだけの条件なので、審査の方はかなり厳しいと言われています。

実は、民主党政権時には積極的な福祉政策が行われていました。
そのため、社会福祉協議会もかなり融資を行っていたようです。

しかし、融資を拡大した結果、3万円を借りてあとは音信不通になった人が続出しました。

そうした経緯を経て、かなり厳しい基準が設けられているようです。

現在は、このような厳しい基準をクリアした人でないと融資してもらえません。

  • 確実に月給が入る、保険金が入るなど、確実に収入が見込める人
  • 上記のことを文書で証明できる人

きちんと働いている、もしくは保険金が入る予定になっているなど、確実に収入がある人で、その旨を文書で証明できる人しか融資してもらえません。

もしも失業中というのであれば、失業保険が給付される可能性があるため、ハローワークに行くように促されます。

その他、消費者金融などで借入ができるのであれば、先にそれらを利用するように促されることもあるようです。

このように、利用するにはかなりハードルが高い制度です。
しかし、今後の動きいかんでは貸付の基準が緩和される可能性もあります。

利用を検討されている方は、定期的に社会福祉協議会へ確認してみるといいでしょう。

役所に申請する

生活が困窮している場合など、市区町村役場に頼ることも可能です。

一例として、下記のような制度が設けられています。

  • 家賃補助制度
  • 障害年金
  • 生活保護

役所の場合は「申請第一主義」で、申請しないとこれらの補助を受けられません。
ただ、申請を行うと、最大限力になろうとしてくれるのもまた役所です。

困ったときには、思い出してみて下さい。

家賃の支払いに困ったら家賃補助制度

今、家賃の支払いに困窮していませんか?

意外と知られていないのですが、厚生労働省が作った「住宅支援給付制度」という制度があります。

例えば、雇い止めや失業、解雇といった理由で自宅を失いそうな場合、役所からの家賃補助制度を受けることが可能です。

条件としては、下記のような規定があります。

  • 離職後2年以内および65歳未満の方
  • 離職前に主たる生計維持者であった方もしくは申請時に主たる生計維持者である方
  • 就労能力および意欲があり、ハローワークで求職申込みを行っている方
  • 世帯における収入が一定額以下の方(2人世帯で月17.2万円以内)
  • 世帯による預貯金が一定額以下の方(複数世帯の場合100万円以内)
  • 住宅を喪失もしくは喪失のおそれがある方
  • 申請者および生計を一にする親族が、住居等困窮離職者に対する雇用施策による給付等類似の貸付または給付を受けていないこと
  • 申請者および生計を一にする親族のいずれもが暴力団員でないこと

これらの条件をすべて満たしていることが必要です。

支給額は、東京都内で単身世帯が53,700円、複数世帯で69,800円まで(お住いの地域により異なります)。

支給期間は原則3ヶ月(最長9ヶ月)です。

相談窓口は、お住いの地域の市区町村役場・福祉課になります。

賃貸住宅にお住まいの方、会社の寮に住んでいて退去を求められている方などは、この制度の利用対象になっている可能性があるので、役所の福祉課に相談してみて下さい。

その他、東京23区内であれば住む場所によって、区独自の家賃助成制度を設けています。

18歳未満の子供を2人以上不要・同居している親子世帯などの条件はつくものの、引越し費用や区立住宅の家賃が一定期間助成されます。

条件に該当しそうな方で、都内に在住の方はこういった制度の利用を検討してみてもいいかもしれませんね。

何らかの持病で困窮しているのであれば、障害年金なども有効

もしも生活の困窮によりお金が必要なのであれば、借りる前に福祉制度の利用を考えてみて下さい。

例えば、あなたや家族に何らかの持病があって生活が苦しい場合、条件を満たしていれば障害年金などを支給してもらえる可能性もあります。

障害年金を受給したい場合であれば、条件は下記のとおりです。

  • 初診日に国民年金・厚生年金・共済年金のいずれかに加入している
  • 初診日までに一定期間以上(前日時点で3分の2以上)保険料を支払っていること
  • 障害(後遺障害)の程度が条件を満たしていること
  • 初診日当時の年齢が20歳以上65歳未満であること
  • 先天性の障害がある方、成人前に発症した障害により働けない場合は20歳未満でも可能

