駅でお金借りる方法があった!利用条件と注意点をチェック!

「電車から降りるときに乗車券がない」「運賃が足りない…」など、駅の中でお金がなく困った経験がありませんか?手元にお金がないと焦りと不安でいっぱいになりますよね。

実は、駅で財布を落としたり乗車券がなく困ったりした時は、駅からお金借りられるのです。どんな流れや条件があるのか、詳しく解説します。

この記事でわかること

・駅でお金を借りられるのか
・駅でお金を借りる方法
・駅からお金借りる条件
・お金借りるメリットやデメリット
・駅でお金借りられない時の対処法

駅でお金借りることができる!

財布を紛失して困ったりした時は、駅からお金借りられます。まずは、近くにいる駅員さんや窓口でお金がなくて困っていることを相談しましょう。

多くの人は、電車に乗っている最中に切符や定期券の紛失に気づき、下車できずに悩みます。切符や定期券がなければ改札口を通過できないので、そのままでは外へ出られません。

乗り継ぎで改めて切符を買うお金がないなど、状況によっては駅でお金を貸してもらえることがあります。

駅でお金借りる方法の流れ

駅でお金を借りるには「着駅精算」という手段を利用できます。

着駅精算とは、何らかの事情により運賃代がない状況の人へ、最寄り駅で誓約書を交わしてお金を貸す制度です。交通機関では大きく制度を公表していませんが、着駅精算は公共交通機関の義務なのです。

駅でお金借りる流れ

駅でお金借りる際の手順を確認していきましょう。

1.下車駅で駅員に相談
2.誓約書(支払い猶予願い書)を書く
3.身分証明書の提示
4.駅員から誓約書の控えを受け取る
4.改札口を通過
5.後日精算する

駅からお金を借りるには、必ず誓約書の記入と身分証明書を確認されます。誓約書には住所や氏名、住所、不足分の運賃代など記載します。

一緒に身分証明書の提示が必要ですが、財布を落とした場合、身分証明書も一緒に紛失した可能性もあるでしょう。お金がない事情によって身分証明書の確認は自宅への電話など、別な方法で証明する可能性があります。

切符や財布など落として困ったら、まずは近くにいる駅員さんへ事情を話してみましょう。

駅でお金を借りる際の注意※誰でもOKではない!

駅でお金借りる方法は簡単ですが、誰でもお金が借りられるとは限りません。駅でお金借りるには、一定の条件があるので注意してください。

駅でお金借りる注意点①乗車券を持っている人のみ

駅からお金を借りられる人は、乗車券を持っている人です。

本来、乗車券がない状態で電車に乗ると鉄道営業法に反した違法行為であり、無賃乗車として扱われます。乗車券がないと改札内へ入れないため、着駅精算するには「乗車券を買って電車に乗ったはいいけど、目的駅までのお金が不足した」際に利用できるのです。

そのため、電車に乗る前に切符などを購入していない時点でお金を借りられる可能性は低いといえます。

駅でお金借りる注意点②正当な理由が必要

たとえ改札口の中でお金に困ったとしても、正当な理由がなければ駅からお金借りることは難しいでしょう。まず、着駅精算について世間の認知度が低く、後日精算を毎回目的としてお金を借りようとする人は注意してください。鉄道会社も毎回、着駅精算でお金を貸してもらえるとは限りません。

駅でお金を借りる理由として認知されやすいのが、次のような状況です。

・満員電車の中で切符を盗まれた可能性がある
・乗り越し精算でお金がなく困っている
・ICカードで乗車したけど差額チャージ分のお金がない
・乗り換えの切符を落としてしまった

駅員さんによって対応が異なるので、上記のような理由でも断られる可能性があります。また、職業や駅を利用した理由など事情を深く聞かれるケースもあるので、聞かれたことはウソをつかずしっかりと答えなくてはいけません。

駅でお金借りる注意点③借りた駅でお金を返済

駅からお金を借りたら、誓約書を書いた駅へお金を返済します。自宅や職場近くの駅にお金を返しても対応してもらえないので気をつけましょう。

駅でお金借りる状況は人さまざまで、中には旅行中や出張先で利用するケースも多いです。自宅から離れた場所であれ、着駅精算を利用したら期日までに返済金を持って返しに行く必要があります。

