過払い金請求がブームです。基本的にはいいことだけれど・・・

過払い金請求について、法律事務所がバンバンCMを流しています。過払い金請求とは、本来は20%前後の金利であると利息上限法で定められているところを、出資法上の上限金利29.2%を取っていたカードローン会社に、その中間のグレーゾーン金利の部分の金利を返してくださいと請求することです。改正貸金業法が定められるまでの出資法では、上限金利は29.2%でした。それ以上の金利を設定していた場合は、5年以下の懲役または1000万円以下の罰金が科されていました。つまり刑事罰を受ける状態だったので、通常の貸金業者はそれ以上の金利を設定しませんでした。しかし、それはあくまで、出資法の上限金利です。利息制限法では、100万円以上は15%、10万円以上100万円未満は18%、10万円未満は20%の金利の設定が可能でした。ですが、利息制限法の金利をはるかに超えても、出資法以下の金利であれば、刑事罰はなかったのです。民法上は無効なのでその金利は適用されないにもかかわらず、刑事罰がないため、グレーゾーン金利、と呼ばれていました。

貸金業者、つまりカードローン会社である消費者金融は、いわば違法な状態で見逃されていたまま、グレーゾーン金利の上限まで金利を設定し、金利を取っていたのです。

つまり以前は、グレーゾーン金利があったので、消費者金融の金利は非常に高いものでした。

そこで、グレーゾーン金利は違法であるので、適正な金利との差額を返してほしいというのが、過払い金請求です。過払い金請求は自分でもできるのですが、司法書士や弁護士に一任するのが手っ取り早いです。弁護士や司法書士も、電話一本で過払い金請求の仕事が終わるため、法律関係者の間で大ブームとなっているわけです。

基本的には、利息を払いすぎていたわけですので、還付してもらうのはとてもいいことです。

ですが、気をつけないといけないことは、過払い金請求すると、その消費者金融では二度と借り入れできないということです。

・過払い金請求の体験談:Aさん(48歳)の場合

Aさんは、4社から200万円の借り入れがありました。すべて消費者金融からの借り入れでした。借りたお金は返すという信念の元、まじめに返済を続けていたのですが、まだ過払い金請求がブームになる前に、アングラ系雑誌で過払い金請求の記事をみつけ、自分で手続きを行うことにしました。裁判までするのは非効率だと感じたAさんは、弁護士よりも安い司法書士に過払い金請求をお願いしました。結果、100万円以上の金利が返ってきました。借金も無事完済し、Aさんははれて借金なしの身になりました。

ですが、その10年後、またAさんはお金に困るという事態に陥ってしまいました。また消費者金融に頼ったのですが、審査にはすべて落ちてしまいました。「過払い金請求した人のデータが、消費者金融間で共有されているのではないだろうか」とAさんはいいます。実際にはそんなことはないのですが、消費者金融でのカードローンの審査にはすべて断られてしまいます。Aさんは仕方なく、クレジットカードを5枚つくり、クレジットカードのキャッシングでお金をかりました。クレジットカードのキャッシングも金利は18%と非常に高く、なかなか返済には苦労しています。ですが、過払い金請求をしてしまい、新たにお金を借りることができないAさんには、他に選択肢がないのでした。

 

・過払い金請求してしまうと、社内ブラックになる!?

 

確実なデータを消費者金融が出しているわけではないのですが、どうも過払い金請求をしてしまうと、社内ブラックになるようです。このAさんの例に見られるように、一度過払い金請求をしてしまった人は、その消費者金融では二度と借り入れできません。まだまだカードローン会社はたくさんある!よって、3社や4社の消費者金融で借り入れできなくなっても平気だ!と言う人は、過払い金請求をすると良いと思います。ですが、大抵の場合は、アイフルやプロミス、アコムなどの大手消費者金融で借りていることだと思います。それが、それ以上そこの消費者金融で借り入れできなくなって、果たして大丈夫でしょうか?不安ではありませんか?もしも、また貸してほしいと思うのであれば、そのカードローン会社での過払い金請求は避けたほうが無難でしょう。

 

・過払い金請求は、どれぐらいの期間でどれぐらい発生する?

