住まい・暮らし

4人家族の生活費は平均20万円で収まる?ポイントは通信費!

4人家族の平均的な生活費って!?

四人家族で暮らしている場合、平均的な生活費はいくらぐらいなのでしょうか。
果たして、20万円あったら足りるのでしょうか。
20万円といっても、さすがに手取り20万円と額面20万円は大きく違います。

今回は、生活費をがんばって手取り20万円にて4人家族でおさめてみます。
どのぐらいの生活費になるのでしょうか。
また、貯金はできるのでしょうか?
節約をする際に、気をつけるべきポイントはいくつもあります。実際に、20万円以内で貯金もしながら生活していた筆者の例を参考に、見ていきましょう。

これが4人家族の生活費だ!まずは生活費の内訳

では、実際に4人で暮らしてみて、どの程度の生活収支になるか見ていきましょう。

家賃(もしくは住宅ローン) 7万円
食費 50,000円
雑費 10,000円
被服費 15,000円
電気 7,000円
ガス 4,000円
水道 3,000円
インターネット 5,000円
通信費 2,000円
合計 166,000円

となりました。これは、ギリギリまで削ってのこの額です。
あとは、34,000円あまりますので、それをお子さんのお稽古ごとに使ってもいいですし、貯金に回しても良いでしょう。保険に加入するのもありですね。

家賃が安ければ、さらに生活は楽になりますし、家賃が高いところに住めば、生活はギリギリになります。ですが、手取り20万円であまり都心部の家賃が高いところに住むのは得策とはいえないでしょう。

手取り20万円、生活費16万6,000円の生活ってどんなの!?

では、この生活費で、どのようなスタイルの生活になるのか見ていきましょう。

家賃(住宅ローン)は、惜しまず、ただし無理しすぎず!

まずは家賃から。

7万円の家賃というのは、結構かかっている方かもしれません。地方では、更に安く住宅を借りられることだと思いますが、そのかわり地方では車が必要になってしまいます。
ある程度の都心部に住んで、子供二人を育てる余裕のある広さがあって、となると、7万円程度の家賃、もしくは住宅ローンの負担が適切なのではないかと思います。

住環境は、子供の育成にとってとても重要です。安いからといって治安の悪い地域、あまり生活レベルの高くない地域に住むのは得策ではありません。子供の将来にも関わってしまいますので、ここはがんばりたいところです。

都内であれば、大井町などのあたりが、家賃も住宅費も安くておすすめです。下町といいますか昔ながらの街ですので、商店街などで安く買い物もできますし、全般的に物価が低めです。その一方で都心部へのアクセスがよく、渋谷まで160円でいけることなどを考えると、大井町近辺などが節約志向の高い方におすすめです。

あまり住宅のレベルを落とすのはおすすめできません。ですが、無理し過ぎも禁物です。手取り20万円程度の場合、家賃および住宅ローンは7万円が上限ではないでしょうか。

食費は基本手作りで、パスタなども使いながら

食費は5万円になりました。
一日あたり1500円前後と、たまにサイゼリアなどに外食にでかけられる金額です。
一日1500円あれば、4人家族でご飯を作れるのではないでしょうか。
料理をどれだけ凝るかににもよりますが、基本的に、子供が小さなうちはすべて手作りしてあげたいものです。食材は捨てるところがないぐらいすべて使って、なおかつ、たっぷり食べさせてあげましょう。

そして、おすすめなのは、適宜パスタをつかうことです。小麦粉アレルギーがあると難しいのですが、パスタなどは価格が安いので非常におすすめです。お米を食べるよりもコストパフォーマンスが良いので、あまりに生活費が足りなくて食費を削るしかない、となったら、お米をパスタに切り替えるのも一つの手です。いまはパスタソースなども非常にバラエティ豊かで、おいしく1食100円程度で購入できるので、割安です。

業務スーパーなどにでかけて、パスタを大量買いするといいでしょう。
一日1500円におさめると、5,000円あまりますので、それでサイゼリアなどにいけば子どもたちは喜んでくれるでしょう。サイゼリアやスシローはコストパフォーマンスがかなり良いのでおすすめです。

雑費・被服費、合計25,000円

雑費というのは、洗剤やシャンプーなどの欠かせないものから、ママのメイク道具までまとめてです。メイク道具はキャンドゥなどの100円均一でも今はいろいろな種類があるのでおすすめです。そうした雑費に加えて、ユニクロやGUなどで季節の洋服を買うのにお金がかかります。

これは、メルカリなどのフリマで購入しても良いでしょう。また、ゴールデンウィークに開催されがちな大規模フリーマーケット、もしくは年始の福袋などで一気に洋服を調達し、ここの被服費をさらに浮かせることも可能です。フリーマーケットはブランド品の洋服を個人的に安く値切って買うことも楽しいですし、300円~800円ぐらいで一着購入できるので、ユニクロなどに行くよりよほど経済的です。毎月15,000円の被服費を計上するなら、フリーマーケットで洋服をまとめ買いするのをおすすめします。冬の洋服は、お正月の福袋で調達すると良いでしょう。

問題はパパのスーツ代です。そこは削れませんので、パパがスーツで出勤している場合は、クリーニング代なども合わせて、一ヶ月15,000円前後はかかるかもしれません。まとめて出費が厳しければ、ローンなどを組んでスーツを買うのもありでしょう。仕事ができるためには、スーツなどにも気を配らなければならないため、あまりここをケチるのはおすすめできません。

