img_074

カードローンでお金を借りたら返済しないといけませんが、返済方式や返済手段、遅延などについてはあまりチェックしていない人もいるかもしれません。そこでここでは、返済方式や返済手段、遅延などについてチェックしていきましょう。

返済方式

カードローン業者からお金を借りると、借りたお金以外に利息も合わせて返済しなければなりませんが、利息がどのように発生するのか、その計算方法の種類がここでいう「返済方式」です。
カードローンの返済方式を知る前に、まずは一般的な返済方式を見ていきましょう。

元利均等返済

img_072

元利均等返済は、毎月の支払総額を一定にしていきます。
支払総額は毎回一定ですので計画的な返済ができるメリットがあります。

一方で支払総額に占める元金と利息の割合は変動があり、返済当初は利息の割合が多く元金の割合が少ないので、当初はなかなか元金が減らないデメリットもあります。

元金均等返済

img_071

元金均等返済は、毎月の返済額における元金の返済額が一定の返済方式です。
元金の返済額は毎月一定ですので借金の減るスピードも速くなり、結果的に元利均等返済よりも利息の支払い総額が少なくなるメリットがあります。
一方で、返済当初は元金の残高も多いため支払う利息の金額が大きく、返済が大変なデメリットもあります。

分割払い

img_073

分割払いは、元金と利息の両方を返済回数に応じて均等に分割返済していく方式です。
毎回の返済金額は完全に一定ですので、元利均等返済よりも計画的に返済ができるメリットがあります。
しかし、分割払いの金利は高めに設定されていることが多いので、利息の金額は膨らむデメリットも見逃せません。

リボルビング払い

img_079

リボルビング払いは分割払いの一種ですが、分割払いは返済回数が一定で借入金額に応じて毎回の返済額が変動するのに比べて、リボルビング払いは毎回の返済額が一定で借入金額に応じて返済回数が変動する返済方式です。

それだけ借りても毎回の返済額は一定ですので、返済が家計を圧迫する心配がさほどないメリットがあります。
一方で、利息の支払い総額は全ての返済方式の中で最も多くなるデメリットもあります。

現在のカードローンで主流なのがリボルビング方式ですが、リボルビング払いにもいくつか種類があります。
「残高スライド元利定額リボルビング方式」「残高スライド元金定率リボルビング方式」などという長ったらしい名前ですが、単語を分解していくと分かりやすいものです。

残高スライド 借入残高を一定範囲で段階的に分け、それに応じて返済額が変動する
残高10万円以内→毎月5000円返済、
残高10~20万→毎月8000円返済といった具合
元利 元金と利息をあらかじめ合わせてから、それを均等に分割する方式
元金 ここでは、元金のみを均等に分割して、それに応じて利息を加える返済方式
定額 毎回返済額が一定という意味
「元利」だと元金と利息の合計
「元金」だと元金のみが一定となる
定率 毎回の返済の割合が一定という意味
「元利」だと毎回の借入残高+利息に対して指定の割合
「元金」だと借入残高に対して指定の割合で返済する<

返済手段

img_075

次に、返済手段を見ていきましょう。

ATMから返済

ローンカードを発行している多くのカードローン業者で採用している返済手段です。
自社ATMであれば返済手数料がかからないのが一般的ですが、提携ATMですと手数料がかかる場合も多いです。

口座引き落としによる返済

カードローン契約時にあらかじめ返済用の口座をしておくことで、返済日になると自動的に口座から返済金額が引き落とされます。
返済日を忘れていても返済ができるメリットがありますが、口座にお金が入っていないと返済ができませんので、注意しましょう。

振り込みによる返済

カードローン業者が指定する口座に返済金額を振り込む返済方法です。
口座を持っていなくても利用できるのがメリットですが、振込手数料は利用者が負担するケースがほとんどです。

インターネットバンキングを使った返済

インターネットに積極的に対応している業者が採用しているケースが多いです。
自宅に居ながらにして返済ができるメリットがありますが、対応している業者はまださほど多くありません。

