投資

One Tap BUY(ワンタップバイ)アプリで日本株を1,000円から買う方法!

「株式投資したいのだけど、株は初期費用がたくさんかかる」
「お手軽にお小遣いで始められる投資はないかな」

そんな風に思っていませんか?
実は、いまどきの時代、株は1,000円から買えるようになっているのです。それが、One Tap BUY(ワンタップバイ)アプリです。One Tap BUYは、1,000円から始められる投資、がウリの新しいアプリです。まだまだサービスをローンチしたばかりですが、産経新聞やZuuOnlineなどに取り上げられて、にわかに注目を集めています。

株式投資をするのに、数百万円など、かなりの金額が必要だと考えていませんか。そんなことはないのです。One Tap BUYを使えば、少額取引が可能です。株を買うのには、本来、株価×単元の金額が必要です。そのため、数万円、数十万円、数百万円などの初期費用が必要となるのです。しかし、One Tap BUYならば、1,000円単位の取引を実現しているので、株数単位ではなく、金額指定で取引ができます。

金額指定で1,000円から株を買えることのメリット

One Tap BUYの魅力は、1,000円投資。もちろん、2,000円でも10,000円でも構いませんが、最低額は1,000円からです。

しかし、上場している全銘柄を買えるわけではありません。One Tap BUYが厳選した30社を、主軸に据えて、この安定30社から選んでいく必要があります。普段はとうてい手が出ないような、あの有名銘柄、安定銘柄を手にすることができるのです。One Tap BUYは、小銭で投資したいという若い人向けのサービスです。そのため、銘柄はあとでご説明しますが、比較的若い人に身近で、業績が安定している企業が選ばれています。

One Tap BUYの株の買い方は、スマホやパソコンで口座開設してから投資資金を入金し、そして指定の株をどれか選んで買うだけです。非常に簡単です。

子供でもできるOne Tap BUYの投資!0歳から投資可能

One Tap BUYは、実は子供でも投資ができるのです。通常、証券会社に口座を開くには、成人している必要がありますが、One Tap BUYなら、0歳から投資が可能です。

未成年のうちは、口座を申し込むのに親の承諾が必要なのですが、それでも、ローティーンのうちから投資ができるのは嬉しいですね。自分のお小遣いを使って、株式投資の勉強ができるので、マネーリテラシーになるでしょう。

だいたい、日本株の配当金は4%前後のため、非常に株式投資の勉強になりますし、お小遣いを増やすことにもつながります。いまや、この時代を生き抜くには、マネーリテラシーが欠かせません。そうした金融のお勉強のためにも、お子さんにOne Tap BUYを使ってもらって、アプリにおいて、実際の自分のお小遣いを使って、株式投資の勉強をしてみるというのはいかがでしょうか。

どんな銘柄があるの?主要30社は損しないの!?

では、主要銘柄としてどのようなものがあるのでしょうか。

たとえば、ソニー、トヨタ、任天堂、みずほフィナンシャルグループ、ヤマトホールディングス、ファナック、キーエンス、村田製作所、資生堂、楽天、ヤフー、オリエンタルランド、明治ホールディングスなどがあります。

どれも優良企業ばかりで、聞いたことがある!という企業ばかりではないでしょうか。その通りです。One Tap BUYでは、こうしたかなりの優良銘柄ばかりを厳選していて、非常に魅力的なラインナップです。2017年10月現在、株価が非常に好調で、日経平均は20,000円を突破しました。日経平均は2万を超えると壁があり、いきなり暴落する恐れもありますし、政局も不安定なので、株式市場はどうなるかはわからないのですが、それでも、これらの株式は下がれば下がっただけ、買っておいた方が得な優良銘柄です。

特に、ニンテンドースイッチなどで好調な任天堂は、2017年10月の株価が4万円を超えています。単元株数は100株なので、任天堂株を買おうと思ったら、400万円が必要なのです。そんな大金、とてもじゃないけれど株式にまわせないですよね。

そのようなときに、One Tap BUYで1,000円から分割して株式を買うことができれば、あなたも立派なトレーダーです。さまざまな分散投資を行って、配当を狙いましょう。また、これらの株価は、値上がりも期待できます。

どうやって利益を出すの?配当や優待はどうなるの?1,000円分だけもらえるの!?

One Tap BUYは、1,000円から始められる株式投資です。空売り等はないので、基本的に現物買いだけです。つまり、値下がったら損します。しかし含み損になるだけなので、売らなければそれで良いのです。いまは株価が好調なため、値上る可能性はかなり高いのです。そして、One Tap BUYなら、1,000円で買った株価が値上がることも十分ありえます。

値上がったら、売っても良いのです。手数料は0.5%なので、わずか50円程度です。非常に格安な手数料なので、下手に証券口座で取引するよりも、はるかにトレードしやすいのが特徴です。

基本的には、デイトレードやスイングトレードなどではなく、長期保有目線の長期投資が良いでしょう。短期の利益を追い求めても、少額投資なのでまったく利益がでないでしょう。出ても数十円、数百円の世界なので、くたびれるだけです。

しかし、配当金や優待はしっかりでます。平均して4%前後となっています。決算まで保有しておいて、配当金や優待を、投資した金額に応じた分だけ受け取ると良いでしょう。
値上がり益だけでなく、こうした配当金や優待を受けられるのも、One Tap BUYの魅力のひとつです。当然ですが、少額投資なので、受け取れる金額はわずかです。しかし、株式投資で利益がでることはとてもうれしいことですよね。

その他にも、ETFも1,000円から買える!