光熱費はコミコミ13,000円前後でおさめよう

電気ガス水道の光熱費ですが、13,000円~15,000円前後におさめたいところです。そのためには、家選びが重要です。プロパンガスは絶対に避けましょう。プロパンガスだと4人家族で全員がお風呂に入ると、凄まじい金額のお金が飛んでいきます。絶対に都市ガスにしてください。ここは家探しのときの盲点になりがちです。大家さんは、プロパンにするとリフォーム代をガス会社が負担してくれるなどのサービスに飛びついて、プロパンガス、LPガスにしているケースがあるので注意が必要です。必ず都市ガスにしてください。

そして、電気代は7,000円もあれば、エアコンも使えるしパソコンなども使えます。いまはテレビも省電力ですし、冷蔵庫だってエアコンだって、それほど稼働しても負担にはなりません。また、電力自由化もされましたので、お得なサービスを選ぶこともできます。ぜひいろいろ比較検討してみてください。

水道代は、ケチりようがありませんが、お風呂のお湯を使ってシャンプーを流すなどして、節約することができます。そもそも、家族全員でお風呂に一緒にはいれば、仲も良くなりますし会話も生まれますし、節約にもなりますのでお子さんが小さいうちはおすすめです。

インターネット代は格安回線もしくはポケットWi-fiで

インターネット代は意外と支払っている人が多いものですが、こまめに回線会社をチェックして、格安のプランがでていないか確認しましょう。また、これは裏テクニックになるのですが、インターネットの回線契約は2年縛りが多く、そのかわり、4万円キャッシュバックなどのキャンペーンをやっています。2年経ったら、また別の回線会社に乗り換えて、キャッシュバックキャンペーンをもらいましょう。

そうしているうちに、何も考えずにずっと同じ回線を使い続けるよりも、キャッシュバックが多くもらえることになります。たいていの場合、2年縛りなので2年ごとに乗り換えを検討すると良いでしょう。

もしくは、家に高速回線が不要なのであれば、ポケットWi-Fiなどを借りるのもおすすめです。モバイルルーターとも呼ばれているものです。月5,000円ぐらいで借りれますし、容量制限がないプランもあります。

インターネット上の節約サイトを見ていると、インターネットの回線代に無駄なお金をかけすぎです。最高でも月5,000円におさめて、節約しましょう。2年毎のキャッシュバックも忘れないようにしましょう。

ほんとうにスマホって必要!?節約ならPHSも

引き続き通信費ですが、本当にスマホって必要なのか、今一度考えてみる必要があるでしょう。たしかにスマートフォンはイマドキの生活に欠かせません。ですが、生活費を節約したいと考えるとき、本当にスマホは必要なのでしょうか。iPod Touchではダメなのでしょうか。Wi-fiがあれば、iPod Touchはスマホのように使えますので、スマホの代わりになります。

アプリが使いたければ、iPod Touchを購入するという手もあります。もしくはiPadでも良いでしょう。
そして、電話そのものは、通話に必要なのはPHSや格安SIMでも十分なのではないでしょうか。この通信費が、意外とクセモノなのです。どうせ無駄にやり取りしているだけですから、いっその事、通信費は削って、格安SIMかPHSに替えてしまいましょう。

これだけ節約して、34,000円あまる!

どうでしょうか。これだけ節約して、手取り20万円で4人家族が生活していけます。しかも、家賃は7万使えますし、外食もいけます。エアコンだって使えますし、ケチケチしたところはほとんどありません。

ちまたの節約術は、「固定費を下げよう!」と言う方向にいきがちです。ですが、たしかに固定費削減は有効なのですが、家賃を下げすぎてしまったり、完全自炊でケチケチしたりなど、しんどい生活になってしまいがちです。

そんなストレスのたまる節約はやめて、楽しく、フリマなどで洋服を買って無駄にユニクロなどに行かず、お米をたまにはパスタに変えて、なおかつちゃんとしたところに住みましょう。

上手に暮らしている人は、意外なところを節約しています。通信費なども、本当にスマートフォンが必要なのか、もう一度考え直してみてください。ママ友付き合いで必要だと思いますか?でも、そのママ友づきあい、無駄なおしゃべりと悪口と愚痴ばかりで、まったく生産性のないものになっていませんか?そんな時間があるなら、あまった34,000円で中古のノートパソコンでも買って、クラウドソーシングでもしてお金を稼いだほうが、よっぽど人生のプラスになります

まとめ:節約は無理せず、使うときは思い切って!

今回、4人暮らしの家族における平均的な生活費を見てきました。手取り20万円あれば、166,000円で生活費は足りて、なおかつ貯金もできて、そのお金で習い事をさせてあげたり、休日にみんなで遊びに行ったりもできます。

節約は、日頃からの心がけが大切なのですが、あまり眉間にシワを寄せて必死に節約するのはしんどいだけです。思い切って発想を変えてみて、楽しく、使うところにはどんと使って、思う存分、家族の暮らしを楽しみましょう。

残った34,000円で外食に行くもよし、遊びに行くもよし、習いごとをするもよし、パパとママのお小遣いにするもよし、美容院に行くもよし、投資を始めるのも良しです。手取り20万円あれば、いまのデフレの時代、やりくりしていくことはとても簡単です。

日本の社会は低成長時代に入りましたので、今後は給料が伸びない可能性があります。できる限り、少ない収入でもうまくやりくりしたいものですね。今回は手取り20万円で4人家族がどのぐらいの生活レベルになるかをチェックしました。

このパターンでは、パパが働いてママは働いていません。もしも時間があるならパートに出ても良いですし、先程も述べましたとおりクラウドソーシングでテープ起こしでもしてみると、生活にゆとりがでるでしょう。できれば、少しでも稼いで、ゆとりある生活ができる方向性にいくと良いですね。