カードローンで、今支払っている利息がつらいですか?
金利は高いところでは18.0%前後かかる場合があり、支払いが大変です。

利息を下げるためには、借り換えローンやおまとめローンが考えられます。
ですが、どちらも審査が比較的厳しく、できれば今のカードローン会社で金利を下げてもらえないだろうか・・・と思うことがあると思います。

18.0%はカードローン会社が決めている数字。
最初の借り入れ・審査の時点で契約をかわしているのだから、もうそれ以上どうしようもない。決められた金額を支払うしかない・・・そんな風に思われるかもしれません。
ですが、金利は交渉が可能です。

話し合い次第で、金利を下げてもらえるかもしれないのです!

これはあまり知られていませんが、カードローンの裏ワザ的なことです。
もしもあなたが仮に、カードローンの金利で苦しんでいるのであれば、債務整理をする前に、カードローンの金利を交渉してみましょう。
交渉に失敗したからといって、逆に金利が上がることはありません。
ダメ元で、交渉してみると良いでしょう。

カードローン会社が金利を下げてくれる背景

カードローン会社は、金利だけが収入源です。
カードローンには入会金も保証金もありませんので、金利だけが収入になります。
事業者によってはATMの手数料を取るところもありますが、100円台、200円台でわずかなものです。

ではなぜ、その利益を削ってまでカードローン会社は金利を下げてくれるのでしょうか?

それは、借り換えなどでお客さんが他に行ってしまうのを防ぐためでもあります。
また、金利が高いからといって、債務整理されてしまっては、カードローン会社は丸損になります。
そのため、交渉次第で金利を安くしてくれるケースがあるのです。

ですが、カードローン会社も自社の利益を削るわけですから、そうそう頻繁には交渉を成立させてくれません。
いくつかのポイントがありますので、見ていきましょう。

増枠の申請と同時に交渉を行う

あなたが仮に、カードローンを順調に使っていて、ただし返済が苦しい、という場合は、まずは増枠申請を行ってみて下さい。
カードローンは、枠に応じて金利が下がっていきます。
増枠申請をすれば、金利が下がる可能性があります。

ただし、増枠にも審査があります。
カードローンの返済が順調であれば良いのですが、返済につまって延滞を起こしてしまっている場合などは、増枠申請は認められない場合がほとんどです。
よって、まずは延滞を起こす前に増枠申請と金利の引き下げ申請をしてみると良いでしょう。

まずは増枠してもらいましょう。
同じ10万円を借りるのでも、100万円の枠があって10万借りるのと、10万円の枠があって10万円借りるのでは、金利が異なります。
枠が大きい方が、金利が下がるのです。
増枠することによって、今より金利が下がりますので、試してみて下さい。
枠が増えたからといって、無理して借りる必要はありません。

長期で使っていると交渉に有利

カードローン会社は金利で運営されています。
そのため、あなたが仮に、交渉したいカードローン会社でキャッシングを長期に渡って使用している場合、優良顧客だと考えられます。
長期に渡ってしっかりと利用して、まじめにコツコツと返済していることは、カードローン会社にとっては大歓迎なのです。

そのため、返済の期日をしっかりと守って、コツコツと返済してくれている人には、金利を優遇してくれることがありますので、交渉なども有利に運びます。
ただし、契約だけして、利用していない場合は交渉の材料にはなりません。
あくまで、使用してくれている人が対象です。
長期に渡って金利を払い続けてくれている優良顧客にのみ、他社に取られないように特別サービスしてくれるのです。

給料が下がった!これって交渉の理由になる?

いままで順調に返済していってたものの、突如不景気で会社の給料が下がってしまった・・・そんなときに交渉はできるのでしょうか。
結論からいいますと、金利を引き下げてもらう交渉の材料には少し弱いかもしれません。

ですが、その他の属性次第というところもあります。
会社の勤務年数が長い、カードローンの利用期間が長いなどの場合は、金利を引き下げてくれる可能性が十分あります。

どうやって交渉すれば良いの?

まずは、カードローン会社のフリーダイヤルに電話しましょう。
はじめての人専用のダイヤルと、すでに利用中の人専用のダイヤルがありますので、利用中の人のダイヤルにかけましょう。

そして、オペレーターに、カードローンの返済が大変だということを伝えましょう。
できれば、交渉がうまくいかないときは、上の人を出してもらうと良いでしょう。
オペレーターレベルでは話が決まらないものでも、決済権を持った上の人にお願いすると、うまくいく可能性があります。

そのとき、あまり強気で行くのは避けてください。
こちらはあくまで、先方の利益を削ってカードローンの金利を下げてもらうのですから、下手、下手に出ましょう。
お願いするという形で、「カードローンの金利が大変です。きっちり返すので、金利を安く下げていただけませんでしょうか?」というふうに、交渉するのです。

返済をきっちり行うことを約束する

カードローンの金利を引き下げてもらう交渉をするときには、絶対に延滞しないという心構えが必要です。

これまでは、1日2日遅れても、カードローンの信用情報には傷がつかなかったかもしれません。
ですが、カードローン会社も利益を削って金利を下げるのです。
支払えなかったら信用問題です。

