img_141

闇金はありえない!闇金に手を出したらそれこそ人生終わります!「思わぬ出費が重なって給料日まで生活費がピンチ!」となってしまった経験のある方は多いでしょう。

どんなに困っていても消費者金融などに絶対トライしましょう!

お金を借りることにした場合、3つの選択肢があります。

  • キャッシング
  • カードローン
  • 闇金

皆さんなら、この3つの選択肢の中でどれを選ぶでしょうか。

おそらく多くの方は「闇金って法外な金利を取られそう。それに暴力団から取り立てされそうでこわい」などと考えるでしょう。
そういう点から考えると、闇金は真っ先に却下されると思われます。

その他にも「ソフト闇金」という言葉があります。
「ソフト闇金」も闇金には変わりないので、決して利用してはなりません。
詳しくは、こちらの記事をご覧下さい。⇒ソフト闇金とは?仕組みと金利差をカードローンと比較してみた

ただし、キャッシングやカードローンには審査があります。
審査にパスしなかった場合でも結論は同じでしょうか。
また、キャッシングとカードローンの二択となった場合、「どちらも似たようなもので、大差ないでしょう」と思ってはいませんか。

確かにお金を借りるという点では共通しています。
しかし、キャッシングとカードローンの違いは、闇金を真っ先に却下した理由となった金利だけではありません。
その他にも、借入限度額や返済方法等においてもそれぞれの違いがあります。

そこで、今回は特にキャッシングとカードローンの違いから、闇金の実情なども交えつつ解説します。
そして、お金を借りる場合にはどうすべきかなどについてもわかりやすく解説します。

キャッシングとカードローンの違い

まず三者の金利を比較する前に、キャッシングとカードローンの違いについて説明しましょう。

キャッシングもカードローンもお金を借りるという点では確かに同じです。
実際のところ、システムやサービス面で共通している部分もあります。
しかし、借入可能額や返済方法等を比較した場合には、両者の特徴的な違いが確認できます。

ではキャッシングからサービスを提供している主な企業、借入可能額、返済方法について紹介しましょう。

キャッシング

img_135

キャッシングサービスを提供している主な企業

・主に消費者金融業者
・銀行
・クレジットカード

借りられる金額

借入限度額としては、500万円~800万円といったケースが一般的。
最大で1,000万円貸してくれる会社や銀行もあります。
ただし、消費者金融の場合は総量規制の対象となるため、年収の1/3が限度額の上限です。
そのため、実体としては100万円~200万円以下で契約締結となるケースが多く見られます。
(初回の場合は、50万円などが一般的)

消費者金融キャッシング・カードローンで借りられる金額
業者名 最低借入額 最高借入額
SMBCモビット 1万円 800万円
プロミス 1万円 500万円
アコム 1万円 800万円

限度額に関する記事はコチラ⇓

カードローンの限度額の目安を年収別に比較してみた【300万~1000万まで】

また、消費者金融の場合、借入額の審査システムや借入回数等においても、大手と中小の事業者では異なる場合があります。

大手消費者金融の場合、設定された借入限度額の範囲内であれば、限度額に達するまで何度でも自由に借入できるのが一般的です。
しかし、中小の場合は上記の方式とは異なる場合が多く見られます。

とある中小消費者金融の場合は、このようなルールを定めています。

  • 利子も含めて全額返済するまで新たな借入はできない。
  • 新たに借り入れする場合は、再度申し込んだ上で審査を受けなおす必要あり。

返済方法等

返済方法も大手消費者金融と中小では異なってきます。

大手では残高や借入額に応じて、毎月の返済額が一定となるリボルビング払いが採用されている場合が大半です。

一方、中小の消費者金融では、元利均等での分割返済が基本的な返済方法となっている場合が多く見られます。

このように同じ消費者金融の「キャッシング」と言っても、大手と中小では借入方法や返済方法に違いがあります。

 

カードローンについて

img_136

カードローンサービスを提供している企業

・主に銀行を指します
・消費者金融
・農協
・信用金庫

借りられる金額

銀行のカードローンは、貸金業法に定められている総量規制の対象外となります。
審査次第ですが、最大融資限度額が800万円から1,000万円という大きな額に設定されているカードローンが大半です。

しかも中小の消費者金融のように再度借り入れ時の再審査はありません。
限度額以内であればいつでも自由に追加で借入れを行うことが可能です。
また、利用単位も消費者金融の1万円単位に対し、銀行は10万円単位となります。

