投資

フィンテックアプリで効率良く金融投資!次世代サービスおすすめ13選

フィンテックで効率よく投資しよう

Fintech(フィンテック)って知ってますか?FinはFinanceのFin、Techはテクノロジーのテックで、あわせてフィンテック。スマートフォンの普及で、手軽に手元で資産管理ができるようになり、さらには次々と新しいサービスが増えています。

フィンテックを難しく考える必要はありません。金融アプリですが、使い方次第で、次世代の資産管理をできるようになります。効率よく金融投資を行いましょう。イマドキの時代はスマホで資産管理して、さらには増やしていくのは当たり前の時代です。

では、おすすめのフィンテックアプリをご紹介していきましょう。どのようなアプリがあるのでしょうか。

【今なら絶対に仮想通貨!超バブル】※アプリでのアカウント開設はできません 開設後の売買はアプリで!

ビットフライヤーならスマホからビットコインを送受信

仮想通貨取引所のビットフライヤーがアプリを出しています。その名もbitFlyerウォレット。これまで要望が強かった、ビットコインの送受信が簡単にスマホから、手軽にできます。これで流行りのビットコイン会計なども可能!誕生日にメッセージ付きでビットコインを送るなんてシャレたこともできるようになります。

ビットフライヤーのアプリなら、QRコードが出せるので、QRコードを読み込んで決済も可能です。日本では東京の一部だけでも、世界では多くのビットコイン決済できるお店があります。ビットフライヤーならそうした世界中のお店に対応。キャッシュレス時代がますます近づきますね。

そしてビットフライヤーのアプリなら、身分証を送付して口座を開設するだけ。ビットコイン取引がはじめてになる初心者の方でも、手軽に売買が可能です。ビットコインは今がまさに旬。しかし値動きが激しく、大きく値段が落ち込むことも。その代わり、反発も大きくまた100万円目指して上昇し続けます。こうしたビットコインの値動きに魅了されている人も多いのです。

ビットフライヤーは国内で最初にできた仮想通貨の販売所です。価格も非常に透明性があり、多くの利用者が使っています。流動性がかなりあるので取引もスムーズにできます。いまホットなビットコインで、新しい時代の資産形成を行いましょう。ビットフライヤーなら、迅速にビットコインのトレードができます。ビットコインは価格が暴落してもすぐに反発してさらに上を目指す傾向があり、暴落したときは買い増しのチャンス!すぐにトレードできるよう、ビットフライヤーのアプリをスマホに入れておきましょう。

今のところiPhoneのiOSアプリのみですが、徐々にAndroidもリリースされていくはずです。

\ アカウント開設はアプリはできません /

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

⇒アカウント開設はこちらから

 

コインチェックはFacebookログインしないで!不正認証を防ぐために

コインチェックのアプリをダウンロードして口座を開く際に、もしかして初心者のあなたは、Facebookのアカウントと同期させようとして、Facebookログインでアカウントを開こうと思っていませんか?それは非常に危険なので絶対にやめてください。

Facebookログインは、ハッキングされる恐れがあります。ハッキングをされてしまったら、不正にビットコインがどこかに送金されてしまい、またそれを防ぐ手段がありませんし、保証するあてもありません。つまり完全犯罪で送金されてしまって追跡のしようがないのです。

こうしたビットコインの不正送金は非常に多くみられ、ビットコイン取引のリスクのひとつとして数えられています。とても危険なので、よそで使っていないパスワードを使って、メールアドレス認証にしてください。それなら、不正なログインを試みようとした人がいた場合は、ただちにメールが飛んできます。危ないので気をつけてください。

コインチェックの取引アプリは非常に簡単で、右上のメニューを開けば、トレードやチャート、送金、受取、履歴、総資産の確認といった標準的な取引所機能をすぐに使うことができます。

コインチェックだけのことではありませんが、日本円で出金してしまうと、その時点で利益確定となり所得税が加算される懸念があります。そのため、できる限りコインチェック内で支払いし、あまり極端に課税されないよう気をつけたほうが良いのではないでしょうか。

直ちに現金化したい!というニーズがあるなら別ですが、仮想通貨の利益は所得税になります

アプリからの登録はできないので登録後にアプリからログインして下さい!

