2社目、3社目の申し込みは、1社目とは違う?

目次【移動できます】

top

カードローンに興味を持って審査の申し込みを行い、1社目の審査を無事通過した皆さん。

カードローンを実際に利用してみて、「2社目、3社目に申し込んで使ってみたい」と思っている人もいらっしゃることでしょう。

もしもそう思っていらっしゃったら、申し込む前にこの記事を読んでみて下さい。

2社目、3社目の申し込みとなると、1社目の時とは審査も少し変わります。

また、その他にも気をつけなければならない点も。

そこで、2社目、3社目を使う際に考えておきたい事情について説明したします。

審査担当者が抱く印象とは?

カードローンに興味をお持ちの方であればご存知のように、消費者金融の場合は貸金業法で定められた総量規制の対象となります。

一方、銀行は銀行法の規制を受けるため、総量規制の対象外です。

しかし、銀行側も自主規制して、限度額を一定範囲内に収めるようにしています。

2社目、3社目と審査を申し込むと、まず審査担当者は借入件数を見ます。

借入件数と審査担当者の評価の関係性は、下記表のとおりです。

借入件数と審査担当者の評価

借入件数 審査担当者の評価
1件 まったく問題なし
2件 きちんと返済されていれば問題なし
3件 要注意
4件 属性が良くなければ、審査に通過するのは難しい
5件以上 新規借入はほぼ難しい

実際の評価は、その他の属性によっても多少変わります。
ただ、審査担当者が行う評価は、概ね上記表のとおりです。

問題なしとみられるのは1件まで。

2件あれば、返済状況次第で決まるようです。

3件、4件あれば、「この人は計画性がないのではないか」と思われるかもしれません。
そのため、よほど属性が良くないと、審査に通過できない可能性も。

5件以上になると、さすがに仮審査の段階で通過不可能ですね。

このように、借入件数は少なければ少ないほどいいということを覚えておきましょう。

2社目、3社目になった時の注意点はある?

2社目、3社目の申し込みには、いろいろとコツがあります。
ここでは、申し込みの際に注意しなければならないポイントについて説明したします。

消費者金融系の場合は総量規制について理解を!

名称未設定1_02

消費者金融系のカードローンで複数社借りる際に、大切になってくるのが総量規制。

総量規制とは、消費者金融などにまつわる貸金業法で導入された規制です。

2010年に施行された改正貸金業法によって、年収の3分の1までしか借入ができなくなりました。

先にも書いたように、銀行法の規制を受ける銀行カードローンには関係ありません。

しかし、クレジットカードのキャッシング枠や信販系のカードローンについては、総量規制の対象となります。

特に2社目、3社目となると、この総量規制が大きく関わってくるので、このルールをしっかりと覚えておきましょう。

大切なことなので、もう1度書きます。

消費者金融およびクレジットカードのキャッシングでは、年収の3分の1が借り入れの上限です。

総量規制については、下記記事も参考にして下さい。
カードローン、お金借りる時に総量規制の対象&対象外をチェック

それでは、総量規制によって借入限度額がどのように変わるかを確認してみましょう。

たとえば、年収300万円の人が借り入れできる金額は、300万円×3分の1=100万円です。

これは、消費者金融・信販系のカードローン、クレジットカードのキャッシング枠、すべての合計での上限になります。

1社目のカードローンで30万円、クレジットカードのキャッシングで30万円借りている場合、この2社ですでに60万円借りていることになります。

そのため、総量規制の対象となっている業者で2社目、3社目を利用しようと思った場合、借り入れできる金額は

年収300万/3 - 30万円 - 30万円 =40万円

40万円が限度額になります。

消費者金融・信販系やクレジットカードの場合は、総量規制の対象となっていることから、このように限度額が抑えられてしまうのです。

銀行は総量規制はないが、自主規制がある

消費者金融・信販系のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象となります。

しかし、銀行系のカードローンは総量規制の対象外です。

そのため、消費者金融で総量規制の枠いっぱい借りていたとしても、審査に通過するとそれ以上借り入れることも可能です。

ただ、銀行も自主規制をしているので、無制限に貸付を行うというわけではありません。

法律で規制されていないため公表はされていませんが、年収の2分の1を限度額の目安としているとされています。

消費者金融など総量規制の対象となる業者で、限度枠いっぱい借りている場合、銀行に申し込んでも審査の段階で落ちる可能性が高いでしょう。

収入証明について

名称未設定1_04

最初の借入時において、収入証明書類の提出を求められた方は少ないでしょう。

しかし、申し込みが2社目、3社目となると収入証明書類の提出が求められることを覚えておいて下さい。

大手の消費者金融会社(プロミス、アコム、アイフル)では、収入証明書類の提出を義務付ける対象として、下記の通り定めています。

  • 当社のご利用限度額が50万円を超えた場合
  • 当社のご利用限度額と他社からのお借入の合計が100万円を超える場合
  • 提出済みの収入証明書類が3年以上経過している場合

