自己破産後にクレジットカードを考えている人に絶対損させない全知識

自己破産後にクレジットカードを考えている人に絶対損させない全知識

ワカル編集部
借金が返せずに自己破産を選択せざるを得なかった、もう二度とクレジットカードを持つことができない、自分はブラックリスト入りだ、こう考えて、諦めてしまっている人はいませんか?
えっ?自己破産後にクレジットカードを作れるんですか??
ワカル編集部
確かに返済できず、自己破産という方法で借金をチャラにしてしまった責任はあります。借りたものを返さない人の信用は地に落ちてしまっています。

しかし、信用を取り戻すことはできないのでしょうか?
もう二度と、信用で買い物をすることは許されないのでしょうか?

そんなことはありません!

今回は自己破産後にクレジットカードを持ちたい人向けに、それが可能であること、しかし条件もきついことを示したいと思います。二度と信用を失うことはしない、と肝に銘じていただきながら、自己破産後のクレジットカードの持ち方について知っていただきたいと思います。

<この記事で分かることはざっくりこれ!>

  • 自己破産後でもクレジットカードを持つことは不可能ではありません
  • クレジットカードと信用情報、審査について理解できます
  • 自己破産後クレジットカードを発行するタイミングと方法がわかります
  • クレジットカードを持てない期間の代替手段について理解できます

大前提 自己破産後にクレジットカードを持つことは不可能ではない!

自己破産後でもクレカは作れる

まず、大前提として自己破産した後でもクレジットカードを持つ、作ることはできます。

法律で自己破産者のカード所有を禁じているものはありません。
あくまで、民間事業者であるカード会社の自主的な判断、自主規制によるものです。

したがって、「もう規制しなくてもいいのでは?」という判断が下れば、自己破産をした人でもクレジットカードを持つことができます。

だから、「もう二度と無理なんだ」とあきらめないでください。方法はあるんです。

自己破産後にカードが使えない、カードを持てない理由

自己破産後にカードが使えない、カードを持てない理由

そもそも、なぜ、自己破産するとカードを持てなくなったり、カードの審査で不合格になったりしてしまうのでしょうか?

信用情報機関の「ブラックリスト」に掲載される

クレジットカード会社(あるいは金融機関もそうですが)、ある人が新規にカードを持ちたいといってきた場合、本当にカードを持たせても大丈夫なのか、信用情報を以下の機関に照会します。

  • JICC(株式会社日本信用情報機構)
  • KSC(全銀協(全国銀行個人信用情報センター))
  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)

ここでブラックリストに載っていると、クレジットカードを作ることができません。

信用情報とは

  • 個人情報(氏名、生年月日、自宅・勤務先住所、電話番号、年収)
  • 借り入れ情報(カード会社名、金融機関名、契約日、借り入れ金額)
  • 事故情報(延滞情報・債務整理の有無(自己破産含む))

を指します。

「自己破産とか究極の個人情報だろう?それを第三者に見せることに同意していない!」と思う方もいるかもしれませんが、自己破産前に行った借入やクレジットカード作成の際に、信用情報機関に情報提供することにサインしているはずです。

信用を基にしたサービス業務の執行上で必要な情報ですから、ブラックリストを公開されるのは仕方がないんです。

返済できない人には信用貸しできない

信用情報に「×」があり、ブラックリストに載っている人に、融資はもちろん、クレジットカードを持たせることはできません。
借金にせよ、クレジットカード払いにせよ、支払日に支払えない人に信用はありません。

クレジットカードの場合、カード払いした時点で、クレジットカード会社がお店に立替て払い、その後利用者から回収するシステムです。
その立替払いした費用を回収できない怖れがあり「前科」がある人は、借金を踏み倒すかもしれない人と同様の扱いになるのも、まぁ仕方ないことです。

クレジットカード会社はボランティアで立替払いをしたり、キャッシングでお金を貸したりしているわけではありません。

ワカル編集部
これらの情報は各クレジットカード会社相互で情報共有しています。
A社でやらかしたので、B社で新しくクレジットカードを作りたいと思っても、信用情報に×があるのは、B社もそして他の会社もわかってしまうんです。

持っているクレジットカードすべて停止される

自己破産の原因がカードの未払いが原因(いわゆる「カード破産」)でも、借金の返済ができないことによるものでも、一度自己破産すると、「破産者」として公示され、すべてのクレジットカード会社に通知が行きます。

この時点で全会社のクレジットカード利用はストップし、解約せざるを得ない、あるいは強制退会になります。

ワカル編集部
信用で行っていたサービスは即利用停止になるので注意してください。

自己破産後にカードを持つ方法はこれ!

