ネットで稼ぐ方法

時間を有効活用!アンケートサイトに登録して試食やモニターでお小遣い稼ぎ

スキマ時間を活用して少しでも節約したいと思う皆さん、今回紹介するアンケートサイトはいかがでしょうか?ちょっとしたお小遣い稼ぎに加えて、思わぬ特典も用意されています。やりたいときにやれるだけでいいので、内職などよりも負担がありません。それでは紹介したいと思います。

アンケートサイトって何?

アンケートサイト、ポイントサイトと呼ばれるものは、毎日10件~20件の簡単なアンケートに答えてポイントをためていくものです。

有名なものとしては

リサーチパネル

ECナビ

ライフメディア

アイリサーチ

キューモニター

NTTコム リサーチ

などがあります。そのほかにもいくつも同様のサイトがあります。

まず、ご自身の属性、プロフィールを登録します。本人確認はないところが多いですが、正直に登録していください。その登録内容をもとに、ご自身に合ったアンケートが送られてきます。

つまり、30代会社員男性の人には、20代女子大生向けのアンケートは初めから来ないということです。属性に応じてアンケートの種類が変わってきますから、何がいい、悪いということはありませんので、ここは正直に答えてみてください。

アンケートは1つにつき数分~10分くらいで回答できます。適当に答えていると、それを振り分ける設問があり、後日運営元から注意のメールが来ます。ペナルティが課されるかもしれませんのでお気をつけてください。

振り分ける設問とは

「この設問は一番右をクリックしてください」

のようなもので、ずっと適当に一番左を選択していると間違えてしまいます。1回のアンケートで得られるポイントは、現金に換算して1円~数円、少ないものだと0.何円というものです。

もしスキマ時間にしっかりと稼ぎたいのであれば、クラウドソーシングでライティングやタスクをした方がいいです。仕事としてやった方が稼ぎになりますので、あくまでこちらはアンケートへの謝礼になります。

あらゆるアンケートサイトに登録して、全てのアンケートに一日中回答し続けていても、毎月1万円分のポイントを稼ぐことはおそらくできません。本当にスキマ時間に何もしないよりもマシ程度に考えておいていただければと思います。

ポイント交換で現金やウェブマネーに!

たまったポイントは、現金や商品券、ウェブマネー、amazonや通販サイトのポイント、Tポイントなどに交換することができます。

色々なアンケートサイトのポイントを1つの共通ウェブマネーなどに交換すると分かりやすいと思います。現金への交換は「最低500円~1000円以上、500円単位」など条件があります。前述のように1つのアンケートサイトでは毎月換金できるくらいポイントをためるのはなかなか大変ですので、気長にポイントをためていくくらいに考えてください。

一定期間ログインしないとポイントがなくなってしまうサイトもあるので注意してください。

WEB系のポイントをまとめる「PEX」というサイトを介して換金するものもあります。ログイン時のパスワードなどが膨大になり混乱してしまうかもしれませんので気を付けてください。

なお、ポイント交換で換金した場合ですが、所得税等の申告は必要ありません(雑所得になる)。雑所得の控除上限である年間20万円を超えてアンケートサイトで稼ぐことはまず無理なので、安心(?)してください。

アンケート以外にできること

でもこれだけだと全然稼げませんし、節約もあまりできなそうです。実はアンケートサイトはアンケートをするだけではないんです。以下の機能を使うと上手に節約生活につなげることができます。

通販サイトへのアフィリエイトの利用

アンケートサイトには様々な通販のサイトへのリンクが貼ってあります。直接そのサイトへ行くのではなく、貼ってあるリンクから飛んで購入すると、いつももらっている通販のポイント以外に、アンケートサイトのポイントも購入額によって得ることができます。

つまり、同じ通販で購入するのであれば、一度アンケートサイトのページから飛んだ方が、ポイントを得ることができ、キャッシュバックや他のポイントへの変換ができるということです。

