ファクタリングとビジネスローンってどう違うの!?

 

ファクタリングは、売掛債権を現金化するものです。通常、売掛の入金は1ヶ月後になりますが、その期間が待てない場合に、ファクタリング会社に債権を譲渡して、そのかわりに現金化してもらうものです。資金調達の手段としては、ビジネスローンに似ているでしょう。

ビジネスローンとは、会社が法人として、銀行等からお金を借り入れるものです。

資金調達の手段としては、ファクタリングもビジネスローンも、非常に似ています。

では、どんなときにファクタリングを使って、どんなときにビジネスローンを使うのでしょうか。ケースごとに、見ていきましょう。

 

負債を計上したくないときはファクタリング

 

まず、ファクタリングとビジネスローンは、会計上の違いがあります。ファクタリングは、売掛債権ですので、会社から見たら資産となります。本来ならば、入金予定があって、相手に売掛をかけている状態ですので、資産ですね。入金を待っている状態です。

一方のビジネスローンは、借入金です。そのため、会計上は負債となります。負債ですので、元本に金利をプラスして、返済していく必要があります。

会計上、債務超過にならないように、負債をあまり計上したくない、と言う場合は、資産であるファクタリングを使うのが良いですね。バランスシート上、負債として計上されても特に問題ないという場合は、ビジネスローンでも良いでしょう。

 

会計上、帳簿上、負債として見られたくない場合というのは、たとえば、マンションやアパートを借りる際に、会社の信用度をはかるために決算書を出してくださいと言われた場合などです。基本的に、財務諸表が必要となるのは、銀行との取引時ですが、不動産賃貸でも、自営業の場合は家賃支払いに行き詰まらないかチェックするためにバランスシートを提出してほしいと言われることがあります。その際に、見た目上、資産状況を良好なものにするために、負債とならないファクタリングがおすすめの場合があります。

 

能力以上のお金を調達したいときは、ビジネスローン

 

ファクタリングは、売掛債権の現金化です。そのため、売掛の金額以上を調達することはできません。あくまで、ファクタリング会社に提出した売掛金の範囲内で、資金調達することになります。月の売り上げの範囲内です。売り上げは会社によって異なるのですが、ファクタリング会社によっては、最高1億円まで取り扱っている場合があります。

一方で、ビジネスローンは、自分の能力以上のお金を借りることができます。月の売り上げが100万円でも、ビジネスローンなら1,000万円借りることができるケースもあり、売り上げを超えた借り入れも可能です。

ですが、あまりに借りすぎると、返済ができなくなってしまう恐れもあります。

ファクタリングとビジネスローンの使い分けのポイントとしては、今、どのぐらいの金額を調達したいのか、ということを、自分自身の目で見極めていく必要があります。

 

金利、手数料などが安いほうが良ければビジネスローン

 

ファクタリングは、売掛債権を現金化する手間、売掛債権を実際に支払ってもらうための手間が、ファクタリング会社の負担で行われます。そのため、やや手数料が高いのが難点です。ファクタリングの手数料は10%~30%前後となっています。

一方のビジネスローンは、借入金を貸し付けるだけのシンプルなビジネスモデルですので、金利は比較的安めです。銀行で借りる場合、金利は10%~15.0%が一般的です。ビジネスローンのほうが低金利です。

ただし、ビジネスローンは、返済のたびごとに金利がかかります。ファクタリングは、初回の入金時に、手数料が引かれて入金されます。ファクタリングの場合は、あなた自身の属性、そして、売掛先の会社の信用度、借り入れる金額などによっても、支払う手数料が異なってきます。

 

審査が甘めのほうが良いなら、ファクタリング

 

ビジネスローンにもファクタリングにも、審査があります。ビジネスローンとファクタリングの審査は同じではありません。ビジネスローンの審査は、あなた自身の信用度が厳しく見られます。本当にこの額を貸し付けて返済できるのか、という返済能力や、あなた自身の人柄などもチェックされます。場合によっては、面談があるケースもあります。

ファクタリングは、あなた個人の審査というのもあるのですが、それよりは、売掛債権が本当に買い取って良いものなのか、回収可能なのか、倒産の懸念はないのか、などといった、売掛債権そのものの審査が重点的に行われます。

それは、もはやあなたのあずかり知らぬところでしょう。売掛先の会社の与信がチェックされるのですから、そこは売掛債権先の会社の経営状況次第なのです。

あなた個人の審査、という意味でいくと、ファクタリングのほうが審査ははるかに甘いです。あなたが返済するわけではなく、売掛債権先の会社の信用度のほうが、ファクタリング会社にとって重要なのです。そちらからお金を回収することになるからです。

そのため、審査の甘さでいうと、ファクタリングの方が、審査は甘めになります。また、ビジネスローンは返済不能に陥ると会社が倒産するなどかなりのペナルティが科されることになってしまいますので、審査は厳し目なのです。

 

信用情報に記載されたくないなら、ファクタリング

 