コインチェックのアプリは、iOS版とAndroid版の両方があります。自分のやりたいことに合わせて、アプリをダウンロードしてください。

\ アカウント開設はアプリはできません /

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

⇒アカウント開設はこちらから

 

Zaifならトークンの管理が自由自在

同じく取引所のzaifも、トークンを自由自在に管理できます。ビットコインを所有していても、送金したいというニーズがあると思います。その他のパーティへトークンを送ったり、自分のウォレットで別のものに送金したりなどの管理が可能です。

トークンと通貨の切り替えも可能です。よって送金も非常に便利で、ワンタップで完了するのです。もちろん受け取りのためのアドレスもQRコードなどで表示されるため、簡単に確認できます。そしてトークンを受け取ったらプッシュ通知が来ますので忘れることもありません。

ビットコインだけでなく、XEMMONAコイン、XCPも取り扱っていますので、さまざまなトレードが手元でできます。特にモナコインは日本ならではのネット文化発祥のコインで、さまざまな形で楽しまれています。どの通貨もいまなら買っても損するリスクが非常に小さいため、ビットコインやその他通貨を始めるなら今がチャンスでしょう。ちゃんと送受信履歴の確認もできます。

国内最大手の取引所で、2014年からスタートしています。NEM、XEMやモナコインも取扱可能で、売買を簡単に行うことができます。

そして、ドルコスト平均法でコツコツ積み立てるコイン積立や、25倍のレバレッジをかけた取引なども簡単なので、手軽にトレードをスタートして資産形成が可能となります。

ただし、zaifのアプリは、速度がいまいちです。アプリにする意味があまりなく、ブラウザでzaifのホームページを見てみるのと変わらない操作性なので、zaifアプリはあまり評判がよくありません。Zaifそのものは国内の起業家が立ち上げたベンチャーなので、評判は悪くないのですが、アプリの評価としては、ビットフライヤーやコインチェックの方がスピード感や操作性などは良好だと言えるでしょう。

マネーフォワードは、No1の資産管理アプリ

マネーフォワードはパソコンからも使えるNo1の資産管理ツールです。

家計簿を自動で作ってくれます。クレジットカードの明細や銀行の入出金をベースに、自動で家計簿の項目に振り分けてくれますので、家計簿のグラフが勝手にできあがります。投資をする際に、タネ銭を生活費の残りから作っていくことはとても重要ですので、グラフ化して、家計を何に使っているのか、”見える化”して理解することはとても重要です。

マネーフォワードは、資産管理もできます。3,000近くの金融機関、サービスと連携することが可能で、IDとパスワードを設定するだけで、資産の情報をリアルタイムにマネーフォワードに取り込むことができます。

預金がいくらで何割、株式、投資信託、不動産、年金など、自分が持っている資産の情報をシンプルかつスマートに登録し、閲覧することができます。

自分が持っている全資産情報を、マネーフォワードに登録することができます。その代わりセキュリティ対策も万全で、256bit SSL暗号化を行っています。登録もIDとパスワードを入れるだけで使用スタートできますので、一度登録さえしておけば、あとは自動でクレジットカードの明細や銀行の引き落とし明細から家計簿を作ってくれて、なおかつ資産状況もリアルタイムでわかります。現金の情報も、レシートを撮影するだけで読み取ってくれますので、AIが認識して自動で科目を振り分けてくれます。

刻々と増えていく株式、為替の利益、金投資、投信などの情報が自動更新されますので、自分の資産状況を知ることができます。

 

なら、手持ちのブランド品でノールック融資

CASHというアプリも大人気です。CASHは新しいタイプの質屋アプリです。

質草であるブランド品を写真で撮影し、カテゴリを選んでCASHアプリにかけると、質の値段が決定します。そこで、お金に換金するか、2週間以内に15%の利息をつけて返済するかを自分で決めます。

お金に換金する(CASH化する)を選べば、あとは日付を指定すれば宅配便が集荷に来てくれますので、伝票も書く必要がなく、ブランド品を梱包して渡すだけです。あっというまに口座にお金が振り込まれます。

質草を実際に鑑定せずに融資してくれるので、”ノールック少額融資”と呼ばれています。その代わり、一度に換金できる額は2万円が限度です。1万円以内なら、コンビニにて現金で引き出すこともできますので、非常にお手軽にお金を調達できます。

