お金、節約に関する寄稿

在宅でお金を稼ぐ!女性におすすめの副業診断

在宅でお金を稼ぐ 女性におすすめの副業診断
現在、派遣で働きながら副業でお金を稼いでいる猫野きなこです。副収入が少しでもあると生活にゆとりができます。

女性が在宅で働きたい理由には、出産予定の人や「子供がまだ小さくて在宅で働きたい」という人が多いのではないでしょうか。

また、会社勤務に馴染めなかった人は在宅の仕事が合うかもしれません。副業として自宅で働きたい場合、帰宅後に外でアルバイトをするのは体力的にもしんどいです。

在宅の仕事ならスキマ時間を活用してお金を稼ぐことが可能できます。

女性に向いている在宅の仕事はたくさんありますが、その中でもフリーランスの副業でお金を稼ぐおすすめの方法を4つ紹介します。

在宅の副業でお金を稼ぐ4つの方法

在宅の副業で稼ぐ方法の1つは「楽しめること」を選ぶことです。
個人的に向いている人の特徴を漫画にまとめてみたので、自分にその仕事が向いているかどうかの診断として参考になれば嬉しいです!

【ブロガー・アフィリエイター】ブログで広告収入を稼ぐ

在宅で稼ぐ1 ブロガー
私が今行っているのはブログという副業です。文章を書いたり読んだりするのが好きな人は是非チャレンジしてほしいです。

以下の診断で4つ以上当てはまるならブロガーやアフィリエイターが向いているかもしれません。

ブロガー・アフィリエイターがおすすめな人診断
❏ いい商品を紹介するのが好き
❏ わからない事は調べる
❏ 新しいもの好き
❏ 流行りには乗っかる
❏ 文章を書くのが好き
❏ 承認欲求が高い

しかし、ブロガーやアフィリエイターとして稼げるようになるにはいくつかのステップがあります。簡単ですがやり方を紹介させていただきます。

まずは『クラウドワークス』や『シュフティ』などの仕事マッチングサイトに登録をします。そこでライター募集をしているので応募してみましょう。

ライターの募集をしているのは安く記事を書かせてアフィリエイトなどの広告収入でお金を稼いでいる人や会社です。そのため文字数の割に単価が安く、あまり稼ぐことはできません。

しかし、その仕事ではお金をもらいながら検索順位が上がる記事の書き方やサイトの構成を学ぶことができます。

目的は記事を書くノウハウを学ぶことなので、ある程度コツが掴めたら自分でブログやホームページを作って記事を書いてみてください。

サイトを作る前に記事を10記事ほど書き留めておくと始めやすいです。初心者にありがちなのがブログの形だけ作って満足してしまい、記事を更新できないということがあるからです(私のことですけど…)

サイトの作り方や広告の貼り方、アフィリエイトのやり方などはネットで調べたり本を読めばやり方を学ぶことができます。

ブログで稼ぐことに向いていないのは1から全部教えてもらわないとできない人です。ネットの検索順位は常に変動し続けているので、自分で学びながら変化に対応しないといけません(私は全然できていませんが…)

これらのことを真面目に実践すれば月に1~5万円は稼げるようになると思います。努力すれば月収7桁超えも可能です。

カフェでコーヒーを飲みながらパソコン1つでお金を稼ぐことができるので、コストパフォーマンスは高いです。ブログを通じて結婚する人もいますし、たくさん読んでもらえれば乾いた承認欲求を満たすことができます。

記事によっては炎上することもありますがPVも増えるので「逆に美味しい」と思えるようになりますし、斧が飛んできたら流れるように避けたり投げ返すことができます(私は全部避けますけど)

昔アフィリエイトのイベントに参加したことがありますが、60~70歳くらいの老夫婦が真剣にメモを取りながら参加していてビックリしました。

学ぶ姿勢があれば引退はない職業になると思いますし、頭を使うので老後もボケなさそうですね。

【クリエイター】手作り作品をネット販売

在宅で稼ぐ2 クリエイター
趣味で手作りの小物や服を作るのが好きな女性もいると思います。以下の診断で4つ以上当てはまるならクリエイターが向いているかもしれません。

クリエイターがおすすめな人診断
❏ 自分の作品にこだわりがある
❏ 好きなことだけしたい
❏ 手先が器用
❏ 手に職をつけたい
❏ 将来自分の店を持ちたい
❏ ファンとだけ取引したい

子供の服やバッグを手作りしたいという人は『ミンネ』や『クリーマ』というクリエイターが簡単にネット販売できるサイトがおすすめです。登録して自分のハンドメイド作品を販売してみてはいかがでしょうか。

手作りの商品は「忙しくて作る暇がない」という人や、「オリジナルの商品がほしい」という人に売れます。私は購入する側ですが、手作りの作品には安い量産品にはない温かみを感じるんですよね。

子供服以外にもアクセサリーやアート(油絵・版画・彫刻・書道)なども販売できます。ペットの首輪や服なども人気です。ホームページを作ったりするのは苦手な人でも出店料無料で簡単に出品できます。

需要を気にせずに自分だけの感性を作品にしてみてください。ネットやSNSに写真をアップしたら、同じ趣味をもつファンが集まってきてくれるかもしれません。

手先が器用な人や自分の作品を作ることが好きな人は試しに1つ出品してみませんか?

