銀行カードローンに限った話ではありませんが、カードローンに申し込むと審査の一環として在籍確認が行われます。

近年、電話による在籍確認ではなく給与明細書や社員証、社会保険証、在籍証明書などの書類で在籍確認をとってくれる消費者金融もいくつか登場し始めており、電話による在籍確認は避けたい!という方々から注目を集めています。

ですが、一方で「電話による在籍確認はできれば避けたいけれど、利用できるのであれば金利の低い銀行カードローンを利用したい!」というユーザーが多いのも事実。
銀行カードローンは、「原則、電話による在籍確認が行われている」といわれていますが、原則はあくまで原則であり電話による在籍確認なしに審査を進めてくれる銀行はないのか?

今回は、電話による在籍確認をとるうえで最も厄介?と言われているバイトや派遣社員の在籍確認にスポットを当てつつ銀行カードローンの在籍確認の現状に迫りたいと思います。

~電話による在籍確認を避けたいのは何故?!理由を口コミから探ってみました!~

カードローンの審査には在籍確認はつきものなので、仕方がなとは思うけれど「職場に電話がかかってくるのは困る。何とかして避けられないものか・・・」とカードローン申し込みに際し、頭を悩ませる方も多いようですが、何故電話による在籍確認を避けたいのか?その理由は・・・

  • 上司や同僚、バイト仲間などにカードローンを申し込んだことがバレてしまうかもしれないから!

と、周囲の目を気にするがゆえに「職場に電話をかけて欲しくない」と考える方が圧倒的に多いようです。
ですが、実は

  • セキュリティ管理の問題で個人的な電話には一切対応していない
  • 個人情報保護の観点から、社員の情報を伝えることは禁止されているため在籍確認をとることが難しい状況にある
  • 派遣元も派遣先も大企業のため登録状況を把握するのが難しいらしく個人宛の電話には「そのような社員はおりません」と答えることになっている

 

など、勤め先の問題で電話で在席確認をとってもらうことが難しい状況にあるため「電話による在籍確認は避けたい、というより電話による在籍確認なしに審査を行ってくれるカードローンを探している」という方も多いのです。

特に、在籍確認が取れにくいとされる派遣で働く方は、電話による在籍確認が壁となることが多く、本来であれば低金利の銀行カードローンに申し込み&利用したいのに収入証明書などで在籍確認を取ってくれる消費者金融のカードローンへ泣く泣く申し込まれる方もいるとか!!

~電話による在籍確認は必須?!銀行に直撃インタビュー!~

銀行カードローンの審査において電話による在籍確認は必須!審査の一環として必ず電話による在籍確認が行われており、確認が取れるまで保留もしくは、在籍確認が取れなければその時点で審査終了となり否決の連絡を受けることになる!と言われていますが、本当に電話による在籍確認が取れなければ審査を進めてもらうことはできないのでしょうか?

女性オペ

実状を探るべく、人気&注目度の高い銀行カードローンを発行する銀行に直撃インタビューしてみました!!

(派遣社員の在籍確認の取り方についてもお聞きしています)

結論からいうと、やはり銀行カードローン審査において、電話による在籍確認を必須としているところが多いですが、基本的に電話による在籍確認は行っていない!状況により応相談!というところもありました。周囲の目が気になるので電話による在籍確認なしに審査を進めて欲しい、といった個人的理由では回避することは難しいようですが、それでも1行だけそういった場合も柔軟に対応してくれる可能性がある銀行もありましたし、勤め先のセキュリティ管理の問題などで難しい場合には書類による代替措置をとってくれる銀行もあることがわかりました。

もちろん、審査内容・状況によっては、書類による代替措置をとることが難しい場合もあるようですが、電話による在籍確認なしに審査を進めてくれる可能性のある銀行カードローンに申し込めば、審査通過率もアップするはず!

