交番・警察署からお金借りる方法!利用条件と注意点をチェック!

財布を落としてしまったり盗難にあった場合、手持ちのお金が無くなってしまいます。当然ながら、クレジットカードやキャッシュカードもなく「家に帰るお金がない!」となった時に困ってしまいますよね。歩くのには遠いし、近くに友人や家族もおらず あてにできる人がいない…。そんなことになってしまった場合、途方に暮れてしまいます。

しかしそんなときは、「公衆接遇弁償費制度」という制度で交番や警察署からお金を借りることができるんです!

今回は、「公衆接遇弁償費制度」で緊急時に交番や警察署からお金を借りる方法、さらに借りられなかった場合の対処法をご紹介します。

交番【警察署】からお金借りれる「公衆接遇弁償費制度」とは

交番や警察署からお金を借りることができるなんて初めて聞く方も多いのではないでしょうか?
公衆接遇弁償費制度とは、財布を落としてしまったり、盗難にあってしまった場合などに警察からお金を借りることが出来る制度です。

お金が無く、自宅へ帰ることができない場合などには「公衆接遇弁償費制度」を利用しましょう。警察官から原則1,000円を上限としてお金を借りることができます。
1,000円と聞くと安く感じるかもしれませんが、あくまで「帰宅するための費用」です。家に帰ればキャッシュカードもありますし、野宿する心配もありませんよね。生活を支援するためのものではないのでお間違いなく。

 

どの交番や警察署でもお金借りることができるのか?

1,000円の出どころは、警察官のポケットマネーではなく行政機関になります。したがって、最寄りの交番や警察署はもちろん、その他の行政機関でも借りることが可能です。

・交番や警察署
・運転免許試験場
・企画課(市町村)
・地域安全センター
・鉄道警察隊

パトカーや白バイが近くにいれば声をかけても大丈夫です。

 

お金を借りる手順は?

当然ながら「お金を貸してくれ!」だけでは貸してくれるはずがありません。むしろ怪しまれてしまいますね。しっかりと手順を踏みましょう。

  

お金借りたい理由を話す

まずは、なぜ借りなくてはいけない状況になったのかを話しましょう。
「ギャンブルで負けてしまった」「買い物をしすぎた」このような理由では当然ながら貸してはくれません。

公衆接遇弁償費制度は、トラブルにあった際の救済制度。自発的に起こしたトラブルでは対応してくれません。
ではどのような事柄ならば借りることができるのか?こちらは後ほどご説明します。

  

名前や住所を記入

理由を話し、警察官から貸付の判断がされたら「借受願書」に名前や住所を記入します。
警察と契約をする借用書のようなものです。借り入れる理由は真実を書きましょう。虚偽の申告は詐欺罪になる可能性もあり、10年以下の懲役刑が下されます(刑法第246条)

また借受願書は押印が必要ですが、緊急時に印鑑を持っているわけがありません。この場合、指印の代用が認められています。

 

公衆接遇弁償費の上限額は?

原則として公衆接遇弁償費の上限額は1,000円です。帰宅時の場合ならば増額することは基本的にありません。しかし、出張や旅先など自宅から遠い場所での盗難や、事故に遭遇した際の救護にあたる費用の場合は例外です。

さらに例外を除く増額の場合の判断は、警察署ならば警察署長、企画課ならば企画課長のようにその機関のトップが下します。そう簡単に1,000円以上を借りられるものではないのです。

 

最近はお金が借りにくくなっている

警察に返済しない人なんていないと思われるかもしれませんが、残念ながら返済をしていない人は3割ほどいるようです。多いですよね。これらは税金でまかなわれており、返済がなければ国の負担が増えます。そのためお金が借りにくい状況になっています。

公衆接遇弁償費制度を利用した場合は、きちんと借りた場所やその管轄の警察署に返しましょう。

交番や警察署はどのような理由ならばお金を貸してくれるのか?

先ほど「自発的に起こしたトラブルでは対応してくれません」とご説明しました。ではどのようなトラブルならばお金を貸してくれるのでしょうか?

