近畿大阪銀行のビジネスカードローン「わくどりくん」は運転資金や設備資金といった事業性資金として借入できる経営者向けのカードローンです。同ローンは融資額が最高500万円ですが、りそな銀行グループなどの金融機関のATMで繰り返しの借入ができます。つまり、利用限度額までは追加申請することなしに必要な時にいつでも利用できるわけです。また、個人事業主などでは担保や保証人が不要となっており、契約上のハードルの低さも同ローンの魅力となっています。

事業者情報

会社名:株式会社近畿大阪銀行
住所:〒541-0053 大阪市中央区備後町2丁目2番1号
電話番号:06-7638-5000
設立:1950年11月24日
拠点数:120カ所

■ビジネスカードローン・わくどりくんの基本情報

総量規制対象        実質年率         利用限度額           審査時間
対象外          14.0%(固定金利)     最高500万円            ―

来店の必要性     即日融資       在籍確認            返済方法
有          ―           可能性有         約定返済及び随時返済

申込対象                   収入証明書           担保・保証人      
20歳~70歳未満、法人・個人事業主   可能性有   担保は不要、法人の場合は代表者の保証が必要                          

■ビジネスカードローン・わくどりくんの特徴やおすすめポイント

●担保は不要、個人事業主は第三者保証人が不要!と契約上のハードルが低い
近畿大阪銀行の「わくどりくん」はビジネス用のカードローンとしての位置づけなので、一般の企業融資と比べると利用しやすくなっています。金融機関が実施している企業融資の場合、担保や保証人の条件が付けられるケースが多いですが、「わくどりくん」の場合は非常に緩やかです。

「わくどりくん」の場合、個人事業主では担保と保証人とも不要で、法人の経営者の方でも担保は不要で保証人に関しては代表者1名の連帯保証だけとなっています。金融機関からの借入で担保設定や保証人設定で困った経験のある経営者の方も「わくどりくん」ならそれらの問題で悩まされずに利用できるのではないでしょうか。

●最高500万円まで事業性資金に利用できる
個人向カードローンは申し込んでから利用できるまでの期間が短く、必要な時に手軽に利用できるという魅力がありますが、一般的には事業性資金に利用できないケースが多いです。つまり、便利に使える個人向カードローンを経営者の方が保有していてもそれをビジネス用にはほとんど使えないわけですが、「わくどりくん」なら問題ありません。

融資額が最高500万円までとビジネス資金としては大金といえませんが、予想外の急な経費の発生、一時的なつなぎ資金などには役に立つはずです。将来の急な資金繰りのピンチの時に備えておきたい経営者の方には、「わくどりくん」は最適なローンになるでしょう。

●りそなグループのATMのほか、地方銀行のATMで繰り返しの借入ができる
「わくどりくん」はカードローンなので、各利用者はその利用限度額まで繰り返し利用できます。つまり、一度契約すれば、利用限度額の残高までは新たな申請手続や審査の必要なく借入できるわけです。しかもカードを使ってりそな銀行グループや地方銀行(第二地方銀行除く)のATMから借入できるので、銀行休業日や夜間でもお金が引き出せます。

直ぐに借りたい、休日・夜間だがまとまったお金が必要、主張先で想定外の資金が必要、といった場合でも「わくどりくん」を持っていれば安心できるのではないでしょうか。

■申し込み・契約の手続及び相談

●申し込み・契約の流れ
「わくどりくん」の新規の申し込み・契約の流れについて、近畿大阪銀行のホームページには明記されていません。そのため同ローンの申し込み等での正確な手続の内容・手順は直接同行へ確認する必要がありますが、一般的には次のような流れが想定されます。

最寄の店舗で申し込み手続⇒銀行での同ローンの内容説明及び審査⇒審査結果の連絡⇒契約手続及びローンカードの発行⇒融資実行(ATM) といった内容になります。

●申込方法
同ローンへの申し込みは同行の最寄りの店舗で行うこととなっており、FAX・WEB・電話などの方法による申し込みはありません。そのため申し込みには同行の店舗へ来店する必要があり、その際に本人確認資料、収入証明書や印鑑等の必要な書類・資料を事前に確認して持参するようにしましょう。もし必要書類等が揃っていないと、再度の来店や郵送などの必要性が生じることになるので注意が必要です。

●審査
同ローンへ申し込み、必要書類等が揃った段階で審査が実施されていきます。その審査は近畿大阪銀行と保証会社となっているオリックス・クレジット株式会社で行われることになりますが、審査時間については公表されていません。

融資額が最高500万円であり、保証会社がオリックス・クレジットであることからスピーディな審査が期待されますが、借入を急ぐ場合は事前に確認及び相談するようにしましょう。

審査の難易度についての評価は難しいですが、何千万円といった高額の一般的な企業融資よりは審査は優しいと予想されます。ただし、保証会社が消費者金融であるビジネスローンなどと比べると若干厳しいかもしれません。また、同行の口座の保有の有無や取引実績の内容などにより申込者の評価が変わる可能性もあります。一般的には口座があり、取引実績が豊富であるほど審査での評価はよくなるでしょう。

●必要書類の提出
同ローンでの申し込みや契約の際に必要となる書類や資料は公表されていないので、申し込む前に事前に確認しておくことをおすすめします。なお、一般的には以下のようなものの提出が求められるケースが多いです。

・本人確認書類:運転免許証、健康保険証、パスポート等
・収入証明書類:確定申告書、納税証明書などの公的証明書
・印鑑(銀行印)
・法人の場合:商業登記簿謄本、決算報告書(複数期)、法人の印鑑証明書等

●契約
審査に合格した後は契約手続となりますが、その際に来店が必要なのか、郵送で済むのかといった点を申込時などに確認しておきましょう。

●融資
契約手続が完了すればローンカードの発行となります。一般的にはカードは申込者の自宅(或いは指定先)に郵送され、その到着後から利用できるケースが多いです。

借入はカードを使ってATMで手軽に行えます。同行のATMをはじめ、りそな銀行、埼玉りそな銀行、全国の地方銀行(第二地方銀行除く)(借入のみ)のATMが利用可能です。なお、利用する時間帯・曜日や地方銀行の場合はATM利用手数料が必要となるケースがあるので事前にチェックしておきましょう。

返済は指定口座からの自動引落による支払いが原則となりますが、ATMから任意に追加の返済も行えます。

■問い合せ先
問い合わせ、相談については近畿大阪銀行の最寄りの店舗窓口となります。ただし、店舗へ来店する場合は事前に連絡して訪問したほうがスムーズに対応してもらいやすいでしょう。

近畿大阪銀行のカードローン:クイックカードローンはこちら
近畿大阪銀行のクイックカードローン 低金利&WEB完結が人気の秘密