top
カードローンの限度額の増枠についての口コミや、限度額を増枠する際の注意点について見ていきましょう。

増枠に関する口コミを見てみよう

それでは、増枠をしてもらった人、増枠を希望している人の口コミを見ていきましょう。

名称未設定-1_07年収が上がってないのに、増枠ができました。不思議です。
ただ使っているだけなのに、気がついたら、最初の15万の枠から150万まで枠が増枠になりました。ただ使っただけで、どんどん増枠されていき、最終的に150万になりました。せっかくなので、もうちょっと育ててみようと思います。」

名称未設定-1_08「増枠をお願いして、増枠審査には通ったのですが、限度額が増えませんでした。
審査には通りましたといわれたのですけれど、限度額そのものはアップせず。
他社でも借り入れしてるので、それがわかってしまったからかもしれません。
残念ですが、まずは他社を返して借り入れを一本化して、それから再度、増枠の審査に申し込もうと考えています。」

名称未設定-1_11「増枠の審査をお願いしました。
ですが、結果として、増枠できませんでした。
特に困ってるわけではなく、ただ、増枠できたら良いなと思ってとりあえずやってみただけだったので、やっぱりな、という感じです。
利用実績がないと、増枠はしてもらえませんし、特に収入が増えたわけでもないので、増枠してもらえなかったのにはまあまあ納得しています。」

名称未設定-1_13「増枠にあたって、所得証明が必要だと言われました。
100万円以上の借り入れ枠に成長するので、所得を確認したいということでした。
ですが、わたしは個人事業主なのですが、確定申告をしていません。
所得税は嫌いなので払っていないのです。なので、収入に関する書類を出すことができず、増枠審査は見送ることにしました。
借り入れは、ビジネスローンなどでなんとかしたいと思っています。そのためにも、今年は確定申告、しようかなと考えています。」

名称未設定-1_20「増枠審査ですが、在籍確認があるかなと思ったのですが、ありませんでした。
増枠の審査は、通常の新規申し込みの審査とは異なり、在籍確認はないみたいです。
その会社に勤めていることは新規の申し込みのときに一度、在籍確認でチェックしているので、増枠の審査の時には、在籍確認はなかったみたいです。」

名称未設定-1_21「カードローンを利用してもう1年以上経ちます。
結構使っているし、返済にも遅れたことはありません。
ですが、来ると聞いていた増枠審査のお知らせが来ません。わすれているのでしょうか。
それともこっちから何かアクションを取らないといけないのでしょうか。
増枠審査のお知らせがこないので、困っています。
仕方ないので、今度アコムに電話をかけて、聞いてみようと思います。
そこでこちらから申し込むのであれば、何かアクションを取って、増枠審査をしてもらいたいと考えています。
カードローンは限度額いっぱいまで使っていて、早く増枠してほしいと思っています。」

名称未設定-1_28「限度額50万円で、20万円借り入れしています。
これを100万円まで借り入れしたいので、増枠審査を申し込んでいます。
年収は380万円なので、1/3をクリアしています。
100万円借り入れることができたら、いろいろ使いたいことがあるのです。」

名称未設定-1_29「おまとめローンをしたけれどそれ以上の増枠はできるのか疑問に思い、問い合わせました。
すると、私がおまとめローンをしたところは、返済専門で増枠はできないとのことでした。
調べてみると、返済専門ではなく、増枠して使えるところもあると知り、そちらに借り換えをしようかなと考えています。
ですが、おまとめローンからおまとめローンへの借り換えは、審査が非常に困難になるので、二の足を踏んでいます。
けれども借り入れをもっとしたいという希望があるので、増枠できるカードローンにおまとめローンの借り換えを行うか、それとも今のまま、おまとめしてしまった方のカードローンをまた使うかで悩んでいます。」

などなどです。リアルな口コミがいっぱいですね。増枠は皆さん気になることのようです。参考にしてみてください。

増枠の際に気をつけること

henkou増枠は良いことばかりですが、気をつけなければならないこともあります。
それが、金利幅の変更と、最低返済金額の変更です。
金利幅の変更は、限度額が増枠されることによって、金利が下がる仕組みなのでおいしいですね。

ですが、最低返済金額の変更は、月々の最低でも支払う額が、限度額の増枠とともに増えてしまうのです。
つまり、月々のリボ払いの負担金は増えることになりかねません。
よって、増枠の際には、毎月のリボ払いの支払いが、増えることを見越して、返済計画を練りなおしてください。
ただ限度額が増枠されて月々の返済額は変わらないのであれば良いのですが、あまりに大きな額になりますと、毎月の支払額が増えてしまうことがあり得るので注意しましょう。

自分で増枠を申し込むには

名称未設定-1_02カードローンは、自分から増枠を申し込むこともできます。
自分で増枠を申し込むには、まずは使用実績を積むことが大事です。
カードローンの全部の枠ではなくていいので、一部でも構いませんから使って、コツコツと返済実績を積みましょう。