大きく分けると3つのケースがあります。

 

ケース1:財布を落としたときや盗難にあったとき

財布の落とし物は自分のミスではありますが、わざわざ「財布と落とそう」だなんて思いませんよね。このようなケースの場合は対応してくれます。また、紛失届や盗難届も一緒に出しておきましょう。
クレジットカードやキャッシュカードの停止もお忘れなく。

 

ケース2:ケガ人や病人の救済処置

目の前で事故が起きてしまったときや急病になってしまった人を見かけたとき、当然救急車を呼びますが、その間必要に応じて救済処置をする場合があるかもしれません。
そのような状況なのにガーゼやタオルなどを買うお金がないとき、公衆接遇弁償費制度を利用することができます。
あまり遭遇しないケースですが、いざというときのために覚えておきましょう。

 

ケース3:行方不明者の保護経費

こちらもあまり遭遇はしませんね。それに行方不明者を見つけたら警察に連絡をするので、保護するにあたりお金を要することはあまりないかもしれません。万が一の場合、こちらも正当な理由として認められているということを覚えておいてください。

 

その他:交番や警察署に必要と判断された場合

完全にマニュアル化してしまうと、さまざまなケースに対応ができませんよね。そのため事情を聞いた警察官の判断で「必要だ」と下された場合は可能になっていますが、判断は厳しいものだといえます。

公衆接遇弁償費制度を利用する注意点とは?

公衆接遇弁償費制度を利用するにあたって、3つの注意点があります。たった1,000円と思うかもしれませんが、実際に逮捕者も出ています。どういうことでしょうか?詳しくみていきましょう。

 

必ず借りられるワケではない

公衆接遇弁償費制度は東京にある警視庁が導入しているため、利用できるのは東京都内のみ。大阪府では類似した「公衆接遇費」がありますが、その他の都道府県では制度がありません。

さらに、公衆接遇弁償費自体にも上限があり毎月の額が決められているのです。たとえばその月にたくさんの利用者がいた場合、公衆接遇弁償費が底をついていたら断られてしまう場合があります。

 

未成年ならば保護者に連絡される

未成年の場合でも借りることが可能です。ただし民法5条により、未成年の法律行為には制限があるため、親(法定代理人)へ必ず連絡が入ります。

 

返済をしないと犯罪となり逮捕されるケースも

借受願書を書いたのですから「借りている」わけです。ここで返済を無視したり拒否をすれば詐欺罪となります。

また実際に公衆接遇弁償費にまつわる事件も存在します。

・東京都目黒区に住む男性が「電車賃貸して」と駆け込んだが、詐欺と判明し逮捕。
・東京杉並区に住む男性が「財布を落とした」とお金を借りようとしたが、同じ交番で繰り返したために逮捕へとつながった。また近くの交番数ヶ所でもおこなっていた。

返済しないどころか虚偽をおこない、だましとっているので完璧な犯罪です。借り入れ後は警察から催促がないため何度も繰り返していたのでしょう。

借りた交番や管轄の警察署にしっかりと返済をしましょう。

交番や警察署からお金借りられない!対処法はある?

実際に交番や警察署に行ったけれど借りることができなかった場合や、制度がない地域の場合、家に帰ることができず困ってしまいますね。どのような手段があるのでしょうか?

 

タクシーを使い現金を取りに帰る

家に現金やキャッシュカードがあるといった場合にはタクシーを利用しましょう。タクシーは後払いなので、現金を手にすることができる場所まで行ければ問題ありません。乗車前に、その旨を伝えることをお忘れなく。

 

友人や身内に来てもらう

携帯電話が無事ならば、連絡をし迎えにきてもらいましょう。
公衆接遇弁償費制度を利用できる東京や大阪の場合、タクシーも支払えない、友人や身内が頼れないことが分かった上で利用できるので、断られてしまった方は次のカードローンを検討してみてください。

 

身分証を持っていればカードローンを利用する

身分証を持っていればカードローンを利用することが可能です。カードローンは数日間無利息のものもあり、すぐに返せるのであれば手数料もなくスグに借り入れることができますよ。詳しくご説明します。

スグにお金を借りることができるカードローン

カードローンは20歳以上69歳以下で借り入れることができます。必要なものは「顔つきの身分証」です。

・免許証
・パスポート
・個人番号カード
・在留カード

そのほか公的な証明書があればすぐに借り入れることができます。顔つきの身分証がない場合「健康保険証+年金手帳」や「健康保険証+公共料金領収証」など、決められた2点の提出が必要になります。

