05081

紀陽銀行のカードローンについて紹介します。大きな借入も可能&アルバイト・パートや専業主婦でも借りることができるカードローンです。

紀陽銀行カードローンの特徴&人気ポイント

icon08紀陽銀行カードローンは最高800万円まで借入できる大型のローン商品です。他の銀行カードローンや消費者金融のローンでは500万円までの利用限度額が一般的ですが、このローンでは800万円なので高額な買物、旅行、子供の学校などの費用にも十分対応できます。しかも借入金利が3.8%から14.9%となっているので、まとまったお金を賄いたい場合にも安心して利用できるでしょう。

申し込みは電話、FAX、WEBが利用でき、FAXとWEBからなら24時間いつでも受けつけられるので、手の空いた時に申し込めて便利です。

また、利用対象者にはパートやアルバイトの方も含まれ、専業主婦の方も利用可能です。これらの方たちは利用限度額30万円までの申し込みとなりますが、さまざまな方が利用しやすくなっている点も紀陽銀行カードローンの魅力といえるでしょう。

そのほかではカードローンの利用に同行のキャッシュカードを使用するという便利な特徴もあります。既に同行の総合口座とキャッシュカードを持っている方はローンを早め利用できるようになり、ATMで借入や返済をしていても他人にローンの利用だと気づかれる心配もありません。

金融機関の基本情報

金融機関名 株式会社紀陽銀行
本店住所 和歌山市本町1丁目35番地
店舗数 国内109カ所
利用できるATM 紀陽銀行ATM、提携先金融機関ATM、セブン銀行ATM及びローソンATMが利用可能

紀陽銀行カードローンの基本情報

総量規制対象 対象外
実質年率 3.8%~14.9%
借入上限 最高800万円
審査期間 不明
即日振込の対応 不明
即日融資の対応 不可
在籍確認 あり
返済方法 定例返済及び随時返済
申込資格 20歳以上など
収入証明書 利用限度額100万円まで不要
担保・保証人 不要
専業主婦、パート・アルバイト 可能(利用限度額30万円)

利用条件

05082
利用対象者は下記の条件を満たす方になります。

  • 満20歳以上65歳未満の方
  • 住まい或いは勤め先の所在地が同行の営業エリア内(東京支店を除く)にある方
  • 安定した収入のある方。なお、配偶者に安定した収入のある専業主婦、パートやアルバイトの方は30万円以内の利用限度額で申し込めます。
  • 同行の他の無担保カードローンを利用していない方(同時解約は可)
  • 総合口座及びキャッシュカードをもっている方
  • 保証会社の保証が受けられる方

利用期間

1年間(自動更新あり)

借入条件

利用限度額

利用限度額は10万円から800万円までで、10万円・30万円・50万円・70万円・100万円・150万円・200万円・250万円・300万円・350万円・400万円・450万円・500万円・600万円・700万円・800万円のタイプがあります。

利用限度額の増額

利用限度額の増額は不明です。
一般的には一定期間の利用状況に応じて増額申請できることが多いのでこのカードローンでも増額できる可能性はありますが、念のため申し込む前に確認しておきましょう。

借入金利

借入金利は契約極度額に応じて設定されています。なお、金利は変動金利が採用されており、金融情勢などの影響から金利が変更されることもあります。そのため実際に適用される金利には借入した日の金利が使用されるので、申込日の利率と異なることもあるので注意しましょう。

利用限度額 借入金利
10万円・30万円・50万円 年14.9%
70万円・100万円 年11.8%
150万円・200万円 年7.8%
350万円・400万円 年6.8%
600万円・700万円 年4.8%
800万円 年3.8%

利息の計算方法

公表されていません。

借入方法

05083
借入はATMからの引き出し自動融資の2種類の方法があります。

ATMからの借入

紀陽銀行ATM、同行が提携している金融機関(ゆうちょ銀行やイオン銀行)、セブン銀行、ローソンのATMから借入できます。なお、ATMの利用手数料が必要となるケースがありますので、借入前に確認しておきましょう。

自動融資

公共料金やクレジットカードの利用代金を口座からの自動引落で支払う際に口座残高が不足すれば、カードローンから自動融資されます。(定例返済は自動融資の対象ではありません)

返済方法

05084
返済方法は毎月一定額を返済する定例返済に加え、随時任意で返済する随時返済も利用できます。

定例返済

毎月5日(銀行休業日の時は翌営業日)に、返済指定預金口座より前月の定例返済日の利用残高に対して一定額が自動引落されます。

前月の定例返済日の利用残高 毎月の返済額
50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超200万円以下 3万円
200万円超300万円以下 4万円
300万円超400万円以下 5万円
400万円超500万円以下 7万円
600万円超700万円以下 8万円
700万円超800万円以下 9万円

定例返済日の当座貸越残高と利息の合計額が上表の定例返済額に達しない場合、その合計額が定例返済額とされます。また、定例返済日の利息額が上表の定例返済額を超える場合、その利息額が定例返済額とされます。

