top

カードローンの限度額について、さらに掘り下げて見ていきましょう。

借り入れ額が多いと利用限度額は低く設定される

現在の借入額が多いと、利用限度額は低く設定されてしまいます。
これは、他社の借入件数を必ず新規のカードローンを申し込む際にチェックされるのです。

たとえば、オリックス銀行の場合、銀行からの借り入れ件数と金額、住宅ローンの件数と金額、カード会社や信販会社からの借入件数と金額、消費者金融からの借り入れと金額を、すべてこれらの項目を別個に聞かれます。
かなり細かくチェックされており、少なくとも借り入れ件数と金額は把握しておかなければなりません。
実は、借り入れの金額よりも、件数のほうが重要なのです。

kariire
3社以上から借り入れをしている場合は、それ以上の追加での新規借り入れが非常に厳しくなると言わざるを得ません。
100万円を1社から借りているよりも、20万円を4社から借りている方が、審査には通りにくく、限度額も低く設定されてします傾向があります。
これは覚えておいてください。

銀行カードローンで借り入れできるのは最大で年収の2分の1まで

銀行カードローンの利用限度額に年収は大きく関係します。
銀行カードローンの場合は、借り入れできるのは最大で年収の半分までと言われています。
理論上は可能ですが、年収を大きく超えた借り入れは難しいと思ったほうがいいでしょう。

hannbunn_02

年収が高い人の場合で、1/2となりますので、年収が低い人の場合は1/3程度になります。

また、普段からその銀行と取引があって、信用がある人も、高い割合で多く借りることができます。

カードローンはその人の信用を元に貸付けするものですので、信用がある人はより多くのお金を借りることができます。
長期間預金を預けていたり、給与の振り込み先に指定していたり、公共料金の支払いにその口座を使っていたりなどしたら、普段から取引していることになりますので、信用が高まり、限度額がアップします。

年収の低い人は年収の3分の1程度が目安

hannbunn_05

銀行カードローンの場合、年収が低い人は、年収の1/3が目安となります。
これは、たとえ銀行カードローンであっても、返せる範囲の収入が目安になっていることがあげられます。
総量規制は、消費者金融のルールですが、平成22年に多重債務者を減らそうとして国が作った法律です。
多重債務状態の人を調べてみると、年収の1/3までならなんとか返済が可能だったということがわかり、1/3に設定されたのです。
この考え方が、銀行カードローンにも浸透していると言えます。

よって、200万円の収入の人は、66万円程度が借りられる額の上限限度額となります。

カードローンは年収によって借りられる金額が変わる?

カードローンは、他の要素もありますが、ほぼ年収で借り入れできる金額(限度額)が変わります。
当然ですが、年収が高い人の方が、多くのお金を借り入れることができます。

ですが、年収が高くても、水商売のように離職率が高い仕事だと借り入れは困難です。
収入以上に、安定性が求められます。
安定性とは、その会社にどれぐらい定着し、長い付き合いであるカードローンに安定してコツコツと返済していってくれるかのことになります。

名称未設定-3_02

そのため、公務員がもっとも評価が高くなります。
公務員は倒産などがなく、解雇やリストラもないため、安定性が抜群だからです。

また、同じような理由で、会社の規模が大きい大企業の場合も、安定性があるとして高く評価されます。
カードローンは年収が高いプラス職場の安定性で評価されるのです。
順番としては、公務員>大企業の正社員>中小企業の正社員>派遣・契約社員>パート、アルバイト>自営業、フリーランスの順番になります。
自営業やフリーランスは、安定収入が見込めないため、カードローンの借り入れでは不利になります。
これらの場合はできるだけ、確定申告書などを準備して、安定した収入をアピールできるよう準備しておきましょう。

アルバイト・パートでも安定した収入があると良い

アルバイトやパートでも、毎月定期的な収入があると借り入れに有利になります。
毎月の給与明細などを準備して、定期的に安定した収入があることを証明しましょう。

そのためには、安定的にシフトに入ることが重要です。
毎月の収入が、5万の月もあれば20万の月もある、という風な収入よりは、3万円でもいいので毎月固定の収入があったほうが有利となります。
アルバイト、パートの方に限っては、収入の多さよりも安定性が大事となります。
必要であれば、給与明細や通帳のコピーなどを準備しましょう。

名称未設定-3_04

ただし、アルバイト、パートの借入限度額は、10万~30万円前後であることがほとんどです。

銀行カードローンは消費者金融よりもメリットがあります

銀行カードローンは、消費者金融よりも金利が安く、限度額が高く、総量規制による年収の1/3までしばりがなく、一定金額以下は収入証明書不要で、専業主婦でも借り入れが可能で、おまとめローンやかりかえローンが利用でき、銀行から借りている安心感があるなどのさまざまなメリットがあります。

名称未設定-4_01

銀行カードローンは特に、限度額が大きいのが特徴です。
消費者金融で借りるのであれば、銀行カードローンを借りたほうが、あとあと、限度額をアップさせるためにも、有利でしょう。

消費者金融のメリットは、審査のスピードが早いことと、審査が甘めなことです。
今は銀行でも即日発行のカードが数多くありますし、バンクイックのように土日も発行している銀行カードローンもあります。
自分の属性にある程度自信がある場合、例えば正社員の場合などは、銀行カードローンをはじめから申し込んでおいたほうがいいでしょう。