日経平均主要銘柄30種類だけでなく、ETFも購入できます。ETFは日経225銘柄に連動した、上場している企業を分散して投資する投資信託のことです。こちらも1,000円から購入可能なのが嬉しいところです。

One Tap BUYが取り扱っているETFは、3種類あります。

  • 日経平均上昇で儲かる225投信
  • 日経平均上昇で2倍儲かるレバETF
  • 日経平均下落で儲かるインバースインデックス

この3つです。

225投信は、自分がどの銘柄を買えばいいかわからないときや、インデックスで分散投資したいと考えたときにおすすめです。2倍儲かるレバETFは、レバレッジをかけて利益を2倍にします。下がるときも2倍ですが、値動きが激しいので、短期の保有でも利益がでるのが特徴です。インバースインデックスは、要するにOne Tap BUYの運営会社が空売りしておいて、日経平均が下がったら買い戻し、利益にするという仕組みです。

上場投信は、分散投資したい、日経平均の動きを読むのに自信がある、などの場合におすすめです。インバースインデックスがあるので、下がり相場でも安心です。日経平均が2万円を突破し、今後はさらに伸びていくのか、また失速するのかは悩みどころですが、どちらにせよ、買いだけの選択肢ではないのが嬉しいところですね。

One Tap BUYは六本木ヒルズにある正規の金融取引会社

ところで、このOne Tap BUYですが、どのような会社が運営しているのでしょうか。

その名の通り、株式会社One Tap BUYという会社が運営しているアプリです。One Tap BUYは、アプリから投資する新しい形の少額投資サービスです。金融商品取引業者登録番号もしっかり取得しており、関東財務局長第2883番を取得しています。官庁のホームページからも確認することができました。

設立は2013年なので、いまから4年前です。場所は六本木ヒルズにオフィスがあります。

One Tap BUYの魅力は、手軽にアプリで投資できること

株のトレードというと、自宅にこもりきりでトレードを何枚ものディスプレイにかこまれて、怖い顔をしながら画面を睨んでいる、というイメージがありませんか?

One Tap BUYなら、そんなことは不要です。手軽にアプリから、少額を投資できるのです。タップするだけですし、画面のUIが優れていますので、持っている銘柄や利益の様子がひとめでわかります。

アプリで簡単お手軽投資。少額で、ドルコスト法で毎月好きな銘柄をコツコツ積み立てていっても構いません。投資アプリというよりも利殖アプリ、という面が強いのではないでしょうか。

日本株が不安なら、米国株という選択肢も!

それにしても、日本株は値動きが読めず、経済も今後どうなるかはわかりませんよね。いきなり大暴落、ということもありえますし、これまでも、上昇基調にみえても政権が交代したり、アメリカのリーマンショックなど、海外の情勢にあわせて一気に下落したりします。下がったら下がったで、仕込み時なのですが、含み損が増えていくのは結構苦しいことだと思います。

日本は、少子高齢化で労働人口が減っている上、平均賃金も下がっているので、なかなか今後、大幅な株高、という考え方はできません。ここ5年間のアベノミクスで一時的に株価はあがりましたが、それでも、次の政権交代が経済主軸で進んでいくとは限りません。

国際情勢も、地政学的な危機があったり、保守派のポピュリズムが各世界で台頭したりしてくるなど、予断を許さない状況です。そうした国際的に不安定な状況が起こると、すぐに円に買いが入って、円高になります。円高になると、株安になったり株高になったり、株式市場も振り回されるので、本当にどうなるかわからないのです。

そんな不安定な日本株はやめて、米国株、という選択肢もあります。アマゾン、アップル、アルファベット(Google)、コーチ、コカコーラ、コストコ、ウォルト・ディズニー、フェイスブック、ギャップ、IBM、インテル、マクドナルド、スターバックス、ツイッター、VISAなど、世界をまたにかけたグローバル企業の米国株に投資できるので、かなりの収益が見込めます。

これらのメガグローバルカンパニーは、今後も伸び続けるでしょう。なにせ、米国は人口も増えており、GDPも世界一です。世界で最も経済が順調な国のひとつであり、自由な気風のため、新興企業もどんどん登場しています。

そのため、米国株がスマホで買えるOne Tap BUYなら、アメリカの動向に詳しくなることもできるでしょう。アメリカの株ならば大抵の場合はあがるので、かなりおすすめです。そうした米国株が買えるのも、One Tap BUYならではです。

これを機会に、ぜひ少額から株式投資をしてみませんか。日本株、ETF、米国株の3つから、自由に選んで1,000円から投資できます。非常に優れたアプリですので、お子さんのマネーリテラシーを高めるのにもぴったりです。

まとめ:One Tap BUYで少額投資をスタートしてみよう

One Tap BUYという新しいアプリをご紹介しました。

One Tap BUYなら、1,000円から手軽に投資できます。毎月の生活費を少し削って、投資に回してみませんか。普段なら手が出ないような優良銘柄を、気軽に投資することができます。このアプリを使えば、どの銘柄が上がりがちで、どの銘柄が下がりがちなのか、そして日経平均がどのような指標に関連して上下するのかがわかるようになります。

勉強するだけなら、証券会社が提供しているデモトレードで十分なのですが、それでも、少額でも良いので自分の身銭を切って、ポジションを取る、ということは、デモトレードの何十倍もの学びになります。

ぜひ、One Tap BUYで少額投資を始めましょう。株式について、少額ながら投資をしてリターンを得ることができます。とても有意義なアプリですので、ぜひ使ってみてください。