金融機関の基本情報

金融機関名 三井住友カード株式会社(Sumitomo Mitsui Card Company, Limited)
本店住所 東京都港区海岸1-2-20/大阪市中央区今橋4-5-15
店舗数 事業所→本社/東京(浜松町)、大阪(淀屋橋)地域営業部/札幌・仙台・横浜・名古屋・神戸・広島・福岡その他拠点/東京23区・札幌市内・大阪市内・海外
主な拠点 地域拠点/東日本(札幌、仙台、横浜)、西日本(名古屋、神戸、広島、福岡)その他センター/3拠点海外調査室/米国、シンガポール
利用できるATM 三井住友銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行、イオン銀行など全国の提携銀行ATMやセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップなど提携コンビニエンスストアのATM

三井住友カード ゴールドローン/三井住友カード ゴールドローンカードレスの基本情報

総量規制対象 対象
実質年率 三井住友カード ゴールドローン年3.5~年9.8%/三井住友カード ゴールドローンカードレス年3.5~年9.2%
借入上限 700万円
審査期間 最短3営業日
即日振込の対応 不可
在籍確認 基本的にはなし
返済方法 約定返済、臨時返済(増額返済)
申込資格 満20歳以上~55歳以下で安定収入のある方(学生は除く)※すでに三井住友カード株式会社が発行するカード会員の方は、お持ちのカードと本カードの合算での利用残高が、本カードの総利用枠を超えない範囲でご利用可能。※どちらか一方のタイプのゴールドローンしか申し込むことはできません。
収入証明書 必要
担保・保証人 不要
専業主婦、パート・アルバイト 専業主婦不可、パート・アルバイトは可能
利用期間 最長11年9ヵ月・141回

三井住友カード ゴールドローン/三井住友カード ゴールドローンカードレスの詳細と特徴

三井住友VISAカードでお馴染の「三井住友カード株式会社」は、クレジットカードのイメージが強く、カードローンの取り扱いがあることを知らない、という方も多いようですが、実は知る人ぞ知る!業界でも最低水準を誇る低金利のカードローンを提供しています。しかも、利用スタイルや目的に応じて選べるようカード発行タイプとカードレスタイプの2種類のカードローンを!!

ご存知の方も多いと思いますが、一般的に信販会社の審査は遅い!即日融資どころか利用できるまでに数週間かかることも珍しくない、と言われているように三井住友カード ゴールドローン&三井住友カード ゴールドローンカードレスも実際に融資を受けることができるのは最短で申し込みから7営業日ほどかかってしまいます。

そのため、急いで融資を希望されている方にとっては、不向きなカードローンとなってしまいますが、なんといっても低金利&ハイスペックなカードローンですから多少時間はかかってもいいから低金利で利用できるカードローンを探している。いざという時に1枚備えておきたい、という方にとっては是非とも入手したいカードローンと言えそうです。

ちなみに、三井住友カード ゴールドローン/三井住友カード ゴールドローンカードレスには、長期利用者にとって嬉しいキャッシングリボ適用利率の引き下げサービスもあります。
もともと金利が低いうえに、長く付き合うほど金利が下がるシステムなので、入会年度より翌年度、また翌年度…と、さらに低金利で利用することができるようになるので、高額融資を希望されている方や長期利用を視野に入れている方であればチェックしておきたいところですね。

また、カードローン審査においては必須とされていることが多い、電話による在籍確認ですが、基本的になしという点も嬉しいポイントといえるのではないでしょうか。

本サイトでは、両ゴールドローンのスペックや申し込みから借り入れまでの流れ、また返済方法についてなど、わかりやすく紹介していきますが、その前に、実際に利用されている方の体験談や口コミ・評判からどんな人にローンカード発行型がおススメか?また、どのような方にカードレスタイプがおススメか?考えてみたいと思います。