出典:収入証明ご提出のお願い(アコム株式会社)

その他の2社でも、概ね同じようなことが書いてあります。

このように、2社以上から100万円を超える借り入れがある場合は、どこに申し込んでも収入証明書類の提出が必要です。

銀行カードローンの場合、一般的には300万円以上など大きな借入額を希望する場合、収入証明書類の提出を求められる傾向にあります。

ただし、すでに消費者金融で2社以上から(もしくは100万円以上)借りていると、審査申し込みの時点でアウトになる可能性が高いでしょう。

借入先はよく考えて選ぼう

消費者金融の場合、総量規制が絡んできます。

総量規制上の借入限度額は、年収の3分の1です。

これは対象業者全部の合計額となるため、2社目以降を考える場合はこの総量規制のことも考慮に入れなければなりません。

銀行であれば総量規制の対象外となるので、可能であれば銀行の利用を考えた方がいいでしょう。

返済状況は大丈夫?

その次にチェックしておかなければならないのは、これまでの返済状況です。

前に「他社借入件数が1件であれば、まだ大丈夫と判断される」と書きましたが、延滞したことがある人は少し不利になってしまう可能性があります。

詳細については後ほど書いていきますが、返済状況についてはきちんとチェックしておいて下さい。

おまとめローンは少し厳しめ?

2社目、3社目とカードローンを利用して、知らないうちに借りすぎてしまい、その結果債務超過になってしまった人はたくさんいます。

理由は様々ありますが、もっとも大きいのは複数社に借り入れを行ったことで、支払い額が大きく膨らんだことでしょう。

その他に、支払日が会社ごとに異なるため、約定返済日を忘れてしまうなどのうっかりミスが起こりやすいという理由も考えられます。

こういった事態を防ぐために有効な方法がおまとめローンです。

おまとめローンというのは、複数の会社(A社、B社、C社)分の債務相当額をD社から借りて各社に返済を行い、その後そのお金をD社に返済することをいいます。

これを利用するメリットは借金を一本化するだけでなく、もともと借りていた会社より金利が低ければ、その分支払い額が少なくなる点です。

実際、おまとめローンはよく利用されてきたのも事実ですが、2016年に「貸し過ぎではないか?」という批判が寄せられ、それにともなって2017年からは貸付を抑制する傾向が見られるようになりました。

この傾向は2018年に入っても続いており、今後も抑制傾向に変わりはないでしょう。

まったく利用できなくなったというわけではないにしろ、このような事情からおまとめローンとして利用するのは少し厳しめになっていくかもしれません。

不安な場合はお試し診断を活用しよう!

カードローンサービスを実施している消費者金融・銀行では、お試し診断(お借入診断)のページがついているところがあります。

年齢や税込年収、他社借入総額などの項目を入力して審査ボタンを押すと、借り入れできる可能性があるかどうかが分かります。

個人情報は入力する必要がないため、いくら利用したとしても信用登録情報に登録されることはありません。

主要な消費者金融会社はもちろんのこと、楽天銀行や住信SBIネット銀行など銀行でも、お試し診断が利用できます。

信用情報には影響ないので、様々な会社のホームページで試してみるといいでしょう。

入力する項目は、全部で3~5項目です。

例えば、ノーローンの簡易審査は下記5項目となっています。

年齢
税込み年収
他社借入件数
他社借入総額
他社での返済の遅れ

入力後に「診断する」ボタンを押すだけと簡単な上、ほんの数秒で結果が出てくるのでお手軽に利用可能です。

是非、お申し込みの前に試してみて下さい。

2社目、3社目申込時の審査について気をつけたいポイント

名称未設定1_07

審査は「スコアリング」という手法で行われます。
つまり、申込者の属性を点数化して、その合計点で貸付の合否を決めるのです。

当然、他社借入件数や勤続年数といった項目も点数化されます。

他社借入件数は少なければ少ないほど、勤続年数は長いほど高得点となります。

初めての時にはすんなりと通った審査も、2社目、3社目となるとカードローン会社の審査も慎重になります。

そのため、2社目以降の審査では、いろいろなポイントに気をつけることが必要です。

そこで、複数社利用したい人が審査で気をつけるべきポイントをまとめましょう。

他社利用は厳しく見られるの?