遅延したらどうなるか

img_076

約定返済に従ってきちんと返済をしていけば何の問題もありませんが、果たして遅延したらどうなるのでしょうか。

約定返済日を過ぎると

約定返済日を過ぎてお金が返せないと、遅延扱いになります。
遅延状態になると、返済すべきお金以外に「遅延損害金」と呼ばれる延滞金を支払わなければなりません。
遅延損害金も通常の借入と同様、一定の金利で計算されますが、懲罰的な意味合いもありますので通常の借入よりも高金利(年20%程度)です。

遅延が2か月以上になると

遅延が2か月以上になると、信用情報にも影響してきます。
3か月以上延滞すると、ほぼ確実に信用情報機関に「事故情報」として登録される、いわゆる「ブラックリスト入り」してしまうことになります。

ブラックリスト入りしてしまうと、新規でお金を借りたりクレジットカードを作ったりすることができません。

遅延を避けるためには

うっかり返済日を忘れたなんてことのないよう、業者のメールサービスを利用するといいでしょう。
それでもどうしても遅れそうならば、あらかじめカードローン業者に連絡をしておけば、返済日を延ばすなど柔軟な対応をしてくれるかもしれません。

借金の一本化について

img_077

特に、複数のカードローン業者から少額の借入をしている人に効果があるのが、借金の一本化です。
「おまとめローン」「借り換えローン」などの名前で提供されているローンを使えば、借金の一本化ができます。

借金一本化のメリット

img_080

複数のカードローン業者からの少額借入の特徴として、金利が高い傾向にあることが挙げられます。
限度額を少なくすることで複数業者の借入を可能にしているのですが、限度額が少ないと適用金利が高くなり、それに伴い利息は増えていきます。

おまとめローンや借り換えローンで、「複数の少額ローン」を「1件の多額ローン」に変身させれば、ローンの額が高くなり適用金利は低くなります。
それに伴い、利息が減少するメリットがあるのです。

利息制限法と貸金業法で、借入額が10万円以上100万円未満の場合、金利の上限は18.0%と決められています。
借入額が100万円を超えた場合は上限金利が15.0%と定められています。そのため借金を一本化する場合、2社以上でトータルして100万円以上借入額があれば金利が安くなる可能性が高くなります。【返済総額の例】
例えば、3社に70万・80万・50万で合計200万円の借り入れがあり、金利がそれぞれ18.0%だった場合、5年で支払総額はおよそ304万円です。
これを1本化して金利が15.0%になると、支払総額はおよそ284万円になり20万円ほど総支払額が少なくなります。ただし、銀行系のカードローンを利用している場合は、逆に金利が高くなる可能性もあります。


それ以外にも、毎月の返済日が1回で済む、精神的なプレッシャーから解放されるなどのメリットがあります。

借金一本化の注意点

しかし、借金一本化にも注意点があります。

審査がある

新規の借入と同様、おまとめローンにも審査があります。
おまとめローンの審査を受ける際にはすでに借入がある状態ですので、新規の借入よりはおのずと審査が厳しくなります。

借入件数が多いと一本化できない

5件も6件も借り入れがある人が、その全ての借金を一本化しようと思っても難しいです。
一本化できるのはせいぜい3件までで、5件を一気におまとめすることはほぼ不可能です。

借金一本化の選び方

おまとめローンや借り換えローンを選ぶ際、最も重視すべきは金利です。
低金利により利息を減らすのが借金一本化の目的です。

消費者金融で提供しているおまとめローンは、金利は低くありませんが比較的まとめやすく、銀行のおまとめローンの金利は低いですが、その分審査も厳しいです。

ちなみに消費者金融のおまとめローンであっても、貸金業法に基づくおまとめローンであれば、総量規制対象外になります。
月々の支払いが大変で遅延しそうな心配があれば、おまとめローンも視野に入れてみると良いでしょう。
その他、カードローン借り換えに際する注意点については、こちらで詳しく解説しています。
カードローンの借り換えガイド※損、失敗しない為に知っておくメリット・デメリット

 

まとめ

img_078