いまは、グレーゾーン金利が撤廃されていますので、いまの借り入れを返済しても過払い金請求はできません。つまり、いまは金利が適正なので、払い過ぎではないのです。では、過去に借りていた人で、どのぐらいの期間でどれぐらいの過払い金が発生しているのでしょうか。

たとえば、過去に15年以上、借り入れを返済していた人は、高確率で過払い金が発生しています。金額も200万近くになることが多く、これはその消費者金融で二度と借り入れられなくなるリスクをおってでも、過払い金請求したほうがいいかもしれません。10年前後になると、50万ぐらいの過払い金が発生します。3年程度ですと、3万円程度になります。借金の状況や、その時の金利、そして返済していた期間によって異なるので一概にはいえませんが、総量規制が導入される平成22年頃までに消費者金融で借りていた人は、過払い金請求が発生している可能性が高いです。

 

・弁護士よりも司法書士の方がお得?

過払い金請求の手続きは、弁護士でも司法書士でも可能です。弁護士の事務所が予算をかけてCMを流していますが、実際には彼らの仕事は、過払い金を請求する相手先に電話を1本かけるだけです。非常にもうかる美味しい仕事なので、バンバンCMを打っているというわけです。弁護士は、弁護士費用が高く付きます。どうせなら、司法書士に依頼しましょう。過払い金の額が140万円未満の場合は、司法書士に依頼できます。まずは無料相談をやっているケースがほとんどですので、自宅の近くの法律事務所に電話してみましょう。

 

・もう消費者金融では借りられない、それでもいいなら銀行カードローン

一度過払い金請求をしてしまうと、もう二度とその消費者金融では借り入れできません。それでもかまわないのであれば、どうどうと過払い金請求しましょう。法律事務所に一任するだけなので、特になんらかの難しい作業が発生するわけではありません。そして、今度から借り入れるのは銀行カードローンにしましょう。銀行カードローンは、そもそも法律が異なり、銀行法という法律ですので、過払い金などはありません。つまり違法に金利を取ることがないので、安心して借りることができます。借りる側の心理としても、消費者金融で借りるよりも銀行カードローンで借りるほうが、世間体などの面からも安心ですね。ただし、銀行カードローンは、審査が厳し目になります。審査を甘くしてほしいのであれば、過払い金請求していない消費者金融で借りることになります。アコム、プロミス、SMBCモビット、アイフル、ノーローンなどのメジャーどころですべて借りてしまい、過払い金請求をしてしまった場合は、中央リテールなどの中小の消費者金融で借りることになります。中央リテールなどは、大手の消費者金融で借り入れできなかった人をターゲットに、おまとめローンなどを展開していますので、審査が甘めでおすすめです。ですが、聞いたことがない消費者金融なので心配だという方は、貸金業の登録番号などを都道府県のホームページで確認してみることをおすすめします。ヤミ金などではなく、正規の業者ですので安心です。

 

・まだ完済していない人は、過払い金で繰り上げ返済も有効

長く消費者金融で借りていて、まだ完済に至っていない人は、過払い金請求を行って、還付されたお金で該当の金融機関に繰り上げ返済することもできます。生活費にあててもいいですが、臨時のお金なのでまずは借金返済にまわしたほうが、よりあとあと楽になるのではないでしょうか。注意点は、過払い金請求を行うと決めて、実際に過払い金が還付されるまではタイムラグがあり、その間にも返済が発生してしまうということです。ここで返済を怠ると、一気にブラックリスト入りしてしまい、一括返済を求められ過払い金どころではなくなってしまいますので、気をつけましょう。

 

・まだ完済していない人は、過払い金請求で信用情報がブラックも

勘違いしている人も多いのですが、過払い金請求とは、本来、完済した借金に対して行うものです。今現在も進行形で借金を支払っている人にとっては、過払い金請求は債務整理と同様になります。債務整理扱いになるので、信用情報に登録されてしまい、ブラックリストの扱いになってしまいます。そうなると、完済しても5年から10年は、カードローンを新たにつくることはできませんし、住宅ローンも組めません。そして、クレジットカードも持つことができません。今持っているカードもすべて解約を求められますので、注意が必要です。

逆に、完済している人が過払い金請求を行っても、それは完済しているので、信用情報には完済のまま登録されます。ブラックリストにはなりませんので、安心してください。

 

・返済中に過払い金請求を行うのであれば、債務整理を行ったほうがよい?