お金に困ったときに、手元のiPhoneなどを質草に入れてキャッシングのような形で使うこともできますが、返済までの期間が短いのと、金利が15%と比較的高めなので、あまり使っている人はいないようです。これならばキャッシングしたほうが、金利が安くてお得だからです。

CASHは、大人気アプリで制限がかかるほどです。ほとんどのユーザーが、お手軽買い取りアプリとして利用しており、ブランド品を持っている人にはとてもおすすめのアプリとなります。

傾向としては、ルイ・ヴィトンの財布、ナイキのスニーカー、Apple製品などが高値になる可能性が高いようです。質草を写真撮影してAIで自動判定というよりも、どうもカテゴリと商品の状態を自分で選んだ時点でCASHになる金額が決まるような傾向があります。

ですが、だからといってブランド品とは違うものを送ったり、偽ブランドを送ったり、商品そのものを送らなかったりするとアカウントをBANされて二度と使えなくなりますので、不正をする代償は大きいものとなります。

2017年9月現在、iOSのみのアプリ提供になります。Androidアプリはエンジニアを募集している段階です。

準備中

 

ウェルスナビなら、ロボアドバイザーが自動で分散投資

最近はやりのWealthNavi(ウェルスナビ)もおすすめです。ロボアドバイザーというAIが、自動で国際的な分散投資を行ってくれます。

ウェルスナビは、ロボアドバイザーによるおまかせ分散投資です。毎月いくらの投資を行うかを決めて、自動で投資できます。AIを使って、国際分散投資を勝手にしてくれますので、自分で考える必要がなく、なおかつ有利に投資できます。

なぜウェルスナビが優れているのかというと、特定の株式や為替に投資するのとは違って、分散投資だからです。しかも、国際的なものです。経済は何が起こるかは見通せません。これまでも、好景気だと思っていたらいきなり事件や事故などのショックが起きて株価が暴落する、ということは度々ありました。

ですが、世界経済全体を見渡してみましょう。

世界経済はつねにどこかで暴落が起こっていても、全世界全体で見てみると、必ずどこかが発展してきました。全体の富は増えつつあり、人類は豊かになりつつあるのです。今後もその流れは変わらないことでしょう。

だからこそ、分散投資なのです。新興国や途上国などの債権も適宜織り交ぜながら、ロボアドバイザーが適切な投資を行ってくれます。もちろん、投資ですので損するリスクはあります。ですが、収益をあげるのにかなり可能性の高いアプリではないでしょうか。

⇒登録には一旦無料診断が必要です

 

ヤフーファイナンスなら、株価・為替・FXのチェックが無料で

株、為替をトレードする上で、パソコンからの場合はYahoo!ファイナンスにお世話になることは多いのではないでしょうか。掲示板などの機能もついており、口コミなどの情報収集にも最適です。

そのヤフーファイナンスがアプリになりました。

情報が早く、しかも無料で株価や為替などの情報がわかるので、非常に有用です。動作もサクサク動きますので、よくある無料の株価&為替アプリのように、止まることがありません。非常によくできており、インターネットでの評価も高いのが特徴です。

資産状況をひとめで見ることができるので、グラフ化してくれるので助かります。複数の口座を一元管理できて、自分がいま、目標の資産に対してどの程度の達成度なのか、そして資産の推移、資産の増加率などはどうなっているのかがヴィジュアルでわかります。

とてもわかり易いのが特徴で、銘柄名、証券コードと取引所などもきれいに表示されるので、トレードの参考になるでしょう。銘柄名をタップすれば詳細がわかります。検索も非常に便利ですのでおすすめです。

優待検索もできますし、業種一覧から銘柄をチェックすることもできます。株価予想の機能では、銘柄ごとの株価の予想ニュースがでます。リアルタイムでニュースをチェックすることが出来るので、株価が上に行くのか下に行くのか、買い時なのか売り時なのかを自分の頭で考えることができます。著名なアナリストも多く参加しており、トレードの参考になるでしょう。

