top
銀行カードローン、消費者金融のカードローン、信販会社のカードローン問わず、個人向けの小口融資であるカードローンは、無担保・無保証人が基本となっており、利用するにあたり担保や保証人を求められることはありません。

ですが、銀行系カードローンの場合、保証人は不要なものの「保証会社〇〇〇の保証を受けられる方」であることが利用条件となっています。
消費者金融や信販会社のカードローンの商品概要説明書などを見ても申し込み条件や利用できる方という欄に「保証会社の保証を・・・」という文言はありません。
ですが、銀行カードローンの商品概要には、年齢条件や安定した収入のある方など収入に関することに加え必ず「当行指定の保証会社である〇〇〇の保証を受けられる方」といった旨の記載があります。

名称未設定-4_03

つまり、カードローンを提供している銀行が指定する保証会社の保証を得られることが出来なければ、利用することが出来ない、ということですが、そもそも保証会社とはどんな役割を担っているのでしょう?

また、何故銀行カードローンだけに保証会社が必要なのか?
どんな会社が保証会社になっているのか?
など、このサイトではカードローンにおける「保証会社」とはないか?に迫りたいと思います。

保証会社の役割って?

保証会社の主な役割は

・審査を行う
・債権の保全(代位弁済)

です。

審査を行う

銀行カードローンに限らず、カードローンを利用するためには、まず審査を受けることになりますが、例えば、みずほ銀行カードローンの[カードローンのお申し込みに関するご注意事項]のひとつに

“カードローンのお申し込みに際してはみずほ銀行およびみずほ銀行指定の保証会社である株式会社オリエントコーポレーション(以下オリコ)の審査があります。”

とあるように、銀行カードローンの場合、カードローンを発行する銀行と保証会社の審査をダブルで受けることになります。

ただし、どの金融機関も審査基準や審査内容を公表していないように、保証会社が審査においてどれだけのウェイトを占めているか?ということも非公開のため定かなことは言いかねるのですが、元銀行員さんや審査に関わるお仕事をされていた方などの体験談などを参照してみたところ、主として審査を行っているのは保証会社のようです。

名称未設定-4_07

もちろん、銀行によって単独での審査を行ったうえで、保証会社の審査結果と照合し総合判断しているところもあるようですが、保証会社の審査結果を受けてから、最終チェック?という形で再審査を行う、といいますか確認作業を行っている。
実質的には銀行ではなく保証会社が審査を行っていることが多いようです。

後ほど、債権の保全で詳しく説明いたしますが、保証会社が保証できる、と判断した場合は無事審査通過となる訳ですが、万が一利用者が予定通り返済できず、返済が滞ることになると、保証会社が利用者に代わって銀行に代位弁済することになります。
ですから、カード発行元である銀行自体は痛くも痒くもないわけですが、代位弁済する保証会社はリスクを負うことになります。

そのため、保証会社は、

本当に信頼に値する人物であるか?
返済能力があるか?

を様々な角度から慎重に審査を行っているようです。

銀行が定めている最低条件が消費者金融など貸金業者のラインよりも、そもそも高めであることに加え、リスク回避のために慎重を期した保証会社の審査が行われているのですから、そう甘くはない、といいますか「銀行の審査は厳しめ」「ハードルが高い」と言われる理由もこの辺にあるようです。

債権の保全(代位弁済)

債権の保全とは「債権の回収を容易にするための工夫」という意味ですが、銀行カードローンの保証会社が担っている債権の保全とは、代位弁済です。
つまり、利用者が一定期間返済を行わなかった場合利用者の代わりに保証会社が銀行に残債を一括返済する、ということです。

名称未設定-5_01

銀行と保証会社との取り決めも様々なようで、滞納、延滞が続いた段階でハガキや電話、メールなどで催促する。
また、延滞損害金に関する連絡も保証会社がすることもあるようですが、一般的には3ヶ月に渡って延滞が続いた場合に、銀行が保証会社に代位弁済を求め、保証会社が利用者の肩代わりをして返済します。
保証会社が代位弁済すると、債権は銀行から保証会社に移転するので、債務者(利用者)は肩代わりしてもらった残債を今度は保証会社に支払うことになります。
ちなみに、代位弁済により債権が保証会社に移るとカードローンを利用していた時と違って利息が発生することはありません。

ですが、保証会社は肩代わりしたお金を一括返済するよう求めてきます。
月々の返済も困難だったのに一括返済なんて無理、という方も多いと思いますが、債権が保証会社に移ったことで保証会社は「残債をあなた(利用者)に代わって返済してあげたのだから、そのお金を返してください」と請求できる求償権を行使できるようになるのです。

ですから、「残債を一括で肩代わりして払ったのだから、一括で返済してください」というのも保証会社からすれば当然の権利なのです。
と、いっても一括返済は難しいということは保証会社も承知していることなので、相談すれば分割での支払いに応じてくれることが多いです。

