ふるさと納税

【比較】ふるさと納税サイト※さとふるとふるなび、どっちを選ぶ?

ふるさと納税は直接自治体に寄付を申し込むこともできますが、「ふるさと納税サイト」というHPから、まるで通販と同じ感覚で返礼品を選び、クレジットカードなどで決済することができます。

そう、本当にカタログ通販と同じ感覚で、お金も払い、その後「商品」として返礼品が届きます。違うのは、後日「寄付証明書」が送られてきてそれを翌年の税金控除書類として提出するくらいです。

そう、ふるさと納税サイトは「上限が決まっている通販サイト」と同じような感覚で、返礼品を選ぶことができます。

今回は、「さとふる」と「ふるなび」というふるさと納税サイトを比較したいと思います。どっちが使いやすいのでしょうか?

 

■大前提:「さとふる」と「ふるなび」どちらもカードで寄付までできます

大前提として、どちらのふるさと納税サイトも、返礼品の情報提供にとどまらず、しっかりと寄付(納税)までできるので安心してください。

このサイトを使ったからといってふるさと納税できなかった。そういうこともないので安心してください。また、カード決済できるのもふるさと納税サイトのメリットです。自治体に直接寄付しようとすると、銀行振り込みや郵便為替といった面倒な手段を取らざるを得ないところあります。

そうではなく、家にいながらワンクリックで申し込みができるので、本当に通販サイトでショッピングをしている感覚になります。

■全国自治体の返礼品を厳選して掲載しています

ふるさと納税サイトと聞くと「ふるさとチョイス」が思い浮かびますが、こちらはふるさと納税総合サイトというべきもので、基本的に全国すべての自治体の返礼品が掲載されています(問題となった家電など換金性のあるものを除く)。

ふるさとチョイス

一方、さとふるやふるなびは、運営会社が各自治体と契約をしてOKになったものだけを掲載しています。そのため掲載数は「ふるさとチョイス」よりも少ないですが、有利な条件で返礼品をもらえたり、得意なジャンルがあったりと、特徴があります。

もし、膨大な数の返礼品を探すのではなくて、ある程度ふるさと納税サイトの方でピックアップ、厳選したおススメのものを選びたいというのであれば今回紹介する「さとふる」や「ふるなび」のほうがおススメです。

それでは、さとふるとふるなびを比較していきたいと思います。

■ふるさと納税の初心者ならこちら!非常にわかりやすい「さとふる」

「さとふる」はふるさと納税初心者の方、初めてふるさと納税をしてみたい方には非常におススメのふるさと納税サイトです。

運営:株式会社さとふる(ソフトバンクグループ)

掲載の返礼品:食品中心、旅行券等チケットあり

決済方法:

・クレジットカード決済
・コンビニ支払い
・Pay-easy(ペイジー)支払い
・ソフトバンクまとめて支払い
・auかんたん決済

ソフトバンク系列の会社が運営していますから、当然のようにスマホには完全対応しています。全国すべての自治体ではなく、さとふる自社と提携している自治体のふるさと納税情報を掲載しています。

「さとふる」の特徴は以下の3つです。

①初心者でもわかりやすい、サポートが充実

何といっても大きいのは、「サポート力」と「使いやすさ・わかりやすさ」です。

寄付した自治体の返礼品や、寄付の現在のステータス(発送準備中、発送中など)もマイページで確認できます。

初心者には、メールでの質問対応をはじめ電話で問い合わせができるのも大きなメリットだといえるでしょう。初めてふるさと納税するかたには「さとふる」がおススメです。

②実際の返礼品の評判が分かるレビュー欄

また、各返礼品のレビューも充実しています。★で五段階評価されていて、コメントも掲載されています。まさにネットショッピング感覚でふるさと納税ができますね。

後述の「ふるなび」にもレビュー欄はありますが、こちたら「さとふる」のほうがレビュー数も多くて充実しています。より参考になるものになっています。

③スピーディーな対応

また株式会社さとふるは自治体の事務の代行業務も行っているため(さとふるにふるさと納税事務を委託している自治体がある)、寄付をしてから返礼品が届くまでのスピードが速いのがいいですね。

掲載返礼品は食品中心で、初心者にも選びやすいものになっています。また、旅行券や宿泊券といったチケット類も充実しています。

※さとふるHPはコチラをクリック!

ふるさと納税「さとふる」|利用者意向NO1のふるさと納税サイト

■家電も充実!寄付枠の大きな人(高所得者)におススメの「ふるなび」

「ふるなび」は他のふるさと納税サイトとはちょっと異なる「独自路線」を歩んでいるサイトです。もしご自身の興味関心に合うならば、コチラのサイトを利用していただくのもいいでしょう。

運営:株式会社アイモバイル(東証マザーズ上場)

掲載の返礼品:食品中心、家電・電化製品もあり

決済方法:

・クレジットカード決済

「ふるなび」の特徴は以下の3つです。

①家電を取り扱っている

換金性がありふさわしくないという通達が出された家電の返礼品ですが、続けている自治体はまだあります。そういうこともあり、各ふるさと納税サイトでは家電を掲載しないというところがほとんどになっています(リスクヘッジ)。

しかし、ふるなびでは現在も家電の取り扱いをしています。もし、(換金目的ではなく)家電が欲しいという方はコチラのサイトを使うとよいでしょう。

②返礼品ではなく「グルメポイント」に交換する

自治体の中には、食事券に近い「グルメポイント」を返礼品にしているところがあります。「ぐるなびポイント」のようなイメージです。その地域のレストランで食事の際に、現金に変えてポイントを使えるというものです。

商品券ではないので換金性はなく、安心して利用できるものになっています。グルメポイントを使ってレストラン等で食事をすることができます。

②高額所得者向け「ふるなびPremium」

年収2000万円以上の方限定のハイクラスサービスです。専任の「コンシェルジュ」が手数料無料で寄付プランの提案や申し込み手続きの代行をしてくれるというものです。

忙しくて返礼品を選ぶ時間がないけど何か欲しい。そういう人はこのサービスを利用してみるといいかもしれません。

※ふるなびHPはコチラをクリック!

ふるさと納税ランキング ふるなび 寄附で税金控除&返礼品をもらおう

■両者のまとめを表にしました

まとめとして、両者の比較を表にしてみました

さとふるとふるなび比較まとめ
さとふる ふるなび
返礼品 全部ではなくサイトで厳選したもの
決済 カード、コンビニ等 カードのみ
特徴 初心者向き 高額年収者向き
わかりやすい 家電がある
口コミが充実 グルメポイント
おススメ度

■使いやすさは「さとふる」!!

色々比較してみましたが、

さとふる:初心者
ふるなび:上級者

という分け方ができると思います。この記事のタイトルである「使いやすさ」から判断すると、電話サポートなどが充実している「さとふる」に軍配が上がると思います。とはいえ、両者のターゲット層はあまりかぶらなそうなので、ご自身で興味がある方に登録して、是非ふるさと納税してみてはいかがでしょうか?