チャート検索という機能もあります。一本線などのチャートを手書きでアプリに書いてみると、それに似たチャートを描いた銘柄を見せてくれます。業績レポート機能では、経常利益などがヴィジュアルで表示されるので、すぐに理解できます。ファンダメンタル分析に最適で、さまざまなファンダメンタルに関わる売上高などの要素を分析することが可能となります。

 

Polcaなら、思いついた瞬間に資金調達ができる

昨今、フィンテックアプリで新しく登場するものは、オレンジ色のトレードマークになっているケースが多く、「オレンジ系フィンテック」とも呼ばれます。VALU、CASH、そしてこのpolcaです。

Polcaは、「フレンドファンディングアプリ」と呼ばれています。友達から気軽に資金をつのれるというファンディングのアプリです。SNSなどを通じて友達に融資を呼びかけ、300円とか1000円とかの融資を受け取ります。少額なので融資する側も気軽に投げ銭でき、集める側もそれほど心理的な負担なく、お金を集めることができます。

友達同士で気軽に金銭のやり取りができます。金額は300円~100,000円で、何に使っても、とくに公序良俗に反するものでなければプロジェクトを立てることができます。おかえしなども設定できますが、金額がとても低いものなので、「お礼の電話をかける」「心を込めてメッセージを打つ」などでも良いのです。企画を立てて、友達どうしてシェアしていきます。

SNSのフォロワーが多い人であれば、フレンドだけでなく知らない人からもお金を募ることができます。こうしたフレンドファンディングアプリは、法的な寄付行為にはならず、控除の対象にはなりませんが、実質的な寄付行為です。そのため「お金で遊ぶ」という感覚が強くなるため、いまの中高年層には理解しづらいかもしれません。

ですが、若い人は非常に敏感ですので、このpolcaなども、ネットの流行に敏感なアーリーアダプターなどの層で流行っています。気軽に投資できて、お金で遊ぶことができます。

若者はいつだって流行に敏感!フィンテックアプリで資産管理

若者はいつでも流行りに流行です。とくに最近では、ビットコインをはじめとした仮想通貨が人気です。今回は、仮想通貨は取り上げませんでしたが、背景には日本人はリスキー投資が比較的好きだということが挙げられます。また、ミニマリストやシンプルライフが流行し、若者があまり、モノにお金をかけなくなり、生活がシンプルになってあまったお金を投資に使う傾向が生まれたことも挙げられます。

いずれにせよ、フィンテックブームに乗って、コツコツ節約で蓄財して、タネ銭をつくり、なおかつ積極的に投資して資産を形成しましょう。先行き不透明な時代です。いまの若者は老後の年金もあてにならず、日本は財政破綻する可能性もあります。

そんな中で、自分を守ってくれるのがお金です。老後には資産が3,000万円必要だと言います。コツコツ蓄財しているだけではとうてい足りません。積極的な金融投資が必要なのです。

老後のためだけでなく、いま欲しいものを買うためにも投資は必要です。若いうちから金融リテラシーを高めて、積極的に投資しましょう。いまは比較的安全な投資も増えてきて、以前ほどリスキーではなくなってきました。先物などは相変わらず危険ですが、polcaなどでしたらノーリスクで融資を募ることができます。

インターネット上で仲間が多いほうが有利な時代になってきました。アプリではないのでご紹介しませんでしたが、VALUなども自分の価値をビットコインで投資してもらうことができ、仮想通貨は上昇基調にあるのでおすすめです。VALUなども、自分に影響力が紐ついている方が有利な投資サービスです。

フィンテックアプリを使って積極的に金融投資を行い、財産を形成しましょう!今のうちからやっておけば、一財産築くことができます。

 

【クラウド会計ソフトカテゴリ】

フリーは良質なクラウド会計だが、営業が多い?