ですが、前述の通り利息はかからないものの利息以上に高い延滞損害金がつくことが多いです。
また、債権が銀行にあるうちは、事情を話し相談することで多少返済を延ばしてくれるなどの対応をとってもらえることもありますが、代位弁済後は1日でも返済が遅れると延滞損害金を請求されたり、延滞が続いた場合は民事訴訟を起こされ財産や給料を差し押さえられることもあるため、代位弁済が行われた後の方が、利用者は苦しい立場になってしまう可能性が高いです。

しかし、そうはいっても銀行が定める保証会社の保証を受けることを了解したうえで、カードローンの申し込み&契約を行い利用していた訳ですし、借りたお金を約束通り返済できなかったのですから、保証会社に権利を行使されるのは当たり前のことなのです。

そして、こういった焦げ付きかかった借金の催促や、滞ってしまった借金の回収銀行に代わって行うのが保証会社の役割の一つ「債権の保全」なのです。

銀行カードローンに保証会社が必要な理由

消費者金融や信販会社はカードローンを提供するにあたり保証会社を利用していないのに何故銀行だけは保証会社を利用しているのか?
不思議に思われる方も多いのではないでしょうか?

その理由は、簡単に言ってしまうと

・審査や回収業務の手間を省くことが出来る
・保証料を支払うことでリスク回避出来るので、万が一利用者が返済できなくなった、という場合のリスクを考えることなく本業である事業性融資や預金業務などに専念できる

からです。

でも、実はそれだけではなく銀行と保証会社との提携が進んだのには、他にも理由があります。

担保&保証人ありきの事業性融資や個人向け融資でも住宅ローンといった高額融資を得意としてきた銀行が、無担保・無保証人の個人向け小口融資に力を注ぎ業務拡大を図り始めた背景には、総量規制の完全施行があるようですが、何はともあれ銀行がカードローンを広く提供するためには消費者金融や信販会社のもつ信用調査力や債権回収能力、長年培ってきた無担保ローンを提供するためのノウハウが銀行には必要だったのです。

名称未設定-6_02

このように、銀行は本来の業務に支障を与えることなく不得意分野の個人向け無担保ローン(カードローン)業務を軌道に乗せ確実に金利収益を上げるために、銀行の弱点をカバーする力&構築されたシステムを持つ貸金業者を保証会社として利用しているのです。

銀行カードローン保証会社一覧

主だった銀行カードローンの保証会社は以下の通り!

銀行カードローン 保証会社
みずほ銀行カードローン アコム株式会社
新生銀行カードローンレイク 新生フィナンシャル株式会社
オリックス銀行カードローン オリックス・クレジット株式会社
新生フィナンシャル株式会社
みずほ銀行カードローン 株式会社オリエントコーポレーション
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
りそな銀行
りそなプレミアムカードローン
オリックス・クレジット株式会社
イオン銀行 カードローン BIG イオンクレジットサービス株式会社
オリックス・クレジット株式会社
ゆうちょ銀行カードローン したく SDP株式会社
住信SBIネット銀行
MR.カードローン
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
ソニー銀行のカードローン アコム株式会社
楽天銀行スーパーローン
(カードローン)
楽天カード株式会社
株式会社セディナ
セブン銀行のカードローン アコム株式会社

上記のように、消費者金融もしくは信販会社が銀行の保証業務を請け負っているのですが、その多くが子会社だったりグループ会社であることがお分かりになると思います。

ちなみに、アコムやオリックス・クレジット株式会社のように複数の銀行の保証会社を務めている会社もありますが、銀行・カードローンごとに定められた条件並びに独自の基準により審査は行われているため、保証会社が同じだからと言ってクリアできるラインは同じではありません。

ですが、保証会社は各社独自のノウハウだけでなく独自のデーターも持ちあわせているため、信用情報機関では既に削除された情報や信用情報機関には登録されないものの何らかのマイナーな情報を持っている場合もあり、そのために承認がおりなかった、という場合は保証会社が同じ他の銀行カードローンを申し込んだとしてもほぼ同じ結果がでることになると思われますので、現在否決される心当たりは何一つないのに「否決された」という場合は、保証会社の違うカードローンを申し込んだ方が無難でしょう。

名称未設定-6_05

それから・・・上記一覧で言うと、オリックス銀行カードローンとイオン銀行 カードローン BIG、楽天銀行スーパーローン(カードローン)には保証会社が2社ついていますが、保証会社が2社の場合、両方の審査をクリアしなければならないのではなく、いずれかの審査をクリアすればOKです。
例えばオリックス銀行カードローンであれば先にオリックス・クレジット株式会社の審査を受けて否決されてしまった場合、今度は新生フィナンシャル株式会社の審査に回され(順番はよくわかりませんが・・・)承認がおりれば無事審査通過となり可決の連絡を受け取ることができる、という訳です。

保証会社が2社ついている場合も銀行の申し込み条件に準じて審査が行われることに違いはないものの、その他の部分ではそれぞれ独自の審査方法を用いて審査を行うため、必ずしも同じ結果が出るとは限りません。
というより、むしろ異なった視点から審査を行う&判定基準も違う2社の保証会社がついているからこそ、審査通過の可能性が高い、と考えて良いと思います。