三井住友カード ゴールドローン利用者の声

カードレスタイプの方が低金利(どうせ上限金利での借り入れになると思っていたので…)なので迷いましたが、振り込みは平日のみ対応!カード発行型でない場合、土日祝日は借りられないのでこちらを選びました。
カードレスタイプと比べると少々金利お高めですが、利便性はコチラの方が良いですし、他のカードローンと比べると断然金利が低いので大満足です。審査に通過できて良かったです。
(34歳・会社員・男性)
はじめは銀行カードローンを検討していたのですが、情報収集していた時に信販会社が発行しているカードローンの中にも低金利なカードローンがあることを知り、比較検討した結果、こちらのカードローンに申し込むことに決めました。

ちなみに、低金利なことに加え、銀行カードローンであれば審査の一環として電話による在籍確認があるのに、三井住友カード ゴールドローンの審査では電話による在籍確認がないことのほうが多い!というのが大きな決め手となったのですが、私の場合職場へ電話がかかってくることはありませんでした。

それから、自分で言うのもなんですが、同年代の女性と比べると年収も高め、ということもあり実際に利用したい金額以上の利用枠で申し込んだのですが、すんなりOKがでたので低金利で有名な銀行カードローンよりもさらに低い金利で利用することができました。

それに、現在利用を始めて1年半経っただけですが「キャッシングリボ適用利率の引き下げサービス」が適用になったことで、利用開始後1年経ってから金利もさらに低くなり利息負担が減少したので、「やっぱり三井住友カード ゴールドローンにして良かった」という思いが強くなりました(笑)
(29歳・事務職・女性)

約定返済額が他社のカードローンと比べて高めの設定になっていることや約定返済日の選択肢が少ないことなど少々窮屈に感じられる部分もありましたが、やはりなんといっても金利の低さが魅力で申し込みました。
正直、利用開始後も増額返済するにも事前連絡が必要など少々面倒な点もありますが、それでも金利の低さを思えば…利用する価値はアリだと思い、それまで利用していた2枚のローンカードは解約し、今は三井住友カード ゴールドローンオンリーです。
(47歳・自営業・男性)

三井住友カード ゴールドローンカードレス利用者の声

年収150万円ちょっと超えの派遣社員なので、ハードルが高いかな?と思ったのですが、ダメもとで「新規カード入会申込審査シミュレーション」を利用して診断してみたところ審査通過の可能性がありそうだったので思い切って申し込んだら無事審査を通過でき、利用することができました♪
万が一紛失したり、置き引きにあいお財布ごと取られてしまった時のことを考えキャッシングカードはなるべく持たないようにしている私にとってカードレスタイプが利用できたのは大変喜ばしいことであり、安心して利用することができています。
利用明細書に関しては、インターネットサービス「Vpass」を利用すればいつでも確認できますし、基本的にお金の確保は平日に行う私にとっては、土日祝日に振り込みサービスを利用できない点も問題なし!十分満足しています。
(25歳・OL・女性)
金利の低さに魅力を感じ利用しました。金利、スペック(利用可能限度額)に申し分なし。ただし、カード発行タイプにしておけば良かったかな?という点が一点だけあり。それは、臨時返済するときに、ローカードがあればATMでいつでも返済できますが、ローンカードがない場合、事前予約後でなければ返済できないためつい面倒になって約定返済のみになってしまい、なかなか元金が減らない点です。
自分でうまく調整できないのが問題なんだろうけど…何かと忙しく飛び回っている身なのでわざわざ予約して返済…っていうのは大変で。
なのでカード発行型にしておけば良かったかな?と今になって少々後悔しています。
(38歳・ドライバー・男性)
仕事上の付き合いやママ友との付き合いなど、出費が嵩んでしまった時に、主人に内緒で利用しました。
カードレスタイプを選んだのは借り入れも返済もすべてネット上で行えるのでローンカードを見られてしまったり、利用明細書をうっかりお財布に入れっぱなしにしておき主人に見られてしまう…など、足がつかないように(苦笑)できるだけリスクの低い方法で利用したかったからです。