電話による在籍確認なしに審査を進めてもらえる可能性があることが分かった、銀行カードローンを紹介しておきますので参考にしてみてくださいね。

《柔軟な対応→厳しめなど熊取様の方で並べ替えお願いいたします》

☆三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)☆

三菱東京UFJ銀では、審査の一環として電話による在籍確認を行っており、周囲の目が気になるなど個人的な理由により「電話による在籍確認を避けて欲しい」といった場合は、お申し込みをお断りさせていただいております。

ですが、昨今、セキュリティ管理の問題などにより電話による在籍確認が難しくなってきていることは承知しておりますし、実際お電話しても確認が取れなかった、というケースも少なからずあります。そのため状況に応じて対応しておりますが、先ほど申し上げました通り、個人的な理由により「電話による在籍確認は難しい」とご相談を受けたからと言って、では、他の方法で!とはいきません。

やはり、一度は職場に電話をかけさせていただき当行で電話による在籍確認は難しいと判断した場合に限り、他の方法で在籍確認をとる方向でご提案・ご相談させていただくことになります。

また、派遣社員の方につきましては、当行では派遣元でも派遣先でも確認の取れやすい方を指定していただくことになっておりまして、いずれかで確認が取れれば通常は在籍確認は終了となります。

ですが、審査内容・状況によっては派遣元、派遣先と両方へ電話させていただき確認が取れることが条件となってしまう方も中にはいらっしゃいますので、その点はあらかじめご了承ください!とのことでした。

 

☆新生銀行カードローンレイク☆

基本的に電話による在籍確認を行っていますが、「電話による在籍確認なしに審査を進めて欲しい」という方には、それぞれご事情がおありのことと思いますので、できるだけ希望に添えるよう個別に対応しております。

だだし、お申込み前に「電話による在籍確認の代わりに在籍されていることを証明できる書類を提出していただくことで電話連絡なしに審査を進めることができますので安心してください」と申し上げることはできません。

何故なら、「職場への連絡なしで審査してほしいのですが・・・」とお申出があったからと言って、審査状況などにより必ずしも代替措置をとれるとは限らないからです。

詳しい審査基準などはお伝えすることは出来かねますが、お電話でお申込みされる場合は申し込みの際に、また、インターネットなどでお申込みされる場合は申し込み後に「職場への電話連絡なしに審査を進めて欲しい」旨の連絡をくだされば事情をお伺いしたうえで審査状況と照らし合わせ、可能な限りご希望に沿う形で審査を進められるよう対応策を提案させていただきますので、まずはお申し込み後、ご相談ください!とのことでした。

 

☆オリックス銀行カードローン☆

当行では、電話による在籍確認は必ず行っております

みなさん、ご事情はおありかと思いますが、オリックス銀行カードローンは、電話による在籍確認に同意のうえお申込みいただくことになっておりますし、お申し出により書類による代替措置などをとることはございません。

また、通常はご本人がお電話口にお出にならなくても在籍確認がとれれば良いのですが、審査状況や審査結果によってはご本人様に電話口に出ていただき確認が取れなければならない場合もございます。

派遣社員の方の在籍確認につきましては、派遣元での在籍確認が基本となっておりますので、派遣元に電話をかけさせていただきますが、確認が取れなかった場合は、派遣先であれば確認が取れるのか?派遣元もしくは派遣先に直通電話はないか?内線番号など連絡が取れやすい番号があれば教えていただく・・・などいろいろとお聞きした上で連絡の取れやすい方法で電話を入れさせていただいております。

ですが、それでも確認が取れず、電話による在籍確認をとることが難しいと当行が判断した場合に限り、書類による代替措置で審査を進めることが可能か?の審査を行い可能であれば、代替措置をとり審査を進める場合もあります。

