img_026

自動契約機は、例えば下記のようなあまり目立たないところに設置されていることがほとんどです。

  • 銀行の本・支店内
  • 無人の独立店舗
  • 雑居ビル内
  • 道路沿い
  • 駅近くなど

そのため、「出入りを人に見られたくない」という方でも利用しやすいと思います。

また、ブースに人が入っている場合、他の人がドアを開けることができないようになっています。

プライバシーにも配慮されているので、その点でも安心です。

自動契約機をいち早く導入したのはアコムです。
その歴史は意外と古く1993年。
誰の目も気にせず利用できるための方法として、社員から出されたアイデアを元に自動契約機「むじんくん」をデビューさせました。
その後、誰にも会わずにカードを作れる手軽さや利便性の良さから他金融機関でも次々と導入。
現在では、大手消費者金融をはじめ銀行でも自動契約機を設置するところが増えてきています。

 

img_027

操作性については、金融機関によって設置している自動契約機によっても異なります。

しかし、概要はほとんど同じで、タッチパネルに従い申し込みから契約まで完結でき、その場でカードを受取ることがでます。

また、操作方法が迷ったときなどのために、どの自動契約機にもオペレーターにつながる電話などが設置されています。

これで、「自動契約機を利用するのは初めて」という方でも安心です。

自動契約機で申し込む場合の流れ

おおむね、自動契約機での申し込みの流れは以下のようになります。

ただし、設置されている契約機によって異なる部分もあるかもしれません。

詳しくは、業者ごとの契約機の使い方で書いていきます。

  • 新規申し込みボタンを押す
  • 必要事項を入力する
  • 本人確認書など必要書類を自動契約機にセットする
  • 申込書に必要事項を記入し自動契約機にセットする
  • 審査が終われば画面に表示されるので確認する
  • 契約書が発行されるので内容を確認し問題なければ署名し自動契約機にセットする
  • 契約書(お客様控え)が発行されるので受取る
  • カードが発行される

カードは既に利用できる状態で発行されるので受取り後、すぐに利用することが出来ます。

 

SMBCモビット自動契約機の使い方

SMBCモビットの自動契約機は、シンプルなことが特徴です。

他社であれば自社ATMも設置されているため、広々としています。

しかし、SMBCモビットの場合は自社ATMを持たないため、自動契約機のみとなっています。

SMBCモビットの自動契約機を使って申し込む場合の手順は、下記のとおりです。

1.自動契約機で必要な情報を入力する

タッチパネル式になっているので、直接指でタッチして操作して下さい。

新規申し込みを選び、下記情報の入力を行います。

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 借入希望額
  • 利用目的など

2.仮審査後、審査結果の通知

これらの情報を入力すると、情報に基づき仮審査(自動審査)が行われます。

ここでかかる時間は、約1分前後。

仮審査に通過すると、自動契約機からSMBCモビットカードが発行されます。

ただし、これは機械による自動審査です。

まだ、SMBCモビットカードは利用できないので注意して下さい。

3.必要な書類(写し)を提出して、本審査を受ける

本審査申し込みに必要な書類は、次の2つ。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類(必要な場合)

自動契約機のスキャナもしくはスマホで撮影した画像で提出して下さい。

ここまで終わったら、本審査が始まります。

結果はメールでのお知らせです。

書類の提出が完了したら、自動契約機から出ることができます。

4.本審査結果の通知

本審査結果は最短30分でメールにて連絡されます。
(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

結果通知後、SMBCモビットカードが利用可能となります。

全国約13万台以上のATMが利用可能です。
(※2017年6月現在)

