カードローンの勧誘電話、結構かかってきます

 

カードローンを1枚作って、たっぷり使ってコツコツ返す。そんなことを繰り返していると、今度は、「うちでも作りませんか?!」という勧誘の電話がかかってくることがあります。いったいどこで情報を仕入れるのやら・・・と少し不安な思いはするものの、カードローンのカードは1枚でも多いほうが良いというのが本音ですよね。

そんなときは、勧誘の電話を受けて、カードローンを作ってみましょう。調査の結果、「セゾン」「SMBCコンシューマーファイナンス」などが、勧誘の電話を行っているようです。

 

知らない番号に個人情報を伝えていいの!?

 

でも、ちょっと待って下さい。

勧誘の電話は、どこから電話番号を仕入れたのでしょうか?そして、知らない電話番号からかかってきた電話に、大切な個人情報をすべて預けてしまって良いのでしょうか?

これは、詐欺の電話の可能性もあります。そのため、安易に個人情報を預けてはいけないと考えます。

そもそも、カードローンは電話でも申し込みができるため、電話申し込みを受け付けているカードローン会社は、勧誘の電話をしているようです。電話なら、こちら側も何も書く必要がないので、便利で楽ちんですよね。

でも、知らない番号からの電話に、住所、氏名、電話番号、口座情報まで教えることになるカードローンの申し込みは危険です。何らかの詐欺や事件などに巻き込まれる可能性があります。

 

めんどくさがらず、かけなおそう!

 

そんなときは、多少面倒だと思っても、電話をかけなおしましょう。コールセンターの電話番号を聞いて、こちらからかけなおし、ちゃんとセゾンやSMBCコンシューマーファイナンスであることを確認して、会社名をちゃんと聞いてから、申し込みしましょう。

手間だと思っても、一度こちらから電話番号を聞いてかけなおして、しっかり会社名の確認を取りましょう。

それが、個人情報を守り、詐欺などから身を守るための手段の一つでもあります。

 

勧誘の電話がかかってきたら、審査には受かるの?

勧誘の電話ですが、かかってきたら、審査には受かりやすいのでしょうか?残念ながら、審査には勧誘の電話はあまり関係がないものと思われます。

信用情報機関に照会してから勧誘の電話をしてきているわけではないので、審査の受かりやすさとはまったく関係がないのです。また、信用情報を照会してから電話をしてるわけではないので、間違えてブラックリストの人にカードローンの勧誘電話をしてしまうこともあります。あくまで、ランダムに電話しているようです。

 

すでに契約しているカードローン会社から、増枠の電話も

 

いますでに持っているカードの会社からも、勧誘の電話がかかってくることがあります。その場合は、現在持っているカードを「増枠しませんか?」というものです。

増枠されれば、金利も下がりますので、これ幸いとばかりに、申し込むと、痛い目にあうケースがあります。それは、他社でも新規契約していて、それをそのカードローン会社が把握していなかった場合です。また、半年以内に他社が増枠するなど、さまざまな事情で増枠審査に落ちることがあります。また、増枠審査に落ちるだけならまだしも、減枠されてしまうケースもありますので、注意が必要です。

もちろん、延滞などを起こすのはもってのほかです。延滞をしてしまっている場合は、カードローンの新規審査に通らないばかりか、今持っているカードも使えなくなってしまいます。

他社が絡んでいる場合は、信用情報を照会しないとわかりませんので、ランダムに社内の収入が高そうで増枠の余地がある人をピックアップして電話をしている段階では、増枠して良いのかわからないのです。もっと確実に増枠できることがわかってから電話をしてほしいものですが、そうなると相手に内緒で信用情報を照会しなければなりませんので、それはできなくなります。

 

おまとめローンの勧誘なども

 

カードローン会社の方で、他社借り入れを把握して、おまとめローンを提案してくるケースもあります。おまとめローンは、「○社で△万円借りてらっしゃいますよね?!当社で□万円ご融資しますので、金利●%でおまとめされませんか?」というふうに、こちらの情報を把握した上で、電話をかけてくるケースです。

 

これは、契約していない会社はあなたの信用情報を知ることができませんので、現在契約中のカードローン会社からかかってくるものです。この場合は、信用情報を照会した上で、他社借り入れを把握した状態で、延滞などもないことをわかった上でかけてきていますので、審査に通る可能性は十分にあります。ですが、カードローンの場合は、勧誘の電話がかかってきたからといって、審査に受かりやすいということはあまりないのが現状です。

 

自分自身の属性や信用情報の詳細など、申し込んでみないことにはわからないことがほとんどですので、あまり過剰な期待は持たないほうがいいでしょう。ですが、おまとめローンの勧誘電話の場合は、審査に通る可能性は十分にあると考えていいでしょう。ただし、おまとめローンは、借り入れが長期に渡り、支払う金額が膨大なものになってしまう場合がありますので、十分に注意して下さい。

 

ATMの勧誘は、誰にでも出ている!?