年収があがることによる限度額の増枠

銀行カードローンでも消費者金融でも、年収がアップすることにより、限度額もあがります。
限度額は、最初はあくまで、その時点での年収に対した限度額なので、収入が増えたことを連絡することによって、限度額を上げてもらえる可能性が高まります。

名称未設定-4_04

ただし、収入のアップに際して、転職をした場合は注意が必要です。
転職をするということは収入の安定性に欠けるということでもありますので、逆に不利になる可能性があります。
カードローンにおいては、中小企業で10年働いてその後、大企業に転職して半年と言う人は、前の中小企業にいた時の方が高い限度額をもらえるのです。

よって、収入の安定性という意味では、同じ会社に勤めた状態で、収入をアップさせることがもっとも望ましいでしょう。
出世や残業が増えたなどの理由で、同じ会社にいながら年収がアップした場合は、必ずカードローン会社に連絡をするようにしてください。

限度が額増したときは借り換え・おまとめのチャンスです

名称未設定-5_02カードローンを複数社借りていて、一社が増枠してもらった場合、その枠をすぐに使ってしまうのではなく、残りの数社のお金をそちらの増枠した分で返済してしまって、増枠してくれたカードローンで一本化してしまうのをおすすめします。
そうすれば、返済日も一本になりますし、カードローンは増枠されると金利が下がることがほとんどですので、他社の借り入れを低金利でかりかえできることになります。
今まで契約していたカードローンの残高も減りますので、カードローンが増枠された際には、まず持っているカードローンの返済をしてしまいましょう。
増枠した分をおまとめローン代わりに使ってしまって、返済を一本化しておくのは、あとあと何かと有効です。

限度額が下がる原因とは?

限度額は、下がることもありえます。
考えられるのは、転職のタイミングです。
転職をすると、安定性がないと判断されて、限度額が下がってしまいます。
ですが、収入が増えているのであれば、あとから増枠申請を行うことで、限度額を再びアップさせることができます。

その他、カードローン会社は、定期的に与信情報を確認しています。
他社からの借り入れが発覚した場合は、新規の借り入れによって手元のカードローンの限度額が下がる可能性がありますので、注意しましょう。
特に、増枠申請に落ちた直後の新規のカードローン借り入れは注意が必要です。
信用情報にマイナス点がついてからの新規の借り入れは、減額がされることが多いです。
よって、信用情報がマイナスになった直後の新規の借り入れは避けたほうが無難です。

名称未設定-5_05

また、延滞や金融事故を起こしてしまった場合も、確実に限度額は下げられてしまいます。
急に返済が滞ると、今後の返済能力に不安を覚えられてしまい、高額の限度額を持っている人ほど、下げ幅は大きくなります。
気をつけましょう。
特に多いのが、延滞や金融事故によって限度額が下がってしまうケースです。
うっかりミスであっても、繰り返しているうちに、金融事故として判断されてしまうケースがあります。

総量規制の除外となる貸し付け

限度額を決定する総量規制には、年収の1/3までというしばりに除外規定があります。
それは、以下のものです。

・住宅ローン(住宅のリノベーションのためのローンも含む)
・自動車ローン
・高額療養費ローン

などが主な除外規定に挙げられます。
住宅ローンなどのローンは、年収の1/3以上の借り入れであっても関係なく、消費者金融のローンとは通算されません。

増枠にはリスクがあります

名称未設定-6_02カードローンを利用してから、半年程度経つと、増枠の審査が可能になります。
とはいえ、増枠は再審査のことですから、そこにはリスクが伴います。
どのようなリスクかというと、限度額が下がってしまったり、融資を停止されたりするというリスクです。

再審査という扱いになりますので、そのタイミングでカードローン会社は信用情報をチェックします。
そこで、収入が下がっていたり、延滞があったり、新規の借り入れを行っていたりなどする場合は、増枠しようと思っていたのに限度額が下げられてしまうリスクもあります。

増枠のためのヒント

増枠をするためには、まず返済の実績を積むことが大事です。
まとめてカードローンを利用して、コツコツと返済の実績を積んでいきます。
そして、余裕のあるときに一括返済を行って、完済の実績を作っておくといいでしょう。

また、何度も利用してカードローンの利用実績=信用を溜めていくとよいですね。
基本的にカードローンは利用状況がよくなればよくなるほど、増枠しやすくなります。
たくさん利用して、コツコツ返しておくと、向こうから半年程度で、「増枠しませんか?」という風に言ってくるケースが多いです。
ただ使っているだけで構いませんので、できるだけカードローンを使うようにしましょう。

名称未設定-6_05

そして事故を起こさないように注意しながら、コツコツ返していくことで、信用情報の利用者実績が積み重なり、より大きな増枠へと繋がってくれます。
こうしてカードを育てることも、社会人としての楽しみのひとつです。

 

その他、カードローン借り換えに際する注意点については、こちらで詳しく解説しています。
カードローンの借り換えガイド※損、失敗しない為に知っておくメリット・デメリット

 

まとめ

今回は、カードローンの限度額についてさらに掘り下げてみました。

とくに、他社での借り入れ額が多くなる時は注意が必要です。
増枠を願い出ても、反対に減枠されてしまう可能性があるからです。

主に銀行カードローンでは、年収と安定性によって、限度額が左右されます。
年収は多くても1/2、低い人だと1/3ぐらいが限度のようです、
銀行カードローンは、最高1000万円など限度額が高く設定されていますが、現実的なラインとして、返済には収入の1/2程度の目安が設定されています。

では、⇒その3では、口コミなどを元に、カードローンの限度額について別の角度から見ていきましょう。