・収入がない場合、配偶者貸付でどうどうと借りよう!

お金に困って、カードローンを利用したいと考えるとき、誰かに相談しますか?もちろん、相談せずに黙って借りることもありだとは思います。ですが、家族間でお金のことを相談して、生活費や不慮の出費に足りないお金をどうどうと借りませんか。

 

女性オペ

専業主婦でお金を借りることができない場合や、うつ病で休職していてカードローンの審査に通らない場合、強い味方となるのが、配偶者貸付と呼ばれる貸付制度です。

これは、本人と配偶者の収入を合算して、合算した収入の1/3までなら、お金を借りても良いですよ、という制度です。

配偶者貸付には、いくつかのルールがあります。とても簡単なルールであるため、それらを守って、配偶者貸付でお金を借りましょう。

カードローンでお金を借りることは、できれば家族以外には知られたくないことですよね。ですが、家族間で借金について共有していることはとても重要なことです。家族間でお金の秘密ごとがあると、あとあとで発覚したときに大きな問題になっているケースが散見されます。夫婦の収入は夫婦のものです。自分に収入がなくとも、配偶者の収入を使って借り入れができますので、ぜひ検討してみてください。

パートやアルバイトをしている人は借りられる可能性があります。

記事下チェック

女性でも気軽に借りられるカードローンをコチラで紹介しています。↓

専業主婦でもカードローン借りたい!審査や金利とおすすめ銀行

・配偶者貸付って、何が必要なの?

一定以上の金額を借り入れる場合、配偶者の収入証明が必要です。ですが、少額の場合は収入証明がなんと不要なのです。つまり、配偶者の収入の多さ・少なさはあまり関係がないのです。これは重要なポイントなので覚えておくようにしてください。

それから、配偶者の同意書が必要です。つまり、カードローンでお金をキャッシングしたいと配偶者に打ち明けて、同意を得る必要があります。それを書面にする必要が生じます。

また、それから配偶者との姻戚関係を示す書類が必要です。具体的には、住民票もしくは戸籍謄本です。

これらは、市役所に行くことで取ることができますので、簡単に入手できます。仮に、事実婚の関係の場合は、住民票が必要です。住民票に、夫(未届)、妻(未届)など、未届の配偶者であることを示す必要がありますので注意してください。単なる同棲関係では、配偶者貸付は利用できませんので注意が必要です。

・婚姻関係でない場合は、配偶者貸付は使えない?

配偶者貸付は、事実として婚姻関係にある人に限った貸付です。そのため、婚約している場合や、ただの同棲、事実婚でも公的な書類(住民票)などに記載されていない関係の場合は、使うことができません。

日本の法律は、婚姻関係を結んでいる男女に対して非常に特別扱いしているのです。そのため、諸外国のように同棲カップルでも法律婚カップルと同じような権利を持てません。

これは徐々に法律や社会のムードが変わっていくものだと考えられますが、配偶者貸付に限っては、今のところ、法的な夫婦関係にある人だけが利用できるシステムです。配偶者間でお金のことをよく話し合って、双方の合意の元に、お金を借りるといいでしょう。

・なぜ二人の年収の1/3なの?

なぜ配偶者貸付は、二人の年収をあわせたもののうち1/3までしか借り入れできないのでしょうか。それは、貸金業法という消費者金融の振る舞いを定めている法律に、総量規制という項目があるからです。総量規制は、貸金業がお金を貸す際、収入の1/3までと定めています。

なぜ1/3なのかは、昔、日本で多重債務者や自己破産者が増えたときに、調査をしてみると、借り入れの総額が収入の1/3程度であった人は、多重債務状態にならず、自己破産などを避けて無事に返済が完了していたという調査があったからのようです。

そのため、年収の1/3までと借り入れは決められていますので、それ以上の借り入れをしたいと思ったら、消費者金融ではなく、銀行カードローンで借りるようにしてください。銀行カードローンなら、年収の1/3以上の借り入れが可能です。

なぜなら、銀行カードローンは銀行が運営しているため、消費者金融とは法律が異なるのです。銀行カードローンは銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なり、総量規制という項目は、貸金業法に定められた法律なのです。そのため、銀行カードローンでは、年収の1/3以上の借り入れが可能です。

・総量規制って、収入のない人は借り入れできないんじゃないの?