駅でお金借りる方法のメリット・デメリット

駅でお金を借りることができれば、目的地までのお金が足りなかったなど、緊急時にとても助かります。メリットが多いように見えますが、デメリットもいくつかあるので利用前に必ず確認しましょう。

駅でお金借りるメリット

・運賃不足の困りをその場で解決
・誤乗であれば運賃が免除

駅でお金借りるには、駅員さんに相談してから問題解決に向けて対応してもらえます。多くの場合、乗車したはいいけど運賃不足などその場でお金を貸してもらい解決できます。

また、仕事で疲れて電車内で眠ってしまい、乗り過ごすケースもあります。下車駅で追加分の運賃が足りない状況も、駅員さんに乗り過ごしの事実を相談しましょう。

駅員さんによって対応は異なりますが、あまりにも目的駅から離れた場所で下車すると誤乗が認められ、乗り過ごした区間分の運賃代が発生しない可能性があります。状況で大きく変わるので、駅でお金に困ったら状況を詳しく説明しましょう。

駅でお金借りるデメリット

・不正乗車と見られる可能性が高い
・着駅精算の支払いが遅れると罰金
・お金を借りるまで時間がかかる
・駅員さんによって対応が厳しい

駅からお金借りるデメリットで大きいのが、不正乗車と判断されたケースです。不正乗車はキセル乗車とも言われ、定期券の区間外と知りつつ乗車したり目的地までの切符を買わずに乗車したりするのは違法行為です。

財布を落としたなど、駅員さんに理由を説明すれば駅からお金が借りられますが、不正乗車と判断されると通常運賃の約3倍の罰金が発生します。同時に着駅精算の返済日が遅れると法的に罰則を受けなくてはいけません。最終的に刑事告訴に発展するケースもあります。

駅でお金借りられるとはいえ、事情の説明や誓約書の記入、身分証明書提示など確認作業に多くの時間を要します。大切な取引など、時間が迫っている状況だと間に合わないといった可能性もあるのは大きなデメリットといえるでしょう。

駅でお金借りることができない時の対処方法

万が一、駅でお金借りられない状況でも「タクシーを使う」「交番に相談する」の2つの方法で対処できます。それぞれの流れや注意点を確認していきましょう。

タクシーで自宅に帰る

駅でお金借りる方法が難しい場合はタクシーで自宅へ戻り、不足した運賃や定期券を取りに戻る方法があります。自宅が近くになくても、周辺に両親や友人、会社の人などお金を貸してくれる人がいれば相談しましょう。

駅の運賃不足について、まずは駅員さんに事情を説明します。自宅が近いなどでお金をすぐ用意できるのであれば、身分証明書など提示してタクシーでお金などを取りに戻ります。

タクシーは下車する際に料金が発生するので、乗車時にお金がなくても誰でも乗れます。自宅や知り合いからお金を入手してから、乗車賃を支払えばいいので有効です。

交番でお金借りる

事情を説明しても駅でお金が借りられなかった場合は、交番へ相談する方法もあります。

交番では公衆接遇弁償費といって、上限1,000円までお金を貸してもらえる制度があります。交番からお金を借りる制度は、財布を紛失したなどお金に困った時に誰でも利用できるのです。

駅でお金借りる方法と同じく、交番でお金借りる際も誓約書の記入や身分証明書の提示が必要です。誰でも借りられるとはいえ、返済しない人が急増していることから着駅精算のように条件が厳しくなりつつあります。

交番でお金が借りられたら、駅で不足した運賃を必ず支払いましょう。

交番・警察署からお金借りる方法!利用条件と注意点をチェック!
財布を落としてしまったり盗難にあった場合、手持ちのお金が無くなってしまいます。当然ながら、クレジットカードやキャッシュカードもなく「家に帰るお金がない!」となった時に困ってしまいますよね。歩くのには遠いし、近くに友人や家族もおらず あてにで...

カードローンなら最短1時間でお金が借りられる!