基本的には、国民年金・厚生年金・共済年金のいずれかに加入していることが原則です。
また、一定期間以上年金保険料を納めていないと、受給できません。

そのため、年金に未加入であれば、障害年金を受給することは不可能です。

なお、初診日当時の年金加入状況で支給額が異なります。

一例として、メンタルの不調でクリニックに通い、「うつ病」などの診断を受けたとします。

サラリーマンとして勤務していた時に診断を受けたのであれば、厚生年金なので10万円近く支給される可能性があります。

一方、会社を退職して国民年金に加入した後で受診したのであれば、国民年金となるので約55,000円程度でしょう。

障害年金は、生活保護のように資産や持ち家等の制限はありません。

また、世間的に見ても決して世間体は悪くないでしょう。

ただ、規定が細かく個人で申請するには難しい部分もあるので、社会保険労務士に相談してから申請することをおすすめします。

最終手段として「生活保護」の申請を

「生活に困窮してしまって、どうしようもない」という場合であれば、最終手段として利用できる制度が生活保護です。

生活保護とは、病気や事故などにより働けない時、医療費の支払いなどで生活に困っている世帯に対し、最低限度の生活を法律に基づいて保護する制度のことをいいます。

これは国民の権利なので、どうしても困ったら利用してもいいのです。
実際、短期間だけ利用して、あとは社会復帰していく人もいます。

銀行通帳など財産に関する書類や家族の住所など、あらゆる書類の提出を義務付けられるので、手続きはかなり面倒ですが、申請が認められると水道料金や国民年金、医療費の支払いが免除されます。