フリー(freee)はお手軽に決算書を作ることができるアプリです。
フリーがあれば、もう稼いでも税理士は不要です。確定申告の用紙を記入する際の複雑な簿記は一切必要ありません。

フリーの優れた点は、有料プランにするとサクサク日々の帳簿付けができて、レシートなども読み込んでくれて、かんたんに決算ができるところです。これでもう確定申告で慌てないし、税理士に高い顧問料を払う必要もありません。

フリーはアプリも素晴らしく、かなりさくさくと動きます。片手にスキマ時間で処理できるので、かなり時間の節約になります。これまで会計処理は一日取られていませんでしたか?それが面倒で、税理士事務所に全部お願いしていた人も多かったのです。しかし税理士事務所の顧問料は年間20万円近くかかります。それなら、月980円払って、フリーに会計処理を任せたほうが良いでしょう。

アプリのフリーで便利なところはなんといってもカメラ機能。スマホのアプリでレシートをパシャリと写真に撮れば、何に使ったものかを読み込んで、経費処理してくれます。もういちいち金額や摘要を考えて入れていく必要はありません。これなら楽しくてレシートを溜めることがなくなりますね。

これだけ便利なフリーですが、弱点がひとつ。フリーを使ってみるとわかるのですが、営業がすごいのです。電話、メール、ダイレクトメール。さまざまな手段で営業をかけられます。それだけコストをかけているのであれば、営業をやめて値下げしてほしい、と思わなくもありません。

フリーはこの営業がしつこいという点さえなければ理想的なアプリです。そして、自分の家の総収入を知られているのに営業をかけられるというのはあまり気持ちの良いものではないですよね。そうした点を改めてもらうと、最高のアプリになるはずです。

 

弥生クラウドはシェアNo1で使いやすい

さて、弥生クラウドも同じようにクラウド会計のアプリです。
もともと、弥生会計という非常に使いやすいインストール型の決算ソフトがあったのですが、それをクラウド版にしたものです。

弥生クラウドも一般的なクラウド会計同様、簡単に取引が入力できます。その名も「かんたん取引入力」。いかにも簡単そうですよね?シンプルに特化したUIで間違うほうが難しいぐらいの操作性です。

なにせAIが仕訳してくれますので、弥生クラウドに任せておけば日々の取引は簡単に終わります。

弥生クラウドは、2017年3月末の時点で、シェア数No1です。その前の2016年12月の時点では52.8%のシェア率だったものが、2017年3月には56.8%にシェアが伸びています。そのため、トップのシェア率だと言っていいでしょう。しかしこのクラウド会計のシェア率はかなり入れ替わる傾向がありますので、やはり広告費をかけたほうがシェア数は伸びるようです。

フリーやMFクラウド、マネーフォワードといった競合がひしめく中、弥生クラウドはとても伸びています。

こちらも当然ですがカメラを使ってレシートを仕訳する機能があり、仕訳の必要はもうありません。税理士に依頼していた複雑な処理を、簡単に終えることができるのです。

そして、もしもあなたが個人事業主だったり、そうでなくて会社員でさまざまな副収入があったりした場合に、こうした申告が自分でできるので弥生クラウドはお手軽です。

ただし弥生クラウドは、フリーに比べて年間28,080円とやや高めです。フリーが月額980円であるのに比べて、倍以上しますね。ただし、この28,080円もセルフプランといってすべての機能が使えるもののサポートがありません。

サポート付きのベーシックプランは年間32,400円します。一ヶ月2,700円ということで、これは少々お高めと感じることもあるかもしれません。

ただし、決算まで自分でできます。税理士に頼むとここが高くて、10万円は取られるので、弥生クラウドに変えて自分で行った、という人も少なくないのです。

 

【ロボアドバイザー】

THEOならスマホで資産運用ができる!AIで分散投資

THEO(テオ)をご存知ですか?今流行のロボアドバイザーによる投資です。分散投資ができるのですが、それらをAIが判断してくれるのです。人間の欲目が入らないので、クールにデータだけで分析が可能です。

AIで分散投資といっても、難しく考える必要はありません。お金を数万円預けるだけで、あとは強気の投資か守りの投資かを選ぶだけです。

守りの投資を選ぶと、金投資など、あまり攻めていない資産防衛中心の手堅い投資を行います。そして攻めの投資を選ぶと、諸外国のETFや為替などを積極的に買いに走ります。2017年11月末現在、このTHEOは非常に順調で、利回りが5%~15%前後となっています。

当然、そんなにめちゃくちゃ稼げる、というわけではないので、少額の資産を入れても仕方ありません。10万円、50万円などの単位で、ある程度思い切って、アプリに投資していく必要があります。