総量規制は、たしかに収入のない人は借り入れできない法律です。収入の1/3までしか借り入れができないため、収入がゼロの人は、年収の1/3もゼロになってしまうため、借り入れができません。

ですが、総量規制には一部例外があります。それが、利用者の有利になる貸付であれば、行っても構わないというルールです。

そのため、配偶者貸付がそれに適用され、年収がゼロの専業主婦・専業主夫でも、借り入れが可能となるのです。利用者の有利になる貸付は、他に、おまとめローンなどがあります。おまとめローンは、収入の1/3を超えた貸付になるケースがほとんどですが、利用者にとってメリットの多い貸付のため、総量規制の例外規程となります。

・こんな人におすすめ!配偶者貸付

配偶者貸付は、消費者金融で借り入れできない専業主婦・専業主夫の方におすすめです。また、自分自身の収入がかなり少なく、配偶者に一定以上の収入がある方にはおすすめです。

銀行カードローンは審査が厳しくて、通らない、または過去に返済トラブルがあって銀行カードローンでは借り入れできないという方にも向いています。また、後述しますが、うつ病などで休職中の方にもおすすめです。

・うつで休職している人でも配偶者貸付なら借り入れできる!?

うつ病で休職している人が、生活費に困ってカードローンに頼りたい場合、そのままではかなり借り入れを行うのは苦しいと言わざるを得ません。うつ病で休職しているとなると、在籍確認が取れないからです。

在籍確認の電話をした時に、「○○は、お休みを頂いております」とか「△月までおやすみです」「休職中です」「○○はおりません」などと答えられた場合、在籍確認をクリアできないことになってしまいます。

そのため、通常のカードローンの審査では、休職中の方の申し込みは断られることがほとんどです。うつ病などが社会に蔓延し、罹患している人も多い現在、これは困った問題です。

ですが、まずは会社の健康保険組合に、傷病手当金などを申請してみてください。傷病手当金は、健康保険組合が給与の約6割を手当として支払ってくれる仕組みです。最大で1年半受けることができますので、会社を休職して給与がストップしてしまい、生活に困っている場合は、健保組合に相談してみてください。

また、傷病手当金が切れた1年半後には、障害年金が受けられる可能性があります。初診日から1年半が経過した時点で障害の程度が重いと、障害厚生年金が受けられる可能性があります。

障害厚生年金は、病気になった時点で会社の厚生年金に加入していて、1年半が経過した時点で申請することができます。だいたい、会社員時代の給与が30万円だとすると、2ヶ月に一度22万円ほど受給できますので、生活費の足しになると思います。

うつ病があまりに重度で、回復の見込みがない場合は、カードローンの前に、こちらを試してみてください。診断書の代金などがかかり、申請に手間もかかりますが、働けない状態の人にはこちらがおすすめです。

また、最近では、うつ病でも生活保護が受けられるケースも増えてきました。うつ病が重度で働けない場合は、生活保護なども検討してみるといいでしょう。生活保護は、障害年金を受けていてももらうことができます。障害年金も生活保護も、借金ではありませんので、返す必要はありません。

それでも、障害年金の診断書の費用がないとか、傷病手当金では足りないとか、職場復帰の見込みがあるなどの場合は、配偶者貸付で借りてみるといいでしょう。自分の体の状態をよく見て、家族と相談の上、カードローンを計画的に借りるのであれば、何の問題もありません。

ただし、それでも復職に失敗して、生活費がつきてしまったらどうすれば良いのでしょうか?最終手段として生活保護がありますが、生活保護は借金があると受けられないので注意が必要です。

生活保護を受給する際には、資産と負債を整理することになりますので、持ち家の場合は売却して家賃の安い賃貸住宅に入居し、負債は自己破産をする必要があります。大変なダメージを受けることになりますので、生活保護は最終手段としておいておきましょう。

そのため、職場復帰に失敗するリスクがある人は、カードローンは借りないほうが良いでしょう。自己破産をすることになってしまいますので、最初から生活保護を受けたほうが、トラブルがなくて良いでしょう。また、生活保護を受給すると、どのみち障害年金を受給するよう言われますので、お金があるうちに、障害年金の手続きだけはしておいたほうが良いでしょう。

・配偶者貸付を行っているカードローン会社は?

実は、配偶者貸付はそれほど普及していません。そのため、アコムなどでは配偶者貸付を行っていないのです。それは、通常の審査と比較すると書類が多くて手続きが煩雑で、その割に利息の収益があまり見込めないからでしょう。カードローン会社にとって、あまりメリットの多いサービスではないため、どの業者も積極的ではありません。ですが、今のところ、確認できる範囲で配偶者貸付を行っている会社をご紹介します。

  • レディースフタバ 金利14.959~17.950%、最大50万円、最短即日
  • ベルーナノーティス 金利8.0%~18.0%、最大100万円(新規50万円)、最短1週間
  • セディナ 金利18%、最大200万円(新規50万円)、最短即日

この3社となります。

レディースフタバとベルーナノーティスは消費者金融です。一方のセディナは、御存知の通りクレジットカードのキャッシングです。セディナのクレジットカードを持っていない場合は、まず先に、クレジットカードを申し込む必要がありますので、少々時間はかかります。

