着物を購入するのにローンの利用を検討中ですか?

 

女性の憧れでもある着物は、価格が安いものなら数千円からありますが、ものによっては数百万円するものも少なくありません。

 

成人式やイベントでも美しい着物を着ていきたいと思いますよね。

でも一括だとお金がない…。そこで考えるのがカードローンや着物ローンだと思います。

 

着物専用のローンなどもありますが、ここでは着物にローンを利用するという側面から、カードローンなども含めて詳しくご紹介しましょう。

 

ちょっと高い着物をローンで購入したいけど、着物にローンって変じゃない?と不安に感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

■着物にローンってどうなの?

着物文化は日本の象徴とも言えます。

デザインを細部にまでこだわった着物と帯は、多くの女性を虜にする代物です。

 

世の中には何十万円・何百万年もする帯や着物が多数あり、それらを次々と買い集める人も少なくありません。

 

しかし、着物や帯は生活必需品というわけではないため、ローンをしてまで買うのは変だと考えられる傾向もあります。

事実、着物で業務を行う仕事でもない限りは趣味に分類されるものです。

 

着物を着ることにこだわりを持っている女性は、高値の着物を分割やローンで買う行為を、特別変わった行動ではないと考える人もいます。

 

その着物が本当に気に入って、いま買わないと一生後悔すると感じるのならローンで購入するのも1つの手段です。

 

ただし、着物は高級な品物になると帯とセットで100万円以上するのも珍しくありません。

ローンを組むのであれば、生活費を圧迫しない程度の支払額になるよう計画的に利用しましょう。

 

◆着物を安く買うなら?

着物や帯をどうしても一括で購入したいのであれば、金額が安い着物を探すことをオススメします。

 

有名着物の専門店や老舗などでは10万円以上する着物や帯が大半を占めていますが、ネットでは1万円〜5万円前後の着物を売っているサイトも少なくありません。

 

着物に興味が出てきて、買ってみたいけど本格的なのは高くて手が出せないという人は、入門用として1万円〜2万円前後の品物を検討してみてはいかがでしょうか。

 

■スルガ銀行の「やまとなでしこローン」

着物購入時に利用するローンは、一般的には着物屋さんが提携している信販会社によるショッピングローンが多いです。

 

ですが、唯一スルガ銀行だけは着物専用の「やまとなでしこローン」という目的型ローンを展開しています。

 

最高限度額800万円で実質年率は7.0%〜11.0%、最高120回払いまで対応。

この金利はクレジットカードやカードローンの上限金利よりも低い数字です。

 

借りる金額にもよりますが、カードローンなら100万円以下だと14%〜18.0%が相場なので、スルガ銀行の11.0%はとても良心的と言っていいでしょう。

 

ただ下限金利は融資を受ける金額次第では、カードローンの方が低金利でお得になります。

どれくらいの金額の着物や帯を購入するかによって、利用するローンを選択するといいでしょう。

 

◆カードローンとやまとなでしこローンを比較してみる

唯一の着物専用ローンとカードローンを細かく比較してみましょう。

審査に関してはどちらも明確な基準が公開されていませんので、今回の比較からは除外しておきます。

 

主に金利面・利便性・利用範囲などの側面での比較です

商品名 金利 限度額 最高支払回数 利用範囲
スルガ銀行やまとなでしこローン 7.0%~11.0% 800万円 120回 着物関連
三菱UFJ銀行 バンクイック 1.8%~14.6% 500万円 記載なし 原則自由
住信SBIネット銀行 Mr.カードローン 0.99~14.79% 1200万円 記載なし 原則自由

総合的な結論からいうと使い道が着物関連のみで、年利11%以下のカードローンを持っていないなら、やまとなでしこローンの方が低金利です。

 

着物関連以外にも現金を借りる必要性があるのなら、融通性も考えてカードローンの方が適しています。

 

あるいはカードローンで11%以下の年率契約がすでに可決されているのであれば、やまとなでしこローンを利用するメリットはあまりありません。

 

■そもそも着物っていくらくらいするの?

着物の価格は基本的に着物本体+帯の合計額となります。

着物本体と帯がセットになっている場合もありますが、ある程度以上のグレードになると本体と帯は別売りです。

 

また着物はそれ単体で成り立つものではなく、その他の簪やバッグ・草履など小物でも数万円から十数万円前後の費用が必要になります。

 

◆着物で必要になる物

・着物本体

・帯

・着物クリップ

・草履

・裾よけ

・長襦袢(ナガジュバン)

・肌襦袢(ハダジュバン)

・帯締め

・帯揚げ

・足袋

・伊達締め

 

これらのアイテムがそれぞれ別売りになるので、小物だけでも上質なものを選べば全部で10万円以上は確実です。

 