そして、利用実績を積んで半年ほど経つと、こちらから増枠を申し出ることができます。利用実績を確実に積んで、半年ほど待ってから増枠の申請を行いましょう。
もちろん、審査はあります。
増枠の審査のタイミングで、信用情報にチェックがかけられ、そこで問題があれば、逆に減額になることもありえます。

ber1

年収500万円だと限度額は約160万円です。
これはあくまで消費者金融の場合で、銀行の場合は250万円程度までカードローンで借りられる可能性があります。
もちろん、最初からそれだけの金額が借り入れできるわけではなく、最初は10万や30万円などの少額から始まって、徐々に限度額が上がっていきます。

審査結果がわかるまでの時間

名称未設定-1_04増枠審査の結果がわかるまでの時間は、カードローン会社によって異なります。
その場で結果がわかるカードローンもあれば、1週間程度時間がかかるカードローンもあります。
審査結果がわかるまでの時間は、混雑具合によっても異なります。
基本的にカードローン会社は、週末や連休の間は借り入れを行う人が増え、忙しくなります。
多忙な時に申し込むと、審査に時間がかかってしまうことがあります。

資金の用途についての注意点

名称未設定-1_14カードローンの増枠をこちらから申し出る場合、カードローンを何に使うのかを聞かれることがあります。
電話で申し込んだ際も聞かれますし、ネットから申し込んだ場合も、使用用途を尋ねる欄があります。
この場合、資金の用途には注意が必要です。
ギャンブル、他社からの借り入れを返済する、そして引っ越しは審査に落ちる可能性が高いので注意が必要です。

ギャンブルはもちろんのことですが、他社からの借り入れを返済するのにカードローンを使ってしまうと、多重債務状態となり、金融事故が起きる手前と判断されてしまいます。また、引っ越しは一見するとまっとうな用途のように思えますが、連絡が不通になるリスクが高まりますので、カードローン会社は引っ越しを理由にした増枠を嫌う傾向があります。注意してください。

個人情報に変更があった場合の注意点

名称未設定-1_25個人情報に変更があった場合は、ただちにカードローン会社に連絡することが必要です。
結婚した、勤務先が変わった、収入が増えた・減った、実家からひとり暮らしになったなどの場合は、かならず連絡をしてください。
連絡をせず、増枠時に個人情報の変更がわかった場合は、増枠審査に落ちる可能性が高まります。
ほかの貸金業者に就職したり、質屋に就職したりすると落ちてしまうケースもあります。

また、実家暮らしからひとり暮らしになるなどして、支出が大幅に増えていることがわかった場合も、カードローンの増枠には落ちる可能性が強まります。

2度目の増枠審査の際の注意点

名称未設定-1_15増枠審査に一度落ちてしまって、再び申し込みたいと思った場合は注意が必要です。
増枠審査の結果は、信用情報機関に登録されています。
増枠審査の結果は、半年程度残るとされていますので、2度目の増枠審査の申し込みは、半年以上空けてから行ってください。

bar2

なお、金利ですが、増枠の際に交渉できる可能性があります。
増枠の際には、金利を下げられないか、カードローン会社に尋ねてみると良いでしょう。
もちろん断られる可能性もありますが、うまくいけば、金利を引き下げてくれます。
ダメ元でもいいので、増枠の際には申し出てみましょう。

借入限度額の高いカードローンランキング

借り入れ限度額の高いカードローンを見ていきましょう。
もっとも限度額が高いのは、1000万円のみずほ銀行と、同じく1000万円の住信SBIネット銀行です。

楽天銀行スーパーローン800万円

名称未設定-2_10みずほ銀行カードローン 1000万円
名称未設定-2_10住信SBIネット銀行Mr.カードローン プレミアムコース 1000万円
三井住友銀行カードローン 800万円
三井住友カードゴールドローン 700万円
三菱東京UFJ銀行カードローン 500万円
じぶん銀行じぶんローン  500万円

 

などです。
なお、三井住友カードゴールドローンは、銀行ではなく信販系の借り入れなので、貸金業法が適用となり、総量規制の対象となります。

まとめ

今回は、主にカードローン限度額の増枠に関する口コミと、注意点などについて見ていきました。

カードローンの限度額は、さまざまな要因によって決まります。

また、限度額を増枠する際にも、さまざまな事情が絡んで、審査に受かったり落ちたり、限度額を上げてもらったり下げられたりなどします。
これらの注意点をよく読んで、しっかり理解した上で、カードローンの増枠審査に申し込んでください。

カードローン限度額の年収の基準と下がるケースと上がるケースを解説!
カードローン限度額の年収の基準とバイトやパートのケースを解説!
 

その他のカードローン借り換えに際する注意点については、こちらで詳しく解説しています。
カードローンの借り換えガイド※損、失敗しない為に知っておくメリット・デメリット