うち、三井住友銀行ATMでは、借入・返済時の手数料が無料となります。

5.契約書類を郵送

本審査通過後、数日すると自宅に契約書類が郵送されます。

その中に誘拐申込書があるので、署名・捺印の上返送して下さい。

アコム自動契約機の使い方

アコムはSMBCモビットと同じく、タッチパネル式です。

1.自動契約機の操作

自動契約機はすべてタッチパネル式になっています。

音声ガイダンスやオペレーターの案内があるので、それに従って操作して下さい。

まずは、必要事項を入力します。

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 借入希望額
  • 利用目的など

その後、本人確認書類等のスキャニングを行います。
スキャナは自動契約機の横にあり、数分程度で読み取り完了です。

2.入力情報に基づいて審査

この後、入力した情報などに基づいて審査が行われます。

勤務先への在籍確認も、この段階で行われることが多いようです。

また、申込内容について確認がある場合は、ここでオペレーターと話をすることもあります。

3.審査結果の通知・契約

審査が終了すると、審査結果や利用限度額が表示されます。

画面を確認して、OKを押すと契約書が発行されます。

契約書に署名・捺印してスキャニングすると、控えが発行され契約完了です。

4.カード受け取り

契約が完了すると、カードを受け取ることができます。

アイフル無人契約機の使い方

アイフルの無人契約機は、「てまいらず」と呼ばれています。

アイフルの場合、SMBCモビットやアコムと異なり、タッチパネル式ではありません。

固定電話とスキャナが設置されたオフィス風の契約機となっています。

1.固定電話から1番に電話する

無人契約機内に入ると、電話が設置されています。

固定電話から1番にかけると、審査担当者が出てきます。

ここでは、申込手順やカードローンについての説明があります。

2.申込用紙に必要事項を記入、スキャナで読み込み

引き出しに各種書類があり、その中に申込用紙があります。

申込用紙に、申込者の氏名、住所、年収などの個人情報を書いて下さい。

必要情報をすべて記入したら、スキャナーで申込書を読み取ります。

3.本人確認書類等の読み取り

本人確認書類や収入証明書類の読み取りを行います。

基本的には、本人確認書類があれば審査に入ることができます。

しかし、借入希望額が50万円超の場合など、収入証明書類が必要な場合も。

これについては、必ず事前に確認の上、用意するようにして下さい。

4.電話で申込情報について確認

手続きが完了すると、無人契約機内の電話にオペレーターから電話があります。

ここでは、送信データの確認と、申込情報についての確認が行われます。

一例をあげると、勤務先に関して、お金を借りる目的に関することです。

なるべくよどみなく答えられるようにしておくといいでしょう。

5.審査結果の確認

確認が終わると、審査に入ります。

ここで在籍確認が行われることが多いようです。

最短30分~1時間で回答があります。

6.契約書に署名・カードの受け取り

審査でOKが出ると、契約書類が印刷されて出てきます。

オペレーターから説明があるので、そこで納得すれば、契約書に署名・捺印します。

その後、スキャナーで読み込ませると、審査完了です。

カード発券機のボタンを押すと、ローンカードを受け取れます。

自動契約機には何をもって行けばいい?

img_028

自動契約機で申し込みを行う場合も、インターネットなどから申し込みを行い契約手続き&カードを受取る場合も、本人確認書類が必要です。

有効な書類は業者によって異なりますが、下記の書類があります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 在留カード(外国人のみ)
  • 個人番号カード(表面)
  • 住民基本台帳カードなど

本人確認書類を忘れてしまうと申し込みできないので、忘れずに持参して下さい。

現住所が異なる場合は、公共料金領収書など現住所が記入された書類が必要となるので、あわせて注意しましょう。

また、消費者金融で契約の申込みを行う際に下記のような場合は、収入証明書が必要になります。

  • 希望の借入額が50万円を超える
  • 希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える

収入証明書として認められる書類は、下記のような書類があります。

  • 直近の源泉徴収票
  • 最新年度の住民税決定通知書
  • 給与証明書(直近2ヶ月+賞与明細)
  • 確定申告書
  • 所得証明書など

条件に該当しない場合でも、必要と認められると収入証明書の提出を求められます。

すぐに提出できるのであればそれに越したことはないので、事前に用意しておくといいでしょう。

img_031
銀行カードローンの場合は、総量規制対象外になります。
そのため、消費者金融とは申込条件が異なるようです。
銀行の場合、「○○万円以上もしくは○○○万円以上の融資を希望される場合には収入証明書が必要になります」などの記載がホームページにあります。
条件を確認して、必要であれば持参しましょう。
また、条件に該当しなくても提出を求められる場合があります。
すぐ提出できるに越したことはないので、事前に用意しておくといいでしょう。

 

なお、金融機関によって本人確認書類並びに収入証明書として認めているものは多少異なるようです。

本人確認書類として運転免許証、パスポート、健康保険証のいずれかしか認めていないところもあります
申し込む前に、必要書類についてホームページもしくは電話などで問い合わせされることをおススメいたします。

所得証明書の発行から手順までワカルページ

主な自動契約機

自動契約機が置いてある主な消費者金融と営業時間の一覧です。
どこも意外と遅くまでやっていますね。

業者名 自動契約機の営業時間
アイフル 9:00-21:00
アコム 9:00-21:00
ノーローン 月曜-土曜 8時45分-24時
日祝日 22時まで
SMBCモビット 8:00-21:00
プロミス 9:00-22:00※一部21時もあり
レイク 月曜-土曜 8時45分-24時
日祝日 22時まで

以前レイクは消費者金融でしたが、現在は新生銀行カードローンレイクとなり、銀行系カードローンとなります。
以前の無人契約機が現在も利用できるようになっています。
そのためレイクは、総量規制対象外となります。

主な自動契約機の店舗数

主な消費者金融業者の店舗数について、まとめてみました。

業者名 店舗数
アイフル 912店(有人27・無人885)
アコム 1068店(有人・無人の合計)
SMBCモビット 400店(無人店舗のみ)
プロミス 963(有人15・無人945)
レイク 798(無人店舗のみ)
アコムが最も多く、ついでプロミス、アイフルの順番となっています。
レイクは、銀行カードローンでは自動契約機の店舗数が最多です。
img_031
総量規制とは?多重債務者を増やさないために『融資額は年収の3分の1まで』と貸金業法で2010年に定められた制度のことをいいます。
例えば、100万円借りるのであれば、年収300万円以上必要ということですね。
この総量規制の対象となるのは、消費者金融だけではありません。
クレジットカードや信販会社のキャッシングも総量規制対象です。総量規制対象外は?

総量規制対象外なのは、銀行のカードローン
です。
消費者金融は貸金業法、銀行は銀行法に基づいて業務を行っています。
そのため、銀行のカードローンは総量規制対象外となるのです。
またクレジットカードでのショッピングは、割賦販売法が適用されるため総量規制には含まれません。

 

つまり貸金業法が適応される貸金業者のみが、総量規制対象になるのです。

貸金業者とは、財務局や都道府県に登録してお金を貸している業者です。
そのため総量規制にひっかかっても、登録をしていない俗に言うヤミ金ではお金が借りられてしまうのです。
登録をしていないので、金利も違法であったり、取立てが厳しかったりするわけです。
間違っても借りてはいけませんよ!

貸金業法については、金融庁の『貸金業法のキホン』にわかりやすく解説されています。
興味のある方は、ご覧になってみてください。