【イラストレーター・写真家】イラストや写真をネット販売

在宅で稼ぐ3 イラストレーター
イラストや漫画を描くのが得意な人は『ココナラ』や『クラウドワークス』、『シュフティ』などで販売したり、仕事をもらうことができます。

TwitterやInstagramに作品をアップして人気が出ると企業から直接仕事の依頼をもらえることもありますよ。

以下の診断で4つ以上当てはまるならイラストレーターや写真家が向いているかもしれません。

イラストレーター・写真家がおすすめな人診断
❏ イラストを描くのが好き
❏ 研究熱心で向上心がある
❏ 漫画を描くことができる
❏ コツコツと続けるのが得意
❏ 自分が目立つのは苦手
❏ 褒め言葉1つで数日頑張れる

私はブログの他にイラストや漫画も描けるので寄稿依頼をいただくことがあります。今回書いている記事もその1つです。

初めて有料の仕事をもらうと「私でいいんだろうか?」と不安になるかもしれませんが、依頼してくれる人もあなたの腕を見込んで頼んでくれているはずなので大丈夫です。

イラストや漫画はプロのように上手くなければいけないことはありません。上手さよりもオリジナル性や面白さのほうが重要です。

イラストの依頼は相手の要望をヒアリングするなどのコミュニケーション能力も少し必要です。そういうのが苦手な人はストックイラストなどのダウンロードしてもらったらお金が入る方法が向いています。

『イラストAC』や『PIXTA』はイラストや写真を素材として投稿し、お金を稼ぐことができます。

イラストが描けなくても写真を売ることもできます。テレビでストック写真で毎月数十万稼いでいる主婦が特集されていましたが、実際撮っていた写真は買ってきた野菜など身近なものでした。

数が増えないとまとまった収入になりづらいかもしれませんが、スキマ時間を使って誰でも気軽に始められそうですね。

【Youtuber】YouTubeで広告収入を稼ぐ

在宅で稼ぐ4 YouTuber
YouTubeは喋りが得意な人や、歌や音楽が趣味の人、動画の編集が得意な人にピッタリの副業です。

声優を目指している人がいろんなキャラのイラストに合わせた声を動画で配信して仕事をもらっているのを見て、「ただ音声だけで配信するよりもいいプレゼン方法だな」と感じました。アナウンサー志望の人や「声がいい」と褒められる人は人気が出るかもしれません。

以下の診断で4つ以上当てはまるならYoutuberが向いているかもしれません。

Youtuber(ユーチューバー)がおすすめな人診断
❏ しゃべるのが得意
❏ 声がいいと言われる
❏ 動画編集にこだわる
❏ アンチには絶対負けない
❏ 人と違うことがしたい
❏ あわよくばテレビに出たい

知り合いにバレたくないという人は無理に顔出しはする必要ありません。グラフィックのキャラクターを使って配信を行うバーチャルYouTuber(Vチューバー)として配信したほうが人気が出る場合があります。

歌や音楽が得意なら視聴者から仕事のオファーがあるかもしれません。見た目に自信がある人はそれだけでファンが増えます。アイキャッチの写真写りにこだわってみましょう。

企画内容によってはアホになりきる演技力が必要ですが、学び系の内容であればそんな必要はありません。自分の性格に合った動画を作りましよう。動画編集にこだわりすぎると投稿数が伸び悩むので、アイキャッチの見栄えや見やすさをこだわったほうがいいです。

YouTubeは年齢層を絞ったり、ニッチな趣味の内容の動画が結構人気です。女性ならではの視点から、自分と同世代の女性が知りたい情報を発信してみると反応があると思います。

収入源は生ライブのスーパーチャットで直接寄付をもらったり、再生数に応じた広告収入で稼ぐ方法などがあります。

しかし、収益化するには参加条件が2つあります。1つは過去12ヶ月の総再生時間が4,000時間必要、もう1つはチャンネル登録者が1,000人必要なことです。

再生時間4,000時間は投稿数を増やしたり1つでもバズらせば達成できそうですが、チャンネル登録者1,000人はすぐに達成するのは難しそうです。

最初は収入のことは考えずに地道にこつこつ動画投稿を楽しんでやれる人が向いています。

まとめ

「私には無理」とやる前から考えてしまう人はなかなかネットでの副収入を得るのは難しいかもしれません。

しかし、本業だけでは何かあった時に収入がなくなってしまうので、収入の柱をいくつか持っておくことはこれからの時代必要だと感じます。

夫の扶養に入っている主婦の人であっても、夫が病気になったり仕事を突然辞めてしまったらどうしますか?いざという時のために自分で稼ぐ力を身につけておくことは大切です。

自分がいいと思うものを購入してもらえたり、見てもらえるだけで嬉しいです。仕事の依頼をもらえたり、SNSでコメントを貰えるとやりがいを感じますよ。

在宅の仕事は安く買い叩かれたり、詐欺まがいの教材費を請求されることもあるので怪しい話には注意しましょう。

イラストや漫画の受け渡しも持ち逃げされる被害がよく見受けられるので、他で使いまわしができないオリジナルのイラストや漫画は先にお金をもらうことをおすすめします。

うまく需要と供給が合えば正社員として働く以上に稼げる可能性が無限にあるので、楽しみながら副業を始めてみてはどうでしょうか。

この記事を書いた人

猫野きなこ
猫野きなこ
猫野きなこ
猫と暮らしながらお絵かきしている漫画ライターです。
ブログでは過去の体験談を漫画に描いたり、ダイエットレシピを公開しています。
Twitter:@kinako22neko
ブログ:きなこ猫のスッキリ生活
    きなこ猫の不妊活ブログ
Instagram:kinako_neko