消費者金融キャッシング・カードローンで借りられる金額
銀行名 最低借入額 最高借入額
楽天銀行 10万円 800万円
住信SBIネット銀行 10万円 1,200万円
じぶん銀行 10万円 800万円

返済方法

返済方法は、大手の消費者金融やクレジットカードのキャッシング方式と同様です。
一般的に、残高や借入れ額に応じて毎月の返済額が一定となるリボルビング払いでの返済方法が採用されています。

消費者金融と銀行の大きな違い!それは総量規制対象かどうかの違いです

本記事では

キャッシング=消費者金融

カードローン=銀行

とわけていますが、最近はこの境はなくなっています。

銀行もキャッシングという言葉を使いますし、消費者金融もカードローンと呼んでいます。

なので大きな違いとしては総量規制の対象かどうかです。

銀行で借りる場合は消費者金融業者によるキャッシングよりも審査は厳しくなるものの、大きな金額を借入れできる点が特徴といえます。

キャッシング、カードローン、闇金それぞれの金利を比較してみよう!

キャッシング、カードローンの違いについて、主に借入れできる金額と返済方法を中心に違いをみてきました。
これら3つに闇金を加えて比較した場合の最も大きな違いは「金利」でしょう。

特に注目して欲しい点は「下限金利」と「上限金利」です。

ではどの程度異なるのか、代表的な事例や参考事例を元に比較してみることにしましょう。

キャッシング・カードローン 下限金利 上限金利
SMBCモビット 3.0% 18.0%
プロミス 4.5% 17.8%
アコム 3.0% 18.00%
ダイレクトワン 4.90% 20.00%
セントラル 4.80% 18.00%
みずほ銀行カードローン 3.50% 14.00%
三菱UFJ銀行カードローン 1.8% 14.6%
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 1.6% 8.0%
三井住友銀行カードローン 4.0% 14.5%
オリックスカードレスVIP 1.7% 17.8%
ゆうちょ銀行 7.00% 14.90%
JAバンク 住んでいる地域によって異なる 住んでいる地域によって異なる

<参考>

下限金利 上限金利
闇金 10日で1割程度 10日で10割程度

 

10日で1割という金利を年利換算した場合

・単利の場合:10日で1割は1日あたり1%となる。年利約365%
・複利(金利も元金に含まれて利息がついてゆく利息計算方法)の場合:年利約3142%

※闇金は複利計算が一般的

下限金利を比較してみた場合

img_142

まず下限金利を比較してみることにしましょう。

img_137
キャッシングは大手消費者金融、中堅の消費者金融の場合、ともに似たり寄ったりです。
金利を見ると分かるように、どこも5%未満前後の横並びの数値になっていることがわかります。

ただし、実際に下限金利で融資を受けることができる方はかなり限られます。
実質的な金利としては、多くの方が上限金利に近い水準の金利が適用されます。

img_138

銀行カードローンの場合、消費者金融の下限金利に近い金利も一部見受けられます。
しかし、総じて消費者金融の下限金利より更に1%程度安価であることがわかります。

特に住信SBIは金利「1.89%」となっており、一際目立つかと思います。
もっとも、この金利が適用されるのは、同行の住宅ローン利用者限定など限られた条件の方のみです。
しかし、ここまで下がると、もはや銀行の一般的な融資利率をも下回る驚異的な金利水準といえます。

住信SBIに限らず、こうした下限金利で借りることはキャッシング同様容易ではありません。
しかし、少なくともキャッシングより安価な金利で借り入れできる可能性があることは間違いありません。

従って下限金利の比較で考えれば、文句なしで銀行カードローンに軍配が上がるといえます。

※ただし最低金利がつくのはかなりの金額をカードローンで利用している人だけです。

img_134

尚、闇金金利の下限目安(相場)といわれる「10日で1割(トイチ)」は”問題外”といえるでしょう。
この金利の違いを仮に建物で例えるなら、平屋と東京タワーに匹敵する違いとなります。

上限金利で比較してみると

上限金利で比較した場合ですが、まず消費者金融キャッシングは18%程度と上限金利も下限金利同様事業者同士の比較ではそれほど大きな差はなく、似たような金利になっています。

 