随時返済

随時の任意による返済もできます。

返済には同行ATM、コンビニ等のATMが利用できます。なお、利用手数料が必要になる場合も少なくないので、利用前に確認しておきましょう。

申込方法と審査

05085
申込方法には、WEB、電話、FAXの3つの方法があります。

WEB

WEBではパソコンやスマートフォンから仮審査申込ができます(24時間受付)。申込画面に必要事項を入力すれば仮審査申込ができ、同行からの確認の電話→仮審査結果の連絡→正式な契約 というように手続が進んでいくのです。

電話

電話はフリーダイヤルの0120-600-964から申し込めます。なお、携帯電話やPHSからの申し込みも可能です。受付時間は「相談・受付窓口」の項目を参照してください。

FAX

FAXは073-426-5666へ仮審査申込書を送信して申し込みます(24時間受付)。申込書は同行のホームページからダウンロードできます。

審査

34e776df81dcfe99c4d15d063f9e63b9_s

審査の形式や内容

紀陽銀行カードローンの審査方法や審査基準などは公表されていないので不明ですが、申込書の内容から申込者の本人情報、勤務先情報に基づいた返済能力や信用力が査定されるものと考えられます。なお、申込者としては申込書や必要書類を提出すれば特に何もすることはなく、結果を待つだけです。

一般的に主要な審査は保証会社が担当しており、このローンでは阪和信用保証株式会社または株式会社オリエントコーポレーションが審査を行うものと推察されます。

審査及び借入までの期間

仮審査の結果の回答期間は不明です。回答にはそれほど時間はかからないでしょうが、借入までには1週間以上かかるかもしれません。

仮審査の合格後、契約にあたり同行からの正式申込書の郵送、申込者からの正式申込書や必要書類の返送、同行での総合口座の開設・キャッシュカードの作成(ない方の場合)の手続が必要となるため、借入のためのキャッシュカードが利用できるまで1週間以上かかる可能性があります。

*当カードローンの場合、ローンカードではなくキャッシュカードで借入・返済を行います。

審査・契約に必要な書類

05086
必要書類は、本人確認資料と健康保険証のコピーが必要です。なお、借入極度額が100万円超を希望する方は収入証明書のコピーも用意しなくてはいけません。

在籍確認

ホームページでは在席確認が実施されているか明示されていませんが、申込用紙の銀行側記入欄に在籍確認の項目が記載されているので、何らかの方法で実施されるものと考えられます。

在籍確認の方法は明確には判断できませんが、「社員証等」の記載があるので、電話以外にも社員証などの書類で在籍確認できるかもしれません。職場に電話されるのが不安な方は紀陽銀行に相談してみてはどうでしょうか。

相談・受付窓口

電話での問い合わせ先は次のようになります。

  • TEL 0120-600-964
  • 受付時間 平日が9:00~21:00 、土・日・祝日が9:00~17:00 (年末・年始の銀行窓口休業日を除く)

よくある質問

口座の有無について

q2紀陽銀行に口座をもっていませんが、紀陽銀行カードローンを利用できますか?

a2紀陽銀行カードローンを利用する場合、同行の総合口座の開設が必要です。また、ローンの利用にはキャッシュカードが必要なので、カードローンの口座開設までに作成しておくことをおすすめします。

専業主婦の利用について

q2専業主婦ですが、カードローンの利用はできますか?

a2可能です。配偶者に安定した収入のある専業主婦の方は利用限度額30万円までで申し込めます。

金利について

q2借入金利は固定金利ですか?

a2いいえ、変動金利です。金融情勢等の変化で借入金利が変更されることもあるので、注意しておきましょう。

在籍確認について

q2申し込むと自宅や勤務先に電話がかけられることはありますか?

a2はい、あります。申し込み後、内容の確認のため申込者の自宅や勤務先に連絡されます。

こんな方におすすめです!

05088
紀陽銀行カードローンは最高800万円まで借入できるので、まとまった資金を低金利で賄い方におすすです。800万円の利用限度額なら3.8%という低金利で借入できるケースもあるので、急に大金が不足する事態にも住宅ローンなどと比べ迅速な借入ができるのです。

また、利用限度額は10万円、30万円、50万円といった低額から設定することができるので、無駄な借入を防止しやすくなっており、ついつい借入し過ぎてしまいそうな方には最適ではないでしょうか。

申し込みは電話、FAX、WEBが利用でき、正式申込書や必要書類を郵送すれば、契約を結べて手間も少なく借入できるようになるのです。申し込み、契約、借入までの手続を簡単にしたい方にはピッタリのローンといえます。

専業主婦の方は総量規制の点で消費者金融など貸金業者のカードローンの利用が困難になりますが、紀陽銀行カードローンなら利用できます。配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも利用限度額30万円までの申し込みが可能です。また、パートやアルバイトの方も安定した収入があれば専業主婦と同様の利用ができます。紀陽銀行カードローンは収入や職業に不安のある方にも利用しやすい点が大きな魅力です。

地方銀行下人気カードローンランキング

\おすすめのカードローンはコチラ♪♪/

紀陽銀行下人気カードローンランキング