三井住友カード ゴールドローンカードレスを使い始めて3年目になりますが、未だに主人にはバレていないので、これからも第二のお財布として利用していくつもりです。
もともと低金利なうえに、年々金利が下がるシステムによりさらにお得に利用できるので、他のカードローンに目移りすることもありません!
(40歳・外交員・女性)

  • 金利を優先するなら三井住友カード ゴールドローンカードレス、
  • いつでも借り入れできる自由度の高さや臨時返済のしやすさでは三井住友カードゴールドローン

貴方はどちらを選びますか?
利用開始後のことも考えライフスタイル合わせてニーズに合った方を選んで活用していきたいものですね。

~三井住友カード ゴールドローン/三井住友カード ゴールドローンカードレスのスペック~

三井住友カード ゴールドローンの年利は3.5~年9.8%、
三井住友カード ゴールドローンカードレスの年利は3.5~年9.2%

いずれも最大限度額は700万円とハイスペックです。

低金利で知られる大手銀行のカードローンの金利を見渡しても上限金利は14台であることが多いことを考えると、両カードローンの金利がいかに低金利であるかがお分かりになると思いますが、上限金利、下限金利ともに業界でもトップクラスの低金利です。

さらに、嬉しいことに三井住友カード ゴールドローン/三井住友カード ゴールドローンカードレスには、「キャッシングリボ適用利率の引き下げサービス」という返済実績に応じて契約翌年度以降利率が引き下げになる業界でも大変珍しい&嬉しいサービスがあるので、上記年利よりもさらに低金利で利用できる可能性もあります。

上記の通り、利用開始翌年度から年0.3%、最大4年後まで適用になるので5年間利用し続けた場合、契約時よりも年利1.2%も低い金利で利用できるのです。
しかも、サービス適用となるための条件は、「当年度の毎月の支払いに延滞がない」ことだけですから、延滞なくコンスタントに返済を続けていれば翌年度以降自動的に年利が下がるので、低金利のカードローンをより低い金利で利用できることになります。長期利用を考えているなら是非検討したい一枚ですね。

ちなみに、利用枠は、50万円、100万円、200万円、300万円、500万円、700万円と6つ用意されていて申し込み時に希望を出すことができるのですが、三井住友カード ゴールドローン/三井住友カード ゴールドローンカードレスは、総量規制の対象となっているため、50万円の利用枠を希望するにしても年収150万円以上ある方でなければ、申し込むことはできません。

また、貸金業法で借入希望額が50万円を超える場合には、年収を証明できる書類の提出が義務付けられていますので、申し込むためには必ず年収証明書の提出が必要となります。

三井住友カード ゴールドローン/三井住友カード ゴールドローンカードレスの審査について


どの金融機関も審査基準については非公開となっているように、三井住友カード ゴールドローン/三井住友カード ゴールドローンカードレスの審査基準も公開されていませんので明確なことはわかりません。
ですが、業界最低水準のカードローンであることから、一般的な信販会社のカードローンの審査基準よりも厳しめの傾向にある、と推測することができます。

また、実際申込された経験のある方の口コミや評判を覗いてみても低金利で知られる銀行カードローン並みの審査基準が設けられていそうではありますが…安定した収入があり申し込み条件をしっかり満たし、所謂ブラックリスト入りしている方でなければさほど心配することはないのではないでしょうか。

そうはいってもやはり、低金利なカードローンだけに審査通過の可能性があるのか心配…という方もおられるかもしれませんね。
そんな方は、7項目入力するだけで融資可能か診断してくれる「新規カード入会申込審査シミュレーション」がホームページ上にあるので融資してもらえる可能性があるのか?また、いくらまでなら借りられる可能性があるのか?試してみると良いでしょう。

それから、審査といえば電話による在籍確認を心配される方が多いようですが、三井住友カード株式会社に確認をとったところ、三井住友カード ゴールドローン/三井住友カード ゴールドローンカードレスの審査では、基本的に電話による在籍確認は行っていないそうです。

とはいえ、必ずしも電話による在籍確認がないか?といえばそうではなく、審査内容・審査状況などにより必要となった場合には、職場へ電話をかけることもあるそうです。

女性オペ

お申込みされる際には必ず収入証明書を提出いただいているのでそれをもって在籍確認とさせていただいております。
電話による在籍確認を行うこともありますが、それはレアケースであって審査の一環として行っているわけではありません

とおっしゃっていたので、職場に電話がかかってくる可能性はゼロではないものの、可能性としてはかなり低いようなので、電話による在籍確認が心配なためにカードローンの申し込みを躊躇されている方は検討してみると良いのではないでしょうか?