ロボアドバイザーは自分で投資を行うよりはるかに効率よく、賢く投資してくれます。値下がってしまったときはパニックになって自分だと売ってしまうと思うのですが、ロボアドバイザーなら買い時と捉えて冷静にコツコツ買い増しを続けてくれます。

必ずプラスになるとはいえず、長く運用しているうちにマイナスになることもあるのですが、分散投資としておすすめです。

ロボアドバイザーは使っている人も意外と多く、投資の感度が高い人たちの間ではかなり手堅い投資として人気があります。全財産を投入することはおすすめできませんが、いま世界経済が上向いている昨今、とてもおすすめの投資アプリです。

なし

なし

 

【節約家計簿カテゴリ】

2秒家計簿おカネレコならほんとうに2秒で家計簿がつけられる

ジャンルを選択してあとは金額を入力するだけで、ほんとうに2秒で家計簿をつけることが可能となります。収入も支出も、とても簡単な操作ですぐにわかります。そしてグラフで表示することができるため、どの支出にどの程度のお金がかかったのか、節約すべきポイントがひとめでわかります。

累計300万ダウンロードは伊達じゃなく、かなりの利用者数がいますのでそれだけ操作性がよく、UIが優れていて、利用者からのフィードバックを日々受けつつ、ブラッシュアップしているアプリであることがわかります。

バックアップ用に、pdfでもデータを書き出せるので、アプリを乗り換えても安心ですし、パソコンでも共有できますね。

2秒家計簿おカネレコの問題点は、ほとんどないのですがただあるとしたら広告が出てしまう点です。広告はそれほどうっとおしい場所にはないのですが、それでもこれだけ便利な家計簿アプリがタダで使えるのですから、我慢しなくてはならないですね。

シンプルに特化していて、デザインも温かみがあり、つけているのが楽しくなる家計簿ですよ。とにかく家計簿というのは続けなくては意味がありません。それなのに、続かないのがこれまでの家計簿アプリの難点でした。

しかし、おカネレコなら、続けることができる!ほんとうに1項目2秒で終わるので、あとは本日の出費を入力していくだけです。それなら、スキマ時間に財布の整理をしながらレシートを読み取っていくだけなので、生活スタイルを変えなくとも、ちょっとした時間に家計簿がつけられます。

反省は年末にしましょう。まずはつけることが大切なのが家計簿というものです。これなら節約ができますね。

 

【投資アプリ】

One Tap BUY(ワンタップバイ)なら1,000円から日本株投資

ワンタップバイ1,000円からはじめる株の投資アプリです。普通、株は数万から数十万円出さないと買えませんよね。ワンタップバイなら、1,000円ごとにアプリが集めたお金をまとめて、株を最小単位で購入しているのです。

しかも、米国株が買えます。グーグルやマイクロソフト、アップルなどの名だたる大企業の株をアプリで、しかも1,000円から購入できるので、資産形成にうってつけです。どうせなら上がる株、そして応援できる株を買いたいですよね。

さらに、2017年11月からテスラモーターズの株も買えるようになりました。自動運転で期待のテスラ、これから株価も上がっていくと期待できそうです。

日本株の場合は、一時的な景気はさておき、株価の上昇は一時的なものになりそうです。日本は少子高齢化が進んでおり、内需が縮小することは明らかなため、未来に期待がもてません。年金もどうなるかわからないですし、今は皆が貯蓄と投資に走っているのです。

ワンタップバイなら、経済好調な米国株に投資できますので、人口が増えていて経済発展も順調なアメリカの株を自分の資産にすることができます。気軽に余ったお金で投資をしてみませんか。今やなんでも気軽にアプリから投資する時代です。

日本株もアベノミクスでとうぶんは好調であることが考えられますので、今のうちに株を買っておきましょう。日経平均も2万円を超え、リスク要因はほぼありません。今後も経済重視で政権が進んでいくものと考えられており、ワンタップバイのような気軽に投資できるアプリのニーズは高まるはずです。

まずはインストールして、手持ちの数千円から始めてみましょう!この一歩が、他人と差をつけるのです。気軽に投資ができるワンタップバイのアプリ。1,000円から気軽に株を購入できて、株の値動きを楽しむことができます。狙い目の株が下がったらすぐに買いましょう。