他社利用については、最初に出した表に書いてあることが基本線です。

他社利用が1社であれば、まだ大丈夫と思われます。
ただ、2社から借りていると「返済状況は大丈夫かな?」と思われるでしょう。

今度は3社目、4社目となるとどうでしょうか?

ここまでくると、よほど属性が良くないと審査通過が困難になってきます。

さすがに、5社以上になるとまず審査には通りません。

ただ、他社借り入れがあっても半年以上利用していて、かつ返済状況も良好であれば、審査では有利になることが考えられます。

一方、延滞などの事故を起こしたことがある人は、他社借入がまったくない状態であっても審査に落ちる可能性があります。

また、カードローンを利用して半年以内の人については、有利とも不利とも言い切れません。

ただ、「半年以内で2社目、3社目だから、何かあるのかも」と思われる可能性はあるでしょう。

利用して半年以内であれば、1社目の返済に専念して、真面目に返済している実績を作ってから申し込んでも遅くはないかもしれません。

計画性を持って申し込みを

名称未設定2_01

2社目、3社目の利用を考えている人が、意外と見落としがちなのが返済計画です。

当たり前のことですが、2社目、3社目と借入件数が多くなるに連れて、返済総額も上がってきます。

場合によっては、返済日が全て別々ということも出てくるかもしれません。

債務超過に陥る人の大半は、自分の債務を把握していないのです。

申し込みはいつでもできます。

なぜ1社目だけだと生活がうまくいかないのか?
なぜ1社目は限度額ギリギリまで借りてしまったのか?
多重債務状態になりつつはないか?
計画性を持って返済していくと言えるか?

上記のような点と一緒に、借り入れの総額、月の返済、完済までの期間などを計算して、計画的に利用することを心がけて下さい。

情報は正確に入力しよう

当然のことですが、申し込みの際には必要事項の記入が必要です。
正確な情報を記載していますか?