三井住友カード ゴールドローン/三井住友カード ゴールドローンカードレスの申込み~借入の流れ

三井住友カード ゴールドローン/三井住友カード ゴールドローンカードレスには、インターネットから、または郵送で申し込みの2つの方法があります。

インターネットから申し込む場合は、インターネットで引落し口座の設定ができる口座を設定するか否かにより、その後の流れが変わってきますので、注意が必要です。また、申し込みからカード受け取りまで(カードレスタイプも磁気の入っていないカードが送られてきます)は、両カードとも同じですが、借り入れ方法は違ってきますので、わかりやすく説明していきたいと思います。

インターネットから申し込み

インターネットから申し込む場合、ホームページ上にある「ゴールドローンのお申し込み」または「ゴールドローンカードドレスのお申し込み」のアイコンをクリックし、進んでいくと申込フォームが出てくるので必要事項を入力していくのですが、インターネット上で利用代金支払い口座を設定できる金融機関とできない金融機関があり、設定可能な金融機関以外の口座を利用する場合は、その後の手続きは郵送で行うことになってしまいます。

インターネット上で利用代金支払い口座を設定できる場合

らくらく発行(インターネットで引落し口座の設定)対象金融機関については、対象金融機関一覧をご確認いただきたいのですが、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、ソニー銀行、みずほ銀行、りそな銀行、イオン銀行など、らくらく発行対象金融機関を利用代金支払い口座として利用する場合は、各金融機関のWEBサイトで設定し、送信します。
送信後、受け付け順にまず仮審査が行われます。

仮審査に通過され本審査に進むためには、本人確認書類と収入証明書が必要になるのですが、三井住友カード株式会社に聞いてみたところ、審査結果の伝え方、また書類が必要となるタイミングが掴みづらいので、詳しく説明しておきたいと思います。

仮審査で否決

仮審査で残念ながら否決となった方にはメールで連絡が入ります。

確認書類と収入証明書が提出済の場合

基本的に仮審査通過後に本人確認書類と収入証明書を提出すれば良いことになっているますが、仮審査で承認がおりた時点で必要書類の提出が済んでいる方には特に連絡が入ることはなく、そのまま本審査に進むみます。

確認書類と収入証明書が未提出の場合

必要書類が未提出の方には、「確認させていただきたいことがありますので自宅に書類を送らせていただきます。」といった旨のメールを送るのと並行して、必要書類を郵送で送るための返信用封筒とともに必要書類の提出をお願いする手紙を自宅へ送付するそうです。
この場合、必要書類を返信用封筒に入れ送り返し、三井住友カード株式会社で確認が取れてから本審査へ進むことになるため日数を要することになってしまいます。

特に急いでいない、アップロードは面倒…仮審査に通るかわからないのに本人確認書などを送ることに抵抗がある、といった方であれば郵送で書類提出後に本審査というスタイルでも良いのでしょうが、できるだけ早く審査結果を受け取りたい、という方は利用代金支払い口座の登録後、早い段階で必要書類をアップロードし提出しておいた方が良いでしょう。

本審査見送りの場合

本審査終了後、残念ながら見送りとなってしまった方には郵送でのお知らせとなります。

本審査可決の場合

無事可決となった方には、可決しました!というお知らせではなく「カード発行のお知らせメール」が入るのですが、実はカード発送前に事前書面(利用枠と利率、それから月々いくら返せばこのくらいで完済できますよ!といった返済シミュレーションが載っているそうです)が発送され、その後カード送付となるそうです。