同様に、派遣の方以外でも、セキュリティ管理の問題などによりどうしても在籍確認をとることが難しい。個人名でおかけするため電話は繋がっても個人名では電話を繋いでもらうことができない、在籍しているかどうかもお答えいただけないような場合には、銀行名でおかけして良いか?まずはお申込者様に確認させていただき、銀行名を名乗っても良いという場合は「オリックス銀行と申しますが・・・」と再度電話をかけさせていただくなど可能な限り電話で在席確認を取らせていただいておりますが、それでもどうしても確認が取れずこれ以上は難しと当行が判断した場合は、代替措置で審査を進めることができるか?の審査をさせていただいたうえで対応させていただいております。

ですが「銀行名で職場に電話をかけてこられるのは困る」という方には、お申し込み自体を取り下げていただいております。他行様のカードローン審査に関してはわかりませんが、当行では、可能な限り電話で在席確認をとる方法をご相談させていただき、電話で確認を取らせていただくこととなっおります。

そのため、申し込み者様からの申し出により電話による在籍確認なしで審査を進めることはなく、あらゆる方法で試してみたけれどどうしても電話による在籍確認をとることができないと判断した場合にのみ、最終手段として代替措置をとる方向で検討させていただくことになっておりますことをご理解の上、お申し込みをお願いいたします!とのことでした。

 

☆みずほ銀行カードローン☆

原則、電話による在籍確認は行っておりません。ただし、審査内容・審査状況により在籍確認が必要になる場合もあり、その場合はお勤め先に電話をかけさせていただいておりますが、ご本人様がお電話に出られなくても「本日は終日外出となっております」「ただ今、会議中で離籍しております」など在籍されていることが確認できれば問題ありません。また、お勤め先にお電話を入れさせていただく場合は、銀行名ではなく個人名でお電話させていただいておりますし、第三者に要件をお伝えすることはございませんのでご安心ください!とのことでした。

 

☆三井住友銀行カードローン☆

当行では審査の一環として電話による在籍確認を行っております

三井住友カード ゴールドローンの電話による在籍確認は、本人意思確認のためのお電話を入れさせていただいてから、お勤め先にお電話させて頂く流れとなっており、本人意思確認の際に個人名でお電話を差し上げた方が都合が良いか?もしくは銀行名でおかけした方が良いかご希望を伺っております。

また確認が取れやすい時間などもお聞きしております。その際に、 個人情報保護の観点から外部から個人あてにかかってきた電話に関しては取り次ぐことが難しいなどお勤め先のシステムにより電話による在籍確認が極めて難しい状況にあるなどご事情がある場合はオペレーターにご相談ください。

審査状況にもよりますので、必ずしもご意向に沿えるとは現時点で申し上げることは出来かねますが、当行ではお申込者様の状況を考慮のうえ、他の方法で在籍確認を取り審査を進めることができないか?検討させていただきご提案・ご相談させて頂いておりますので、ご事情がある場合は、まずはご相談ください。

また、派遣社員様に関しては、派遣元でも派遣先でも確認が取れやすい方をご指定いただくことができます!とのことでした。

 

☆イオン銀行 カードローン BIG☆

イオン銀行 カードローン BIGは原則、お申込み頂いた内容に基づき審査を行っており、電話による在籍確認を取らせていただくことはほどんどありませんが、審査を進める中で必要となった場合に限りお勤め先へ電話をかけさせていただき、確認を取らせていただいております。お勤め先にお電話する際は「イオン銀行ですが・・・」と銀行名を名乗って電話させていただいております!とのことでした。

 

☆楽天銀行スーパーローン(カードローン)☆

カードローン審査において、原則、電話による在籍確は必須となっております。

ですが、職場環境によっては電話による在籍確認をとることが困難な状況にあり、他の方法で在席確認をとることを希望される方もいらっしゃいます。その場合、ご相談いただくことで他の方法で在席確認をお取りすることができる場合もあるのですが、当行ではご本人様意思確認後ではなく、仮審査の最後に職場への電話確認を行っておりますので、申し込み時、もしくは申し込み後のなるべく早い段階でご相談いただければと思います。