これは知らない人が多いのでぜひともやってみてください。得られるポイントはそれほど多くありませんが、地道な積み重ねが節約につながります。

試供品、モニターへの参加

アンケートサイトでは試供品のモニターなどを募集していることがあります。うまく条件が合えばタダで商品を手に入れることができます。

また、「ある商品をスーパーで買ってきてレシートの画像を提出しアンケートに答えると商品分キャッシュバック」というものもあります。先着順ですが、商品代金分のポイントが加算されますので結果としてタダで商品を手に入れることができます。

あとは、青汁やサプリなどを限定価格で試してみるなんてこともできます。引き続き購入しなくてもいいので、とりあえず試してみたい商品などがあった場合は、ここから購入してみるのもいいと思います。

サイトを介した登録、資料請求、入会等

アンケートサイトではクレジットカードの入会申し込みや、車の資料請求、保険の窓口の無料相談申し込みなどの案内が来ることがあります。そこから実際の契約につなげる意図があるわけですが、もしちょうどいいタイミングでご自身が考えているものの案外が来た場合、アンケートサイトを通して申し込むとポイントがたまります。

通常のアンケートでは1回数ポイントですが、こちらは数千~数万ポイントになることもあり、1万円単位のキャッシュバックが期待できます。

座談会への参加

アンケートに答えていくと「座談会」や「会場調査」の案内のページに行くことがあります。アンケートサイトでは、WEBアンケートで統計データを取る以外に、条件に適合した人を探し出して、マーケティングのための話し合いに参加してもらうことを目的にしている依頼主もいます。

例えば、「アイスクリームをどのくらい1か月に食べますか?」→「月に2,3回」→「よく食べるメーカーは○○のもの」→「商品は△△が好き」というように回答していくと、

【○○というメーカーの△△というアイスクリームを毎月2,3回食べる人】

が抽出されます。「たまにアイスを食べる人」がどんなアイスが好きなのかを会議室に来て話し合ってもらうわけです。

自分が思うように会場で意見を出し合ってもらい、謝礼として5000円~20000円くらいをもらうことができます。拘束時間は1時間~2時間くらいです。

食べ物や飲み物であれば、会場で試食、試飲があるかもしれません。また、サンドイッチなどの軽食が供されることもあります。

マーケティングのために行うので、まだ試作段階の商品や企画が出されますので、他言は無用。SNSなどへのアップも厳禁ですが、お小遣い稼ぎとしてはかなり効率的です。

平日夜や休日に行われるため会社員の方も大丈夫、といいますかアンケートサイト経由でその人の属性が分かっていますから、会社員なら会社員の枠、専業主婦や学生なら昼に働かいない人の枠になります。

属性によってマーケティングが変わってきますし、ターゲットをどう定めようとしているのかということこそが、座談会や会場調査の狙いですから正直に答えましょう。

ただし、この座談会は毎月参加することは難しく、3か月程度のインターバルを置かないと依頼されないようです。アンケートサイトで参加歴を管理していますし、どうやら各アンケートサイト間で参加者データを共有しているようで、違うアンケートサイト経由なら1か月に2回とか参加できるかというとそうでもないようです。

それを偽って「座談会に出たことがありません」と回答しても「嘘を回答する人」として処理されますので、嘘を言う人は座談会には・・・呼ばれませんよね。正直に回答していただくのが大切です。

アンケートだけではそれほど稼げませんが、そのほかの機能も併用すると、ちょっとしたポイントがどんどんたまっていき節約生活に役立つと思いますのでお勧めします。

まとめ

・アンケートに回答してポイントをため、換金やWEBマネーと交換できるサイトがある
・アンケートの回答ポイントは少ないのでそれだけで稼ぐことが難しい
・本気でスキマ時間を活用して稼ぎたいならばクラウドソーシングのほうがいい
・アンケートサイト経由でネットショッピングをするとポイントがたまる
・試供品やモニターの募集などがある
・商品を買ってレシートを提出するとキャッシュバックされる企画がある
・アンケートに答えて行くと「座談会」や「会場調査」の案内が来ることがある
・座談会は1時間~2時間で5000円以上の謝礼がもらえる
・座談会や会場調査は数か月のインターバルが必要