ちなみに、仮審査通過後、また本審査の結果可決となった場合も結果連絡の際に利用可能額などについてのお知らせは一切ありません。
そのため、例えば仮審査の結果希望利用額よりも大幅に低い金額で承認がおりていた場合など「お断りして、本審査を受けない」ということはできないのか?また、Vpassなど何らかの方法でいくらの利用限度額で承認されているのか確認できる方法はないのか?三井住友カード株式会社に聞いてみたのですが・・

女性オペ

希望通りの限度額にならないこともある、ということに同意した上でお申し込みいただくことになっておりますし、利率は利用枠に応じて決まっておりますので、本審査の結果承認になった時点で限度額や利率を記載した事前書面をお送りするのみとなっております。ですから、仮審査後、また本審査後にお問い合わせいただいてもお伝えすることはありませんし、Vpassを利用してご確認いただくことも出来ません。

つまり、事前書面を受け取るまでは、利用額がいくらであるか?申込者は知るすべがない、ということです。


三井住友カード ゴールドローン/三井住友カード ゴールドローンカードレスは、改めて契約書を取り交わすことがないそうですが、事前書面が届いた時点では、まだ契約は締結していません。

ですが、事前書面は「〇〇万円、もしくは△△△万円の限度額で承認が下りましたがどうしますか?」というものではなく「〇〇万円、もしくは△△△万円の利用限度額になりました」という案内、つまり決定事項の通知であり、事前書面の発送翌営業日には入会手続きがとられ発送手続きが始まってしまうので事前書面が手元に届き、「希望していた額よりかなり低い利用枠しか設定されていないのでキャンセルしたい」と連絡しても既に発送手続きに入ってしまっていて物理的に止めることができない(入会手続きが始まり入会日が確定した2営業日後の夜間に新東京郵便局の方へ持ち込むそうです)ため、カードは自宅へ(事前書面受け取り後1週間程度で)届いてしまうそうです。

ですから、契約内容に納得いかないといってもキャンセルすることはできず、納得いかない場合にはカードが手元に届いてから「解約手続き」をするしかないそうです。

女性オペ

お申し込みいただくということは、希望限度額と異なったとしてもお借入れの意思があるということですから、当社では改めて契約書を交わすことはありませんし、事前書面→カード発行という流れになっています。また、解約されたとしても解約したという事実は信用情報機関に登録になりますが、異動情報ではないので問題ないと思います

審査結果の連絡方法というか、連絡内容も一般的なカードローンと少しちがいますし、どのタイミングで必要書類を送ったらいいのか?など迷うところもあります。また、納得の上で契約…という運びでないところなども含めなんだか、すっきりしない点も多々ありますが、システム上そうなっている!と言われればどうすることもできませんので、希望していた額より大幅に少ない利用額で承認となった場合の対応なども踏まえたうえ、申込する必要があるな~と感じました!

ゴールドローンカードレスにも郵送物がある!

「ゴールドローンカードレス」ですが、ネーミング通りカードが発行されないタイプのローンだから、インターネットから申し込みらくらく発行(インターネットで引落し口座の設定)対象金融機関の口座を登録すれば、郵送物が送られてくる心配はない、と思われている方も多いと思います。

ATMなどで利用できる磁気入りのカードではありませんが、カード番号、有効期限、セキュリティコード(3つの数字)、氏名が印字された簡易カードが三井住友カード ゴールドローンカード同様に簡易書留で送られてきますし、その前に事前書面も送られてきます。
ですから、カードレストタイプだからと言って郵送物なし、というわけにはいきませんので、留意してください。

カード到着まで振り込み融資を受けられない

借り入れについては、三井住友カード ゴールドローンの場合はローンカード、三井住友カード ゴールドローンカードレスの場合は簡易カードが届いてからとなります。

いずれのローンも口座振込による借り入れが可能なことから本審査を無事通過することができれば振り込み融資を受けられるのでは?と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、残念ながらカード到着まで振り込み融資を受けることはできませんので、申し込みから実際に融資を受けることができるまでには日数を要することを理解したうえで申し込む必要があります。