自己破産後にカードを持つ方法

それでは、自己破産した人は未来永劫、二度とクレジットカードを作れないかというとそうではありません。

最初に述べましたが、法律でそういう人がカードを持つのを禁じているわけではないからです。そ
の方法を以下で述べたいと思います。

自己破産後5年~10年経過している

5年~10年でブラックリストから消える

上述した信用保証機関に掲載されるブラックリストは、実は期限があり、一定期間経過後に消える(×が解除される)ようです。

何年と断定はできませんが、5年~10年が一つの目安になります。
ブラックリストから外れれば、普通の人の新規申し込みと同じように審査されることになるはずです。

安定した収入がある

一般的なクレジットカード審査と同様、安定した会社、安定した収入、一定期間時以上辞めずに働いていることが大切です。安定収入がない人に信用払いをするリスクはどうしても付きまといます。

会社員・公務員ではなく、自営業やフリーランスの人は、より納得できる資料が必要ですし(直近複数年の確定申告書等)、専業主婦(夫)の方は配偶者の収入が極めて安定していることが条件になります。

少なくとも、自己破産した時と比べて支払い能力が上がっていることが重要です。

連絡手段がはっきりしている、連絡が通じる

複数の連絡先がある

消費者金融から借入する場合は、その職場で働いているかどうかの「在籍確認」があります。クレジットカードの場合そこまですることは稀ですが、急に連絡が取れなくなる人を信用することはできません。

したがって複数の連絡先があり、すぐに通じる連絡手段を持っていることが大切です。クレジットカード会社から電話が行って、数日返信もない、みたいなケースでは審査に落ちる可能性があります。

クレジットカードを申請する際の注意点

クレジットカードを申請する際の注意点

上記の条件をクリアすれば、新規にクレジットカードを作ることは可能性ですが、何点か注意していただきたいことがあります。

過去に利用していたカード会社への申し込みはNG

信用情報から×が消えても、過去に使っていたカード会社には、自己破産した情報が残っています。

自分の会社のカードを使って再度自己破産されても困るわけで、新たにクレジットカードを申し込む場合は、これまで使ったことがないカード会社のものにしましょう。

これならば、「自分の会社の記録にない」「信用情報を照会しても×が消えている」ということで、新規クレジットカードの審査に通る可能性が高まります。

複数のカード会社に同時申込をしない

金融機関や消費者金融からの借入と同様、同じタイミングで複数のクレジットカードを申し込むのはNGです。

だって必要ならば1社でいいはずですよね。同じタイミングで複数申し込むということは、落ちる可能性がある、やましいことをしている、何か隠していることがある、と疑われてしまいます。

過去の信用情報は消えていても、現在の申し込み状況は各社共有しています。

「この人本当に大丈夫?」「何かお金に困っている?」「怪しい人では?」
と思われてマイナスにしかなりません。

特に同時に3社以上に申し込みしている場合は、ほぼ自動的に申し込みが却下され審査に落ちると言われています。

カード利用枠は必要最小限にする

カード会社としては、利用額(枠)が少ない人の方がカードを発行しやすいのです。当然、何かあった時に踏み倒される、回収できない金額も減ります。

最初の利用枠は少なくして、返済実績を作ってから徐々に増額申請をしていった方が、結果的にクレジットカードの利用枠は増えます。

クレジットカードを持てるようになるまでどうやって凌ぐ!?

