フリーランス、お金に困ることも・・・

フリーランス、自由業だからといって、気楽に暮らしていたらお金に困ることがあると思います。なんといっても、収入が不安定なのがフリーランスの弱点。自由なのはいいのですが、その反面、収入に波があり、急な支出などに耐えられないのが難点です。

そこで、フリーランスには不利と言われるキャッシングをかしこく利用して、上手にカードローンで借りましょう。フリーランスは、一般的に月収が不安定なため、カードローンの審査では不利になりがちです。ですが、コツコツと利用実績を積むことによって、思った以上の金額を借りることができます。フリーランスあるあるとともに、お金に困るシーンを見ていきましょう。

フリーランスあるある:税金の支払いが・・・!

フリーランスのあるあるとして、税金の支払いがきつい・・・!というのが挙げられます。

ちなみに税金は、債務整理しても免除にはなりません。生活保護を受けたら免除になるのですが、それでも、そこまで行く人は稀だと思います。大抵の人は、税金の支払いに苦慮することになります。

そこで、カードローンでキャッシングしましょう。フリーランスは、何かとローンを組むのに確定申告をきちんとしていなくては、住宅ローンなどを組むことができません。そのため、フリーランスは脱税が心理的にできません。とくに、フリーランス1年めなどは、前年の会社勤めのぶんの住民税がのしかかってきて大変です。そんなときはカードローンを利用するといいでしょう。

フリーランスあるある:何かと諸経費がかかる!全部自腹

それまで会社において、PCや下手すればスマートフォンまで支給してくれていたのですが、フリーランスになるとそれがすべて自腹になります。オフィスまで自分で用意する必要があり、パソコンやスマホなど、自腹で買わなくてはなりません。

すべて経費で落ちるのですが、税金の支払いが免除になるだけで、購入費用は自分のお財布から出さなければなりません。パソコンがなければ仕事にならないのに、急にパソコンが壊れた!スマホで連絡取っているのに、スマホが壊れた!などの場合、急きょお金が必要になるケースがあります。

女性オペ

そんなときは、カードローンです。フリーランスでもキャッシングできるのですが、それでお金を調達して、経費にあてることができるようになります。

フリーランスあるある:突然の未払いがある

取引先とトラブルになって支払われない、また、取引先が急に飛んだ(倒産した)などの場合、期日までにお金が支払われず、未払いになるケースがあります。フリーランスをやってると、誰しも一度ぐらいは未払いに遭遇しているものです。そんなとき、資金繰りに窮することがあります。どうしても現金が必要な場合、少額なのであれば、クレジットカードのキャッシングでもいいでしょう。ですが、数十万円などのまとまったお金の場合は、カードローンでのキャッシングが最適です。

フリーランスあるある:連休が来ると不安になる

仕事に追われているフリーランスにとって、連休は不安になる時期のひとつです。連休明けは仕事があるのだろうか、ここで休んで、他の誰かに仕事を取られてしまわないだろうか・・・などなど、さまざまな不安が頭をよぎります。寝て過ごせば不安がつのりますし、また、外出したり旅行に行ったりすれば、お金がかかってしまいます。

そんな連休中にはカードローンがおすすめです。カードローンなら、即座にお金を借りることができて、連休時にもお金の不安なく過ごすことができます。たとえば、連休に入る前の何気ない平日などにカードローンを契約しておけば、いざ、連休になったとき、困らないでしょう。

フリーランスあるある:運動不足をジムで解消!のはずが・・・

フリーランスは何かと運動不足になりがちです。オフィスにこもって仕事をするタイプのフリーランスなら、まだ帰り道にジムに寄ることはできますし、オフィスに向かう行程が運動にもなるのですが、自宅にこもって仕事するフリーランスの場合、あえてジムに行かなければ運動はできません。

とはいえ、ジムを契約してはみたものの、そのまま放置してしまって・・・お金だけがかかる、ということにもなるのです。最近のジムの契約はクレジット払いが多く、未払いになってしまうと、信用情報に傷がついてブラックリストに載ってしまいます。

だからジム会員費は未払いにできないのです。そして、解約するのも面倒で、お金ばかりがズルズル出ていってしまい、生活費を圧迫・・・せっかく運動不足解消にジムを契約したのに、そんなことになりかねません。生活費に困ったら、カードローンです。もちろん、クレジットカードの審査に通らない場合は、カードローンで借りてジム代金を支払っても構いません。

フリーランスあるある:孤独を解消するために、オンラインで仲間をつくりがち

自宅で働いているフリーランスですが、とても孤独です。そのため、オンラインで仲間を作って、時間の都合をつけて会いに行くなどの行動をとりがちです。

フリーランスはとても孤独なのです。ほっておくと、誰とも話さない日があったり、一日まともな言葉を発していないときがあったり、新しい出会いがなさすぎて人間関係が固定化され、刺激が低下するなどの現象が起きがちです。

そのため、TwitterやFacebook、オンラインサロンなどにどっぷりハマって、オフ会に精を出す人も・・・ですが、オフ会には飲み代がかかります。生活費がギリギリのフリーランスの場合、人間関係は切らすことができないので、カードローンでキャッシングするしかありません。人間関係が仕事を運んでくることもありますので、関係を切るわけにはいかないのです。