ビジネスローンは、信用情報を使って審査します。そのため、返済が不能になればブラックリスト入りしますし、返済が順調に行われていれば、信用情報が良好に保たれます。ですが、信用情報が汚れるリスクがあるので使いたくない、信用情報は万が一の時のためにとっておきたい、などの場合は、ファクタリングを使うと良いでしょう。

 

ファクタリングは信用情報を使いません。何らかの事情で、いま、ビジネスローン等の借入金を延滞してしまっており、新規の借り入れができない、信用情報がブラックリストになってしまったなどの場合にも、ファクタリングは利用可能です。信用情報に掲載されないので、自分の信用情報がちょっと怪しい、自信がない、といった場合に、ファクタリングは非常におすすめです。信用情報に傷がついてしまった経営者でも使えるのが、ファクタリングとなります。

 

入金を急いでいるときは、ファクタリング

 

ビジネスローンは、ファクタリングに比べて手数料が安いのが魅力だとお伝えしました。

他にも魅力はあるのですが、その分だけ、審査が遅くなってしまいます。最短即日をうたっているビジネスローンの事業者もあるのですが、実際のところなかなか最短即日では難しいのが現状です。融資が実行されてお金が実際に入金されるまで、ある程度の時間がかかるのです。

数日かもしれませんし、数週間かもしれません。金利が安い業者ほど、審査の時間が長くかかる傾向があります。そのため、入金を急いでいるときは、ビジネスローンはあまり向いてるとはいい難いでしょう。

ですが、ファクタリングの場合は、審査が非常にスピーディですので、最短即日と書いてある業者は、本当に最短即日で審査してくれるところが多いのです。

そのため、急いでいる場合は、ファクタリングが良いでしょう。売掛債権なので、売掛先も必ず払わなければならないお金だということは認識しており、ファクタリング会社は確実に回収できる算段が大きいのです。

 

借入期間に対するパフォーマンスで考えると、ビジネスローン

 

たとえば、ファクタリングの手数料が20%で、ビジネスローンの金利が15.0%だとしましょう。そう見てみると、わずか5%の違いでしかないように思えます。ですが、これは借り入れ期間あたりのコストに換算すれば、どうなるでしょうか。

ファクタリングは30日程度の借り入れで20%、ビジネスローンは、1年間あたりの借り入れで15.0%です。借り入れ期間に対するパフォーマンスで考えると、はるかにビジネスローンの方が有利になります。短期でお金を調達できるのは良いのですが、コスト面で考えると、ビジネスローンのほうがお得だというケースも考えられるでしょう。

 

その後の財務諸表、銀行融資への影響を考えるなら、ファクタリング

 

ファクタリングは、資産の現金化です。一方のビジネスローンは負債となることは、すでにお伝えしました。これが、財務諸表に影響してくるのです。ビジネスローンは負債として計上されますので、その後、銀行融資やその他のビジネスローンを受けようと思ったときに、借入金が多すぎると、審査に悪影響があります。

借入金も、月商の3倍程度までならまだ返済可能範囲内ですが、月商の6倍、つまり半年分になると、返済が困難になってきます。あまりに借りすぎていると、銀行に融資を断られてしまうケースがあります。また、日本の経営者は、困ったらすぐに「銀行からお金を借りよう!」と考えがちです。ですが、安易に借入金に頼るのではなく、コストカットや売り上げを増加させる経営努力などを行うべきでしょう。そもそも借金が怖いという人は経営者には向いていませんが、あまりに安易な借り入れは、経営状況を悪化させかねません。

そうした資金繰りの悪化を防ぐためにも、ビジネスローンよりもファクタリングの方が、あとあと困ったときに銀行融資を受けやすいため、おすすめとなります。

 

まとめ:資金繰りに困った時、ファクタリングとビジネスローン、どちらを使う!?

 

ケースごとに、ファクタリングが良いのかビジネスローンが良いのかを見てきました。

 

・負債を計上したくないときはファクタリング

・能力以上のお金を調達したいときは、ビジネスローン

・金利、手数料などが安いほうが良ければビジネスローン

・審査が甘めのほうが良いなら、ファクタリング

・信用情報に記載されたくないなら、ファクタリング

・入金を急いでいるときは、ファクタリング

・借入期間に対するパフォーマンスで考えると、ビジネスローン

・その後の財務諸表、銀行融資への影響を考えるなら、ファクタリング

 

など、いろいろなパターンに応じて使い分けると良いでしょう。ファクタリングとビジネスローンを公平な観点で眺めてみると、どちらが良いとは一概に言えません。ようは、自分自身のニーズ次第なのです。ファクタリングはあまり知られた資金調達方法ではないので、不安に思われるかもしれませんが、ファクタリングはれっきとした資金調達の手段です。売掛債権を早期に現金化できるので、情報感度の高い中小企業の経営者から選ばれています。

 

歴史は意外と古く、ヨーロッパでは14世紀後半ごろから、売掛債権を現金化してくれる業者があったようです。アメリカでも19世紀にファクタリングがスタートし、その後、日本に入ってきました。日本でファクタリングが使われるようになったのは、1970年頃です。ファクタリングは聞きなれない言葉で不安かもしれませんが、知る人ぞ知る、資金調達方法なのです。