 

キャッシュカードでATMを使った場合も、人によってはカードローンの案内がでていることだと思います。キャッシュカードの利用状況をみて、広告を出しているのでしょうか!?仮にそうだとすれば、カードローンの審査に受かる可能性は高いですが、残念ながら、ATMの案内も、信用情報をチェックしているわけではなく、ランダムに表示してるのみです。そのため、現在ブラックリストに入っている人も、カードローンの勧誘画面がATMに表示されることがあります。

 

「ブラックでも借りれるのだろうか!?」と思って申し込んでも、結局審査落ちしてしまって、申込情報が汚れるだけですので、ぬか喜びとなってしまいます。自分自身がブラックであると自覚している場合は、ATMでカードローンの案内が表示されても、残念ですがそれはランダムな広告だと思って、スルーするのが懸命です。

 

勧誘の電話がかかってくるタイミングは?!

 

勧誘の電話がかかってくるタイミングですが、増枠やおまとめローンの場合は、最初に契約して半年から1年が経過した頃にかかってくるケースが多いようです。だいたい、そのぐらいの契約期間があって、利用実績があり、収入がそこそこある人を対象に、勧誘の電話をかけています。

要するに、優良な顧客であることがわかれば、向こうから増枠やおまとめローンの審査を受けませんかというお誘いがくるわけです。電話勧誘をすることによって、同時に「お使いになりませんか?」と、利用も促せるので、カードローン会社としては積極的に電話をかけてきます。

 

連絡先電話番号にかかってくる!

 

カードローンを申込んだとき、連絡先を記入する欄があったと思いますが、それらを利用して電話をかけてきますので、連絡先電話番号が携帯電話になっている場合は、そちらにカードローン会社から電話がかかってきます。連絡先電話番号を家電にしている場合は、家の電話に連絡がやってきます。

携帯電話に連絡してほしい場合は、勧誘の電話がかかってきた時点で、その旨を伝えましょう。いまどき、家電にかかってくるのは詐欺電話のことも多く、家の電話番号はあまり使わないほうが良いでしょう。

 

しつこい勧誘は法的NG!いらないなら断ろう

消費者金融の場合、借りたくないという人にしつこく電話勧誘するのは、法的にもNGです。そのため、電話がかかってきて消費者金融のキャッシングの案内である場合、使いたくないのであれば、はっきりと断るのが良いでしょう。

 

「カードローンは間に合っています」「しばらく使う見通しがないので、かけてこないでください」などとはっきり伝えることで、それ以上かけてこられなくなります。ただし、営業電話にでないとか、内容に関して「今回はいらないです」というふうな断り方をすると、その後も何度もかかってくる可能性がありますので、使いたくない場合は、「もうかけてこないでほしい」という風に、はっきりと断ることが肝心です。

 

増枠の電話で金利はどのぐらい安くなる!?

 

たとえば、現在のカードローン限度額が50万円で18%の金利だとします。それが150万円で12%の金利になった場合、いくらぐらい金利が安くなるものでしょうか。

50万円借りた場合の1ヶ月あたりの金利を考えてみましょう。18%の場合は7,397円、12%の場合は、4,931円となります。明らかに、12%で借りたほうが3,000円ちかく得になりますので、カードローンはできれば低金利で借りたいところですよね。

 

増枠の電話では、このようにカードローンの金利が大幅に安くなることがありえます。また、勧誘の電話は、向こうから誘ってきていますので、比較的こちらも強気にでることができるでしょう。カードローンの金利引下げ交渉なども行ってみても良いでしょう。いずれにせよ、勧誘の電話がかかってきたときは、日頃お話できないカードローン会社のオペレーターからさまざまな情報を引き出すことができますし、交渉のチャンスでもあります。

 

まとめ:カードローン、勧誘の電話がかかってきたときは、まず詐欺ではないか確認して!

 

カードローン会社から電話がかかってきたときは、電話の内容を鵜呑みにせず、まずは詐欺電話でないか確認しましょう。連絡先を聞き出して、こちらからかけなおすようにして、電話番号をさりげなくチェックしましょう。

かけ直すまでの間に、かかってきた電話番号をGoogleなどでインターネット検索して、発信元が確実に存在している会社かどうか、確認してみると良いでしょう。カードローン会社は基本的に、大手の会社で借りるのがベストです。中小のカードローン会社は、大手で借り入れできなくなった時の最終手段です。

名も知らないカードローン会社から電話がかかってきたときは、断ったほうが無難です。アコム、アイフル、プロミス、SMBCモビット、レイクなどの大手のカードローン会社から電話がかかってくる場合は良いですが、そうでないまったく知らないカードローン会社からの電話は断りましょう。闇金の可能性もあります。そもそも、お金に困っていることを他人に知られるのは、あまり気分の良いものではないですよね。

カードローン会社からの勧誘の電話は、すぐに飛びついて個人情報を教えてしまうのではなく、まず一旦、かけ直すなどの冷静な対応が望まれます。個人情報を教えることになりますので、セゾンやSMBCコンシューマーファイナスなどの大手のカードローン会社であると確認が取れた場合のみ、個人情報を教えても良いでしょう。カードローンの勧誘は、電話の場合もありますし、DMやATMの宣伝の場合もあります。電話からの勧誘の場合は、まず詐欺電話等でないか十分警戒した上で、応答するようにしてください。