住まい・暮らし

格安!結婚式の費用の相場を価格破壊!最低500円~挙げる方法

  • 「憧れの結婚式!でもこれからお金もかかるし、安くあげたい」
  • 「子供のことも考えて、できるだけ節約した結婚式をあげたい」
  • 「満足行く結婚式があげたいしドレスも着たいけれど、お金がかかるのはちょっと」

節約志向の方は、結婚式ビジネスに乗せられません。

何百万円も支払って、さらにはブライダルローンを組んでまで、派手な結婚式を挙げるのは、よし悪しです。ですが、基本はいまの経済低迷社会で、節約志向で行きたいですよね。かといって、結婚式を挙げないのも、周りに変に思われるかもしれないし、自分自身も、せめて人生の記念になる結婚式だけは、挙げておきたいと思うもの。

そこで、節約式の超格安結婚式です。いまは、0円、500円、最大でも数万円で結婚式を挙げることができるの、ご存知でしたか?いま、裏技を知っている人だけが得する、オトクな格安結婚式があるのです。

ゼロ円で挙げる方法は、なんといってもご祝儀後払い!

結婚式は、一昔前までは、300万円規模の予算がかかっていました。さすがに、新婚のカップルにそこまでの貯金はあまりありませんよね。その場合、ゼロ円で結婚式を挙げることができる場合があるのです。

なぜゼロ円で!?怪しい宗教!?それともあとから高額の商品を売りつけられる?そんな風に疑ってかかる必要はありません。理由は、ご祝儀で後払いできるからなのです。

ゼロ円結婚式、集まった人のご祝儀で、その日に支払い、という形式で結婚式を挙げるため、トータルで、ゼロ円で挙げることができた、ということになるのです。

ただし、これには条件が付きます。ご祝儀後払い方式を選べる式場が、ある程度限定されてしまうのです。やはり式場側も、人件費、料理、会場代、式場プランナーなどを投入して盛大に結婚式を挙げた結果、「やっぱり払えません」では困りますから、ビジネスとして成立するか、慎重に見極めています。

そのため、使える式場が限られているのが難点です。どうしても、ここで挙げたい!というこだわりの式場や、海外で挙式したいなどの夢がある場合は、ゼロ円結婚式は無理ですが、何よりも予算感を重視して、結婚式もそこそこ豪華に、なおかつ締めるところはしっかり締めてゼロ円挙式を挙げたい場合は、そうした後払いプランがある結婚式場をチョイスすると良いでしょう。

できる式場が限られているとはいえ、各都道府県でも人口の大きいところにならある程度、対象の式場はありますし、自分のご縁のある地域でゼロ円結婚式を挙げることができます。

そして、打算的なようですが、ご祝儀をしっかり支払ってくれる人を、招待するのも重要です。昨今はあまり経済事情がよくないので、非正規雇用の方や、無職の方などをむやみに招待すると、ご祝儀の額が思ったより少なくて、ゼロ円結婚式が成立しなくなるケースがあります。

500円で結婚式!?専門学校生の練習台として!

一般的に、ご祝儀は披露宴のときに発生します。そのため、盛大な披露宴を開きましょうということを言ってくるウェディングプランナーも式場も多いのですが、披露宴は恥ずかしいという人もいます。それに、家族だけでこぢんまりと、格安で式だけ挙げられたらいいなという希望を持っている方もいらっしゃることだと思います。

そこで、おすすめなのが、ウェディング系の専門学校「神戸ベルェベル美容専門学校」が開催している、学校内チャペルでの結婚式です。そこにいる学生さんたちは、ウェディング関係の職に就きたいと考えている専門学校生です。ウェディングビジネスや、ブライダルスタイリストなどを目指して、日々勉強に励んでいます。

彼女たちの実践の場として、学校内チャペルを利用した500円結婚式、というものがあります。

ドレスも、メイクアップやヘアアレンジ、演出、音楽などもすべて学生さんたちが、あなた方のオーダーにあわせて、本物さながらに活動してくれます。彼女たちはプロを目指しているので、顧客の要望にはできる限り寄り添ってくれます。

しかもそれが、500円なのです!

それなら、多少の不手際があっても許せちゃいますよね。

学生さんなのでまだまだ未熟で経験不足な面はあるかもしれませんが、それでもみなさん、プロを目指している方々ばかりなので、誠心誠意やってくれます。いまは、専門学校生の運営するレストランなど、学生が授業の一環として行うイベントが増えているのです。

それに甘えて、500円で結婚式を挙げてしまいましょう!ただし、料理人などを育成している専門学校ではないので、披露宴はできません。あくまで式だけです。非常にオトクなサービスなので、スケジュールを調整してでも、使いたいと思う人が多いようです。関西圏の方は特に要注目です。

その他の激安結婚式アイデア

他にも、格安で結婚式を挙げる方法はいくつかあります。たとえば、挙式も披露宴もやめて、フォトウェディング。結局、結婚式は一日だけのものですし、思い出は薄れてしまいます。そして、事前準備も膨大な時間がかかります。

そんな時間も手間もお金も省いて、いっそのこと、写真撮影だけにすれば、経費も浮きますし、思い出としての写真が残ります。フォトウェディングは意外と人気で、再婚カップルなどにも人気です。

また、挙式だけにして披露宴はしないとか、反対に披露宴だけして挙式をしないとか、家族だけを呼ぶとか、ふたりっきりで行うとか、会費制にするとか、いろいろ、予算を下げる方法があります。

