0_054

消費者金融のキャッシングサービスやカードローンを利用中の方のなかには、少しでも金利の低いところへ借り換えたい。
どうせ借り換えるなら、金利が低い「銀行カードローン」がいい、と考える方が圧倒的に多いようですね。

確かに、銀行カードローンの金利は、借り換えOKと謳っている消費者金融のキャッシングサービス&カードローンの金利と比べても低めの設定になっているものがほとんどですから、どうせ借り換えるなら銀行カードローンのなかから金利が低く、条件の合うカードローンを選びたいという考えにも頷けます。

ですが最近は、貸金業法に基づく借り換え専用ローン」を提供する消費者金融も増えてきているので銀行カードローンに借り換えたいけれど少しハードルが高いかも?とお考えの方や銀行カードローンに借り換えようと思ったけれど審査落ちしてしまった、といった方は「貸金業法に基づく借り換え専用ローン」を検討してみるのも悪くはないかもしれません。

いずれにせよ、借り換えを検討する、ということは「利息の支払を少なくしたい」「支払総額を減らしたい」からに他ならないと思いますが、カードローンの借り換え時の金利差ってどのように算出したら良いかご存知でしょうか?

その他、カードローン借り換えのメリット・デメリットについては、こちらで詳しく解説しています。
カードローンの借り換えガイド※損、失敗しない為に知っておくメリット・デメリット

返済方式も確認!

0_055

「カードローン 借り換え ポイント」「借り換え 金利差」などとキーワードを打ち込みインターネットで検索すると、消費者金融から年利18%で借りている方が年利15%の銀行カードローンに借り換えを行うことが出来たとしたら年利3%も利息負担が少なくなるといった情報がヒットすることと思います。

確かに、年利18%と15%では3%の差があることに間違いはありません。

ですが、実は返済方式により同じ年利であっても利息、返済総額が異なってきますので、カードローン借り換え時の金利差を計算する場合は「返済方式」もしっかり確認する必要があります。

キャッシング・個人向けローンの返済方法は「分割払い」と「リボ払い」と大きく2つに分けることができますが、元金均等返済方式、元利均等返済方式、元金定額リボルビング方式、元利定額リボルビング払方式、元金定率リボルビング方式、残高スライドリボルビング方式など細かく見ていくと複数の返済方式があります。

それぞれの返済方式については、今回は割愛いたしますが、有名どころの消費者金融を例に挙げて総利息・返済総額を比べてみたいと思います。

定率リボルビング方式

定率リボルビング方式であるアコムから年利18%で50万円借り、月々15,000円ずつ返済した場合、返済回数は47回。
利息総額は194,050円、返済総額は694,050円になります。

借入後残高スライド元利定額返済方式

では、借入後残高スライド元利定額返済方式であるSMBCモビットから同じように年利18%で50万円借り、月々15,000円ずつ返済した場合はどうかと言うと返済回数はアコムと同じく47回ですが、利息総額は198,327円、返済総額は698,327円になります。

表にまとめてみました。

返済方式 定率リボルビング方式 残高スライド元利定額返済方式
借入額 50万円 50万円
年利 18% 18%
返済額 / 月 15,000円 15,000円
利息総額 194,050円 198,327円
返済総額 694,050円 698,327円

このように、同じ年利で同じ金額借り、月々同額返済していったとしても返済方式により利息総額・返済総額が違ってきます。

ですから、現在年利18%で借りているので年利15%のカードローンに切り替えたからといって、必ずしも金利が○○○○円もしくは△万円少なくなる、というわけではありません。

現在の借入れ利率、借り換えしたいと考えているカードローンの利率の差がどのくらいかということも確かに重要ではあります。

0_057

しかし、現在利用中のキャッシング・カードローンの返済方式&借り換えしたいと考えているカードローンの返済方式も確認したうえで、実際どれだけの利息を払っているのか?今後いくら利息を払っていくことになるのか?を把握しなければ借り換えによる金利差を明確にすることは出来ません。

ちなみに、キャッシングサービス、カードローンごとに導入されている返済方式というのは、大抵1種類です。

ですが「借入後残高スライド元利定額リボルビング方式」と「元金定率リボルビング方式」と2種類の返済方式を用意し利用者が任意で選ぶことが出来るシステムを導入しているアイフルのように複数の返済方式が用意されているローンもありますので年率と共に返済方式を確認し、実際どれだけの利息を支払っているのか(支払い続けることになるのか)まずは確認しましょう。

カードローン借り換え時の金利差ってどうやって計算したらいいの?

0_056

少しでも利息を抑えたい、とは思うけれどカードローン借り換え時の金利差ってどうやって計算したらいいの?返済方式によって総利息に違いがあると言われても計算の仕方が変わらないし、自分で計算するなんて面倒くさそう、と思われる方も多いと思いますが、最近は便利な返済シミュレーションツールをホームページに用意している金融機関が増えてきているので活用すると良いでしょう。

といっても、現在利用中の金融商品や借り換えを考えているカードローンのホームページに返済シミュレーションがない場合もあるかもしれませんね。そういう場合は、同じ返済方式の返済シミュレーションツールをお借りして計算すると良いと思いますが、同じ返済方式の返済シミュレーションを探すことが出来ない、といった場合は、金利やローン計算を行ってくれる便利なソフトもあるので(無料でダウンロードできるものもあります)利用してみてはいかがでしょう。

返済シミュレーションフリーソフト

いろいろな返済シミュレーションフリーソフトがあります。
エクセルのマクロを利用して自分で作る手もありますが、ここはサクっとダウンロードした方が早いです。

例えば、フリーソフトで代表的な、Vectorやgoo ダウンロードの場合、それぞれ『金利・ローン計』カテゴリーに返済シミュレーションソフトがあります。

試しにVectorで人気の『ローン返済シミュレーション for Excel』をダウンロードしてみました。

起動するとこんな入力画面が出てくるので、金額などを入れ『返済明細書を作成』をクリックすると、返済額が表示されます。

0_051

それと同時に、エクセルに詳細が出力されます。

0_052

ほんの数秒で計算が終わりますから、返済シミュレーションするのに便利ですよ。
そのほかにもいろいろありますから、幾つかダウンロードして使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

パソコンではなくスマホで手軽に使いたい場合は、iPhone、Androidともにファイナンスのカテゴリーにあります。
0_053

電卓をたたいて利息計算したり、カードローン借り換え時の金利差を計算するのは大変です。
返済シミュレーションツールやフリーソフトを活用することで簡単に計算できます。
折角借り換えするなら事前にしっかり計算して大幅な利息削減を目指したいものですね。

銀行系カードローンについてチェック!>>