いくらカードローンとはいえ、人と人との信頼関係で成り立っています。
そのため、カードローンの金利を引き下げてもらうときは、カードローン会社に「かならず期日までに引き下げてもらった金利で返済します」という風に約束をしてください。
そして、実際に期日より少し前に返済するぐらいの気持ちで、毎月の返済を行っていきましょう。

自分が行った約束は守らなければなりません。
カードローンの金利を下げてもらうときは、約束を絶対に破らないようにしましょう。
万が一、ここで約束を破ってカードローンの返済に遅れてしまった場合は、もう二度とその金融機関では借り入れできないのです。
そして、一括返済を求められる場合もあります。

交渉の材料として、他社の金利を引き合いに出してみる

「今はアコムで18.0%の金利ですが、三菱UFJ銀行なら、14%なのですが、金利を引き下げてもらえないでしょうか?返済が苦しいので借り換えも検討しています」という風に、他社を引き合いに出して、交渉してみるのも効果的です。

カードローン会社も、他社の金利は把握していますので、自社のカードローンの金利と、新しいカードローンの金利にあまりに差があり、乗り換えされてしまっては困ると考えた場合は、金利を引き下げてくれる可能性があります。

ですが、この場合も、あまりに強気に攻めると、「では、三菱UFJ銀行で借り換えしてください」と言われてしまう可能性がありますので、あくまで交渉のいち材料として、慎重に交渉してみて下さい。

具体的な金利をださなくとも、「他の会社、とくに銀行カードローンは金利が安いと聞きましたので、そちらも検討しています。ですが、こちらで金利を引き下げてくれるのであれば、借り換えせずに済むのですが、いかがでしょうか?」といった形で、交渉することもできます。

万が一、延滞してしまったときには、向こうから金利を引き下げてくれることもある

これは、自分からいい出したことではなく、カードローン会社の側から、金利を引き下げる交渉を行ってくれることがあります。
それが、どうしても支払いに困って延滞してしまったケースです。

どうしても返済できなくとも、連絡だけはきちんと取りましょう。
それまでの返済履歴が順調であれば、リストラや病気などの何らかのきっかけで返済不能に陥ってしまった場合、カードローン会社の方から、配慮して利息を大幅に下げてくれることがあります。

ですが、これを目的に延滞するのは絶対にやめて下さい。
自分のためになりませんし、その後何年もの間、ローンが組めなくなってしまいます。
ですが、完済してもらわないことには、カードローン会社の側も大赤字になってしまいますので、向こうから引き下げを言い出してくるときがあります。

向こうから金利引下げキャンペーンを知らせてくれる時がある

アコムなどの消費者金融では、ときどき金利の引き下げキャンペーンを行っているときがあります。
その場合、ある程度の利用期間があると、向こうから、「金利を引き下げようと思うのですが」というご案内のようなものが来ることがあります。

電話でかかってくるケースが多いですので、アコムのフリーダイヤルは電話帳に入れておきましょう。
しかしこれはあくまで優良顧客に絞った特別なサービスです。
利用履歴が長く、延滞しておらず、返済も順調で収入も安定していると認めらなければ、そのようなキャンペーンの対象にはなりませんので注意です。

一日でも早く交渉しよう

カードローンの金利は、1日単位でかかります。
そのため、できれば早く交渉して、早く金利を下げてもらったほうが、支払う金利の総額が少なくて済みます。
なるべく早く、行動を起こしましょう!

ですが、契約してまだ1ヶ月や2ヶ月なのに、「金利を下げてください!」といっても無駄です。
ある程度の期間、1年などが経過しないと、金利交渉の土台に乗ることはできません。

逆にいえば、いま消費者金融などを長期で使っている人は、電話一本で交渉の余地があるということです。
買い物でモノを値切るのと同様に、安めの金利から交渉をスタートして、徐々に金利を交渉していきましょう。

まとめ:金利は引き下げしてもらえる!交渉のコツ

カードローンの金利交渉時のテクニックについて見てきました。

  • 増枠の申請と同時に交渉を行う
  • 長期で使っていると交渉に有利
  • 給料が下がったときも交渉のきっかけになる
  • 返済をきっちり行うことを約束する
  • 交渉の材料として、他社の金利を引き合いに出してみる
  • 万が一、延滞してしまったときには、向こうから金利を引き下げてくれることもある
  • 向こうから金利引下げキャンペーンを知らせてくれる時がある
  • 一日でも早く交渉する

などなど、さまざまな方法で、いまの金利を引き下げてくれるパターンがあります。

これらはどれも、かならずうまくいくとは限りません。
ですが、今、「金利がちょっと高いな~」と考えている人にとっては、福音ではないでしょうか。
交渉次第で、いまの金利が安くなれば、返済が少し楽になりますし、さらに借りよう、返済しようという意欲も湧いてくるはずです。
それはカードローン会社にとっても大歓迎ですので、金利の交渉に応じてくれることがあります。
たとえ断られたとしても、その後のカードローンの利用には響きませんので、一度ためしに交渉してみると良いでしょう。交渉は、人間味が伝わる電話がおすすめです。

カードローン借り換えについては、こちらで詳しく解説しています。
カードローンの借り換えガイド※損、失敗しない為に知っておくメリット・デメリット