例えば何か大きな病気にかかって働けなくなり、お金に困っている人でも、書類を用意すれば申請できます。

このように書くと家賃の安い家に住んでいる人が受けているように思われがちですが、実は持ち家があっても、売却時の価値が低ければ、生活保護を受けることが可能です。

昨今、生活保護関連のトラブルが多く報道されていることで、あまりイメージはよくありません。

その上、支給額もそれほど多くなく、世間体も悪いかもしれません。

ただ、どうしてもお金がない場合には検討してみる価値は十分あるでしょう。

銀行・消費者金融で借りる

ここまで、お金を借りる手段について色々と見てきました。
しかし、一般的には銀行、もしくは消費者金融で借りるのが王道でしょう。

ここで注意点があります。

銀行や消費者金融で借りる場合、使途が明確になっている場合とそうでない場合で利用できる商品が異なります。

ここでは、それぞれの場合について見ていきたいと思います。

用途が決まっていたら目的別ローン

利用用途が決まっているのであれば、目的別ローンという商品がおすすめ。
この目的別ローンは、各銀行・消費者金融会社で用意されています。

  • 車を購入したいのであればマイカーローン(自動車ローン)
  • 住宅購入資金にしたいなら住宅ローン
  • 教育資金に利用するなら教育ローン

目的別ローンは、特定の用途に特化したローンとなっています。
そのため、金利もかなり低く設定されていることが特徴です。

そのかわり、特定の用途に使われるローンなので、見積書や請求書などその使い途を証明できる書類が必要です。

そのため、審査についてもやや時間が長くかかってしまう可能性があります。

ただ、金利も低く設定されているので、目的が決まっていればかなりお得です。
該当する商品があったら、是非検討してみて下さい。

目的が決まっていないならカードローンもおすすめ

銀行・消費者金融ともに、目的を問わないカードローンもあります。
いわゆる「キャッシング」ですね。

事業資金以外の用途、生活費、旅行などの遊興費、交際費など使い途はなんでも構いません。

金利は銀行カードローンで、上限金利が14%台。
消費者金融の上限金利は18%前後です。

金利については、銀行カードローンより消費者金融の方がやや高めとなっています。

ただし、審査の際に「信用情報」というクレジットスコアが利用されます。

日本国内の信用情報機関は全部で3社。
銀行・消費者金融などの貸金業者は、1つもしくは2つ以上の機関に加盟しています。

情報機関内で信用情報が共有されており、まずブラックになっている人は利用不可能です。

また、一度でも返済が遅れてしまうと、異動情報に記載されるため信用に響くことにも。

カードローンを利用するのであれば、使いすぎないようにして下さい。

銀行は審査が下りるまでに時間がかかる!ならば消費者金融

銀行や消費者金融には、「キャッシング」と呼ばれる使い途自由なカードローンと、使い途が限定される目的別ローンがあります。

目的別ローンを選ぶにしろ、カードローンを選ぶにしろ、銀行を選んだ方が手堅いのは間違いないでしょう。

しかし、銀行はカードローンでも審査には時間がかかりやすい傾向にあります。

「できるだけ早く借りたい」もしくは「急いでいる」というのであれば、消費者金融がおすすめです。

消費者金融であれば、アコムやプロミスなどが代表的な業者です。

消費者金融の場合は大手・中小を問わず、30日間無利息期間が設けられているなど、短期間で返済できるのであれば確実にお得になります。

ただ、前にも書いたように、上限金利は18%前後とそこそこ高いのが難点。

長期に渡って返済することになると、返済がやや大変になるかもしれません。

ただ、審査や融資に関しては即日融資も可能で、スピードは銀行よりもかなり早いので、急いで借りたい時には役立ってくれるでしょう。

想定される利用シーン

目的別ローンについては、最近はWEBから申込可能な商品もありますが、窓口で申し込むこともできます。

例えば、マイカーローンであれば、給与振込口座にしていたり、クレジットカードを持っていたりするだけで優遇金利を受けられる可能性があります。

指定口座を持っている銀行で、希望する目的別ローンを扱っているのであれば、その銀行を利用するといいでしょう。

カードローンでも同様で、銀行であれば無利息キャンペーンの他に、カードローンの利用が預金金利や振込手数料優遇プログラムの適用条件になっている場合も。

住信SBIネット銀行など一部の銀行に限られるものの、メインバンクにしている方はそういった銀行を検討してみるのもいいかもしれません。

通常のカードローンは、一部を除いてWEBから申込可能です。

気になるカードローンがあれば、自宅のPCやスマホから申し込みを行い、審査結果を待ってから利用するスタイルが一般的になると思います。

カードローンも利便性が上がってきているので、積極的に利用してもいいかもしれませんね。

人気の消費者金融カードローン

※カードローンを申し込む時は上限金利を確認してください。
はじめて申し込まれる人が下限金利を適用されることはありません。

1位プロミス
プロミス縦

無利息期間 はじめての人は30日間無利息※P1
実質年率 17.8%
限度額 500万円

低金利&即日融資も可能
返済額を少しでも減らしたい人におすすめ。
審査時間は最短30分&最短1時間で即日融資も可能。

プロミス縦ランキング

2位アコム
アコム縦

無利息期間 はじめての人は30日間
実質年率 18.0%
限度額 800万円

はじめての方は最大30日間も金利が0円となります。ネットで契約まで可能なのでわざわざ店舗に行く必要はありません。
アコム縦ランキング 即日

3位SMBCモビット

無利息期間
実質年率 18.0%
限度額 800万円

全てWEBで完結するモビット。
10秒簡易審査ができる人気のカードローン
モビット縦ランキング

アイフル

無利息期間 はじめての人は最大30日間
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円まで

最短30分で審査が完了し、即日融資も可能なアイフル。※I1
モビット縦ランキング

※P1:※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※I1:お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。ご連絡いただいた時間帯によっては、お急ぎのご融資のご希望にそえない可能性がございます。

まとめ~お金を用意する手段はたくさんある!最後まで諦めないことが大切!

ここでは、お金を用意する(借りる)必要に迫られた際に使える方法について見てきました。

お金を作りたいのであれば、最初に働くことを考えましょう。

特に、今はパソコン1台あればお金を稼ぐ手段がある時代です。
そういった仕事は在宅ワークが可能です。

本業が休みの日など空いた日に仕事が可能なので、選択肢に加えてもいいでしょう。

また、現在失業している人でも、こういった在宅ワークやアフィリエイトなどを行って、少しでもお金が入ってくる仕組みを作ると後々役立ちます。

しかし仕事を始めて間もない時、仕組みを作っている途中にお金が足りなくなった時は、借りることを考えなければなりません。

その時に頼りになるのは、家族、役所、銀行・消費者金融です。

お金を借りなければならなくなった時に頼る順番も同じく、家族、役所、銀行・消費者金融の順番になります。

巷には「カードローンを借りよう」と宣伝するサイトが数多くあります。

当サイトもカードローンを紹介するサイトですが、カードローンに頼りすぎて多重債務に陥る人を多く見てきたことから、安易な利用はおすすめしていません。

それに、カードローン以外に頼るべきところがたくさんあります。

女性オペ

とくに、役所は冷たいようで頼りになりますので、本当に困窮したら頼ってみましょう。

日本の役所は申請主義なので、自分から頼ってくる人を積極的に保護する傾向があります。

また、事業のためにお金を借りる必要があるのであれば、銀行などに頼るといいでしょう。

きちんと返済する気があるのであれば、お金を借りることに罪悪感を感じる必要もありません。

むしろ、資金調達することで事業を大きくするチャンスです。

家賃の支払いや生活に困窮した時、助け舟になってくれるものはいくらでもあります。
最後まで諦めないで下さい。