一方銀行カードローンですが、住信SBIの7.99%という上限金利は大変好条件と言えますが例外的水準といえます。
多くのカードローンは上限金利が15%前後という水準です。

img_104キャッシングの上限金利と比較した場合、約3%も下回ります。

仮にキャッシングとカードローンでそれぞれ上限金利で100万円借りた場合で比較してみましょう。
単純計算になりますが、最低でも3万円は金利だけで違ってくることが分かります。
従って、借入れをする場合は0.1%の違いでも馬鹿にせず、より安価な金利で借りるようにすることが鉄則です。

そのような意味でキャッシングとカードローンの金利の違いは明白です。
もしお金を借りる場合、三者の中で最優先で検討すべきはカードローンと言って間違いありません。

まとめ

カードローンとキャッシングにおける言葉の意味の差はほとんど無いと理解頂けたと思います。

そして銀行と消費者金融での大きな差は総量規制の対象の有無です。

他にも審査スピードや審査の通過率の良さなどもありますが、詳しくはこちらを見て下さい。

⇒カードローンの審査まとめ※スピード、甘い審査、ランキング

審査は消費者金融の方がスムーズに行われるでしょう。

ただ金利が銀行カードローンに比べて高いので大きな金額を借りたい場合は銀行を利用するほうが後々メリットになります。

少額や数万円程度の借り入れなら金利も膨れ上がることは無いので消費者金融を選ぶ方が圧倒的におすすめです。

切羽詰った状況でも絶対に闇金融に手をだしてはならない

img_139

最後に、闇金のおそろしい相場金利を知って改めてぞっとした方も多かったことでしょう。

闇金は俗に「トイチ」と呼ばれている「10日で1割」というのが、一つの下限金利(相場)としてあります。
10日で1割とは1日1%です。

闇金を利用した場合の利息として、「トイチ」という言葉をよく耳にすると思います。
これは「10日で1割の利息が発生する」という意味で、1日あたりに換算すると1%の利息です。
闇金では「トイチ」が下限金利として、相場金利と呼ばれています。

1日1%と聞くとそれ程大きな数値に感じられないかもしれません。
しかし、1日1%を年利換算すれば単利計算でも365%になります。

ちなみに、消費者金融の上限利息の場合、17.8%~20.0%の間で設定されるのが一般的です。
キャッシングの上限金利と闇金の金利を比較すると、単利計算の利息でも約18倍~20倍前後という数値になります。

発生した金利についても元金に含まれ、さらに金利を支払う複利計算となった場合には年利約3142%となり、3000%を超えます。

3000%とは文字通り30倍のことであり、借りた金額はわずかであったとしても、もはやまともに返済することなど出来ない金利です。

簡単な例を出すと

10万円を借りて1年間経つと、300万円以上の返済が必要になるということです。

(返済などは無視した単純な計算です)

上記で紹介した「トイチ」(10日で1割)はあくまで下限です。
より悪質な闇金業者になると、「トサン」(10日で3割)、もしくは「トゴ」(10日で5割)以上の膨大な金利となる場合も。

複利計算した場合、「トサン」で年利約144万1791%、「トゴ」で年利約2億6750万4316%です。
10万円借りて1年経った場合、「トサン」で約14億円、「トゴ」だと約2,675億円となります。

「トイチ」でも年で考えるととても支払える金額ではないということがお分かりいただけるかと思います。
もちろん、「トサン」や「トゴ」の場合はなおさらですね。

お金を借りる場合はカードローンを最優先で検討し、カードローンの審査がダメだった場合には次にキャッシングを検討するという順番がセオリーです。
しかし、消費者金融がだめだった場合には次の手段として「闇金がある」などと決して安易に考えてはなりません。

img_140繰り返しになりますが、上記で解説したとおり闇金の金利はまともに返せる金利ではありません。

仮に数社程度の消費者金融会社から断られたからとしても、そう簡単に諦めてはいけません。
借入希望金額などの諸条件をできるだけ見直すなどして、信頼のおける消費者金融会社(※)を地道に数多くあたってゆく努力が大切です。

※「信頼のおける消費者金融会社」とは、金融庁に届出をし、都道府県知事の登録許可を受けている事業者のことをいいます。
そのような業者であれば、法律に定められた金利を守って営業しているので安心して利用できます。

闇金に手を出すことは破滅の第一歩となります。
くれぐれも利用しないようにしてください。