一度自己破産をしてしまうと、少なくとも5年はクレジットカードの新規作成も利用もできなくなります。その間、クレジットカードでショッピングすることができなくなります。

しかし、通販などではクレジットカードはもはや必須アイテムです。買い物もできなくなるのでしょうか?実はクレジットカードと同様の使い方ができる別のカードがあります。

プリペイド式カード

写真のカードはauのスマホを作る際に一緒に作った(作らされた)「auWALLET」です。

これはクレジットカードではなく、SuicaやPASMOと同じようなプリペイド式のカードで、コンビニやauショップでチャージできます。銀行口座と紐ついておらず、チャージした額だけしかショッピングできません。

しかし「MasterCard」という表示があるように、このカードでマスターカードと同じようにカードショッピングができます。

通販などで買う場合、この番号を入れれば、クレジットカードと同じように買い物ができますし、店頭でもカード払いと同様に利用できます。

チャージした額しか利用できないで、カード破産になるリスクもありません。おそらく「auWALLET」以外にも似たようなプリペイド式のクレジットカードのように使えるカードがあるはずです。これで当座をしのぎます。

デビットカード

デビットカード

クレジットカードほど使えるお店は多くないですが、銀行のキャッシュカードをデビットカードとして利用できます。

デビットカードとは、クレジットカードのように会社が立替て利用者が後払いするのではなく、即時銀行の口座から直接決済されるシステムです。

口座に残高がなければ利用できないので、こちらも使いすぎて破産するリスクが低いです。

スマホ決済、QRコード決済

スマホ決済

最近増えているスマホのキャリア決済や、QRコード決済(LINE-Payなど)も、クレジットカードと紐づいてなく、口座引き落としや、チャージ形式になっているのであれば利用できます(PayPayはクレジットカード払いになります)。

まだまだクレジットカードほどの利便性はありませんが、店頭で現金の持ち合わせがない場合などは今後有望な支払い方になるでしょう。

これらの支払い方によって、クレジットカードがない場合も何とかなるというのが結論です。5年後あるいは10年後には今ほどクレジットカードが使われていないかもしれませんし・・・。絶望的にならなくて大丈夫です。

ひょっとして抜け道がある!?5年経たないでカードを作れるという噂

実は、信用情報から×が消える5年を待たなくても、クレジットカーを作れたという話があります。これはこういう事情によるもののようです。

1.改姓や改名をして名前が変わった

名前が変わった
結婚によって相手の姓になる場合や、いろいろな事情で改名した場合(最近では「王子様」という名前の人が改名して話題になりましたよね)、信用情報照会のチェックをくぐり抜けてしまうケースです。

信用情報の中では「氏名」「生年月日」「住所」でフィルタにかけるとも言われています。結婚改姓し、引っ越せば本人かどうかわからなくなってしまうかもしれません。また、改名はめったにないので、本人だと思う人が少ないのでしょう。

自己破産から5年以内に改姓、改名した場合、ひょっとするとチェックをくぐり抜けられるかもしれません。ただし、将来的にはマイナンバーによる紐づけも行われるでしょうから、これは難しくなります。

もちろん、チェックをくぐり抜ける「可能性がある」というだけで、多くはチェックされています。そうなると、自己破産してさらに身の程知らずで申し込んだ、と信用情報に特記事項が付き、さらにマイナスになるかもしれません。

2.幸か不幸かエラーにより見逃された

エラー

自己破産して5年~10年クレジットカードが作れないのは、法的規制ではなくあくまでカード会社の自主規制です。したがって、審査拒否は義務ではなく、何らかのミス、ヒューマンエラーで、システムエラーでチェックできなかったケースです。

自己破産した人にクレジットカードを発行しても罪にはならないわけで、なんとなくそのままにしてしまったという可能性もあります。

1も2も狙ってできるものではなく、5年経たないうちの新規のクレジットカードを申請すると、逆に信用情報がマイナスになります。やってみてもいいことはないといえます。

自己破産によって様々な不便が生じますが、ずっと続くものではありません。しっかり返済能力をつければ、徐々に信用が積みあがっていき、またクレジットカードを持つことができます。慌てず、なぜ自己破産してしまったのか、その根本原因を振り返ってみてください。

クレジットカードの代替手段もあるので、焦って信用がない段階で申し込むことのないようにしてください。

自己破産後にクレジットカードを考えている人に絶対損させない全知識 まとめ

  • 自己破産した場合、信用情報のブラックリストから消えるのが最低5年かかる
  • それ以前に申し込んでもさらに信用情報がマイナスになる
  • 法的に自己破産した人にクレジットカードを発行してはいけないわけではない。チェックできずに審査をパスっして発行されるケースもある
  • 自己破産から5年以上経ち再申請するときは過去にクレジットカードを発行していない1社に絞るなど工夫がいる
  • クレジットカードを持てない期間の代替手段を確保する
タイトルとURLをコピーしました