着物本体の価格に関しては、素材や柄・希少性・販売場所などによってピンキリになります。

1万円台から1000万円台まで、相場らしい相場が存在しません。

 

また高ければ上質なものというわけでもなく、同じ着物でも販売する店舗によって価格が大きく違ってくるのです。

 

一般的には着物+帯+小物一式で80~150万円前後を予算としている人が多い印象があります。

ローンを利用して着物を購入するのなら、1~2年以内に無理なく完済できる金額が理想的です。

 

■着物のセットにかかる費用

着物を仕立ててもらったら、次に髪型や帯をセットしなければなりません。

帯のセットは経験者がいれば個人で行えますが、髪型は美容院にいってセットするのが一般的です。

 

大抵の場合は髪型をセットする前にカットやブローなどを行うので、美容院でのカット料金+セット料金が必要になります。

 

金額は美容院によって異なりますが。5000~7000円前後が相場です。

 

■レンタルか購入かを考える

ここまで解説した通り、着物は本体だけでなくさまざまな面でそれなりの費用がかかります。

しかし、特定の職種に就いていない限りは着物を着る機会はあまりありません。

 

代表的な例としては結婚式や成人式などのイベントくらいです。

個人的な趣味で着る人もいますが、ごく一部でしょう。

 

それらのことを考えると、金額の割には利用場面が少ない品物ということになります。場合によっては購入よりもレンタルで済ませた方が良いかもしれません。

 

着物一式を購入するとかかる費用は上記で挙げたとおりで、安く見積もって70~100万円前後です。

この金額に対してレンタルの場合は3~7万円程度で着物と帯・小物一式を利用できます。

 

記念日やイベント日以外に着る予定がないのであれば、レンタル着物を活用した方がコスト的にも経済的です。

 

浮いたお金を別の部分で使った方が、結果としては良いかもしれません。

これはそれぞれの状況や環境にもよるので、選択肢としてレンタルも入れておく程度でいいと思います。

 

■カードローンと着物ローンどちらがいい?

結論としては着物だけにローンを使うのであればスルガ銀行の「やまとなでしこローン」、その他にも色々とお金が必要になるのであればカードローンが適しているでしょう。

 

カードローンは限度枠内であれば自由に出し入れができるので、着物を買ったあとで小物やその他アイテムを買いたくなったときでも、すぐに借り入れることができます。

 

ただ金利面では「やまとなでしこローン」の方が低いので、ケースバイケースです。

着物を購入ではなくレンタルで着るのであれば、少額でも利用しやすいカードローンの方が向いています。

 

■使いやすくてオススメのカードローン

最後に金利面・利便性の側面から、特に機能性が高いカードローンをご紹介しておきましょう。

ワカルがオススメするのは、バンクイックと楽天スーパーローンの2つです。

 

◆三菱UFJ銀行「バンクイック」

金利 限度額 審査時間 収入証明書類
1.8%~14.6% 500万円 最短即日
保証人 パート・アルバイト 融資スピード 来店の必要
不要 審査対象 審査後即時 なし・WEB完結

バンクイックは銀行の中でも最大手の三菱UFJ銀行が、直接発行しているカードローンです。

 

金利1.8%~14.6%と低金利でかつ即日審査にも対応しています。

運転免許証などの本人確認書類と在籍確認さえできれば、即座に借入可能です。

 

また配偶者や保護者が安定した収入を得ているのであれば、学生や専業主婦であっても申し込めるのは、銀行カードローンでは珍しいと言えます。

 

 

◆楽天銀行「楽天スーパーローン」

金利 限度額 審査時間 収入証明書類
1.9%~14.50%
800万円 最短当日
保証人 パート・アルバイト 融資スピード 来店の必要
不要 審査対象(主婦も可) 審査後即時 なし・WEB完結

ショッピングサイトなどでも有名な楽天が運営する楽天銀行のカードローンです。

金利面ではバンクイックと並び、限度額は800万円と高額融資にも対応しています。

 

ただし、楽天スーパーローンは他の銀行カードローンと比べて融資までやや時間がかかる場合があります。

 

それでもほとんどのケースでは翌日に融資が完了しているようです。

今すぐお金が必要などよほど緊急でもない限りは、気にするほどの欠点ではないでしょう。

 

 

ただし自動契約機などがないため、バンクイックのように即日カードを受け取ることはできません。

なおバンクイックと同じく、学生や専業主婦の人であっても保護者や配偶者が安定した収入を持っていれば、申込み可能です。

 

■まとめ

着物関係はファッションの中でも特にお金がかかる部類です。

レンタルなども視野に入れつつ、購入するかどうかを吟味してみてください。

 

ローンを利用して購入するのであれば、返済計画をしっかりと立てて無理のない範囲で支払っていくようにしましょう。