その際は、こちらの電話ではなく、申し込み後に送られてくるサンキューメールに記載のフリーダイヤルへお願いいたします。

もちろん、在籍確認が難しい旨のご連絡をいただいたからと言って必ずしも他の方法で在席確認をとる、ということになるわけではなく、まずは書類による代替措置をお取りすることが可能か?の審査を行わせていただくことになりますし、単に勤め先にカードローンを申し込んだことが知られると困るので・・・といった理由で書類による代替措置をお取りすることはできませんが、書類による代替措置で審査継続が可能か?の審査において承認が下りれば在籍証明書の提出をもって電話による在籍確認なしに審査を進めることが可能となります。

ですが、その場合お申込みされる方皆様にお願いしている本人確認書類の提出とは異なり、コピーではなく原本を提出していただかなければなりませんし、審査の結果によっては在籍証明書だけではなく追加で給与明細書や健康保険証のコピーが必要となる場合もございます。

いずれにせよ、電話による在籍確認の代替措置として書類を提出いただく場合は、在籍証明書の原本が必要になるためアップロードやFAXではなく郵送で送っていただくことになり、書類到着後に審査再開となるため、電話による在籍確認なしで審査を進める場合、通常よりお時間がかかってしまうことを予めご了承ください!とのことでした。

電話による在籍確認は必須!!書類による代替措置は一切行っていない!という銀行カードローンを基本とし、状況により応相談!対応策を模索してくださるとお答えいただいた銀行カードローンをピックアップしてみましたが如何でしたか?

銀行・カードローンによって対応に違いがあることをご理解いただけたと思いますが、同時に銀行カードローンだからと言って電話による在籍確認は必須!確認が取れなければその時点で審査はストップ=否決!とはならず柔軟に対応してくれる銀行カードローンがあることもご理解いただけたのではないでしょうか?

~電話による在籍確認の方法!バイト仲間や上司バレが気になる方必見!~

電話による在籍確認を行う際、銀行によって「銀行名を名乗る」ところと「個人名」でかけるところとがありますが、貸金業者と違って相手は銀行ですから本人さえ堂々としていれば特に怪しまれることもないのではないでしょうか?

それでも「銀行名でかけてこられるのは困る」というのであれば「個人名でかけて欲しい」とお願いしておけば、ほとんどの銀行は対応してくれるはずです(オリックス銀行のように、銀行名を名乗られては困るという場合、審査がストップしてしまい、申し込み自体を取り消すことになる、という銀行は稀です)。

それに、審査内容により本人が電話に出なければならない場合もありますが、基本的には「○○銀行(もしくは△△)と申しますが××さんいらっしゃいますか?」という感じで電話をかけ「外出中です」など在籍している確認さえとれれば「では、改めて連絡させていただきます」といった具合にすぐに電話をきり、在籍確認は終了となります。

もちろん、「カードローンの申し込みの件で・・・」など第三者に要件を伝えることはないので、バイト仲間にカードローンを申し込んだことがバレてしまうのでは?上司に勘ぐられたりしないか?など心配する必要はありません。

怪しまれたり、変に勘ぐられることがあるとすれば、それは「○○銀行から電話来てたよ」「△△さんって人から電話来てたけど・・・」と言われたときに、慌てたり、動揺するからであって毅然としていれば疑われることなどないはずです。ちなみに、「銀行で何か作ったの?」など聞かれた場合に備えて、 クレジットカードを作ったんだ!デビットカードを作った!などそれらしき答えを用意しておくと返答に困ることも、挙動不審になることもないでしょう。

~派遣社員、アルバイトなど非正規雇用の方へ~

銀行カードローンの申し込み条件に必ずあるものといえば、年齢制限。それから「安定した収入があること」ですが、大企業の正社員や公務員ではなくパート、アルバイト、臨時職員、契約社員、派遣社員といった非正規雇用の方であっても申し込みすることはできますし、審査に通る可能性も十分にあります。