 

いま、返済中の方が過払い金請求を行うと、それは債務整理を行ったことと同様になります。それならば、いっそ債務整理を行ったほうが良いでしょう。そのほうが、銀行カードローンやクレジットカードなどの借金も精算できるからです。正しい利息でまっとうにコツコツ返していく!というような殊勝な心構えなら話は別ですが、生活をまずは立て直すことが先なので、借金に苦しんでいる方は、過払い金請求ではなく債務整理を先に考えたほうがいいでしょう。債務整理と同時に、過払い金請求を行っていく形になります。どちらにせよ、債務整理をすることになるので、信用情報には登録されてしまいます。つまりブラックリストです。5年から10年は、新規のカードローンやクレジットカードおよび住宅ローン、携帯電話・スマートフォンの割賦販売などは一切できませんので、借金グセをあらためて、現金生活で生活習慣を改善することをおすすめします。

 

・ただし、借り入れ中に過払い金請求しても、ブラックリストに載らないことがある

 

借り入れ中に過払い金請求を行うと、債務整理扱いとなりブラックリストに載ってしまいますが、完済した場合は別です。過払い金請求したお金で、カードローンの残債を完済すると、ブラックリストには登録されません。借金を完済できたことになりますので、登録されたとしても削除されるのです。

 

・過払い金請求の場合、端数は完済扱いになる

 

過払い金請求で戻ってきたお金を、該当のカードローン会社の借り入れへ返済した場合、端数が残る場合があります。数百円の端数であれば、それは完済の扱いになります。完済の扱いにしてくれますので、信用情報にはブラックリスト登録はされません。安心してください。

 

・過払い金請求をした後、他社への影響

過払い金請求をした場合、そのカードローン会社のカードはそれ以上使用不可になります。クレジットカードのキャッシング部分で過払い金請求をしている方は、クレジットカードの分割ショッピングの部分を完済していないと、その分を含めて債務整理になりますので、注意が必要です。他社のカードを使いたいと思っている場合は、完済後の過払い金請求なら、問題なく使うことができます。

 

・過払い金請求をした事実は、他社に知られるとどうなる?

 

過払い金請求をしても、信用情報に債務整理という扱いになっていなければ、それは完済しているということですので、カードローン会社にとっては優良顧客となります。そのため、万が一他社に知られることがあっても、過払い金請求したからといって、他社のカードローン審査に落ちることはありません。では、住宅ローンはどうでしょうか。仮に、住宅ローンの銀行と、過払い金請求したカードローン会社が同一グループだったとしても、過払い金請求したからといって、住宅ローンの審査には影響がありませんので安心してください。完済したという事実は、とても大きなものなのです。特に住宅ローンは、銀行にとって一千万円単位の利息収入になるため、少額の過払い金請求では審査の妨げにはなりませんので安心してください。住宅ローンの審査に影響すると考えて、過払い金請求をためらっている方には、朗報ではないでしょうか。住宅ローンとカードローンは、契約も審査もまったく別に行われるため、影響はないのです。

 

・合併などでコロコロ返済先が変わって、どこに過払い金請求したらいいかわからない

 

過払い金を請求したら、そのカードローン会社には基本的に二度と借り入れすることができません。ですが、カードローン会社は合併や名称変更、吸収などがとても多いため、どこに過払い金請求をしていて、どこに過払い金請求をしていないのかがわからなくなってしまうと思います。その場合は、専門の弁護士や司法書士に相談して、過払い金請求をするようにしてください。そして、どこの金融機関なら、次借りるときに審査に通るかも、ついでに聞いてみるといいでしょう。レイクやアコム、プロミスなどの合併情報を法律事務所で把握していると思いますので、最初に借りたところと違うところに過払い金請求をすることになってしまっても、特に問題はありません。

 

・まとめ:過払い金請求、ブームだけど注意が必要

 

過払い金請求は、いまブームになっています。基本的に弁護士や司法書士に委任状を渡すだけですべて行ってくれますので、非常に楽ですし、簡単です。簡単に払いすぎた利息が返ってきますので、まずは無料相談の電話をかけてみましょう。ネットで調べて法律相談に乗ってもらってもいいですし、テレビでCMを流している法律事務所に電話をかけてみてもいいでしょう。5年や10年の単位で借金を返済していた方には、ある程度のまとまった金額が戻ってくる可能性があります。完済していれば問題はないのですが、返済途中で過払い金請求すると、それは債務整理の扱いになるので注意してください。ですが、完済している場合は、他社にとっては優良顧客です。まじめにコツコツ返していたことが評価されます。基本的に、自分が過払い請求を行ったカードローン会社には、もう二度と借り入れすることができません。消費者金融は大手になるとアコム、プロミス、SMBCモビット、アイフルなど、限られたカードローン会社しかありません。そうなると、次は中小の消費者金融か、銀行カードローンで借りることになります。中小の消費者金融はちょっと不安、という人は銀行カードローンになりますが、銀行カードローンは審査が比較的厳し目です。このように、過払い金請求をすることによって、今後、カードローンでキャッシングしたいと思ったときに、制約がでるようになってしまいますので、よく考えてから過払い金請求をするようにしてください。