また、借り入れが50万円を越えるならば収入証明書の提出も求められます。

そして、カードローンには審査があり、借入者に支払い能力があるかをチェックします。安定した収入があればアルバイトや派遣でも大丈夫。専業主婦(主夫)や無職は審査が特に厳しくなります。
またブラックリストに載っている場合や、あなた自身の借入額が今回借りることにより収入の1/3を越えるようならば、たとえ初めて借りるカードローン会社だとしても借りることはできません。

とはいえ、収入が固定給ではなく不安定な方や、他社でも借り入れをしている方は自分が審査が通るか分かりませんよね。審査は無料でできますし、落ちたからといってブラックリストに載るようなこともありません。まずは審査をしてみてはいかがでしょうか?
即日に借り入れができる安心のカードローンをご紹介します。

 

プロミス

審査は最短30分。審査時間内に終われば、即日融資を受けることが可能です。
下記以外の銀行の場合は、指定した銀行の営業終了時間までに借り入れの申し込みを完了しておく必要があります。

プロミスの無利息期間は「借入日」からなので、事前に契約している場合でも新規ならば借り入れは無利息になりますよ。

申し込み方法 ・WEB
・電話
・自動契約機
無利息 ・プロミスの利用が初めての方
・借入日から30日間
金利 4.5%~17.8%
審査時間 9時〜21時
即日融資 ・三井住友銀行、ジャパネット銀行ならば24時間対応
・自動契約機は(9時〜22時)

 

アイフル

アイフルも審査は最短30分。口座がなくてもセブン銀行ATMとスマホアプリで借り入れや返済ができるのでとても便利です。
急ぎの場合は、WEB申し込みをしたあとフリーダイヤルに電話をすることで優先的に審査をしてくれます。ただし審査の完了が21時まで。20時50分にかけたからといって受け入れてくれるとは限りませんのでご注意を。

申し込み方法 ・WEB
・電話
・自動契約機
無利息 ・アイフルの利用が初めての方
・契約日から30日間
金利 3%~18%
審査時間 9時〜21時
即日融資 ・セブン銀行ATMならば24時間対応(スマホアプリ)
・自動契約機(8時〜22時)

 

SMBCモビット

SMBCモビットのWEB完結ならば、在籍確認なしで利用が可能。勤務先への電話を避けたい方にはオススメです。しかしWEB完結の条件には、身分証以外にも

・三井住友銀行、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行のうちいずれかの口座
・社会健康保険証または組合保険証
・収入証明書(50万円を超えていなくても提出を求められることが多い)

これらが必要です。在籍確認がない分、手間が少しかかりますが、WEBで全て完結できるので他人に気づかれる心配はありません。

WEBサイトには、10秒で審査結果が分かる簡易チェックがあるので、審査を受ける前に一度おこなってみましょう。

申し込み方法 ・WEB
・電話
・自動契約機
無利息 なし
金利 3%~18%
審査時間 9時〜21時まで
即日融資 ・自動契約機(9時〜21時※店舗により変動)
・三井住友銀行、ゆうちょ銀行など(0:30〜23:30)
 ※月曜、日曜は短縮される

 

闇金には注意

審査をしない消費者金融はまずありません。「審査なし」「ブラックリストに掲載していても可能」このような消費者金融があれば闇金の可能性があります。貸金業として登録していない違法業者です。審査を受ける前に一度疑ってみましょう。

闇金で借りてしまえば、個人情報の流出や過剰な利子に悩まされ精神的に追い込まれてしまいます。これは一種の手口で、精神的に追い込んだところで保険金をかけ自殺に追い込むなんて恐ろしいこともありえるのです。十分に気をつけてくださいね。

まとめ:お金借りるなら警察・交番・カードローン

今回は「交番【警察署】からお金借りる方法とは?すぐにお金借りたい!」についてご説明しました。

財布を落としたときや盗難にあったとき、さらにケガ人や行方不明者の保護のときに「公衆接遇弁償費制度」が利用できれば解決することができます。

ただ、返済をしなければ犯罪になるケースもあり、実際に公衆接遇弁償費にまつわる事件も起きていました。行政機関から出ている1,000円といえど、しっかりと返済をしましょう。

またお金を借りられなかった場合はカードローンを利用するといった方法もあります。即日融資を受けられる「プロミス」「アイフル」、在籍確認がなくWEB完結ができる「SMBCモビット」があります。

ご自身にあったカードローンで計画的に借り入れを行ってくださいね。もちろん、こちらも早めに返済をすることを心がけましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました