ローン系

注意!リボ払いの落とし穴※リボ払いの仕組みと賢く使う方法!

リボ払いの仕組みと賢く使う方法がワカル

52426
クレジットカードの支払い方法として「リボ払い」という方法がありますが、皆さんはリボ払いについてご存知でしょうか。

今回は「リボ払い」の仕組みやこわ~い落とし穴、賢い使い方などについて徹底的に「ワカル」よう解説致します。

リボ払いとは?

まず「リボ払い」とは何かということから、確認しましょう。

リボ払いとは正確には「リボルビング払い」の略称のことで以後「リボ払い」としますと、リボ払いとは簡単に言えば使った金額とは原則関係なく、毎月定額で購入費用(の残債)を支払っていく支払いシステムのことです。

リボ払いは分割払いと混同されやすいのですが、分割払いと比較するとリボ払いの仕組みがよくわかります。

分割の場合

bunkatsu_img_01
例えば「10万円のパソコンを分割払いしたら毎月いくらになるか」と質問されても、誰もわかりませんよね。

分割払いの回数がわからなければ毎月いくら支払えば良いか求めることはできません。

仮に金利手数料を考えなければ10万円のパソコンを2回払いにすれば月5万円、5回払いなら月2万円、10回払いなら月1万円となります。

つまり分割払いは分割する回数に応じて月々の支払額が変わってくる点と、分割した回数が支払い回数となりますから何回で支払いを終えるかがわかる点が特徴です。

リボ払いの場合

index_img_01
一方リボ払いとは毎月返済する額が定額で変わらないが、その代わり支払額に応じて返済回数が変わってくる支払い方法です。

例えばAさんが10万円のパソコンを購入し、Bさんが30万円のパソコンを購入したとします。AさんもBさん3万円を毎月の定額払い金額としていたなら、AさんもBさんも毎月支払う額は同じ3万円(※)となります。(※クレジットカード会社によって発生する月度の手数料等は考慮しないものとします)しかし、AさんとBさんでは支払いを終える回数が異なってきます。

金利を一切考えない単純計算でAさんは4回、Bさんなら10回となりますが、金利は期間が長期化すればするほど大きくなりますので、特にBさんの方が回数が増えやすくなります。

そのため、月度の支払額ははっきりしているがいつ支払いを終わるかがわかりにくくなるのがリボ払いの特徴と言えます。

リボ払いでよく陥ってしまうこと

52427
リボ払いは説明したとおり、ショッピングした商品の金額等に原則関係なく毎月の支払額が一定であるため、返済しやすいというメリットがあります。

しかしその一方でリボ払いにはこわい落とし穴があります。

その一つが・お金の感覚が鈍る

ということです。

リボ払いのシステムによっては例えば月々1万円の返済額に設定していたとしても、カードの利用残高が一定額を超える度に自動的に5千円ずつ増加するといったシステムもあります。

しかしながらそのよう場合でも支払い残高が一定水準を超えた場合ですから、その残高を超えるまでの範囲であればどんなに買い物をしても毎月支払う額は一定ですし、仮に超えたとしても超えた分の一括返済を求められる訳ではありません。

そのため、大きな買い物をしてもリボ払いを利用すれば毎月支払う額が一気に大きくなることがないため支払いに対する痛みが伴いにくく、その結果金銭感覚が鈍ってしまい、ついあれもこれもと散財しやすくなってしまいます。

もう一つの落とし穴が・なかなか返済が終わらない借金地獄に苦しむことになる

ということです。

「無駄遣いをしてしまった」だけで終わるならまだ良いですが、リボ払いは説明したとおり、残高が増えればその分支払い期間が延びることになりますし、借金をしている期間が長くなればその分金利額も大きくなってしまいます。

リボ払いの金利はクレジット会社や金融機関によって異なりますが、おおむね15%前後という高い金利が設定されています。

例えば14.6%の三菱東京UFJ銀行の事例で仮に30万円をリボ払いで返済した場合の事例を紹介すると、月度支払額を1万円と金利手数料分とした場合には月額支払額は10、460円となり、支払い回数は36回におよびます。返済総額は372,256円となり3年間の利子だけで72,256円に達します。元金が30万円だったことを考えれば約24%もの余分な費用を支払わされた計算になりますが、リボ払いを選択し場合にはこれほどの金利を支払うことになる訳です。

しかも、これはあくまで「30万円だけリボ払いにした場合」です。仮に30万円のリボ払いについては順調に元金が減っていたとしても、新たな買い物をリボ払いで行えばそれが新たな借金の元金となります。

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s

しかも、毎月の返済額は一定なのに元金が途中で増えたことになりますので、30万円だけ、もしくは新たな買い物代金分だけをリボ払いにした場合より当然支払う回数が増えることになります。

こうしてリボ払いで決済を続けていれば、いつまでたっても借金の元金も利子もなかなか減らないという状況に陥る場合があることがリボ払いの大きな落とし穴であり、大変こわい点なのです。

使い方によってはすごく便利!賢く利用する方法とは?

52428
ではリボ払いの利用は害悪しかなく、使用しないことが一番かと言いますとそうとも言い切れません。

月々の返済額を一定額にできる点は生活設計をする上で大きなメリットですので、この長所はできるだけ活かしたいものです。

ではどうすればリボ払いの便利さを享受しつつ、先ほど紹介したような問題に陥ることなく利用できるか、その方法をお伝えします。

1.リボ払いは支払いが終わるまでは利用しない

リボ払いで一番気をつけなければならないのは使い過ぎです。ならばリボ払いで何かを決済した場合にはその支払いが終わるまでは他の支払いをりボ払いにしないよう心掛けることが一番です。

2.ショッピング枠を最小限に抑えたカードと無金利のボーナス払いや分割払いを併用する

リボ払いはしたくないが、今月家計がピンチで現金では支払いが難しいという場合も考えられます。その場合の対策として有効なのがショッピング枠を最小額の10万円にしたカードを別に作り、どうしても臨時でカード決済が必要だと言う場合に限ってそのカードを併用するのも一法です。

ただし、リボ払いではないためそのカードで決済した支出はそのまま翌月か翌々月に支払いがきてしまいます。

そうすると月度返済額が一定額に抑制されるリボ払いのメリットが打ち消されてしまいますので、できるだけ負担を低減する策として有効なのがボーナス月一括払いや、金利無しで分割できる最大分割回数で分割払いをすることです。

3.余裕がある時に繰上げ返済を行い、返済期間を長期化させない

リボ払いは支払い回数が増えれば金利も増えて支払い総額が肥大化します。

それをできるだけ避けるためにはボーナスをもらった時など、余裕がある月に一部でも良いから繰上げ返済を行い、なるべく返済期間を長期化させないよう努力することも大切です。

52429

リボ払いは月々の返済額をほぼ一定額にできる反面、お伝えしたとおり金銭感覚をマヒさせたり、なかなか返済が終わらない借金地獄に陥ったりするこわさを抱えています。

利用する場合には、どのような使い方をするかの前に、そうしたこわさをよく理解しておくことが一番大切です。

そうした理解に基づいた上で、リボ払いとお付き合いする場合には節度を持って慎重に利用することを心掛けるようにしてください。