ホームページに、カード発行まで最短3営業日と記載があるようにスムーズに審査が進んだとしても審査だけで3営業日かかります。
また、申し込みからカード到着まで最短で1週間とホームページに記載がありますが、三井住友カード株式会社に確認したところ下記のように返答がありました。

女性オペ

事前書面送付後にカードローン送付、という流れであるため、スムーズに審査&手続きが進んだとしても最短で7営業日とお考えください

この最短というのもインターネットから申し込みらくらく発行した場合だけで、らくらく発行できない場合は口座登録のための郵送でのやり取りに時間がかかるため最短で審査完了は1週間ほど、承認となった場合手元にカードが届くまでには申し込みから、どんなに早くても2週間ほどかかってしまいます。

つまり、その間は融資を受けることができない、ということになりますので今日明日中に現金が必要という方は論外となりますが、現金が必要なのは少し先のこと…と思い申込される方も融資を受けられるタイミングを逆算し余裕をもって申し込みされることをおススメいたします。

利用はカード到着後!

カード到着着は、Vpass(アプリ・インターネット)または、電話で申し込めば口座振り込みによる借り入れ可能ですし、三井住友カード ゴールドローンであれば銀行やコンビニエンスストアなど全国の提携CD・ATMで融資を受けることができます。
ただし、提携CD・ATM利用時の手数料は残念ながら無料ではなく、本人負担です。

また、Vpassを利用してもしくは電話で振り込み依頼した場合、即日(即時)振り込みも可能ですが、Vpass(アプリ・インターネット)で申し込みを完了させた曜日や時間、また電話の場合はオペレーター対応か自動音声対応かによって翌営業日以降の振り込みとなってしまうこともありますので、必要な時に融資してもらうことができなかった…ということにならないためには、申し込み方法別にいつ融資してもらうことができるか?詳細を確認の上で申し込む必要があります。

らくらく発行不可の場合

インターネットからの申し込みでらくらく発行不可の場合ですが、引落し口座をWEB上で設定できないためインターネット上で申し込みを完結することはできません。

引き落とし口座以外の必要事項を申し込みフォームに入力したら送信してください。
すると、後日三井住友カード株式会社から「入会申込書(自署届)」といって申し込みフォームに入力した内容がプリントされた書類が送付されてくるので、必要事項を記入て捺印し返送します。

ちなみに、本人書類など必要書類はアップロードして別途送ることも可能ですが「入会申込書(自署届)」返送時に一緒に入れて送っても構いません。

三井住友カード株式会社に「入会申込書(自署届)」届いたら順次本審査が行われます。審査結果の届き方、またその後の借り入れまでの流れは、らくらく発行(インターネットで引落し口座の設定)対象金融機関を利用される方と同じですが、「入会申込書(自署届)」のやり取りが必要なため、書類に不備なくスムーズに審査が進んだとしても申し込みからカード受け取りまで早くても2週間ほどかかってしまうそうです。

郵送で申し込み

郵送で申し込む場合の書類取り寄せ方法は、「電話で請求」と「インターネットサービスVpassを利用して請求」と2つの方法がありますが、インターネットサービスVpassは会員向けのサービスとなっているため、三井住友カード株式会社のクレジットカードなどを利用していて既に会員登録されている方でなければ利用することができませんので留意してください。

申込書を入手したら、必要事項を記入のうえ捺印し、必要書類(本人確認と年収証明書のコピー)と共に申込書と一緒に送られてきた返信用封筒に入れて送ります。

申込書が三井住友カード株式会社に届いたら順次審査が開始されます。
審査途中で見送り、または本審査の結果否決となった場合は書面でその旨、連絡が届きますが、可決の場合は、まず事前書面が送付され、その後カード発行日(契約日)に「カードを発行しました」とのメールを配信しているそうです。
ですから、結果を知ることができるのは、郵送で送られてくる事前書面ではなく、メールでになります。