必要事項を正確に記載していない人は、意外と多いと言われています。

例えば勤続年数。

本当は転職したばかりなのに、長く在籍しているように見せる。

転職したばかりなので、過去にいた職場の情報を使う。

などの方法で、勤続年数をサバ読む人がいます。

次に、年収。

転職したばかりでダウンしているのに、前職の年収を記載する。

前年の年収ではなく、前々年の年収を書く。

などの方法があります。

最後は、他社借入件数・借入金額。

本当は3件借りているのに、1件と記載。

本当は100万円借りているのに、半分(50万円)と書く。

といった事例があります。

信用情報機関に年収は記載されていませんし、審査(在籍確認)の際に年収や勤続年数を確認することもありません。

しかし、審査担当者も職種などからある程度の推測はするでしょう。

また、他社借入件数・借入金額については、3社間で共有しています。
そのため、こういった情報は業者には筒抜けです。

嘘の情報を書いてもすぐにバレてしまいますし、心象が悪くなるばかりでなく、審査に落とされる可能性もかなり高くなります。

最終的に、審査に通すかどうかを決めるのは審査担当者であり、カードローン会社にいる内部の人です。

有利・不利を問わず、申告情報は正確に記載しましょう。

借入希望額は少なめに

借入希望額については、あまり多めに書かないようにしましょう。

特に消費者金融については、総量規制があります。
他社合計で、年収の3分の1を超える借り入れはできないので、借入額を正確に把握しておくことが必要です。

銀行カードローンの場合は、総量規制の対象外となります。
それでも、申告年収に対して借入希望額が多すぎると、心象はよくないでしょう。

もしかしたら、「この人は計画性がないのかも」と判断されて、不利になる可能性があります。。

そういうことから考えると、必要額のギリギリ近辺で希望した方が無難です。

複数の業者への同時申し込みは厳禁

名称未設定2_02

「どこかの審査に通過できればいい」と考えて、複数の業者に同時申し込みする人がいます。

これについては、心象を悪くするだけなので、避けた方がいいでしょう。

また、カードローンを申し込みした事実、審査に落ちた事実は、信用情報機関に半年間登録されます。

申し込みブラックになる基準は業者によって様々ですが、1ヶ月以内に3社が目安です。

もし、4社に同時申し込みしてしまった場合、申し込みブラックになってしまうかもしれません。

その間は、申し込んでもすぐにはねられてしまうでしょう。

日本にある信用情報機関は3社。

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

この3社間で情報は共有されています。

自分の信用情報に不安がある方は、申請すれば参照できるので、事前に確認しておくといいでしょう。

しっかりした職業の方が有利になる

名称未設定2_04

初めて(1社目)のカードローンと比べ、2社目、3社目のカードローンは異なります。

複数社の利用を希望する場合、カードローン会社も返済能力についてより厳しい目でチェックを行うでしょう。

そのため、公務員や大手企業の会社員などのように、安定継続かつ大きな収入があり、かつしっかりした職業に就いている人が有利になりやすいといえます。

完済している場合は?

名称未設定2_05

すでにカードローンを利用していても、完済していれば他社借入には含まれません。

クレジットカードのキャッシング枠も同じく、利用していない限り件数には入りません。

ただ、前にも書いたように2社目以降の申し込みとなると、審査の段階で返済能力の有無をより厳しい目で見られるでしょう。

そのため、初めての時と比べると時間がかかることも考えられます。

利用する際は、余裕を持って借り入れるようにして下さい。

収入が増えていたら増額申請も考えよう!

勤務先の業績が上がった、もしくは個人の営業成績が目標を達成したなどの理由で毎月の給与がアップしたという人もいるかもしれません。

年収が上がると、その分総量規制上の限度額も上昇します。

その他、限度額を増額できる可能性も出てくるでしょう。

2社目以降のカードローンを申し込む場合、借り入れの可否を決めるのは審査担当者です。

そのため、担当者の判断によって貸付を断られる可能性もあります。

しかし、増額であればこれまで利用した実績があります。

もちろん過去に延滞などの事故歴がないことなどが条件となるものの、収入増が確実であれば増額申請を考えてもいいでしょう。

ただ、収入が下がった場合は逆に限度枠が縮小して、超過分の一括返済を求められる場合も。

増額申請は、収入を確認してから行うようにして下さい。

申込時の注意点

増額申請にしろ、2社目、3社目を利用するにしろ、何度も書いているように「本当に貸して大丈夫かどうか」という点を厳しく見られます。

会社員であれば、源泉徴収票などを用意した上で、自宅PCやスマホを使って申し込む人が多いのではないでしょうか。

どちらの場合でも、収入証書類の提出を求められる可能性は高いので、いつ言われてもいいように用意しておいて下さい、

申し込みの際は、できるだけ自分専用のパソコンなどを使うことをおすすめします。

やむを得ず、共用のパソコンなどで申し込む場合は、履歴を消すなどして申し込みの事実がバレないようにして下さい。

スマホであれば、会社の休憩時間などあまり人目のないところでやるようにしましょう。

万が一、上司や同僚に見つからないように気をつけましょう。

これは、在宅で会社の仕事をされている人も同様です。

会社支給のパソコン、もしくは支給でなくても仕事で使っているパソコンから申し込むのはできるだけ避けた方がいいでしょう。

2社目、3社目と借入しても大丈夫な人、しないほうがいい人とは?

複数社利用したい人の中でも、追加の借り入れをしても大丈夫な人、ダメな人がいます。

借入していい人とは?

このような人であれば、借り入れをしても問題ないと思われます。

しっかりと自己管理できる人

名称未設定2_18

自分の借入額や返済額をしっかり把握して、どのようにして返していくかをしっかりと考えている人は、しっかり返済することができます。

借り入れについて、自己管理をきちんとできる人であれば、追加で借入してもほぼ問題はないでしょう。

借りる目的を持っている人

名称未設定2_12

例えば何か欲しいものがあり、その足りない分を補填するために借り入れを行うなど、考えている人であれば、余計に借り入れてしまう心配はないでしょう。

借りる目的を持ち、しっかりと計算できる人であれば、問題なく返済できます。

借入しない方がいい人とは?

