ローン系

奨学金と学生ローンを比較 学生を謳歌するなら絶対奨学金がおすすめ

3286
高校や大学に通うための教育費は高止まりの状態にあり、奨学金や学生ローンが利用されることも少なくありません。しかし、奨学金と学生ローンとでは違いも多く事前の内容確認が必要です。

特に奨学金は低金利のうえ学生の間は無利息で返済不要など経済的な負担をより小さく抑えることもできるのでしっかりチェックしましょう。

奨学金と学生ローンの種類と運営主体

奨学金制度とは経済的理由で教育が受けられない学生や能力のある学生にお金を貸与または給付する制度です。奨学金の種類には返済が必要な貸与型と返済が不要な給付型などがありますが、その多くは貸与型になっています。

運営主体は多いですが、代表的なものとしては日本学生支援機構やあしなが育英会などの奨学金があります。

entry_li@2xここでは主に日本学生支援機構の奨学金の内容を説明します。

学生ローンの定義は曖昧で、国や民間金融機関機などが運営する教育ローンと中小の消費者金融が運営する学生ローンがあります。ただし、ここでは最も多く存在する教育ローンを学生ローンとして扱います。

奨学金は非営利目的の組織が教育支援事業として運営しているケースが多いですが、教育ローンは民間によるものであり利潤の追求を目的とした運営です。
そのため両者には融資金利や返済時期などの点で差が生じてしまいます。

借入先 種類 運営団体
奨学金 給付型、貸与型 日本学生支援機構など多数
学生ローン 教育ローン 国や民間金融機関機
学生ローン 学生ローン 消費者金融

奨学金と学生ローンの利用条件の違い

3287

奨学金の利用条件

奨学金の場合、借りるのも返すのも基本的に学生本人で、進学後学校を通じて申し込む方法と進学前に直接申し込む方法などがあります。親の負担はなく、借りた学生が学校を卒業してから返済義務を負うということになります。

日本学生支援機構の奨学金などでは家庭の経済状況が苦しい学力の優れた学生が対象となるため、審査では学力や家庭の経済状況が審査されます。無利息の第一種の審査は厳しいですが、利息を伴う返済義務のある第二種の審査は第一種よりかなり緩いとされています。

例えば、第二種の学力基準では、「出身学校や大学での成績が平均水準以上である」などの内容なので、厳しいとは言えないでしょう。収入の基準は一定額以下の年収という制限なので、経済状況が苦しい家庭には影響が少ないはずです。

 

学生ローンの利用条件

教育ローンの場合は、親がお金を借りて親が返済することになるので、学生の返済義務はありません。金融商品のタイプとしては住宅ローンなどと同じと考えてよいでしょう。

審査も学生の学力は対象外で、借りる親の収入や信用状況などが査定されることになります。つまり、親の収入が少ない、過去に信用事故を起こしているといった状況だと借り入れが困難になるので、借手としては高いハードルになるかもしれません。

もちろん審査の難易度は金融機関によって多少の違いがあり、借入金額、年収、既存の借入状況や信用状況によって変わってきます。特別厳しいというわけではないですが、借入額が高額になるほど審査は厳しくなるでしょう。

借入先 借入・返済の主体 審査内容
奨学金(日本学生支援機構) 学生本人 日本学生支援機構など多数
教育ローン(民間) 親の収入状況や信用状況

奨学金と学生ローンの貸付条件の違い

3288

奨学金の借入額と融資金利

日本学生支援機構の第二種奨学金の場合、借り入れは一括ではなく卒業まで毎月一定額の貸与を受ける形態になります。金額は月3万円から12万円などの貸与になり、4年生大学、短期大学や医学系大学などで異なるのです。また、入学の月に特別増額を受けられることもあり、入学費用などまとまった支出にあてることができるでしょう。

第二種の金利では利率固定方式と利率見直し方式を選択することができます。利率固定方式は奨学金の貸与終了時に金利が決定され完済するまで変わりません。なお、平成26年度卒業生の利率固定方式での金利は0.63%という超低金利が採用されているのです。

entry_li@2x一方、利率見直し方式は返済期間中に、約5年ごとに見直されその金利が適用されますが、金利水準は利率固定方式よりも低くなっています。

また、両方式とも上限の金利は最高3%で、在学中と返還期限猶予中は無利息となるので、在学中や卒業して間もない頃などでの返済を心配する必要はないでしょう

借入先/額

借り入れ/金利

利率固定方式と利率見直し方

日本学生支援機構の第二種奨学金/大学の場合、月3万円~12万円 毎月一定額を受け取る形での借入/上限は3% 平成26年度の固定方式は0.63%

学生ローンの借入額と融資金利

民間の教育ローンの場合、融資額は500万円までのタイプが多く、3000万円といった高額タイプもあります。

担保については500万円までのタイプは無担保で、高額タイプでは有担保のケースが多いです。また、有担保の高額タイプでは保証手数料などが徴収されることもあるので注意しましょう。

なお、融資の形態については一括での融資が多いですが、ローンによっては分割融資が可能な場合もあります。

entry_li@2x融資金利は、融資額やローンによって多少異なりますが、融資額が500万円のタイプなら変動金利の3%前後が多いといえるでしょう。

固定金利のローンもありますが、変動金利よりは多少高めの金利設定になっています。

なお、返済に関しては、在学中など一定期間での元金返済を据え置く方法がとられることが多いですが、その期間でも利息の支払いはあるので注意しましょう。