この中では、レディースフタバが、必要書類が本人確認書類だけなのでおすすめです。融資までの日数も、最短即日で融資してくれますし、繰り返し使っていると限度額は100万円にアップするので、ぜひ使ってみてください。

女性オペ

アコム、プロミス、レイク、SMBCモビット、ノーローンなどの大手の消費者金融では、現在は配偶者貸付のサービスを行っていません。注意しましょう。

・夫の収入をあてにするなら、銀行カードローンもおすすめ

消費者金融にこだわる必要はありません。自分自身に収入がなく、夫の収入をあてにしてカードローンを配偶者貸付で借りるのであれば、いっそのこと銀行カードローンで借りてしまいませんか。

銀行カードローンであれば、収入関係なく借りることができますし、最高額は30万円と、そこそこの金額を貸してくれる銀行カードローンがほとんどです。みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などは、専業主婦でも貸し付けてくれます。

配偶者貸付は書類が多くて面倒だという方は、思い切って銀行カードローンに申し込んでみましょう。

・妻が借りてしまった場合、夫は借りられるの?

夫が年収600万円、妻が0万円。夫婦二人で、収入が600万円だとしましょう。

年収の1/3は200万円ですので、このケースでは200万円まで貸金業者から借りることができます。ですが、この場合、例えば妻が200万円借りている場合は、夫はお金を借りれるのでしょうか?

このケースの場合、実は、夫は借り入れできないのです。夫婦二人の収入を合算した分の1/3までが、このご家庭での借り入れ限度額になります。妻が200万円まで借りてしまった場合、夫はもう1円も消費者金融で借り入れすることができませんので注意が必要です。

ですが、銀行カードローンなら、1/3以上の借り入れができますし、配偶者貸付は関係ありません。年収が600万あって、カードローンの借り入れ状況も良好であれば、かなりの金額を借りることができますので、銀行カードローンを検討してみてください。

・配偶者貸付、実際には難しい?少しでも働くのがオススメ

このように、専業主婦・専業主夫の方や、うつ病で休職している方にもおすすめの配偶者貸付ですが、実際には書類を集めるのも面倒で、カードローン会社も3社しか受付ていません。いくらインターネットで申し込むのが便利だとはいえ、実際には、借り入れのハードルは高いのが現状です。

どうしてもお金を借りたいのであれば、インターネットオークションのヤフオク!やメルカリで不用品を売って、収入として申告するとか、クラウドソーシングでライティングの仕事をしてライターとして申告するなどしてみてはいかがでしょうか。それらは立派な自営業ですので、収入を確定申告すれば、自営業としての収入として認められます。

また、そうやって少しでも働くことによって、場合によってはカードローンに頼らなくても良い状況になるかもしれません。まずは、自宅でできる仕事からチャレンジしてみましょう。

・まとめ:ハードルさえ乗り越えれば、配偶者貸付は可能!

少々面倒ですが、書類さえ準備できれば、配偶者貸付は可能です。ただし、中小の消費者金融やセディナというクレジットカード会社に限ります。非常にハードルが高く、それほど大きな金額を借りれるわけではなく、カードローン会社側にとっても利益が薄いため、それほど普及していないのが現状です。

ですが、専業主婦・専業主夫の方で、銀行カードローンではもう借り入れしてしまっていたり、うつ病などで会社を休職していて在籍確認が通らず、どこからも借り入れできなかったりする場合などには、配偶者貸付は強い味方になってくれるでしょう。

事実婚の関係であっても、書類上の夫婦であれば、配偶者貸付は通ります。夫(未届)、妻(未届)は、手続きしようと思ったら役所に対して申立書がいるなど、かなり面倒なのですが、それでも法律的な優遇措置を受けることができますし、配偶者貸付も可能です。

夫婦の収入を合算して基準を決めるため、収入がゼロでも、パートや内職で数十万円の収入でも構いません。どちらかといえば、基準額がアップするため、少しでもいいので働いていると有利でしょう。

配偶者貸付は、うつ病などで他社借り入れが不可能な人にもおすすめです。うつ病は長引きますし、障害年金の申請などにもある程度のお金が必要です。また、会社に傷病手当金を申請するのにも診断書代などが必要です。そうしたつなぎのお金としても、配偶者貸付をつかってみるのは有効かもしれません。うつ病などで会社を休職しているけれど、どうしても当座のお金が必要だ、というときに、配偶者貸付を利用してみてください。

配偶者貸付を利用する際は、配偶者とよく相談して、双方の同意の上でお金を借りるようにしてください。配偶者にだまって書類を偽造して配偶者貸付を利用することは、詐欺罪に該当します。犯罪ですので絶対にやめましょう。

簡単なルールさえ守れば、ハードルは多少高いですが、どなたでも配偶者貸付を利用して消費者金融からお金を借りることができます。