女性オペ

審査開始後、スムーズに審査が進んだとしても結果が出るまで7営業日はかかりますし、その後カード発行手続きにはいるためメールで結果を知ることができるのは、早くても三井住友カード株式会社に書類が届いてから10営業日ほどかかるとお考え下さい。
また、カードが自宅に届くまでには、2~3週間かかってしまいます。

カード到着後は、らくらく発行(インターネットで引落し口座の設定)対象金融機関を利用された方と同じ方法で借り入れすることができます。

三井住友カード ゴールドローン/三井住友カード ゴールドローンカードレスの返済方法と返済できる場所

三井住友カード ゴールドローン/三井住友カード ゴールドローンカードレスの約定返済方法は、毎月一定額の元金と利息を合わせた額を返済する「毎月元金定額返済」という返済方法で利用支払い口座からの自動引き落としとなります。

借入金額 毎月元金返済額
1万円~110万円 2万円以上
111万円~170万円 3万円以上
171万円~200万円 4万円以上
201万円~700万円 5万円以上

約定返済日は10日もしくは26日のうち都合の良い日を指定することができます。

また、約定返済日に約定返済額以上の金額(一部もしくは全額)を返済する、増額返済も可能となっていますが、増額返済するためには、事前にインターネットサービス「Vpass」で手続きを行う。もしくは、スマートダイヤル24に電話して予め申請する必要があります。

それから、増額返済とは別に振込みで、もしくはATMから臨時返済(繰り上げ返済)することもできるのですが、振り込み返済の場合は、インターネットサービス「Vpass」から事前予約しなければなりません。

ATMからなら事前予約なしに暗証番号を入力するだけで、簡単に臨時返済(繰り上げ返済)することができますが、三井住友カード ゴールドローンカードレスの場合は、ローンカードがありませんので利用することができません。

ちなみに、増額返済、臨時返済(繰り上げ返済)ともに事前予約するのにも申込期限がありますし、利用支払い口座(金融機関)によって申込期限も違いますので、詳しくはホームページの方でご確認いただきたいのですが、思い立った時に返済できない!という点は少し窮屈に感じられる方もいらっしゃるかもしれませんね。

そのため、三井住友カード ゴールドローンを利用されている方の多くは、事前予約なしでいつでも返済できるATMでの臨時返済(繰り上げ返済)を利用されているようですが、三井住友カード ゴールドローンカードレスを利用されている方は、今月は少し余裕があるので多めに…と思っても事前予約が必要なのでついつい後回しになってしまう…。面倒なので約定返済額だけ支払い続けている!という方が多いようです。

ゴールドローンとゴールドローンカードレスどっちがおすすめ?

カードレスタイプの方が利息が低いし、借り入れ返済がすべてインターネットサービス「Vpass」で行えるので家族バレのリスクも低いからと三井住友カード ゴールドローンカードレスを選ばれる方も多いようです。

しかし、三井住友カード ゴールドローンの方もVpassを利用して借り入れ&返済は可能ですし、明細書が紙面で送られてくることもありません。

また、振り込み融資を受ける場合、申し込み方法や申し込みの時間帯により即日融資してもらえないこともありますし、土日祝日は振り込み融資してもらうことはできませんが、カード発行型なら曜日時間帯に関係なくいつでも融資を受けられます。

上限金利は確かに三井住友カード ゴールドローンカードレスの方が低いですが、利用枠500万円以上であれば、どちらを選んでも金利は同じです。

ローンのタイプ ゴールドローン カードレス
実質年率 3.5%~9.8% 3.5%~9.2%
借り入れ方法 口座振込・CD・ATM 口座振込

三井住友カード ゴールドローンと三井住友カード ゴールドローンカードレス!!どちらがより良いか?は 融資希望額やライフスタイルなどによって違ってくるのでどちらが良いとは、一概にいうことはできませんが、利用開始後の利便性なども考慮の上、ニーズに合った方を選ばれることをおススメいたします。

三井住友銀行カードローンの審査・金利・増額ガイドをチェック!