駅からお金借りるには、事情を話して駅員さんに認めてもらわなくてはいけません。駅員さんによっては不正乗車とみなし、厳しい対応を取られる可能性もあります。本当にお金がなくて困っているのに事情をわかってもらえないと、強い焦りと不安に襲われることでしょう。

駅でお金を借りることにデメリットが多いと感じたら、カードローンを検討してみてはいかがでしょうか。

まず、駅でお金を借りるのとカードローンの利用、どちらが緊急時に優れているのかを比較してみました。

駅からお金借りる カードローン
融資時間 駅員さんによる(約1時間~) 最短1時間
申込み方法 最寄り駅で誓約書を記入 ・WEB申込み
・電話
・窓口や自動契約機
借入れ上限 運賃不足分のみ 最大800万円
条件 正当な理由が必要
・財布を紛失した
・乗り継ぎの運賃が不足など
・満20歳以上
・安定した収入がある人
(アルバイトや派遣社員も可能)
デメリット 不正乗車と判断されると法的処置 利息が発生する

2つの大きな違いはデメリットです。駅からお金を借りるには、駅員さんに認めてもらえる事情を説明しなくてはいけません。駅員さんによって対応が異なるため、本当のことを離してもわかってもらえず、中には不正乗車と見られてしまう可能性があります。

一方、カードローンは利息が発生します。最短1時間、WEB完結でお金を借りられるため、駅からお金を借りるより早く現金化できる確率が高いでしょう。カードローンを選ぶなら、申込みから借入れまで早い、30日間無利息など、サービスが充実したところがおすすめです。

数あるカードローンの中で満足したサービスを提供しているのが「SMBCモビット、プロミス、アコム、アイフル」の4社です。各社の詳しい情報を確認していきましょう。

SMBCモビット

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1万円~800万円
融資時間 最短1時間
無利息サービス なし

SMBCモビットは「WEB完結申込、電話連絡なし」で利用できるため、会社へ在籍確認されることなくお金が借りられます。WEB完結申込には条件があるので、利用前に確認してください。

・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれか保有
・社会保険証または組合保険証
・本人確認書類(運転免許証かパスポート)
・収入証明書(直近2ヶ月分の給与明細書や源泉徴収票など)

申込時に提示できる人は、最短1時間でお金が借りられます。

プロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1万円~500万円
融資時間 最短1時間
無利息サービス 30日間

プロミスは、30日間無利息サービスを実施しているので、早期返済すれば利息なしでお金を借りられます。申込みから融資まで早く、瞬フリ(振込キャッシング)を利用すれば、最短10秒で指定口座にお金が振り込まれ、さらに振込手数料0円です。瞬フリの条件を確認しておきましょう。

・全国約200の金融機関が利用できる
・24時間365日いつでも対応可能
・毎週月曜日0時~7時はメンテナンスで受付停止
※正月(1/1~1/2)やGWの受付時間や対応が異なる

アコム

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1万円~800万円
融資時間 最短1時間
無利息サービス 30日間

アコムは、30日間の無利息サービスと土日祝日でも最短即日融資が可能です。緊急でお金が必要なら、最低でも18時までに契約を完了させましょう。口座へ振込依頼すると、最短1分で融資してもらえます。融資可能な時間帯は金融機関によって異なるので、確認しておきましょう。

楽天銀行:0時10分~23時50分
三井UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行:平日18時まで(初回時に限り)
その他の金融機関:平日14時30分まで

アイフル

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1万円~800万円
融資時間 最短1時間
無利息サービス 30日間

アイフルは、30日間無利息サービスやWEB申込み後、フリーダイヤル(0120-337-137)へ電話することで審査を優先しておこなってくれます。急いでお金が必要な人にメリットの大きいサービスが充実しているのが特徴的です。申込み時間帯によって、審査回答の時間が異なるので、できれば20時までに申込みを済ませておきましょう。

まとめ:誰でも駅でお金借りることはできない

着駅精算の制度を活用すれば駅でお金を借してもらえますが、誰でも利用できるとは限りません。駅員さんに事情を話し、正当な理由であると判断してもらう必要があります。乗車券を紛失したりお金がなくて困ったりしたら、まずは駅員さんに相談しましょう。

理由を認めてもらえるか不安な人は、最短1時間でお金が借りられるカードローンを利用する方法を検討するのも手段のひとつです。駅からお金借りる際は、メリット・デメリットを考えてから行動しましょう。

タイトルとURLをコピーしました