ですから、派遣社員やアルバイトだからといって銀行カードローンの審査通過は難しい!どうせ門前払いされるんだろうな~!などネガティブに考える必要はありません。また、在籍確認に関しても電話による在籍確認が厳しい状況であれば、職場への電話確認を必須としている銀行カードローンではなく、状況に応じて柔軟に対応してくれる銀行カードローンの中から、条件に合ったカードローンを選び申し込めば審査通過の可能性は格段にアップするはずですので派遣社員だから!アルバイトだから!という理由で銀行カードローンの利用をあきらめる必要などないのです。

大切なのは、安定した収入があり返済能力があるか!です。

《派遣登録しただけ&単発で働いただけでも大丈夫?!》

銀行カードローンの場合、消費者金融など貸金業者のカードローンと違って年収による制限はないけれど、やはり無職の状態では門前払いされてしまうに違いない。銀行カードローンを申し込むためにも早く仕事を見つけなければ・・・と焦って仕事を探してもなかなか決まらず、無職の人でもカードローン審査に通過するための裏技テク!なるものを参考に派遣登録だけ済ませ「有職者」として銀行カードローンに申し込みされる方や実際派遣として働いていることは働いているけれど月に数日だけの単発派遣だったり、イベントスタッフとして1日働いたことがあるだけ!といった単発派遣では「安定した収入がある」という条件をクリアできていないので、審査通過は厳しいです。

銀行カードローンの場合、貸金業者から融資を受ける場合と違い、50万円を超える利用額を希望したり、他の貸金業者からの借り入れ分と合わせて100万円を超える融資を希望する場合に必ず年収証明書を提出しなければならない、といった決まりはありません。銀行カードローンの多くは希望額200万円以下なら収入証明書の提出不要!300万円までは収入証明書の提出不要!などとなっており、銀行カードローンごとに決められたボーダーライン(数百万円)以上の融資を希望しなければ、申込時に必要なのは原則本人確認書類のみとなっています。ですが、実は、審査内容・審査状況によっては別途収入証明書など書類の提出が必要になる場合もある、としている銀行も多いのです。

そして、実収入の金額の多い少ないの問題ではなく、毎月安定して収入を得ているか?を確認するために派遣社員やアルバイトなど非正規雇用の方にこの「別途収入証明書などの書類が必要です」と連絡が入ることも少なくないのです。

そうなるとどうでしょう?派遣登録してはいるものの実際に働いていない場合は、論外ですが、月に数日しか働いていないことがわかってしまった場合も「安定収入がある」と認められずはねられてしまいますよね?

それは、例え前職で高収入を得ていたとしても現状収入がほとんどない状態では同じことです。

ですから、派遣登録しただけ、単発で働いただけでは銀行カードローンの審査通過は極めて難しいと考えるべきなのです。もちろん「派遣だから」ではありません。安定収入があり返済能力もある、と言い難いからです。

派遣社員であっても同じ派遣会社に何年、何十年と登録し続け安定的に収入を得ている方もたくさんいらっしゃいますし、そういった方であれば「派遣だからといって銀行カードローン審査で不利に働く」ということはまずないでしょう。

ワカル編集部ワカル編集部

目安としては、1年以上働いていれば、問題ないといわれています。また、これは派遣社員に限ったことではなく、アルバイトやパートなどで収入を得ている方にも同様のことが言えるのですが、国民健康保険証よりも全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)や組合保険証に加入しているほうが俄然有利です。

なぜなら、雇用形態は別としてフルで働いている。長時間&長期間働いている。安定した収入を得ている証明書ともいえるから!

まっ、まだ全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)や組合保険証を発行してもらえない状態であったとしてもやはり継続して収入を得ていることが大切ですので、登録しただけ!単発で働き始めただけ!という方は本格的に働きはじめ、最低でも1回目のお給料をもらうまで待って、銀行カードローンに申し込まれることをおススメいたします。