また、平日に時間を調整できるなら平日に行うとか、仏滅を気にしないのなら仏滅の日にするとか、他にもいろいろあります。そして、結婚式はジューンブライドという言葉があるように、気候のいいシーズンが好まれる傾向があるため、真夏や真冬などは割引してくれるパターンが多いのです。高齢者が多い場合はあまりふさわしくありませんが、結婚式のピーク時期をあえて外して、式を挙げるのもいいのではないかと思われます。

自分たちの手作りウェディングがもっとも安い&思い出に残る

いろいろな結婚式があります。ですが、もっとも安くあがって思い出に残るのは、手作り結婚式です。

式場を決めたら、ウェディングプランナーは、次から次へといろいろなオプションを提示してきます。

たとえば、料理

披露宴で出される料理は式場にとっては利益率が高いものの一つです。そしてランクがあるため、あまりに下のランクの料理はかなり粗末で、招待客をもてなすのにあまりふさわしくないコースのパターンが多いのです。

そのため、いくら節約結婚式でも、料理をケチるのはやめたほうがいいでしょう。おもてなしをちゃんとしないと、常識を疑われてしまいます。結婚式に職場の人や、それほど親しくない知人、親戚などを呼ぶのであれば、なおさらです。

ですが、その他のことはいろいろ節約できます。たとえば、ブーケ。ブーケはウェディングドレスには欠かせないですよね。でも、素材は100均でも売ってるケースが多いのです。式場で購入すると、とても高いのですが、ブーケ素材は100円均で揃えることができます。

また、ドレスも、式場レンタルは何十万円もしますが、格安で中古のドレスを大量に仕入れて、ほつれなどが若干あるものを5万円程度で販売してくれる業者も登場し、大人気です。そうした格安業者なども外部でうまく調達しながら、なおかつプランナーとも人間関係をキープしながら、思い通りの結婚式を作り上げていきましょう。

スキル販売サービスを使って、手作り結婚式

たとえば、披露宴最後に招待客に渡すプチギフトを、知人の店でまとめて作ってもらうとか、ウェルカムボードなどはココナラなどで得意な人に格安で発注するなど、いろいろな方法が考えられます。

字がきれいな人であれば、招待状を手書きで書き、コストを浮かせるというのもありでしょう。披露宴のテーブル席に置かれたメニュー表などに、ひとこと、相手に対しての特別なメッセージを込めれば、心がこもっていて招待客も喜んでくれるはずです。

また、字が汚いのであれば、それこそココナラなどのスキル販売サービスを使って、得意な人に代行してもらうのが良いでしょう。友人知人などにお願いしても良いでしょうが、コストを安く抑えたいがあまり、友人に負担をかけるような行為はつつしんだほうが良いでしょう。結婚式などの大きなイベントを前後して、友情が壊れてしまうケースがとても多いのです。

金銭が絡む問題は、友人知人とはあまり交わさないほうが良いので、さらにスキルを持っていて格安で代行してくれる個人が、ココナラやランサーズが提供しているpookなどのスキルサービスで販売されています。

できれば、心をこめて手作りするのがベストですが、そうした手作り支援系サービスを使っていくことで、より思い出に残る結婚式ができますし、オリジナリティも高まります。

目標は、10万円以内!

最近では格安結婚式を標榜するブライダル会場も増えてきました。また、ウェディング関係の口コミを集めたサイトなども人気です。情報を収集するだけならただなので、ぜひいろいろな式場の情報を集めましょう。

理想の場所で、理想のおもてなしで、理想の演出を行って、なおかつ10万円以内で結婚式を挙げられるのが理想ですね。もちろん、これは首都圏の話であって、地方に行けばもう少し安くなります。

結婚式、昔は何百万円も持ち出しで派手に行っていましたが、いまは質素倹約でも礼儀さえ尽くしていれば、問題ない時代になりました。日本経済の先行きが不安定な時代に、少しでも手元にお金を残したいと思うのは当然でしょう。そんなときは、格安結婚式を挙げるのがおすすめです。

新生活には費用がかかりますが、二人で暮せば、生活費はより安くなります。いろいろ節約して、上手に資産を形成しましょう。

まとめ:結婚式は格安で!なんとゼロ円、500円などからウェディング

結婚式は人生の一大イベントです。ですが、そこに大金を投じる時代は終わりました。結婚式に大金をかけるぐらいなら、その分を浮かせて新婚旅行に行ったり、家具家電を買ったりしたほうがよほど有意義でしょう。「ものより思い出」という言葉がありますが、結婚式に関しては、式場の言いなりになってしまうと、無限にお金がかかってしまいます、

節約上手なあなたは、そんな結婚式場ビジネスの口車に乗せられず、上手に結婚式を行ってください。うまくやればゼロ円、500円などで結婚式を挙げられます。

ご祝儀を当てにすることは、あまりモラル上良くない?と思われるかもしれませんが、結婚式にある程度のお金を包むことは、一般的な社会人におけるマナーです。そして招待客はその人数だけおもてなしに時間と手間をかけているのですから、どうどうと頂いて良いのです。

ご祝儀を使って、格安で結婚式を挙げてしまいましょう!

ただし、周りへの礼儀だけは忘れないようにしてください。結婚式は、本人だけでなく、家族の常識なども問われる重要な社会的イベントです。

節約にこだわるあまり、周りへの感謝の気持ちを忘れてしまってはいけません。今回は、格安結婚式についてお伝えしました。ぜひ締めるところは締めて、しっかり家計を管理しましょう。