フリーランスあるある:夜型生活で食費がかかる

フリーランスはついつい夜型になりがちです。朝早起きしようと思っても、夜遅くまで働いているので、ついつい夜ふかしをしてしまうのです。ですが、これによって、健康的な食生活が乱れてしまい、夜中に食事をすることになり、どうしてもラーメンや焼肉などにでかけて、不健康な食事をしがちです。

食費が思った以上にかかってしまった・・・そんなことにもなります。そのため、エンゲル係数が意外と高くなってしまう独身フリーランスに、キャッシングは欠かせないのです。

フリーランスあるある:お金を借りづらい、借りれても高金利

フリーランスの宿命として、お金を借りづらいというのがあります。また、仮に借り入れができたとしても、非常に高金利で、返済がとても大変・・・ということになってしまいます。

赤 左 なるほど

そんなことにならないように、フリーランスになる前のサラリーマンの時点で、カードローンやクレジットカードをある程度作っておくことをおすすめします。

何枚か持っておけば、いざというときに役立ってくれます。会社員はフリーランスよりもはるかにカードを作りやすいため、会社員の間にカードを多めに作っておくことはおすすめです。

フリーランスは、利用実績をコツコツと!

フリーランスがカードローンでキャッシングするのは、至難の業です。自由業でも、年収が高ければ審査には通るのですが、それほど高額のキャッシングは見込めません。なぜなら、収入が不安定で、安定していないとカードローン会社にみなされてしまうからです。

たしかにそれは事実かもしれません。カードローン会社は、長い付き合いを望むため、コツコツ返済してくれる会社員が一番顧客としてはありがたいのです。フリーランスの優先順位は、残念ながらあまり高くありません。

そんなフリーランスが限度額をアップさせる方法はただひとつ、利用実績をコツコツ積んでいくこととなります。使って、コツコツ返済。この繰り返しを行っていくと、どんどん枠はアップしていきます。あっという間に、200万円ぐらいは借り入れできるようになるでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠を使ってもいいのですが、クレジットカードは枠の金利が最大で18%と非常に高くなってしまっています。そのため、お金を借りたいのであれば、まず銀行カードローンなどが良いでしょう。銀行カードローンは比較的審査が厳しいので、フリーランスでは不安かもしれません。ですが、フリーランスでも確定申告と納税をしっかり行って、収入が安定していることを証明できれば、お金を借りることは不可能ではありません。

銀行系カードローンが難しい場合は、消費者金融で借りても良いでしょう。消費者金融は、フリーランスを無職だと申告すると借り入れできませんが、自由業だと申告すると、お金を借り入れできる可能性が十分にあります。

最初は、15万円などの少額かもしれませんが、アコムなどの場合、使わずに置いておくと「使っていただけませんか?」という電話がじゃんじゃんかかってきます。それに前向きに答えると、カードの枠がいきなり50万にアップするなどの嬉しいボーナスがついてくることがあります。

青 左 なるほど

とりあえず、銀行系カードローンでまずは試してみると良いでしょう。最初は、審査が迅速でフリーランスにも優しい、三菱東京UFJ銀行バンクイックなどがいいでしょう。消費者金融を選択したい場合は、アコムやプロミスなどがおすすめです。

在籍確認は!?フリーランスの場合

フリーランスの場合、在籍確認はできません。確認の電話が連絡先にかかってくるケースが多いようです。そのため、在籍確認なしで働いていることを証明するために、確定申告書などの写しが必要となるのです。よって、確定申告書の控えは大切に取っておきましょう。最長でも5年程度は保存しておいたほうがいいでしょう。住宅ローンなどの審査にも使えますので、確定申告の控えを捨てないようにしてください。

まとめ:フリーランスはお金に困るシーンがたくさん!賢く使って賢く返済

フリーランスは、意外とお金に困るシーンがたくさんあるようです。これまで見てきただけでも、、、

女性オペ

・税金の支払いが大変!
・何かと諸経費がかかる!全部自腹
・取引先とトラブルなどで突然の未払いがある
・連休が来ると不安になり、お金もかかる
・運動不足をジムで解消!のはずが、ジム代が足を引っ張る
・孤独を解消するために、オンラインで仲間をつくりがちで交際費がかかる
・夜型生活で食費がかかる
・お金を借りづらい、借りれても高金利

などなど、フリーランスのあるあるを集めてみました。どれだけ当てはまっていましたか?お金に困ったら、取引先に知られる前に、まずはこっそりとキャッシングしましょう。

カードローンなら、取引先や周囲の仲間に知られずに、キャッシングすることが可能です。在籍確認の電話もできないので、個人宛の電話だけで済みます。最初は限度額が少ないかもしれませんが、コツコツと利用実績を積むことで、枠を拡大していくことができます。

ぜひフリーランスの方には、何かのピンチになる前に、カードローンを作っておいていただきたいものです。申し込みブラックにならないように、大手のカードローンを中心として一度に2~3社程度、申し込んでみると良いでしょう。