このようなタイプは、追加の借り入れをしない方がいいでしょう。

限度額いっぱい借りているという自覚のない人

名称未設定2_18

1社目のカードローンだけで足りずに、2社目以降に手を出す人は、総じて限度額いっぱいまで借りているという自覚がありません。

そのようなタイプであれば、返済に対して意欲的でない人も多くなりがち。

そういうことを考えると、借り入れを行わない方が無難です。

余計に借り入れてしまう人

名称未設定2_12

本来、カードローンは使いたい分だけ使うべきもの。
にも関わらず、つい多めに借りてしまう人がいます。

そのようなタイプの人は、つい自分の残高だと錯覚してしまう傾向にあります。

つい借り入れが多くなり、その結果自転車操業になりやすいようです。

他社返済のためだけに借り入れてしまう人

名称未設定2_15

2社目以降の利用となると、つい他社への返済のためだけに借りてしまう人が多くなります。

「他社返済のための借り入れ」のためだけに借り入れは、多重債務への入口。

自転車操業になってしまうので、このようなタイプは借り入れを行わない方が無難です。

カードローンで2社目、3社目で借りたい人のQ&A

Q:消費者金融や大手銀行から借りると審査通過率は悪くなりますか?

A:はい。

銀行・消費者金融の別を問わず、複数の金融機関からお金を借りていると、審査の通過率は悪くなります。

複数の金融機関から借り入れを行うと、当然信用情報からもバレてしまいます。
その時点で「計画性がないのかも?」と判断されるかもしれません。

また、色々な業者に借りることで返済先が複数できてしまうため、滞納や返済不可能な状態になる可能性も考えられるでしょう。

そういった場合はおまとめローンを使うなどして、債務の一本化を行ってからのご利用をおすすめします。

Q:複数社から借りると利用限度額は上がりますか?

A:上がりません。

消費者金融などにある総量規制は、対象となる業者からの借入全体での規制になるためです。

総量規制の対象となる業者では、合計で年収の3分の1までしか借り入れができません。

銀行に関しては総量規制の対象外です。
ただし、信用情報から他の金融機関からの借入金額や返済状況がわかります。

総量規制の限度枠いっぱい借りていれば、審査通過は厳しくなるでしょう。

Q:2社目であっても無利息サービスやお得なサービスを受けることは可能ですか?

可能です。

消費者金融や一部の銀行で導入されている無利息サービスなどは、初めて利用される場合なら、誰でもサービスを受けることができます。

ただし、初回借入からとなっているのは、プロミスとジャパンネット銀行のみです。

多くの業者で契約日を基準としているので、ご利用の際は注意して下さい。

無利息期間については、下記も参考にしてみて下さい。

30日無利息期間のあるカードローン!三社使って90日間無利息?

まとめ:カードローンの2社目、3社目の申し込みは慎重に!

2社目、3社目のカードローンを利用するために、知っておきたいことをまとめてみました。

いかがでしたか。

2社目、3社目を利用するのは決して不可能ではありません。

ただし、2社目、3社目ともなると、業者側も審査には慎重になってくるでしょう。

また、「貸付を行ったとして、本当に返済できるのか」を厳しく見られます。

しっかりと期限を守って返済を行っていく態度を見せることが大切です。

計画性を持って慎重に借り入れを行って下さい。

2社目、3社目におすすめのカードローン借入先はどこ?

2社目、3社目となると総量規制の問題も絡みやすくなります。
そのため、消費者金融よりも銀行の方がおすすめです。

住信SBIネット銀行

カードローン業界の中でもかなり低金利の住信SBIネット銀行です。
当ローンは、プレミアムコースとスタンダードコースの2つに分かれています。

どちらかを選択することはできないものの、両方とも2社目、3社目に適したコースであり、おまとめローンに利用する人も増えています。

住信SBIネット銀行 Mr.カードローンプレミアムコースの申し込みガイド

みずほ銀行

エグゼクティブプランとコンフォートプランの2つに別れます。

自動的に振り分けられるのでどちらかを選択するというのは無理ですが、ある程度お金を借りた実績と滞納などがなければエグゼクティブプランになります。⇒

三菱UFJ銀行バンクイック

最低金利が1.8%のバンクイック。大手銀行だからどこでも借りることができます。

2社目、3社目として使うことはもちろん、おまとめローンとして使うことも可能です。

三菱UFJ銀行のバンクイックとは?審査・金利・メリット・デメリットを徹底解説